7,311 views

ノーベル文学賞・大江健三郎の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 大江健三郎

記事公開日:2017年09月21日
最終更新日:2023年12月04日

大江健三郎
出典:wikipedia.org

大江健三郎(おおえ けんざぶろう)は、日本の小説家であり、日本で2人目のノーベル文学賞の受賞者です。

このページでは、大江健三郎(おおえ けんざぶろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

大江健三郎(おおえ けんざぶろう)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1935年1月31日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin118です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 白い鏡 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin143
絶対反対kin kin248

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin118の誕生日占いは、どんな状況でも自分を突き通すことが期待できるタイプです。変化に身を任せよう。頭の切り替えが大事。

広告

大江健三郎(おおえ けんざぶろう)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

愛媛県の現・内子町に生まれます。森に囲まれた谷間の町で育ちます。
のちの大江の文学世界の形成に大きく関わることになります。
小学校に入学した時に太平洋戦争が始まり小学5年生まで続きます。
1950年に高校に入学するが「いじめ」が原因で転校。このときのいじめの体験はのちに1958年に『芽むしり仔撃ち』という作品になった。
高校時代に同級生だった映画監督の伊丹十三と親交を結びます。

学生時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1953.1.31~ 18 188 6 黄色い星 青い夜
1954.1.31~ 19 33 7 赤い空歩く人 青い手
1957.1.31~ 22 88 10 黄色い星 青い嵐
1953年に上京し予備校に通い、1954年に東京大学・文科Ⅲ類に入学します。
大学在学中に学生演劇の脚本、小説の執筆を行います。
1957年に「死者の奢り」で学生作家としてデビューします。

ウェブスペルの色が青色の半ばに上京し東京大学に入学します。
青色の後半に大学在学中に作家としてデビューします。

芥川賞作家

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1958.1.31~ 23 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1959.1.31~ 24 38 12 白い鏡 青い手
1960.1.31~ 25 143 13 青い夜 青い猿
1963.1.31~ 28 198 3 白い鏡 黄色い戦士
1958年に「飼育」で第39回芥川賞を23歳で受賞します。23才で受賞は石原慎太郎とタイ記録です。

1959年に東京大学を卒業します。
1960年に伊丹十三の妹と結婚。1963年に長男が知的障害を持って誕生。
戦争後に希望を持てず社会に対して反抗的だったが長男の誕生で精神的な転機をもたらすこととなります。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に芥川賞を受賞します。
黄色の始め頃に長男が知的障害を持って誕生し、精神的な転機をもたらします。

これ以降の大江は、障害を持つ子供を中心とした「個人的な体験」と、広島・長崎の被爆や戦争という「人類固有の悲劇」とを対応させ、自身の主題として深めていきます。

ノーベル賞受賞まで

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.1.31~ 32 98 7 白い鏡 黄色い人
1973.1.31~ 38 208 13 黄色い星 黄色い戦士
1983.1.31~ 48 218 10 白い鏡 赤い月
1967年に『万延元年のフットボール』で第3回谷崎潤一郎賞を受賞。
1973年に『洪水はわが魂に及び』で野間文芸賞受賞。
1983年に『「雨の木」(レイン・ツリー)を聴く女たち』で第34回読売文学賞受賞。
1983年に『新しい人よ眼ざめよ』で第10回大佛次郎賞受賞。

大江は絶えず変わっていく状況へ関わり作品を世に送ります。世界各国で翻訳が行われ世界での評価が高まっていきます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばから社会での問題などの作品を世に送り出します。

ノーベル賞受賞まで

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.1.31~ 59 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1995.1.31~ 60 178 9 白い鏡 白い犬
1996.1.31~ 61 23 10 青い夜 白い魔法使い
1994年にノーベル文学賞を受賞します。日本では川端康成以来26年ぶり2人目の受賞です。
1995年に朝日賞を受賞
1995年に当初自身の「最後の小説」としていた『燃えあがる緑の木』が完結します。

ウェブスペルの色が白色の後半にノーベル文学賞を受賞します。

後期の仕事

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.1.31~ 64 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
2000.1.31~ 65 183 1 青い夜 青い夜
2006.1.31~ 71 33 7 赤い空歩く人 青い手
1999年に『宙返り』より執筆活動を再開。
義理の兄の伊丹十三の死を受け2000年に『取り替え子(チェンジリング)』、2002年に『憂い顔の童子』、2005年に『さようなら、私の本よ!』を発表します。
2006年に大江健三郎賞が創設されます。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に執筆活動を再開。
青色の始めの年から伊丹十三の死を受け作品を発表します。
青色の半ばに大江健三郎賞が創設しました。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.1.31~ 86 48 9 黄色い星 黄色い太陽
2022.1.31~ 87 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2023.1.31~ 88 258 11 白い鏡 黄色い星
2021年に自筆原稿1万枚超を含む資料約50点が東京大学に寄託。
2023年3月3日に老衰のために亡くなりました。ご冥福をお祈りいたします。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に亡くなりました。

大江健三郎(おおえ けんざぶろう)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の半ばに上京し東京大学に入学します。
青色の後半に大学在学中に作家としてデビューします。
青色の最期付近に芥川賞を受賞します。
黄色の始め頃に長男が知的障害を持って誕生し、精神的な転機をもたらします。
黄色の半ばから社会での問題などの作品を世に送り出します。
白色の後半にノーベル文学賞を受賞します。
白色の最後の年に執筆活動を再開。
2度目の青色の始めの年から伊丹十三の死を受け作品を発表します。
2度目の青色の半ばに大江健三郎賞が創設しました。
2度目の黄色の最後付近に亡くなりました。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

斉藤こず恵
斉藤こず恵(さいとう こずえ)は、日本の女優、声優、ブルース歌手。1974年の朝ドラ『鳩子の海』で主人公・鳩子の子供時代を演じ天才子役として一躍有名となった。シングル「山口さんちのツトム君」が大ヒット。

続きを読む


隂山英男
隂山英男(かげやま ひでお)は日本の教育者。反復学習で基礎学力向上を目指す「陰山メソッド」確立。岸本裕史が提唱した「百ます計算」を広めたことでも有名。

続きを読む


藤原美樹
藤原美樹(ふじわら みき)、日本の料理研究家。愛称は「みきママ」。著書を出版。テレビや雑誌でも活躍。YouTube「みきママChannel」は総再生回数1.1億回超え。実弟はNEWSの小山慶一郎。

続きを読む


池内万作
池内万作(いけうち まんさく)は、日本の俳優。父は伊丹十三、母は宮本信子。祖父は伊丹万作。大江健三郎は叔父。ロンドンで演技と作劇を学んだあと日本で俳優デビュー。『こちら本池上署』では刑事二課巡査部長役でレギュラー出演。

続きを読む


竹内海南江
竹内海南江(たけうち かなえ)は、日本のタレント・リポーター。「日立 世界・ふしぎ発見!」では30年余りにわたりミステリーハンターを担当。訪れた国は100を超える。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin118)

森高千里
森高千里(もりたか ちさと)は、日本の歌手・音楽家、タレント。1987年デビュー。GiRLPOPと呼ばれる、個性的な女性歌手を全面的に打ち出した音楽ジャンルの創始者として知られている。

続きを読む


大場久美子
大場久美子(おおば くみこ)は日本の女優、歌手。1970年代アイドル。「コメットさん」で主演を演じ全国に知られる存在になります。アイドルを卒業し女優として活躍。

続きを読む


麻木久仁子
麻木久仁子(あさぎ くにこ)は、日本のタレント、司会者、女優。東京ディズニーランドのCMでデビュー。その後、司会者、女優として活動します。近年は『Qさま!!』に出演。クイズ番組で才能を示します。

続きを読む


伊集院光
伊集院光(いじゅういん ひかる)は、お笑いタレント、ラジオパーソナリティ、評論家、元落語家。雑学に優れクイズ番組では「ひらめきの天才」の異名を持つ。ライフワークはラジオ

続きを読む


末次由紀
末次由紀(すえつぐ ゆき)は、日本の漫画家。高校生漫画家としてデビュー。大学時代より本格的に活動。復帰後初の連載となった「ちはやふる」は大人気となりテレビドラマ化、映画化されます。

続きを読む


関連記事 (作家)

浅田次郎
浅田次郎(あさだ じろう)は、日本の小説家。日本ペンクラブ元会長。『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、『鉄道員』で直木賞を受賞。映画化、テレビ化された作品も多い。2011年-2017年日本ペンクラブ会長。

続きを読む


東野圭吾
東野圭吾は、日本の小説家。理系の大学を卒業、就職後に仕事のかたわら小説を応募し江戸川乱歩賞を受賞。専業作家になります。鳴かず飛ばずの時代を経て1997年ころからブレイクしました。

続きを読む


阿川佐和子
阿川佐和子(あがわ さわこ)は、日本のエッセイスト、タレント。2012年のエッセイ『聞く力』はベストセラー、2017年5月9日に元大学教授と結婚しました。

続きを読む


橋田壽賀子
橋田壽賀子(はしだ すがこ)は、脚本家、劇作家、タレントである。1964年『愛と死をみつめて』の脚本が話題となり、度重なる再放送の後に映画化されるなど、ヒット作となった。

続きを読む


村上龍
村上龍(むらかみ りゅう)は、日本の小説家、映画監督、脚本家。『限りなく透明に近いブルー』でデビュー。芥川賞を受賞。テレビ東京『カンブリア宮殿』では司会を担当。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ