2,592 views

俳優・高橋一生の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 高橋一生

記事公開日:2019年04月07日
最終更新日:2022年04月29日

高橋一生
→ 画像検索はこちら

高橋一生(たかはし いっせい)は、日本の俳優。

子役出身で幼少期からテレビ、映画、舞台で活躍。
2017年にドラマで準主役級の役どころで相次いで出演。2017上半期ブレイク俳優として注目を集めます。

このページでは、高橋一生(たかはし いっせい)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

高橋一生(たかはし いっせい)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1980年12月9日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin215です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 赤い月 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin46
絶対反対kin kin85

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin215の誕生日占いは、自分は人とは違うと思いやすいタイプです。「柔軟性」がキーワード。人も金も集まってくる。我を通すと災いになる。

広告

高橋一生(たかはし いっせい)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都で生まれ育ちます。
母が3度の結婚したので4人の異母弟がいます。高橋一生は長男。
異母弟はミュージシャンの安部勇磨。
祖母がふさぎがちだった高橋一生を見て児童劇団に入れます。
祖母が定期的に高橋一生の発表会をみて喜んでいるのをみて感動したそうです。、

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.12.9~ 9 120 3 黄色い太陽 白い鏡
1990.12.9~ 10 225 4 赤い蛇 白い風
1995.12.9~ 15 230 9 白い犬 白い風
1990年に映画『ほしをつぐもの』が映画初出演。主演はビートたけし
1991年に映画『おもいでぽろぽろ』で声優を務めます。
1995年に映画『耳をすませば』で主要キャラクター・天沢聖司の声を演じます。高橋一生の若かりし頃の代表作です。

ウェブスペルの色が白色の前半にデビュー。
白色の後半に映画『耳をすませば』で声優を務めます。

高校時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.12.9~ 15 230 9 白い犬 白い風
1996.12.9~ 16 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
1997.12.9~ 17 180 11 黄色い太陽 白い犬
堀越高校に進学。同級生にV6の岡田准一がおり、高校時代から親友でプライベートでも仲良し。
後に、「軍師官兵衛」で初共演します。

ウェブスペルの色が白色の後半に堀越高校でV6の岡田准一と親交を深めます。

劇団扉座

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.12.9~ 20 235 1 青い鷲 青い鷲
2001.12.9~ 21 80 2 黄色い太陽 青い嵐
2002.12.9~ 22 185 3 赤い蛇 青い夜
2001年に劇団扉座に入団。舞台『フォーティンブラス』で準主役デビュー。
これ以降、舞台での活動もテレビ・映画の俳優業と並行して行います。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に劇団扉座に入団。舞台での活動を行います。

大河ドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.12.9~ 33 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
2014.12.9~ 34 145 2 赤い蛇 黄色の種
2015.12.9~ 35 250 3 白い犬 黄色い星
大河ドラマには、元禄繚乱(1999年)、新選組!(2004年)、風林火山(2007年)、軍師官兵衛(2014年)、おんな城主 直虎(2017年)に出演。
2014年の軍師官兵衛では親友の岡田准一と初の共演。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に大河ドラマ『軍師官兵衛』で岡田准一と初共演。

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2015.12.9~ 35 250 3 白い犬 黄色い星
2016.12.9~ 36 95 4 青い鷲 黄色い人
2017.12.9~ 37 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
2015年に池井戸潤原作のテレビドラマ『民王』で貝原茂平役を演じ賞を受賞。
2017年にドラマ『カルテット』、大河ドラマ『おんな城主 直虎』、連続テレビ小説『わろてんか』に準主役級で相次いで出演。2017上半期ブレイク俳優にランクインした。
2018年にドラマ『僕らは奇跡でできている』でゴールデンタイム初主演。この後『みかづき』、『東京独身男子』と3期連続で連続ドラマの主演を務めます。主題歌も担当し歌手デビュー。

ウェブスペルの色が黄色の前半にドラマに準主役級で相次いで出演。注目を集めます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.12.9~ 40 255 8 青い鷲 黄色い星
2021.12.9~ 41 100 9 黄色い太陽 黄色い人
2022.12.9~ 42 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
高橋一生の現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
41才の時はKin100。何もないところから道を切り開いていける年です。組織の責任者が多いです。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。

即断即決。あらゆるものを加速させる。

高橋一生のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみると

白色の前半にデビュー。
白色の後半に映画『耳をすませば』で声優を務めます。
白色の後半に堀越高校でV6の岡田准一と親交を深めます。
青色の始めの年に劇団扉座に入団。舞台での活動を行います。
黄色の始めの年に大河ドラマ『軍師官兵衛』で岡田准一と初共演。
黄色の前半にドラマに準主役級で相次いで出演。注目を集めます。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

ブルース・ウィリス
ブルース・ウィリスは、アメリカの元俳優。コメディ役者として地位を確立後に『ダイ・ハード』で主演。シリーズ化されハリウッドの人気スターになった。代表作に『アルマゲドン』『シックスセンス』など。2022年3月30日に失語症を理由に俳優業を引退。

続きを読む


若隆景渥
若隆景渥(わかたかかげ あつし)は、日本の大相撲力士。祖父の代から続く相撲一家。兄2人も大相撲力士。大学時代に実績を残し三段目付出資格を獲得し大相撲入り。2022年3月場所に関脇昇進。その場所、初の幕内最高優勝。

続きを読む


オーラフ・ショルツ
オーラフ・ショルツは、ドイツの政治家。ドイツの第9代首相。アンゲラ・メルケルドイツ首相の後任。労働・社会大臣、ハンブルク第1市長、副首相および財務大臣を歴任。ドイツ社会民主党(SPD)から首相が出るのは4人目。

続きを読む


原田龍二
原田龍二(はらだ りゅうじ)は、日本の俳優、YouTuber。第3回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で準グランプリ受賞し芸能界入り。ドラマ『水戸黄門』で5代目佐々木助三郎役などで有名。旅番組やバラエティ番組への出演が増え「温泉俳優」を自称。

続きを読む


トータス松本
トータス松本(トータス まつもと)は、日本のシンガーソングライター、俳優。ウルフルズのボーカルを担当。俳優としても活動。映画「UDON」や朝の連続テレビ小説「おちょやん」など代表作。ソロとしても活動。わいもくんの原作者。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin215)

リリー・フランキー
リリー・フランキーは、日本のマルチタレント。非常に多種多才な顔を持つ人物。絵本『おでんくん』はアニメ化された代表作。『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』はベストセラー。

続きを読む


北村一輝
北村一輝(きたむら かずき)は、日本の俳優。幅広い役をこなす実力派俳優。数多くのドラマ、映画に出演。2019年後期の朝の連続テレビ小説『スカーレット』ではヒロインの父役で話題となった。

続きを読む


黒木華
黒木華(くろき はる)は、日本の女優。映画『小さいおうち』『母と暮せば』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を2年連続受賞の快挙。『重版出来!』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


ギャル曽根
ギャル曽根(ギャルそね)は、日本のタレント、フードファイター、グルメコメンテーター。テレビ東京『元祖!大食い選手権』に出場。大食いタレントとして人気となります。

続きを読む


斉藤由貴
斉藤由貴(さいとう ゆき)は、女優、歌手。1984年に芸能界入りし、CM、歌手、ドラマと次々に成功していきます。1990年代以降、女優として映画・テレビ・舞台など幅広く活躍します。

続きを読む


関連記事 (俳優)

志垣太郎
志垣太郎(しがき たろう)は、日本の俳優、声優。『あかんたれ』で主演し演技が認められ映画、テレビに多数出演。俳優としてキャリアを積んだ後、バラエティ番組に進出。

続きを読む


佐藤隆太
佐藤隆太(さとう りゅうた)は、日本の俳優、タレント、司会者。『池袋ウエストゲートパーク』に出演し知名度UP。『ROOKIES』で主役の川藤幸一役。近年はシリアスな役柄までを幅広くこなす実力派俳優。

続きを読む


渡部篤郎
渡部篤郎(わたべ あつろう)は、日本の俳優。デビュー当初は『丹波道場』に所属し日活ロマンポルノにも出演。ドラマ『ストーカー 逃げきれぬ愛』に出演を機に以降数々のドラマに出演。元妻はRICAKO。

続きを読む


藤木直人
藤木直人(ふじき なおひと)は日本の俳優、歌手、ミュージシャン。「ナースのお仕事」、「ホタルノヒカリ」など数々の作品に出演。「おしゃれイズム」のパーソナリティを務めたりするなど幅広く活躍。

続きを読む


森本レオ
森本レオ(もりもと レオ)は、日本の俳優、ナレーター、タレント。「脱力系」の芸能人の代表格として挙げられる人物。ダチョウ倶楽部の肥後克広のモノマネレパートリーの1人としても有名。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ