5,847 views

女優「米倉涼子」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 米倉涼子

記事公開日:2016年10月09日
最終更新日:2020年09月28日

米倉涼子
→ 画像検索はこちら

米倉涼子(よねくら りょうこ)は、女優、ファッションモデル。

高校生の時に全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞。
翌年からモデルとして活躍。その後女優宣言し女優になります。
松本清張の3部作では悪女役を演じて役柄を広げます。
ドクターX 外科医・大門未知子はシリーズ化されるほど人気の作品となりました。

2020年3月にオスカーを退社。4月より個人事務所「Desafio」に所属。

このページでは、米倉涼子(よねくら りょうこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

米倉涼子(よねくら りょうこ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1975年8月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin80です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 青い嵐 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin181
絶対反対kin kin210

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin80の誕生日占いは、問題にぶつかればぶつかるほど、やる気の出るタイプのタイプです。まとまりの欠けるところに運動と興味が集中する。

広告

米倉涼子(よねくら りょうこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

神奈川県横浜市出身。
8月の非常に暑い日に生まれたので、名前だけでも涼しくということで両親が「涼子」と名付けた。
5歳からの15年間、クラシックバレエを続けていた。

モデルデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.8.1~ 17 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
1993.8.1~ 18 150 7 白い犬 黄色の種
1995.8.1~ 20 100 9 黄色い太陽 黄色い人
1996.8.1~ 21 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1999.8.1~ 24 260 13 黄色い太陽 黄色い星

1992年 第6回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞
1993年 モデルとしてデビュー
1995年 ファッション雑誌 『CanCam』 専属モデル
1996年 「ユニチカ」水着キャンペーンガール、「キリンビール」キャンペーンガール
1999年 『CanCam』 専属契約終了

ウェブスペルの色が黄色の半ばに全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞
黄色の半ばから最後の年までモデルとして活躍します

女優宣言

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.8.1~ 24 260 13 黄色い太陽 黄色い星
2000.8.1~ 25 105 1 赤い蛇 赤い蛇
2001.8.1~ 26 210 2 白い犬 赤い月
2002.8.1~ 27 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
2003.8.1~ 28 160 4 黄色い太陽 赤い地球

1999年 女優宣言。以後は女優として、いわゆるトレンディードラマを中心に活動する。
2000年 ドラマ『恋の神様』に出演
2001年 ドラマ『非婚家族』に出演
2002年 ドラマ『整形美人。』で連ドラ初主演
2003年 NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』に出演

ウェブスペルの色が赤色の始めの年から女優として活動します。

米倉と松本清張の3部作

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.8.1~ 29 5 5 赤い蛇 赤い竜
2005.8.1~ 30 110 6 白い犬 赤い蛇
2006.8.1~ 31 215 7 青い鷲 赤い月
2007.8.1~ 32 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人

2004年 『松本清張 黒革の手帖』で主演
2005年 市川海老蔵と2003年から2005年まで交際
2006年 『松本清張 けものみち』で主演
2006年 舞台『黒革の手帖』を公演
2006年 第14回橋田賞受賞
2007年 『松本清張・最終章 わるいやつら』で主演

ウェブスペルの色が赤色の前半から後半にかけて松本清張の3部作に出演。悪女役を演じて役柄を広げます。

主演女優

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.8.1~ 33 165 9 赤い蛇 赤い地球
2009.8.1~ 34 10 10 白い犬 赤い竜
2010.8.1~ 35 115 11 青い鷲 赤い蛇
2011.8.1~ 36 220 12 黄色い太陽 赤い月
2012.8.1~ 37 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人

2008年 『交渉人 THE NEGOTIATOR』で主演
2008年 『CHICAGO』の日本版でミュージカルに初挑戦
2010年 『ナサケの女 国税局査察官』で主演
2012年 『ドクターX 外科医・大門未知子』で主演
2014年に2歳年下の一般人男性と結婚したが2016年12月に離婚。

ウェブスペルの色が赤色の後半から主演を演じ高い人気をとるようになります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.8.1~ 43 175 6 青い鷲 白い犬
2019.8.1~ 44 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
2020.8.1~ 45 125 8 赤い蛇 白い鏡
米倉涼子の現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
45才の時はKin125。不機嫌さをあわせ持っている年です。自己コントロールがキーワードです。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

依存からの一人立ちへ。

米倉涼子(よねくら りょうこ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞
黄色の半ばから最後の年までモデルとして活躍します
赤色の始めの年から女優として活動します。
赤色の前半から後半にかけて松本清張の3部作に出演。悪女役を演じて役柄を広げます。
赤色の後半から主演を演じ高い人気をとるようになります。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

遠藤雅伸
遠藤雅伸(えんどう まさのぶ)は日本の実業家、ゲームクリエイター。ナムコ在籍時に『ゼビウス』『ドルアーガの塔』等を手がけ、その後独立。『ゼビウス』のヒットを機にメディアに出演しゲームデザイナーとして知られる存在となった。

続きを読む


伊藤健太郎
伊藤健太郎(いとう けんたろう)は、日本の俳優。雑誌、広告を中心にモデルとして活動後に俳優に転身。2019年後期の朝の連続テレビ小説『スカーレット』に出演し高評価。

続きを読む


平山あや
平山あや(ひらやま あや)は、日本のタレント、女優、元グラビアアイドル。夫は俳優の速水もこみち。第23回ホリプロタレントスカウトキャラバンで約38000人の応募者の中からグランプリを獲得し芸能界入り。

続きを読む


本仮屋ユイカ
本仮屋ユイカ(もとかりや ユイカ)は、日本の女優。2005年の朝の連続テレビ小説『ファイト』ではヒロイン役を1154人の中のオーディションから勝ち抜きます。『王様のブランチ』の4代目女性総合司会を担当。

続きを読む


優香
優香(ゆうか)は、日本のタレント・女優。夫は俳優の青木崇高。ホリプロからスカウトされデビュー。ジョージアのCMに飯島直子と共演しブレイク。志村けんとはデビュー当初より共演。バカ殿様の優香姫で有名。長く『Qさま!!』の司会を担当。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin080)

清水宏保
清水宏保(しみず ひろやす)は、元スピードスケート選手、タレント、実業家。長野オリンピックで金メダル1個、銅メダル1個、ソルトレイクシティオリンピックで銀メダルを獲得。

続きを読む


安室奈美恵
安室奈美恵(あむろ なみえ)は日本の女性歌手、ダンサー。1996年から彼女のファッションスタイルに憧れる若い女性たちが「アムラー・ブーム」を起こし社会現象となった。2018年9月に引退。

続きを読む


荒川静香
荒川静香(あらかわ しずか)は、プロフィギュアスケーター。2006年トリノオリンピック女子シングル金メダル、2004年世界選手権優勝。その後プロに転向します。

続きを読む


北勝海信芳
北勝海信芳(ほくとうみ のぶよし)は、元大相撲力士。第61代横綱。現在は年寄・八角、八角部屋(高砂一門)の師匠。第13代日本相撲協会理事長。現役時代は千代の富士とともに九重部屋の黄金時代を築いた人物。

続きを読む


三浦友和
三浦友和(みうら ともかず)は、日本の俳優。妻は元歌手の山口百恵。山口百恵の相手役として映画初出演。次々にヒットとなりゴールデンコンビと騒がれます。その後、テレビドラマでも活躍。

続きを読む


関連記事 (女優)

芳根京子
芳根京子(よしね きょうこ)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演。2018年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

続きを読む


小泉今日子
小泉今日子(こいずみ きょうこ)は、日本の女性歌手・女優。キョンキョンの愛称で知られます。1980年代前半にアイドル歌手として、花の82年組と言われ、歌手に俳優CMに活躍します。

続きを読む


二階堂ふみ
二階堂ふみ(にかいどう ふみ)は、日本の女優。沖縄県那覇市出身。2020年度前期放送予定のNHK連続テレビ小説『エール』のヒロインオーディションで2,082人の中から選ばれヒロイン・関内音役を演じます。

続きを読む


黒島結菜
黒島結菜(くろしま ゆいな)は、日本の女優。沖縄県糸満市出身。沖縄が日本に復帰50年を記念して作成される2022年前期の連続テレビ小説『ちむどんどん』のヒロイン。

続きを読む


松坂慶子
松坂慶子(まつざかけいこ)は、日本の女優・歌手・司会者・タレント。日本を代表する大女優。大河ドラマには2018年「西郷どん」で9度目の出演。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ