3,945 views

女優「常盤貴子」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 常盤貴子

記事公開日:2016年11月05日
最終更新日:2021年09月16日

常盤貴子
→ 画像検索はこちら

常盤貴子(ときわ たかこ)は女優。

1990年代から多くのテレビドラマに主演。出演作の全てがヒットし「連ドラの女王」と呼ばれます。
2009年には劇作家・演出家・俳優の長塚圭史と結婚しました。

このページでは、常盤貴子(ときわ たかこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 常盤貴子と長塚圭史の誕生日占いと相性占い

常盤貴子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1972年4月30日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin192(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 青い夜 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin69
絶対反対kin kin62

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin192の誕生日占いは、プロデュース能力があるタイプです。ポイントは歌です。自分の立場を考えて状況を静観すること。

広告

常盤貴子(ときわ たかこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

横浜市の生まれだが小中高のうちの7年間を兵庫県西宮市で過ごす。
西宮に引っ越すまではおとなしくて引っ込み思案な性格だったが、引っ越して来てからは関西の子供の気取らぬ開放的な行動に感化されて性格が180度変わった。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.4.30~ 19 107 3 青い手 赤い蛇
1992.4.30~ 20 212 4 黄色い人 赤い月
1993.4.30~ 21 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
1994.4.30~ 22 162 6 白い風 赤い地球
1991年 自ら芸能事務所を訪ね所属となる。
女優デビューをしたのち、ドラマの脇役やCMの仕事が入るものの、なかなか芽が出なかった。
1993年 ドラマ 『悪魔のKISS』。カード地獄で風俗嬢に転落する女子大生役を演じ広く知られるようになった。
1994年 ドラマ『私の運命』。不倫と純愛の間をさまよう上昇志向の強い看護師役を演じた

ウェブスペルの色が赤色の前半に芸能事務所に所属し女優となりますが芽が出ませんでした。
赤色の半ばにドラマ 『悪魔のKISS』で広く知られるようになります。

連ドラの女王

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.4.30~ 23 7 7 青い手 赤い竜
1996.4.30~ 24 112 8 黄色い人 赤い蛇
1997.4.30~ 25 217 9 赤い地球 赤い月
1998.4.30~ 26 62 10 白い風 赤い空歩く人
1995年 ドラマ『愛していると言ってくれ』。豊川悦司の恋人役を演じ、ドラマは大ヒットした。
1996年 ドラマ『真昼の月』。主演は織田裕二と常盤貴子。織田裕二は初のベッドシーンがあった。
1996年 ドラマ『ひとり暮らし』。
1997年 ドラマ『理想の結婚』『最後の恋』。
1998年 ドラマ『めぐり逢い』。

1996年春から1997年夏までは5作の連続ドラマにおいて主役級を務めた。
出演作の全てがヒットしたため「連ドラの女王」と呼ばれた。

ウェブスペルの色が赤色の半ばからドラマのヒットが始めり、赤色の後半には「連ドラの女王」と呼ばれます。

ビューティフルライフ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.4.30~ 28 12 12 黄色い人 赤い竜
2001.4.30~ 29 117 13 赤い地球 赤い蛇
2003.4.30~ 31 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
2004.4.30~ 32 172 3 黄色い人 白い犬
2009.4.30~ 37 177 8 赤い地球 白い犬
2000年 ドラマ『ビューティフルライフ』。30%を超える平均視聴率(最高視聴率41.3%)を獲得し大ヒット。
2003年 映画『ゲロッパ!』。ヒロイン役。
2004年 映画『赤い月』。主演。

女優としての活動は、30歳を過ぎたころを境に、テレビドラマ(連ドラ)から、映画・舞台へとシフトしている。

2009年 劇作家・演出家・俳優の長塚圭史と結婚。2003年の映画『ゲロッパ!』からのお付き合いだったそうです。
2015年に「なかにし礼と12人の女優たち」で歌手デビューした。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近にドラマ『ビューティフルライフ』が大ヒット。
ウェブスペルの色が白色に変わり、テレビドラマから、映画・舞台へとシフトします。
白色の後半に長塚圭史と結婚しました。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.4.30~ 48 32 6 黄色い人 青い手
2021.4.30~ 49 137 7 赤い地球 青い猿
2022.4.30~ 50 242 8 白い風 青い鷲
常盤貴子の現在は、ウェブスペルの色が青色の半ばに当たります。
49才の時はKin137。リーダーシップを影で発揮できる年です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

転機が新しいものを生み出す力。

常盤貴子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半に芸能事務所に所属し女優となりますが芽が出ませんでした。
赤色の半ばにドラマ 『悪魔のKISS』で広く知られるようになります。
赤色の半ばからドラマのヒットが始めり、赤色の後半には「連ドラの女王」と呼ばれます。
赤色の最後付近にドラマ『ビューティフルライフ』が大ヒット。
白色に変わり、テレビドラマから、映画・舞台へとシフトします。
白色の後半に長塚圭史と結婚。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

菊地秀行
菊地秀行(きくち ひでゆき)は、日本の小説家。『魔界都市〈新宿〉』でデビュー。『魔界行』はベストセラーとなり伝奇小説の旗手となった。エロスとバイオレンスを多数取り入れ『吸血鬼ハンターD』など多数のシリーズを持ち早いペースで執筆。

続きを読む


天野喜孝
天野喜孝(あまの よしたか)は、日本の画家、キャラクターデザイナー。ゲーム『ファイナルファンタジー』のキャラクターデザインを担当し知られる存在となった。繊細で妖艶・幻想的な絵柄は、欧米でも人気を博します。

続きを読む


野田聖子
野田聖子(のだ せいこ)は、日本の政治家。小渕内閣で郵政大臣に就任。郵政民営化法案に反対し衆院選で自民党の公認がうけれず刺客候補が送り込まれたが僅差で勝利。その後、自民党党紀委員会から離党勧告を受け自民党を離党。翌年復党。

続きを読む


石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


恵俊彰
恵俊彰(めぐみ としあき)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。2009年より『ひるおび!』の総合司会で有名。俳優としても活動しており『下町ロケット』等に出演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin192)

舘ひろし
舘ひろし(たち ひろし)は日本の俳優・シンガーソングライター。ロックバンド「クールス」でデビュー。その後「西部警察」に出演。渡哲也に憧れ石原プロに入社。「あぶない刑事」で大ヒット。

続きを読む


石川さゆり
石川さゆり(いしかわ さゆり)は、日本の演歌歌手。本名は石川 絹代(きぬよ)。「津軽海峡・冬景色」が大ヒット。1980年代後半には続々とヒット曲を世に送り出し日本を代表する演歌歌手になりました。

続きを読む


菊池寛
菊池寛(きくち かん)は小説家であり、現在も続く文藝春秋社を創設した実業家です。芥川賞、直木賞の創設者です。

続きを読む


ガンジー
マハトマ・ガンディーは、インドの弁護士、宗教家、政治指導者。インド独立の父として知られています。日本語では「ガンジー」とも表記されます。

続きを読む


アイルトンセナ
アイルトンセナはブラジル人の元レーシングドライバー。F1で通算41勝、3度のワールドチャンピオンに輝いたドライバー。1994年にF1レース中に事故で亡くなった。

続きを読む


関連記事 (女優)

戸田恵梨香
戸田恵梨香(とだ えりか)は、日本の女優。映画『デスノート』での主演を機に映画、ドラマに多数出演。CMでも活動します。2019年後期のNHK朝の連続ドラマ『スカーレット』のヒロインに抜擢。

続きを読む


岡田結実
岡田結実(おかだ ゆい)は、日本のファッションモデル、タレント、女優。父はお笑いタレントの岡田圭右。『ニコ☆プチ』『ピチレモン』の専属モデルとして活動。女優としても活動し連続テレビドラマ『江戸モアゼル』などで主演。

続きを読む


優希美青
優希美青(ゆうき みお)は、日本の女優、タレント。『第37回ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲得し芸能界入り。翌年『あまちゃん』に出演。グランプリ受賞者の中で最速での朝ドラデビューを飾ります。

続きを読む


風吹ジュン
風吹ジュン(ふぶき ジュン)は日本の女優。初代ユニチカマスコットガールに選ばれ芸能界入り。その後、歌手、女優としてデビュー。2018年の上半期朝の連続ドラマ『半分、青い。』ではナレーターを務めます。

続きを読む


芳根京子
芳根京子(よしね きょうこ)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演。2018年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ