1,115 views

俳優・渡部篤郎の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 渡部篤郎

記事公開日:2020年07月01日
最終更新日:2021年08月28日

渡部篤郎
→ 画像検索はこちら

渡部篤郎(わたべ あつろう)は、日本の俳優。

デビュー当初は『丹波道場』に所属し日活ロマンポルノにも出演。
ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』に出演を機に以降数々のドラマに出演。
元妻はタレントのRICAKO。

このページでは、渡部篤郎(わたべ あつろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

渡部篤郎の誕生日占い

生年月日:1968年5月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin37です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 青い手 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い地球
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin224
絶対反対kin kin167

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin37の誕生日占いは、臨機応変で活発、どんな場所や人にも溶け込んでいけるタイプです。自分の実力が発揮される機会をゆっくり待て。

広告

渡部篤郎の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都新宿区出身。本名は渡部 篤(わたべ あつし)。
小学校・中学校は、ひろみちおにいさんこと佐藤弘道と同級生。
高校に進学するものの中退。母親のバーを手伝ったり肉体労働のアルバイト生活を過ごし、アルバイト先の関係からエキストラ出演したのがきっかけで演技の世界にはいります。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.5.5~ 18 107 3 青い手 赤い蛇
1987.5.5~ 19 212 4 黄色い人 赤い月
1988.5.5~ 20 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
1987年に大河ドラマ『独眼竜正宗』の足軽役で俳優デビュー。丹波哲郎の『丹波道場』に所属し日活ロマンポルノにも出演。
1988年に『妖女伝説’88』で映画デビュー。
デビュー当初は本名の渡部篤(わたべ あつし)で活動。

ウェブスペルの色が赤色の前半に俳優デビュー。

ドラマ初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.5.5~ 23 112 8 黄色い人 赤い蛇
1992.5.5~ 24 217 9 赤い地球 赤い月
1993.5.5~ 25 62 10 白い風 赤い空歩く人
1994.5.5~ 26 167 11 青い手 赤い地球
1991年に二夜連続ドラマ『青春の門』でドラマ初主演。このころから渡部篤郎の芸名を使い始めます。
1994年にタレントのRICAKO(村上里佳子)と結婚。同年に長男・1998年に次男が誕生。

ウェブスペルの色が赤色の後半に『青春の門』でドラマ初主演。芸名に渡部篤郎を使用。

日本アカデミー賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.5.5~ 27 12 12 黄色い人 赤い竜
1996.5.5~ 28 117 13 赤い地球 赤い蛇
1997.5.5~ 29 222 1 白い風 白い風
1995年に大江健三郎原作、伊丹十三監督の映画『静かな生活』で日本アカデミー賞新人賞と優秀主演男優賞をダブル受賞。
1996年にドラマ『外科医柊又三郎2』で民放のゴールデンタイムのドラマ初出演。
1997年にドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』でストーカー役を演じたのを機に数々の連続ドラマに出演。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に映画『静かな生活』で日本アカデミー賞新人賞と優秀主演男優賞をダブル受賞。
白色の始めの年にドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』に出演を機に以降数々の連続ドラマに出演。

映画、ドラマで初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.5.5~ 30 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
1999.5.5~ 31 172 3 黄色い人 白い犬
2000.5.5~ 32 17 4 赤い地球 白い魔法使い
1998年に映画『緑の街』で映画初主演。同年、ドラマ『ラブ・アゲイン』で連続ドラマ初主演。
2000年にドラマ『ビューティフルライフ』に出演。

ウェブスペルの色が白色の始めころに映画、連続ドラマで初主演。

監督デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.5.5~ 37 22 9 白い風 白い魔法使い
2008.5.5~ 40 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
2009.5.5~ 41 182 13 白い風 白い犬
2005年にRICAKO(村上里佳子)と離婚。
2008年に映画『コトバのない冬』で監督デビュー。
2009年にスターダストプロモーションへ移籍。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に映画『コトバのない冬』で監督デビュー。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.5.5~ 52 37 11 赤い地球 青い手
2021.5.5~ 53 142 12 白い風 青い猿
2022.5.5~ 54 247 13 青い手 青い鷲
渡部篤郎の現在は、ウェブスペルの色が青色の最後付近に当たります。
53才の時はKin142。良いことばかりは続かないと思っている年です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

静止しながら望みをつなぐ。

渡部篤郎のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半に俳優デビュー。
赤色の後半に『青春の門』でドラマ初主演。芸名に渡部篤郎を使用。
赤色の最後付近に映画『静かな生活』で日本アカデミー賞新人賞と優秀主演男優賞をダブル受賞。
白色の始めの年にドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』に出演を機に以降数々のドラマに出演。
白色の始めころに映画、連続ドラマで初主演。
白色の最後付近に映画『コトバのない冬』で監督デビュー。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

森本毅郎
森本毅郎(もりもと たけろう)は、日本のフリーアナウンサー・司会者。30年以上の長寿番組の『噂の!東京マガジン』の総合司会や「首都圏で最も聞かれている朝の情報番組」となった『森本毅郎・スタンバイ!』のパーソナリティで知られる人物。

続きを読む


北野誠
北野誠(きたの まこと)は、日本のお笑いタレント。初期の『探偵!ナイトスクープ』に探偵として加入。高視聴率番組に成長する一端を担った。大阪を拠点に東京に進出。その後、所属事務所の松竹芸能から無期限謹慎の処分。約1年弱で解除され復帰。

続きを読む


黒川智花
黒川智花(くろかわ ともか)は、日本の女優。『りぼん』モデルグランプリに選出。その後、芸能活動を開始。『3年B組金八先生』第7シリーズに稲葉舞子役でブレイク。ドラマ、映画、舞台と幅広く活躍します。

続きを読む


羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


吉田栄作
吉田栄作(よしだ えいさく)は、日本の俳優、歌手。トレンディドラマで多数主演し「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれます。「マネーの虎」では司会を担当し人気を博しました。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin037)

堀内孝雄
堀内孝雄(ほりうち たかお)は、日本の歌手。愛称は「ベーヤン」。アリスのメンバーとして活躍。愛称は「ベーヤン」。解散後は演歌・歌謡曲路線に転向。「愛しき日々」「恋唄綴り」など数々のヒット曲を出します。

続きを読む


新浪剛史
新浪剛史(にいなみ たけし)は、日本の実業家。ローソンの社長を長年勤め、テレビ番組などでローソンの顔として多く出演しました。

続きを読む


吉田拓郎
吉田拓郎(よしだ たくろう)は、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。日本のシンガーソングライターの草分け的存在。日本ポップス界のメジャーに引き上げた最重要人物。

続きを読む


チェ・ゲバラ
チェ・ゲバラは、アルゼンチン生まれの政治家、革命家で、キューバのゲリラ指導者。フィデル・カストロとともにキューバ革命を成功させます。

続きを読む


森川美穂
森川美穂(もりかわ みほ)は日本の女性歌手、女優。80年代アイドル。アイドル歌手としてデビューするが路線変更。アニメ『ふしぎの海のナディア』の主題歌は大ヒット。GiRLPOPで人気の代表格となった。

続きを読む


関連記事 (俳優)

田村正和
田村正和(たむら まさかず)は、日本の俳優です。1970年代はTV時代劇、1980年代はホームドラマ、1990年代は刑事ドラマ『古畑任三郎』と幅広い役柄で主演した人物です。

続きを読む


鈴木亮平
鈴木亮平(すずき りょうへい)は、日本の俳優。2014年にNHK朝ドラ『花子とアン』のヒロインの夫・村岡英治役。2018年の大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛を演じます。

続きを読む


仲村トオル
仲村トオル(なかむら トオル)は、俳優、タレント。大学在学中の1985年に映画『ビー・バップ・ハイスクール』で俳優デビュー。ドラマ『あぶない刑事』に出演し人気となった。

続きを読む


松崎しげる
松崎しげる(まつざき しげる)は、歌手、俳優、タレント。1970年代の後半に「愛のメモリー」が大ヒット。ドラマ「噂の刑事トミーとマツ」でお茶の間に知れわたります。

続きを読む


及川光博
及川光博(おいかわ みつひろ)は、日本のミュージシャン、俳優。愛称はミッチ―。歌手としてメジャーデビュー。その後俳優としても活動。ドラマ『相棒』で神戸尊役でレギュラー出演。前妻は女優の檀れい。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ