3,569 views

女優「常盤貴子」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 常盤貴子

記事公開日:2016年11月05日
最終更新日:2020年07月09日

常盤貴子
→ 画像検索はこちら

常盤貴子(ときわ たかこ)は女優。

1990年代から多くのテレビドラマに主演。出演作の全てがヒットし「連ドラの女王」と呼ばれます。
2009年には劇作家・演出家・俳優の長塚圭史と結婚しました。

このページでは常盤貴子(ときわ たかこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 常盤貴子と長塚圭史の誕生日占いと相性占い

常盤貴子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1972年4月30日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin192(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 青い夜 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin69
絶対反対kin kin62

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin192の誕生日占いは、プロデュース能力があるタイプです。ポイントは歌です。自分の立場を考えて状況を静観すること。

広告

常盤貴子(ときわ たかこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

横浜市の生まれだが小中高のうちの7年間を兵庫県西宮市で過ごす。
西宮に引っ越すまではおとなしくて引っ込み思案な性格だったが、引っ越して来てからは関西の子供の気取らぬ開放的な行動に感化されて性格が180度変わった。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.4.30~ 19 107 3 青い手 赤い蛇
1992.4.30~ 20 212 4 黄色い人 赤い月
1993.4.30~ 21 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
1994.4.30~ 22 162 6 白い風 赤い地球
1991年 自ら芸能事務所を訪ね所属となる。
女優デビューをしたのち、ドラマの脇役やCMの仕事が入るものの、なかなか芽が出なかった。
1993年 ドラマ 『悪魔のKISS』。カード地獄で風俗嬢に転落する女子大生役を演じ広く知られるようになった
1994年 ドラマ『私の運命』。不倫と純愛の間をさまよう上昇志向の強い看護師役を演じた

ウェブスペルの色が赤色の前半に芸能事務所に所属し女優となりますが芽が出ませんでした。
赤色の半ばにドラマ 『悪魔のKISS』で広く知られるようになります。

連ドラの女王

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.4.30~ 23 7 7 青い手 赤い竜
1996.4.30~ 24 112 8 黄色い人 赤い蛇
1997.4.30~ 25 217 9 赤い地球 赤い月
1998.4.30~ 26 62 10 白い風 赤い空歩く人
1995年 ドラマ『愛していると言ってくれ』。豊川悦司の恋人役を演じ、ドラマは大ヒットした。
1996年 ドラマ『真昼の月』。主演は織田裕二と常盤貴子。織田裕二は初のベッドシーンがあった。
1996年 ドラマ『ひとり暮らし』
1997年 ドラマ『理想の結婚』『最後の恋』
1998年 ドラマ『めぐり逢い』

1996年春から1997年夏までは5作の連続ドラマにおいて主役級を務めた。
出演作の全てがヒットしたため「連ドラの女王」と呼ばれた。

ウェブスペルの色が赤色の半ばからドラマのヒットが始めり、赤色の後半には「連ドラの女王」と呼ばれます。

ビューティフルライフ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.4.30~ 28 12 12 黄色い人 赤い竜
2001.4.30~ 29 117 13 赤い地球 赤い蛇
2003.4.30~ 31 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
2004.4.30~ 32 172 3 黄色い人 白い犬
2009.4.30~ 37 177 8 赤い地球 白い犬
2000年 ドラマ『ビューティフルライフ』。30%を超える平均視聴率(最高視聴率41.3%)を獲得し大ヒット
2003年 映画『ゲロッパ!』。ヒロイン役。
2004年 映画『赤い月』。主演。

女優としての活動は、30歳を過ぎたころを境に、テレビドラマ(連ドラ)から、映画・舞台へとシフトしている。

2009年 劇作家・演出家・俳優の長塚圭史と結婚。2003年の映画『ゲロッパ!』からのお付き合いだったそうです。
2015年に「なかにし礼と12人の女優たち」で歌手デビューした。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近にドラマ『ビューティフルライフ』が大ヒット。
ウェブスペルの色が白色に変わり、テレビドラマから、映画・舞台へとシフトします。
白色の後半に長塚圭史と結婚しました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.4.30~ 46 82 4 白い風 青い嵐
2019.4.30~ 47 187 5 青い手 青い夜
2020.4.30~ 48 32 6 黄色い人 青い手
常盤貴子の現在は、ウェブスペルの色が青色の半ばに当たります。
48才の時はKin32。物の見かたを客観的にみることに優れている年です。

  • 音6は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないです。束縛されることを嫌います。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

しばし躊躇。戸惑いも小休止。

常盤貴子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半に芸能事務所に所属し女優となりますが芽が出ませんでした。
赤色の半ばにドラマ 『悪魔のKISS』で広く知られるようになります。
赤色の半ばからドラマのヒットが始めり、赤色の後半には「連ドラの女王」と呼ばれます。
赤色の最後付近にドラマ『ビューティフルライフ』が大ヒット。
白色に変わり、テレビドラマから、映画・舞台へとシフトします。
白色の後半に長塚圭史と結婚。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

ウエンツ瑛士
ウエンツ瑛士(ウエンツ えいじ)は、日本のタレント、俳優。4才から芸能活動を開始。俳優業やバラエティ番組で活躍する一方、小池徹平と「WaT」で歌手活動も行っていました。

続きを読む


山口智充
山口智充(やまぐち ともみつ)は、日本のお笑いタレント。かつてはお笑いコンビ「DonDokoDon」で活動。全国的に知名度を得て、以降ピンで活動することが多くなります。

続きを読む


ふかわりょう
ふかわりょうは、日本のお笑いタレント、エッセイスト、司会者。慶応大学在学中にお笑いタレントとしてデビュー。シュールなお笑いで「シュールの貴公子」と称され人気を博した。

続きを読む


檀ふみ
檀ふみ(だん ふみ)は、日本の女優、司会者、エッセイスト。クイズ番組『連想ゲーム』で紅組レギュラー。女優として清純派女優として活躍。父は作家の檀一雄。阿川佐和子との共著で講談社エッセイ賞を受賞。

続きを読む


ダレノガレ明美
ダレノガレ明美(ダレノガレ あけみ)、ブラジル生まれの日本の女性ファッションモデル、タレント。『JJ』でモデルデビュー。すぐにキャラが話題になり、様々なバラエティ番組などに引っ張りだこ。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin192)

小倉智昭
小倉智昭(おぐら ともあき)は、日本のフリーアナウンサー、タレント、司会者、ラジオパーソナリティ。1999年4月にスタートした『情報プレゼンター とくダネ!』で、司会者としての地位を確実なものにした

続きを読む


舘ひろし
舘ひろし(たち ひろし)は日本の俳優・シンガーソングライター。ロックバンド「クールス」でデビュー。その後「西部警察」に出演。渡哲也に憧れ石原プロに入社。「あぶない刑事」で大ヒット。

続きを読む


石川さゆり
石川さゆり(いしかわ さゆり)は、日本の演歌歌手。本名は石川 絹代(きぬよ)。「津軽海峡・冬景色」が大ヒット。1980年代後半には続々とヒット曲を世に送り出し日本を代表する演歌歌手になりました。

続きを読む


TAMIYA_Logo
田宮義雄(たみや よしお)は、日本の実業家。模型メーカータミヤの創業者。 運送業の後、木製木工模型の会社を営んでいましたが焼失。その後、プラスチックモデルの製造開始し成功を収めます。

続きを読む


山下達郎
山下達郎(やました たつろう)は、シンガーソングライター、ミュージシャン。妻はシンガーソングライターの竹内まりや。1980年代末のJ-POP出現の下地を作ったミュージシャン。

続きを読む


関連記事 (女優)

鈴木杏樹
鈴木杏樹(すずき あんじゅ)は、日本の女優、司会者。女優として司会者として長く活躍。特に『ミュージックフェア』では20年に渡り司会を担当。一時期CM14本に出演しCMの女王の異名をとったこともあります。

続きを読む


戸田恵梨香
戸田恵梨香(とだ えりか)は、日本の女優。映画『デスノート』での主演を機に映画、ドラマに多数出演。CMでも活動します。2019年後期のNHK朝の連続ドラマ『スカーレット』のヒロインに抜擢。

続きを読む


篠原涼子
篠原涼子(しのはら りょうこ)は、女優、歌手。シングル『恋しさと せつなさと 心強さと』が200万枚を超える大ヒット。女優に転身したあとは『アンフェア』『ハケンの品格』などに出演し人気となります。

続きを読む


室井滋
室井滋(むろい しげる)は、日本の女優、ナレーター、エッセイスト。『やっぱり猫が好き』がヒットし一躍人気者となった。映画『居酒屋ゆうれい』『のど自慢』など代表作。

続きを読む


山村紅葉
山村紅葉(やまむら もみじ)は、日本の女優、タレント、元国家公務員。母は推理作家の山村美紗。母の作品が原作のドラマを中心に2016年時点で500本以上出演し、2時間ドラマの裏女王と言われる。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ