2,305 views

俳優・高橋一生の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 高橋一生

記事公開日:2019年04月07日
最終更新日:2021年08月17日

高橋一生
→ 画像検索はこちら

高橋一生(たかはし いっせい)は、日本の俳優。

子役出身で幼少期からテレビ、映画、舞台で活躍。
2017年にドラマで準主役級の役どころで相次いで出演。2017上半期ブレイク俳優として注目を集めます。

このページでは、高橋一生(たかはし いっせい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

高橋一生の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1980年12月9日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin215です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 赤い月 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin46
絶対反対kin kin85

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin215の誕生日占いは、自分は人とは違うと思いやすいタイプです。「柔軟性」がキーワード。人も金も集まってくる。我を通すと災いになる。

広告

高橋一生の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都で生まれ育ちます。
母が3度の結婚したので4人の異母弟がいます。高橋一生は長男。
異母弟はミュージシャンの安部勇磨。
祖母がふさぎがちだった高橋一生を見て児童劇団に入れます。
祖母が定期的に高橋一生の発表会をみて喜んでいるのをみて感動したそうです。、

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.12.9~ 9 120 3 黄色い太陽 白い鏡
1990.12.9~ 10 225 4 赤い蛇 白い風
1995.12.9~ 15 230 9 白い犬 白い風
1990年に映画『ほしをつぐもの』が映画初出演。主演はビートたけし
1991年に映画『おもいでぽろぽろ』で声優を務めます。
1995年に映画『耳をすませば』で主要キャラクター・天沢聖司の声を演じます。高橋一生の若かりし頃の代表作です。

ウェブスペルの色が白色の前半にデビュー。
白色の後半に映画『耳をすませば』で声優を務めます。

高校時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.12.9~ 15 230 9 白い犬 白い風
1996.12.9~ 16 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
1997.12.9~ 17 180 11 黄色い太陽 白い犬
堀越高校に進学。同級生にV6の岡田准一がおり、高校時代から親友でプライベートでも仲良し。
後に、「軍師官兵衛」で初共演します。

ウェブスペルの色が白色の後半に堀越高校でV6の岡田准一と親交を深めます。

劇団扉座

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.12.9~ 20 235 1 青い鷲 青い鷲
2001.12.9~ 21 80 2 黄色い太陽 青い嵐
2002.12.9~ 22 185 3 赤い蛇 青い夜
2001年に劇団扉座に入団。舞台『フォーティンブラス』で準主役デビュー。
これ以降、舞台での活動もテレビ・映画の俳優業と並行して行います。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に劇団扉座に入団。舞台での活動を行います。

大河ドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.12.9~ 33 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
2014.12.9~ 34 145 2 赤い蛇 黄色の種
2015.12.9~ 35 250 3 白い犬 黄色い星
大河ドラマには、元禄繚乱(1999年)、新選組!(2004年)、風林火山(2007年)、軍師官兵衛(2014年)、おんな城主 直虎(2017年)に出演。
2014年の軍師官兵衛では親友の岡田准一と初の共演。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に大河ドラマ『軍師官兵衛』で岡田准一と初共演。

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.12.9~ 35 250 3 白い犬 黄色い星
2016.12.9~ 36 95 4 青い鷲 黄色い人
2017.12.9~ 37 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
2015年に池井戸潤原作のテレビドラマ『民王』で貝原茂平役を演じ賞を受賞。
2017年にドラマ『カルテット』、大河ドラマ『おんな城主 直虎』、連続テレビ小説『わろてんか』に準主役級で相次いで出演。2017上半期ブレイク俳優にランクインした。
2018年にドラマ『僕らは奇跡でできている』でゴールデンタイム初主演。この後『みかづき』、『東京独身男子』と3期連続で連続ドラマの主演を務めます。主題歌も担当し歌手デビュー。

ウェブスペルの色が黄色の前半にドラマに準主役級で相次いで出演。注目を集めます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.12.9~ 40 255 8 青い鷲 黄色い星
2021.12.9~ 41 100 9 黄色い太陽 黄色い人
2022.12.9~ 42 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
高橋一生の現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
40才の時はKin255。大気晩成年です。変動の多い人生を歩みます。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

自身が揺らぐときこそ、変化への動きを感じる。

高橋一生のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみると

白色の前半にデビュー。
白色の後半に映画『耳をすませば』で声優を務めます。
白色の後半に堀越高校でV6の岡田准一と親交を深めます。
青色の始めの年に劇団扉座に入団。舞台での活動を行います。
黄色の始めの年に大河ドラマ『軍師官兵衛』で岡田准一と初共演。
黄色の前半にドラマに準主役級で相次いで出演。注目を集めます。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

うえやまとち
うえやまとちは、日本の漫画家。代表作はアニメ化もされた『クッキングパパ』。コミック巻数は2021/8時点で158巻。コミック巻数のランキングで「ゴルゴ13」「こち亀」「ミナミの帝王」に次ぐ日本で4番目の記録。

続きを読む


菊地秀行
菊地秀行(きくち ひでゆき)は、日本の小説家。『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。『魔界行』はベストセラーとなり伝奇小説の旗手となった。エロスとバイオレンスを多数取り入れ『吸血鬼ハンターD』など多数のシリーズを持ち早いペースで執筆。

続きを読む


天野喜孝
天野喜孝(あまの よしたか)は、日本の画家、キャラクターデザイナー。ゲーム『ファイナルファンタジー』のキャラクターデザインを担当し知られる存在となった。繊細で妖艶・幻想的な絵柄は、欧米でも人気を博します。

続きを読む


野田聖子
野田聖子(のだ せいこ)は、日本の政治家。小渕内閣で郵政大臣に就任。郵政民営化法案に反対し衆院選で自民党の公認がうけれず刺客候補が送り込まれたが僅差で勝利。その後、自民党党紀委員会から離党勧告を受け自民党を離党。翌年復党。

続きを読む


石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin215)

斉藤由貴
斉藤由貴(さいとう ゆき)は、女優、歌手。1984年に芸能界入りし、CM、歌手、ドラマと次々に成功していきます。1990年代以降、女優として映画・テレビ・舞台など幅広く活躍します。

続きを読む


岸本加世子
岸本加世子(きしもと かよこ)は、日本の女優。ドラマ『ムー』でデビュー。当初はアイドルタレントとして活動。フジカラーのCMに樹木希林と共に出演。それなりに写りますは流行語になった。

続きを読む


ウサイン・ボルト
ウサイン・ボルトはジャマイカの陸上競技短距離選手。稲妻を意味する「ライトニング・ボルト」の愛称を持つ人類史上最速のスプリンター。

続きを読む


北村一輝
北村一輝(きたむら かずき)は、日本の俳優。幅広い役をこなす実力派俳優。数多くのドラマ、映画に出演。2019年後期の朝の連続テレビ小説『スカーレット』ではヒロインの父役で話題となった。

続きを読む


平野ノラ
平野ノラ(ひらの ノラ)は日本の女性お笑いタレント。大きめの肩パッド付きスーツ、髪型はロングソバージュ、大きな携帯電話のバブリーキャラでブレイクした人物です。

続きを読む


関連記事 (俳優)

野村萬斎
野村萬斎(のむら まんさい)は、狂言方和泉流の能楽師、俳優。端正な顔立ちから「狂言界のプリンス」と呼ばれる、日本を代表する狂言役者の一人です。

続きを読む


田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


谷原章介
谷原章介(たにはら しょうすけ)は、日本の俳優、タレント、司会者。モデルを経て俳優としてデビュー。『王様のブランチ』の2代目司会者や『パネルクイズ アタック25』の3代目司会者。

続きを読む


竹内涼真
竹内涼真(たけうち りょうま)は、日本の俳優、モデル、タレント。2017年に朝の連続小説『ひよっこ』、『過保護のカホコ』、『陸王』など立て続けに注目作に出演。ブレイク俳優ランキングで1位を獲得。

続きを読む


古谷一行
古谷一行(ふるや いっこう)は、日本の俳優。『横溝正史シリーズ』などで金田一耕助役を一貫して演じ、当たり役となった。また、土曜ワイド劇場の『混浴露天風呂連続殺人』シリーズで主役・左近太郎役を演じ再び当たり役となった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ