2,245 views

俳優・菅田将暉の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 菅田将暉

記事公開日:2020年06月17日
最終更新日:2021年07月28日

菅田将暉
→ 画像検索はこちら

菅田将暉(すだ まさき)は、日本の俳優、歌手。

『仮面ライダーW』で桐山漣とダブル主演でデビュー。
2016年にはブレイク俳優1位を獲得。翌年、ソロ歌手としてデビュー。

このページでは、菅田将暉(すだ まさき)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

菅田将暉(すだ まさき)の誕生日占い

生年月日:1993年2月21日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin249です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い月 黄色い星 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い嵐
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い人
以てるもの同士の類似kin 白い犬
鏡の向こうのもう一人の自分 kin12
絶対反対kin kin119

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

ひとことでいえばKin249の誕生日占いは、事実を直視し、静かに成り行きを見守るタイプです。繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

広告

菅田将暉(すだ まさき)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪府箕面市出身。

ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.2.21~ 14 159 3 青い嵐 赤い地球
2008.2.21~ 15 4 4 黄色の種 赤い竜
2007年にアミューズのオーディションに応募。65,368人の中からファイナリスト31人に残るが落選。
2008年にジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選ばれ、芸能事務所・トップコートに所属が決まります。

ウェブスペルの色が赤色の前半にジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選ばれます。

仮面ライダーW

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.2.21~ 16 109 5 赤い月 赤い蛇
2010.2.21~ 17 214 6 白い魔法使い 赤い月
2011.2.21~ 18 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
2009年より『仮面ライダーW』でフィリップ役。桐山漣とダブル主演。
『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』で映画初主演。

2011年にドラマ『ランナウェイ~愛する君のために』に出演。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに『仮面ライダーW』で桐山漣とダブル主演。

民王

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.2.21~ 20 9 9 赤い月 赤い竜
2014.2.21~ 21 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
2015.2.21~ 22 219 11 青い嵐 赤い月
2013年に映画『共食い』で主演。日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『泣くな、はらちゃん』『35歳の高校生』に出演し、注目を集めます。
2014年に朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』に出演。
2015年にドラマ『民王』に遠藤憲一とダブル主演。

ウェブスペルの色が赤色の後半に映画『共食い』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

ブレイク俳優1位を獲得

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.2.21~ 23 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
2017.2.21~ 24 169 13 赤い月 赤い地球
2018.2.21~ 25 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
2016年にオリコンによる調査で2016年度のブレイク俳優1位を獲得。
2017年に「見たこともない景色」でソロ歌手としてデビュー。
2018年にドラマ『dele』で山田孝之とダブル主演。
同年、最初のアルバム『PLAY』を発売。オリコン、Billboard Japanの両チャートで最高2位を記録。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近にブレイク俳優1位を獲得。翌年、ソロ歌手としてデビュー。

GP帯連続ドラマ初主演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.2.21~ 26 119 2 青い嵐 白い鏡
2019年に俳優デビュー10周年。
同年、ドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』でGP帯連続ドラマ初主演。年末の紅白歌合戦に初出場。

ウェブスペルの色が白色の始めころに『3年A組-今から皆さんは、人質です-』でGP帯連続ドラマ初主演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.2.21~ 27 224 3 黄色の種 白い風
2021.2.21~ 28 69 4 赤い月 白い世界の橋渡し
2022.2.21~ 29 174 5 白い魔法使い 白い犬
菅田将暉の現在は、ウェブスペルの色が白色の前半に当たります。
28才の時はKin69。感受性が鋭く、臆病さと頑固さを持っている年です。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

笑いの中に空虚さと豊かさがある。コミュニケーションが大事。

菅田将暉のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半にジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選ばれます。
赤色の半ばに『仮面ライダーW』で桐山漣とダブル主演。
赤色の後半に映画『共食い』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
赤色の最後付近にブレイク俳優1位を獲得。翌年、ソロ歌手としてデビュー。
白色の始めころに『3年A組-今から皆さんは、人質です-』でGP帯連続ドラマ初主演。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

天野喜孝
天野喜孝(あまの よしたか)は、日本の画家、キャラクターデザイナー。ゲーム『ファイナルファンタジー』のキャラクターデザインを担当し知られる存在となった。繊細で妖艶・幻想的な絵柄は、欧米でも人気を博します。

続きを読む


野田聖子
野田聖子(のだ せいこ)は、日本の政治家。小渕内閣で郵政大臣に就任。郵政民営化法案に反対し衆院選で自民党の公認がうけれず刺客候補が送り込まれたが僅差で勝利。その後、自民党党紀委員会から離党勧告を受け自民党を離党。翌年復党。

続きを読む


石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


恵俊彰
恵俊彰(めぐみ としあき)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。2009年より『ひるおび!』の総合司会で有名。俳優としても活動しており『下町ロケット』等に出演。

続きを読む


片瀬那奈
片瀬那奈(かたせ なな)は、日本の女優、司会者。スカウトを受け芸能界入り。『旭化成水着キャンペーンモデル』で注目されドラマ『美少女H2』で女優デビュー。情報番組『シューイチ』の総合司会を担当。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin249)

トーマスエジソン
トーマス・エジソンは、アメリカの発明家、起業家。生涯におよそ1,300もの発明を行った人物であり、人々の生活を一変させるような重要な発明をいくつも行ったことで知られています。

続きを読む


奥田民生
奥田民生(おくだ たみお)は、日本のミュージシャン、音楽プロデューサー。ユニコーンのボーカルとして活躍。解散後、ソロとして活動。また、音楽プロデューサーとしてPUFFYなどデビューさせます。

続きを読む


樋口可南子
樋口可南子(ひぐち かなこ)は、日本の女優。夫はコピーライターの糸井重里。日本でヘアーヌード解禁のきっかけとなった写真集を発売。ソフトバンクのCM、白戸家シリーズの母役などで有名。

続きを読む


関連記事 (俳優)

山西惇
山西惇(やまにし あつし)は、日本の俳優、声優。 ドラマ『相棒』で角田六郎課長役で有名。演技派俳優として舞台やテレビドラマ、映画などで活躍。京都大学卒という経歴を買われバラエティのクイズ番組にも出演。

続きを読む


泉谷しげる
泉谷しげる(いずみや しげる)は日本のシンガーソングライター、俳優、タレント。代表曲に「春のからっ風」「春夏秋冬」などがあります。俳優として、口が悪いがいい人である役柄を多く演じます。

続きを読む


濱田岳
濱田岳(はまだ がく)は、日本の俳優。テレビドラマ『釣りバカ日誌』の浜ちゃんや、au三太郎の金太郎などで知られます。

続きを読む


関連記事 (歌手)

山本リンダ
山本リンダ(やまもと リンダ)は、日本の歌手、タレント。60年代70年代のアイドル。『こまっちゃうナ』『どうにもとまらない』『狙いうち』などのヒット曲で知られる。

続きを読む


渡辺麻友(わたなべ まゆ)は、日本の女優、歌手。AKB48の元メンバー。愛称は「まゆゆ」。第三期AKB48追加メンバーオーディションで合格。チームBの主力メンバーとして活躍。AKB48卒業後は女優として活動。

続きを読む


藤山一郎
藤山一郎(ふじやま いちろう)は、日本の歌手・指揮者。国民栄誉賞の受賞者。戦前、作曲家の古賀政男と組んで次々にが大ヒット、国民的歌手に成長。紅白歌合戦には第1-43回まで歌手か指揮者として連続出演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ