3,275 views

元オフコース・小田和正の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 小田和正

記事公開日:2018年02月12日
最終更新日:2021年12月13日

小田和正
→ 画像検索はこちら

小田和正(おだ かずまさ)は、日本のシンガーソングライター。元オフコースのリーダーでボーカル。

ソロ活動後に『ラブ・ストーリーは突然に』が大ヒット。その後ヒットメーカーとしての地位を確立します。

このページでは、小田和正(おだ かずまさ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

小田和正(おだ かずまさ)の誕生日占い

生年月日:1947年9月20日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin50(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い犬 黄色い太陽 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い太陽
互いに秘かれあう 神秘kin 青い猿
以てるもの同士の類似kin 赤い月
鏡の向こうのもう一人の自分 kin211
絶対反対kin kin180

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin50の誕生日占いは、運が強く他人のよさを引き出し、足りないところを埋めて満たすタイプです。人に対する奉仕を心がけなさい。家庭的に苦労しやすい。

広告

小田和正(おだ かずまさ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

横浜市金沢区出身。実家は金沢文庫のすずらん通り商店街の「小田薬局」。
兄が1人おり、のちに家業は兄が引き継ぎます。

聖光学院時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.9.20~ 12 10 10 白い犬 赤い竜
1960.9.20~ 13 115 11 青い鷲 赤い蛇
1964.9.20~ 17 15 2 青い鷲 白い魔法使い
小田和正は神奈川県で屈指の進学校であり中高一貫である聖光学院中学校に進学。鈴木康博と出会います。
高校3年生の学園祭(聖光祭)の時に、小田、鈴木、地主道夫、須藤尊史の4人で演奏を披露します。このメンバーは初期のオフコースメンバーになります。
のちに聖光祭ではオフコースデビュー後に演奏を毎年披露します。

ウェブスペルの色が赤色の後半に鈴木康博と出会います。

オフコース

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.9.20~ 22 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
1970.9.20~ 23 125 8 赤い蛇 白い鏡
1971.9.20~ 24 230 9 白い犬 白い風
大学は、小田、地主は東北大学、鈴木は東京工業大学、須藤は横浜市立大学へ進学。
離れ離れになりましたが横浜と仙台を頻繁に行き来し音楽活動を続けます。
グループ名は「ジ・オフ・コース」と名付け、後に「オフ・コース」に改名されます。

1970年に小田、鈴木、地主、須藤の4人で「群衆の中で」でレコードデビュー、しかし鳴かず飛ばずの期間が続きます。

鈴木は音楽一本でやっていこうと決意するが、小田は建築家に進路を定め、東北大学を卒業後に早稲田大学大学院に進学。
その一方、鈴木との音楽活動を続けます。1976年の大学院修了の時に音楽の道を選択します。

ウェブスペルの色が白色の半ばに「オフ・コース」でレコードデビュー

「さよなら」が大ヒット

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1977.9.20~ 30 80 2 黄色い太陽 青い嵐
1978.9.20~ 31 185 3 赤い蛇 青い夜
1979.9.20~ 32 30 4 白い犬 青い手
オフコースはメンバー改変を繰り返しながら1972年より小田、鈴木の2人構成、後に清水仁、大間ジロー、松尾一彦を加えた5人構成になります。

1977年に「秋の気配」、1979年に「愛を止めないで」がスマッシュヒット。
1979年に「さよなら」が大ヒット。一躍時代を代表するグループとして認められます。
「さよなら」はオリコンで週間2位が最高順位でした。

ウェブスペルの色が青色の前半に「さよなら」が大ヒットし一躍スターとなります。

オフコース解散

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.9.20~ 35 85 7 赤い蛇 青い嵐
1983.9.20~ 36 190 8 白い犬 青い夜
1988.9.20~ 41 195 13 青い鷲 青い夜
1989.9.20~ 42 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
1982年に鈴木康博がオフコースから脱退。鈴木康博はソロ活動を始めます。
小田はオフコースの解散を考えますが、1983年から4人で活動を再開。
1989年にオフコースは解散します。

ウェブスペルの色が青色の半ばに鈴木康博がオフコースから脱退。
黄色の始めの年にオフコースは活動を休止

ソロ活動を本格開始

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.9.20~ 44 250 3 白い犬 黄色い星
1992.9.20~ 45 95 4 青い鷲 黄色い人
1993.9.20~ 46 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
オフコース時代の1986年からソロとしても活動していましたが、オフコースの解散以降にソロ活動を本格的に行います。

1991年に『東京ラブストーリー』の主題歌の『ラブ・ストーリーは突然に』がミリオンヒット。オフコース時代に叶わなかった、ミリオンヒットとオリコン1位を獲得します。
その後、ヒットメーカーとしての地位を確立し、楽曲はドラマ・CMなどに積極的に採用されます。

ソロ以降は他のアーティストとの交流が急速に活発化します。
鈴木雅之、中村雅俊島倉千代子松たか子らの楽曲を全面的にプロデュース。
ASKAや佐藤竹善、スキマスイッチらとコラボレーション。

ウェブスペルの色が黄色の前半に『ラブ・ストーリーは突然に』がミリオンヒット。

それからの活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.9.20~ 58 160 4 黄色い太陽 赤い地球
2006.9.20~ 59 5 5 赤い蛇 赤い竜
2007.9.20~ 60 110 6 白い犬 赤い蛇
2005年にオリジナルアルバム『そうかな』、2007年にはシングル「こころ」で、それぞれオリコンチャート週間1位を獲得。
小田和正は新曲で音楽シーンに存在感を示すことができる貴重な存在となっています。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに、『そうかな』「こころ」でオリコン1位を獲得。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.9.20~ 72 70 5 白い犬 白い世界の橋渡し
2020.9.20~ 73 175 6 青い鷲 白い犬
2021.9.20~ 74 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
小田和正の現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
74才の時はKin20。人に対する影響力の大きい年です。熱中することが大事です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

一旦重荷をおろして再スタートすること。

小田和正のまとめ

ウェブスペルの色で流れを見てみると

赤色の後半に鈴木康博と出会います。
白色の半ばに「オフ・コース」でレコードデビュー
青色の前半に「さよなら」が大ヒットし一躍スターとなります。
青色の半ばに鈴木康博がオフコースから脱退。
黄色の始めの年にオフコースは解散。小田和正はソロ活動を本格的に開始。
黄色の前半に『ラブ・ストーリーは突然に』がミリオンヒット。その後ヒットメーカーとしての地位を確立し、楽曲はドラマ・CMなどに積極的に採用されます。
赤色の半ばに、『そうかな』「こころ」でオリコン1位を獲得。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

イーロン・マスク
イーロン・リーヴ・マスクは、アメリカ合衆国の実業家、エンジニア、投資家。電気自動車企業テスラの共同創設者。宇宙開発企業スペースXの創設者。2022年の世界長者番付で1位となった人物。

続きを読む


ヒコロヒー
ヒコロヒーは、日本の女性お笑いタレント。芸風は仕掛けに頼らない一人コント。2021年から初の冠番組『キョコロヒー』が始まるなどテレビ出演が増え、2021年ブレイクタレントランキングで5位。

続きを読む


五島昇
五島昇(ごとう のぼる)は、日本の実業家。東急創業者の五島慶太の長男。拡大した東急グループを再編し、本業である鉄道業や運輸業と関連性の高い事業に特化。鉄道敷設を行うほか、沿線のリゾートや宅地開発に関しては父慶太が立案した通りに忠実にやり遂げます。

続きを読む


ウィル・スミス
ウィル・スミスは、、アメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー、ラッパー。俳優をする前はラッパーとして活動。その後、テレビ、映画に俳優として進出。出演作はジャンルを問わずメガヒットを放つ、アメリカを代表する「ドル箱俳優」のひとり。

続きを読む


前野朋哉
前野朋哉(まえの ともや)は日本の俳優、映画監督。大阪芸術大学で映画制作に携わります。役者業を勧められ続けます。2016年にCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在になります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin050)

角川春樹
角川春樹(かどかわ はるき)は、日本の実業家、映画監督、映画プロデューサー、俳人、冒険家。角川書店の元社長。角川映画で一世を風靡。しかしコカイン密輸事件で逮捕され角川書店より退任。

続きを読む


白洲次郎
白洲次郎(しらす じろう)は、日本の実業家。吉田茂の側近として活躍しGHQ司令部と渡り合います。吉田政権崩壊後は、実業家として東北電力の会長を務めるなど、多くの日本企業の役員を歴任しました。

続きを読む


佐藤仁美
佐藤仁美(さとう ひとみ)は、日本の女優、タレント。夫は俳優の細貝圭。第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。ドラマ『イグアナの娘』に出演し注目。朝の連続ドラマでは『あすか』『ファイト』など常連で出演。

続きを読む


小泉純一郎
小泉純一郎(こいずみ じゅんいちろう)は、日本の政治家。内閣総理大臣(第87・88・89代)を務め、道路公団民営化、郵政民営化を実現します。

続きを読む


綾戸智恵
綾戸智恵(あやど ちえ)は、日本のジャズシンガー。1998年にアルバム『For All We Know』でメジャーデビュー。大阪出身の小さな主婦の歌声は多くの音楽ファンに衝撃を与えました。

続きを読む


関連記事 (歌手)

近藤真彦
近藤真彦(こんどう まさひこ)は、実業家、歌手、俳優、タレント、レーシングドライバー。ジャニーズ事務所取締役。ニックネームはマッチ。1980年代を代表する男性アイドル歌手。

続きを読む


北島三郎
北島三郎さんは、演歌歌手、俳優、作詞家、作曲家。サブちゃんという愛称で呼ばれている。数多くのヒット曲がある演歌の大御所。NHK紅白歌合戦に出場は歴代最多の50回。

続きを読む


森進一
森進一(もり しんいち)は、歌手、作曲家、社会福祉活動家。一聴して森と分かる、独特のハスキーボイスが特徴。1968年第19回NHK紅白歌合戦に初出場して以来48回連続出場。紅白歴代第1位の記録。

続きを読む


後藤真希
後藤真希(ごとう まき)は、日本の歌手、タレント、YouTuber。『モーニング娘。』の元メンバー(3期)。シングル「LOVEマシーン」でセンターを担当。国民的アイドルの階段を一気に駆け上がります。

続きを読む


東山紀之
東山紀之(ひがしやま のりゆき)は、日本の俳優、歌手。愛称はヒガシ。ジャニーズ事務所所属。少年隊のメンバー。2008年以降はソロ活動に比重を置き、俳優業を中心に、テレビ・舞台・映画にと多方面で活躍。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ