1,239 views

松下村塾の「吉田松陰」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 吉田松陰

記事公開日:2016年02月29日
最終更新日:2017年05月10日

吉田松陰

吉田 松陰(よしだ しょういん)は、長州藩士、思想家、教育者。山鹿流兵学師範。明治維新の精神的指導者・理論者・倒幕論者として知られる。
松下村塾を主宰し教えは木戸孝允高杉晋作、久坂玄瑞、伊藤博文など長州藩士に影響を与え倒幕の原動力となりました。

このページでは吉田松陰の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 維新三傑「木戸孝允」の人生を見てみる
→ 初代総理大臣「伊藤博文」の人生を見てみる
→ 昇りつめた大老「井伊直弼」の人生を見てみる

吉田松陰の誕生日占い

生年月日:1830年9月20日
誕生日から算出したツォルキンバースディはKin245です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い蛇 青い鷲 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い蛇
互いに学びあう 反対kin 青い鷲
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い戦士
以てるもの同士の類似kin 白い魔法使い
鏡の向こうのもう一人の自分 kin16
絶対反対kin kin115

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

ひとことでいえばKin245の誕生日占いは、独自の勘を生かすことのできるタイプです。神経質な面もあります。賑わいの中で発展する。競争は避けられない。

音11で「改革者」ですね。「青い鷲」は松下村塾で教えに生かされたのでしょうかね。

広告

吉田松陰の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

長州藩士・杉百合之助の次男として生まれます。
4歳の時に叔父の吉田大助の養子となり兵学を学びます。
5歳の時に叔父の玉木文之進が開いた松下村塾で指導を受けた。

松下村塾は吉田松陰が開いたんじゃないんですね。

長州藩の神童

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1838.9.20~ 8 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
1839.9.20~ 9 150 7 白い犬 黄色の種
1840.9.20~ 10 255 8 青い鷲 黄色い星
1838年 家学教授見習として藩校明倫館に出勤する
1839年 明倫館で初めて家学を講義する
1840年 藩主・毛利敬親の御前で「武教全書」を講義する

ウェブスペルの色が黄色の中ころのことでした。

わずか10才で長州藩の藩主に講義しています。
11才の時には藩主の御前講義の出来栄えが見事であったことにより、その才能が認められた。
初めて講義したときには黒Kinが表れています。

佐久間象山に入門する

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1848.9.20~ 18 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
1849.9.20~ 19 160 4 黄色い太陽 赤い地球
1850.9.20~ 20 5 5 赤い蛇 赤い竜
1851.9.20~ 21 110 6 白い犬 赤い蛇
1852.9.20~ 22 215 7 青い鷲 赤い月
1848年 家学後見がすべて解かれ、独立の師範となる。
1849年 藩命で北浦沿岸の防備を巡視する。桂小五郎に兵学を教えたのはこの頃。
1850年 九州に遊学する。ついで、江戸に出て佐久間象山に師事する。
1852年 友人である宮部鼎蔵らと東北旅行を計画するが、出発日の約束を守るため、長州藩からの過書手形(通行手形)の発行を待たず脱藩。

ウェブスペルの色が赤になりました。簡単に脱藩しちゃいましたね。

宮部鼎蔵は後に池田屋で会合中に新選組に襲撃され亡くなります。

ペリー来航

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1853.9.20~ 23 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
1854.9.20~ 24 165 9 赤い蛇 赤い地球
1853年 ペリーが浦賀に来航すると、、師の佐久間象山と黒船を遠望観察し、西洋の先進文明に心を打たれた。
1854年 ペリーが日米和親条約締結の為に再航した際には、金子重之輔と二人で小舟で旗艦ポーハタン号に漕ぎ寄せ乗船した。しかし渡航は拒否されて、下田奉行所に自首し、伝馬町牢屋敷に投獄された。長州藩へ檻送された後に野山獄に幽囚された。

自首したときは黒Kinが表れています。

渡航は拒否された後に自首しなかったら歴史が変わったんでしょうね。

松下村塾

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1855.9.20~ 25 10 10 白い犬 赤い竜
1856.9.20~ 26 115 11 青い鷲 赤い蛇
1857.9.20~ 27 220 12 黄色い太陽 赤い月
1858.9.20~ 28 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
1859.9.20~ 29 170 1 白い犬 白い犬
1855年 野山獄から出獄を許されたが、杉家に幽閉の処分となる。
1857年 杉家の敷地に松下村塾を開塾する。

久坂玄瑞、高杉晋作、伊藤博文、などと松陰が一緒に意見を交わしたり、文学だけでなく登山や水泳なども行なうという「生きた学問」だったといわれる。

1858年 幕府が無勅許で日米修好通商条約を締結したことを知って激怒し、討幕を表明して老中首座である間部詮勝の暗殺を計画するが計画は頓挫した。
1859年 大老井伊直弼の安政の大獄、江戸に檻送されて伝馬町牢屋敷にて斬首刑に処された。

ウェブスペルの色が赤色の後半です。
松下村塾を開塾した時に黒Kinが表れています。
亡くなったのは白色の音1でした。

吉田松陰のまとめ

ウェブスペルの色が黄色の後半の時、わずか10才で藩主に講義する神童でした。
ウェブスペルの色の赤色の時に吉田松陰の松下村塾の教えは倒幕・明治維新の原動力となりました。
松下村塾で教えてたのはわずか3年弱でした。
大政奉還は1867年ですので吉田松陰が亡くなってから8年後のことでした。

松下村塾は2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の1つとして世界遺産に登録されました。

安政の大獄で多く亡くなっていると思われがちですが、実際は8人の死刑と100人以上の処罰だったそうです。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

有村架純
有村架純は、日本の女優。2013年に「あまちゃん」で小泉今日子演じる主人公の母親の若かりし頃を演じて人気を博しブレイク。2017年の「ひよっこ」のヒロインを努めました。

続きを読む


中山秀征
ABブラザーズで人気を博したあと、『DAISUKI!』や『ウチくる!?』にレギュラー出演。2004年から『ラジかる!!』のメイン司会を担当。昼の帯番組を持った。

続きを読む


出川哲郎
出川哲郎(でがわ てつろう)はタレント、俳優。リアクション芸人の代表格として、ダチョウ倶楽部と並んで数多くのバラエティ番組で活躍しています。

続きを読む


引田天功
引田天功(ひきた てんこう)は、日本のイリュージョニスト。別名プリンセス・テンコー 。初代・引田天功が1979年12月に急死し1980年12月に2代目に襲名した。

続きを読む


篠原ともえ
篠原ともえは、日本の歌手、タレント。1990年末期に個性的なファッションと強烈なキャラクターで、「シノラー」ブームを巻き起こします。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (歴史の人)

オードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーンはイギリス人でアメリカの女優で1950年代に映画で活躍しました。特に1953年の映画『ローマの休日』で主役を演じ絶賛されます。

続きを読む


樋口一葉
樋口一葉(ひぐち いちよう)は、小説家。わずか1年半で「たけくらべ」「にごりえ」「十三夜」といった作品を発表。しかしわずか24歳6ヶ月で肺結核により死去しました。

続きを読む


勝海舟
勝海舟(かつ かいしゅう)は江戸時代末期から明治時代初期の武士(幕臣)、政治家。坂本龍馬の師匠であり、鳥羽伏見の戦いで江戸城への総攻撃を西郷隆盛と会談し江戸無血開城した立役者です。

続きを読む


三浦環
三浦環(みうら たまき)は日本で初めて国際的な名声をつかんだオペラ歌手。プッチーニのオペラ『蝶々夫人』の蝶々夫人役が得意で、明治後期から昭和にかけて活躍した人物です。

続きを読む


嘉納治五郎
嘉納治五郎さんは、講道館柔道の創始者であり柔道・スポーツ・教育分野の発展や日本のオリンピック初参加に尽力するなど、明治から昭和にかけて日本におけるスポーツの道を開きました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事