864 views

俳優・長谷川博己の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 長谷川博己

記事公開日:2019年09月12日
最終更新日:2020年01月23日

長谷川博己
出典:wikipedia.org 第31回東京国際映画祭にて

長谷川博己(はせがわ ひろき)は、日本の男性俳優。愛称は「ハセヒロ」。

2018年の朝の連続テレビ小説『まんぷく』で、主人公の夫・立花萬平役を演じた人物。
2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』で主演となる明智光秀を演じます。

このページでは長谷川博己(はせがわ ひろき)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

長谷川博己の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1977年3月7日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin143です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い夜 青い猿 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い空歩く人
互いに秘かれあう 神秘kin 白い鏡
以てるもの同士の類似kin 黄色い戦士
鏡の向こうのもう一人の自分 kin118
絶対反対kin kin13

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

ひとことでいえばKin143の誕生日占いは、思いつきとアイデアに自信を持っているタイプです。静止しながら望みをつなぐ。

広告

長谷川博己の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。
父は武蔵野美術大学名誉教授で建築評論家の長谷川堯(はせがわ たかし)。2019/4にガンで亡くなった。
中央大学文学部に進学。

文学座

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.3.7~ 24 63 11 青い夜 赤い空歩く人
2002.3.7~ 25 168 12 黄色い星 赤い地球
2004.3.7~ 27 118 1 白い鏡 白い鏡
中央大学を卒業し俳優を志し、2001年に文学座附属演劇研究所に入所(第41期生)。
2002年に初舞台を踏みます。2004年に研修生から順座員として文学座に入座。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に俳優を志し文学座の研究所に入所。
白色の始めの年に文学座に入座。

文学座を退団

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.3.7~ 29 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
2007.3.7~ 30 173 4 赤い空歩く人 白い犬
2008.3.7~ 31 18 5 白い鏡 白い魔法使い
2006年に文学座を退団。
2007年に芸能事務所フォスターに移籍。
今まで舞台だけでしたが2008年よりテレビドラマにも出演し始めます。

ウェブスペルの色が白色の前半に文学座を退団。

セカンドバージン

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.3.7~ 33 228 7 黄色い星 白い風
2011.3.7~ 34 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
2012.3.7~ 35 178 9 白い鏡 白い犬
2010年にヒラタオフィスに移籍。
同年、ドラマ『セカンドバージン』に出演。女優の鈴木京香と共演。鈴木京香とは後に交際に発展。
2011年にドラマ『鈴木先生』で初主演。同年、『家政婦のミタ』に出演。主演は松嶋菜々子

ウェブスペルの色が白色の後半にドラマ『鈴木先生』で初主演。

大河ドラマ『八重の桜』

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.3.7~ 36 23 10 青い夜 白い魔法使い
2014.3.7~ 37 128 11 黄色い星 白い鏡
2015.3.7~ 38 233 12 赤い空歩く人 白い風
2013年に大河ドラマ『八重の桜』に主人公山本八重の最初の夫川崎尚之助役で出演。主演は綾瀬はるか
2014年に刑事ドラマ『MOZU』で悪役、東和夫役で出演。
2015年にフジテレビ月9ドラマ『デート 恋とはどんなものかしら』に出演。

ウェブスペルの色が白色の最後付近にフジテレビ月9ドラマ『デート 恋とはどんなものかしら』に出演。

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.3.7~ 39 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
2017.3.7~ 40 183 1 青い夜 青い夜
2018.3.7~ 41 28 2 黄色い星 青い手
これまで、どちらかといえば玄人好みの渋い俳優で目立たない存在だった。

2016年に映画『シン・ゴジラ』で内閣官房副長官・矢口蘭堂役で出演。飛躍的に知名度が高まります。総監督・脚本は庵野秀明
2017年にドラマ『小さな巨人』で香坂真一郎役で主演。
2018年の朝の連続ドラマ『まんぷく』で、主人公の夫・立花萬平役(安藤百福がモデル)。主演は安藤サクラ

ウェブスペルの色が白色の最後の年に映画『シン・ゴジラ』に出演し飛躍的に知名度が上がります。
青色の始めころに朝の連続ドラマ『まんぷく』で、主人公の夫・立花萬平役。

大河ドラマ『麒麟がくる』

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.3.7~ 42 133 3 赤い空歩く人 青い猿
2020.3.7~ 43 238 4 白い鏡 青い鷲
2020年度の大河ドラマ『麒麟がくる』で主演となる明智光秀役を射止めます。

ウェブスペルの色が青色の前半に大河ドラマ『麒麟がくる』で主演となる明智光秀役。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.3.7~ 42 133 3 赤い空歩く人 青い猿
2020.3.7~ 43 238 4 白い鏡 青い鷲
2021.3.7~ 44 83 5 青い夜 青い嵐
長谷川博己の現在は、ウェブスペルの色が青色の前半に当たります。
43才の時はKin238。変わらないことに憧れを見出すことのできる年です。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。

動揺しがちなときは、立ち止まり様子をうかがう。

長谷川博己のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の最後付近に俳優を志し文学座の研究所に入所。
白色の始めの年に文学座に入座。
白色の前半に文学座を退団。
白色の後半にドラマ『鈴木先生』で初主演。
白色の最後付近にフジテレビ月9ドラマ『デート 恋とはどんなものかしら』に出演。
白色の最後の年に映画『シン・ゴジラ』に出演し飛躍的に知名度が上がります。
青色の始めころに朝の連続ドラマ『まんぷく』で、主人公の夫・立花萬平役。
青色の前半に大河ドラマ『麒麟がくる』で主演となる明智光秀役を射止めた。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

吉田拓郎
吉田拓郎(よしだ たくろう)は、日本のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。日本のシンガーソングライターの草分け的存在。日本ポップス界のメジャーに引き上げた最重要人物。

続きを読む


森永卓郎
森永卓郎(もりなが たくろう)は、日本の経済アナリスト、エコノミスト、タレント。経済評論家やテレビ等のコメンテーターとして活動している人物。独協大学教授。

続きを読む


寺脇康文
寺脇康文(てらわき やすふみ)は、日本の俳優、タレント。劇団『スーパー・エキセントリック・シアター』を退団後、活動の場を広げます。『王様のブランチ』の初代司会者。『相棒』の亀山薫役は、はまり役。

続きを読む


谷原章介
谷原章介(たにはら しょうすけ)は、日本の俳優、タレント、司会者。モデルを経て俳優としてデビュー。『王様のブランチ』の2代目司会者や『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者。

続きを読む


上川隆也
上川隆也(かみかわ たかや)は、日本の俳優。ドラマ『大地の子』の主役に抜擢され以降、テレビドラマや映画にも活動の場を広げるようになります。大河ドラマ『功名が辻』で主役の山内一豊役。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin143)

マイク・タイソン
マイク・タイソンは、アメリカの黒人男性の元プロボクサー。長いボクシングの歴史の中においても、最盛期のタイソンはモハメド・アリと並んでボクシング史上最強ボクサーと言われます。

続きを読む


小島秀夫
小島秀夫(こじま ひでお)は日本の実業家、ゲームクリエイター。コナミのメタルギアシリーズの作者として知られる人物です。

続きを読む


島田洋七
島田洋七(しまだ ようしち)は、日本の漫才師、タレント、作家。漫才コンビB&Bのひとり。1980年代に漫才ブームのトップに君臨した一人。月収1億円の時代から人気急降下。2000年代はベストセラー作家。

続きを読む


藤山寛美
藤山寛美(ふじやま かんび)は、日本の喜劇役者。戦後昭和の上方喜劇界を代表する喜劇役者。永年にわたり松竹新喜劇の大スターとして活躍。「あほの寛ちゃん」として人気を博した。

続きを読む


マイケルジャクソン
マイケル・ジャクソンさんはアメリカのエンターテイナー。シンガーソングライター・ダンサー・俳優・慈善活動家。人類史上最も成功したエンターテイナー。

続きを読む


関連記事 (俳優)

三浦友和
三浦友和(みうら ともかず)は、日本の俳優。妻は元歌手の山口百恵。山口百恵の相手役として映画初出演。次々にヒットとなりゴールデンコンビと騒がれます。その後、テレビドラマでも活躍。

続きを読む


奥田瑛二
奥田瑛二(おくだ えいじ)は、日本の俳優、映画監督、画家。業界屈指の色気を持つ俳優。映画監督としてモントリオール世界映画祭でグランプリ、国際批評家連盟賞、エキュメニック賞の3冠を受賞。

続きを読む


石坂浩二
石坂浩二(いしざか こうじ)は、日本の俳優・タレント・司会者など。NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務めた。

続きを読む


渥美清
渥美清は、コメディアン、俳優。山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズにおいて、主演の車寅次郎役を27年間48作に渡って演じた。亡くなった後に国民栄誉賞を授与された。

続きを読む


千葉雄大
千葉雄大(ちば ゆうだい)は、日本の俳優、タレント。 Toppaモデルオーディションで選ばれモデルとして活動を開始。その後、『天装戦隊ゴセイジャー』のゴセイレッド役に抜擢。俳優としてデビュー。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事