233 views

国民的歌手・三波春夫の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 三波春夫

三波春夫
出典:wikipedia.org

三波春夫(みなみ はるお)は、日本の浪曲師、演歌歌手。

昭和を代表する歌手。
特に、東京オリンピックの「東京五輪音頭」、大阪万博の「世界の国からこんにちは」は代表曲として知られます。

このページでは、三波春夫(みなみ はるお)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

三波春夫の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1923年7月19日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin67です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い手 白い世界の橋渡し 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い嵐
互いに学びあう 反対kin 赤い地球
互いに秘かれあう 神秘kin 白い魔法使い
以てるもの同士の類似kin 黄色い人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin194
絶対反対kin kin197

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

「青い手」は、チャンスやお金、人のココロなど掴みやすい人です。献身的に人を理解し癒します。「手」を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

ひとことでいえばKin67の誕生日占いは、過去の経験を役に立てるのが上手なタイプです。下積みが日の目を見る。コミュニケーションが大事。

広告

三波春夫の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

新潟県生まれ。出生名は北詰文司(きたづめ ぶんじ)。
家業は本屋・印刷・書籍・文具商。この家の3男として誕生します。

少年浪曲師『南篠文若』

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1936.7.19~ 13 132 2 黄色い人 青い猿
1939.7.19~ 16 187 5 青い手 青い夜
1940.7.19~ 17 32 6 黄色い人 青い手
1936年に家業が傾き家族で上京。住み込みで働きに出ます。
1939年に文京区本郷の「日本浪曲学校」へ入学。その後、少年浪曲師『南篠文若』で活動していきます。

ウェブスペルの色が青色の始めころに上京、住み込みで働き始めます。
青色の半ばより少年浪曲師『南篠文若』で活動していきます。

シベリア抑留

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1944.7.19~ 21 192 10 黄色い人 青い夜
1945.7.19~ 22 37 11 赤い地球 青い手
1946.7.19~ 23 142 12 白い風 青い猿
1944年に徴兵で満州国に入ります。軍隊でも半年ほどして浪曲家として活動。「浪曲上等兵」とあだなされます。
1945年に敗戦を満州国で迎え、9月にソ連軍の捕虜となります。
その後、22才から26才までの約4年間、シベリア抑留生活をおくります。

ウェブスペルの色が青色の最期付近、ソ連軍の捕虜となりシベリア抑留生活をおくります。

帰国・結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1949.7.19~ 26 197 2 赤い地球 黄色い戦士
1950.7.19~ 27 42 3 白い風 黄色い太陽
1951.7.19~ 28 147 4 青い手 黄色の種
1949年に帰国。同年、三味線漫才氏の野村ゆきと結婚。

1950年代半ばになり演歌大衆歌謡が流行り始めます。浪曲は衰退すると予感。
『南篠文若』は浪曲師としての活動に見切りをつけます。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに帰国、野村ゆきと結婚。

三波春夫

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.7.19~ 34 257 10 赤い地球 黄色い星
1958.7.19~ 35 102 11 白い風 黄色い人
1959.7.19~ 36 207 12 青い手 黄色い戦士
1957年に芸名を「三波春夫」に変え歌謡界へデビュー。
デビュー半年間にシングル7枚、10曲を発表、いずれも大ヒットとなり一躍人気歌手の仲間入りを果たします。

1958年に紅白歌合戦初出場。
1959年にレコード売上のトップ3を独占。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に三波春夫で歌謡界にデビュー。一躍人気歌手となります。

国民歌手

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.7.19~ 40 107 3 青い手 赤い蛇
1964.7.19~ 41 212 4 黄色い人 赤い月
1967.7.19~ 44 7 7 青い手 赤い竜
1968.7.19~ 45 112 8 黄色い人 赤い蛇
1963年、東京オリンピックを翌年に迎え、テーマソング「東京五輪音頭」が発表。
橋幸夫、坂本九北島三郎&畠山みどりなど同じ歌を歌ったが中でも三波春夫版は250万枚を突破。

1967年、大阪万博の開催が決定し、テーマソング「世界の国からこんにちは」が発表。
坂本九、吉永小百合山本リンダなど複数の歌手が同じ歌を歌ったが中でも三波春夫版は130万枚を突破。

2つの国際的平和の祭典のテーマソングを歌った三波はこのころから「国民歌手」、「国民的歌手」が代名詞となった。
この2つの曲は三波春夫が生涯を通して大切に歌い三波春夫の代表曲となります。

ウェブスペルの色が赤色の前半から後半にかけ、「東京五輪音頭」「世界の国からこんにちは」を歌い大ヒット。国民歌手という代名詞がつきます。

紅白歌合戦連続29回出場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.7.19~ 63 182 13 白い風 白い犬
1987.7.19~ 64 27 1 青い手 青い手
1988.7.19~ 65 132 2 黄色い人 青い猿
1986年に紫綬褒章を受賞。同年、紅白歌合戦に連続29回目の出場。
この時最多は島倉千代子の30回。翌年、出場歌手の選出方法が大幅に変更になった事も影響し島倉と共に出場を辞退。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に紅白歌合戦に連続29回目の出場。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.7.19~ 71 242 8 白い風 青い鷲
1999.7.19~ 76 247 13 青い手 青い鷲
2000.7.19~ 77 92 1 黄色い人 黄色い人
1994年に前立腺癌と診断。
1999年に紅白歌合戦に出場。これが生涯最後の出場。31回目でした。
2001年4月14日、前立腺癌のため亡くなります。
生前に発表した楽曲数は1,058曲、シングル盤の総売上は2,510万枚を記録。

ウェブスペルの色が青色の後半に前立腺癌が見つかります。
黄色の始めの年に亡くなりました。

三波春夫のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の始めころに上京、住み込みで働き始めます。
青色の半ばより少年浪曲師『南篠文若』で活動していきます。
青色の最期付近、ソ連軍の捕虜となりシベリア抑留生活をおくります。
黄色の始めころに帰国、野村ゆきと結婚。
黄色の最後付近に三波春夫で歌謡界にデビュー。一躍人気歌手となります。
赤色の前半から後半にかけ、「東京五輪音頭」「世界の国からこんにちは」を歌い大ヒット。国民歌手と言われます。
白色の最後の年に紅白歌合戦に連続29回目の出場。
2度目の青色の後半に前立腺癌が見つかります。
2度目の黄色の始めの年に亡くなりました。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

八木亜希子
八木亜希子(やぎ あきこ)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。フジテレビ時代は様々なジャンルの番組をオールラウンドに担当。退社後はアナウンサー業はもとより、タレント、女優としても活動。

続きを読む


尾美としのり
尾美としのり(おみ としのり)は、日本の俳優。子役としてデビュー。『鬼平犯科帳』では同心の木村忠吾役でレギュラー出演。宮藤官九郎脚本作品に頻繁に出演していることでも有名。

続きを読む


小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む


小林幸子
小林幸子(こばやし さちこ)は、日本の歌手、女優、タレント、実業家。9才の時にスカウトされデビュー。しかし仕事が激減し低迷期を歩みます。その後『おもいで酒』で復活。紅白歌合戦では派手な衣装で話題。

続きを読む


田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin011)

天童よしみ
天童よしみ(てんどうよしみ)は日本の演歌歌手。1993年より『NHK紅白歌合戦』に出場。ノーベル製菓「VC-3000のど飴」のCMキャラクターに起用され「なめたらあかんー」のキャッチコピーで知られます。

続きを読む


今井美樹
今井美樹(いまい みき)は、歌手、女優。1990年代に女優してドラマで主演として出演します。1996年にシングル『PRIDE』が自身最大のヒット曲。夫は布袋寅泰。

続きを読む


出光佐三
出光佐三(いでみつ さぞう)は、日本の実業家。石油元売会社・出光興産の創業者。日中戦争の拡大と共に事業を拡大。日本の敗戦ですべてを失いますが、一人もクビにせず雇い続けます。宗像市に在る宗像大社の再建に貢献。

続きを読む


関連記事 (歌手)

テレサ・テン
テレサ・テンは、台湾出身の歌手。1970年代から1990年代にかけて、アジアにおいて広く人気を博したその業績から、生前から没後も「アジアの歌姫」と呼ばれています。

続きを読む


真琴つばさ
真琴つばさ(まこと つばさ)は、日本の歌手、女優。元宝塚歌劇団月組トップスター。宝塚歌劇団引退後は歌手・女優として活躍する傍ら、バラエティ番組を中心にテレビ番組出演。

続きを読む


華原朋美
華原朋美(かはら ともみ)は、日本の歌手、タレント。代表曲はミリオンセラーを記録した「I'm proud」「I BELIEVE」「Hate tell a lie」など多数。歌手・浜崎あゆみなど後のアーティストにも影響を与えます。

続きを読む


島倉千代子
島倉千代子(しまくら ちよこ)は、日本の演歌歌手。デビュー曲が200万枚を売る大ヒット。しかし私生活でのトラブルで多額の借金を背負います。その後『人生いろいろ』が大ヒット。モノマネをきっかけに再ブレイク。

続きを読む


堀江美都子
堀江美都子(ほりえ みつこ)は、歌手、声優、女優。アニメソングの地位向上に多大なる貢献をした一人。アニメソング界の女王として名高い。『キャンディキャンディ』の主題歌は120万枚の大ヒット。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事