6,090 views

女優「米倉涼子」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 米倉涼子

記事公開日:2016年10月09日
最終更新日:2021年05月07日

米倉涼子
→ 画像検索はこちら

米倉涼子(よねくら りょうこ)は、女優、ファッションモデル。

高校生の時に全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞。
翌年からモデルとして活躍。その後女優宣言し女優になります。
松本清張の3部作では悪女役を演じて役柄を広げます。
ドクターX 外科医・大門未知子はシリーズ化されるほど人気の作品となりました。

2020年3月にオスカーを退社。4月より個人事務所「Desafio」に所属。

このページでは、米倉涼子(よねくら りょうこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

米倉涼子(よねくら りょうこ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1975年8月1日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin80です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 青い嵐 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin181
絶対反対kin kin210

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin80の誕生日占いは、問題にぶつかればぶつかるほど、やる気の出るタイプのタイプです。まとまりの欠けるところに運動と興味が集中する。

広告

米倉涼子(よねくら りょうこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

神奈川県横浜市出身。
8月の非常に暑い日に生まれたので、名前だけでも涼しくということで両親が「涼子」と名付けた。
5歳からの15年間、クラシックバレエを続けていた。

モデルデビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.8.1~ 17 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
1993.8.1~ 18 150 7 白い犬 黄色の種
1995.8.1~ 20 100 9 黄色い太陽 黄色い人
1996.8.1~ 21 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1999.8.1~ 24 260 13 黄色い太陽 黄色い星

1992年 第6回全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞
1993年 モデルとしてデビュー
1995年 ファッション雑誌 『CanCam』 専属モデル
1996年 「ユニチカ」水着キャンペーンガール、「キリンビール」キャンペーンガール
1999年 『CanCam』 専属契約終了

ウェブスペルの色が黄色の半ばに全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞
黄色の半ばから最後の年までモデルとして活躍します

女優宣言

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.8.1~ 24 260 13 黄色い太陽 黄色い星
2000.8.1~ 25 105 1 赤い蛇 赤い蛇
2001.8.1~ 26 210 2 白い犬 赤い月
2002.8.1~ 27 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
2003.8.1~ 28 160 4 黄色い太陽 赤い地球

1999年 女優宣言。以後は女優として、いわゆるトレンディードラマを中心に活動する。
2000年 ドラマ『恋の神様』に出演
2001年 ドラマ『非婚家族』に出演
2002年 ドラマ『整形美人。』で連ドラ初主演
2003年 NHK大河ドラマ『武蔵 MUSASHI』に出演

ウェブスペルの色が赤色の始めの年から女優として活動します。

米倉と松本清張の3部作

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.8.1~ 29 5 5 赤い蛇 赤い竜
2005.8.1~ 30 110 6 白い犬 赤い蛇
2006.8.1~ 31 215 7 青い鷲 赤い月
2007.8.1~ 32 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人

2004年 『松本清張 黒革の手帖』で主演
2005年 市川海老蔵と2003年から2005年まで交際
2006年 『松本清張 けものみち』で主演
2006年 舞台『黒革の手帖』を公演
2006年 第14回橋田賞受賞
2007年 『松本清張・最終章 わるいやつら』で主演

ウェブスペルの色が赤色の前半から後半にかけて松本清張の3部作に出演。悪女役を演じて役柄を広げます。

主演女優

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.8.1~ 33 165 9 赤い蛇 赤い地球
2009.8.1~ 34 10 10 白い犬 赤い竜
2010.8.1~ 35 115 11 青い鷲 赤い蛇
2011.8.1~ 36 220 12 黄色い太陽 赤い月
2012.8.1~ 37 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人

2008年 『交渉人 THE NEGOTIATOR』で主演
2008年 『CHICAGO』の日本版でミュージカルに初挑戦
2010年 『ナサケの女 国税局査察官』で主演
2012年 『ドクターX 外科医・大門未知子』で主演
2014年に2歳年下の一般人男性と結婚したが2016年12月に離婚。

ウェブスペルの色が赤色の後半から主演を演じ高い人気をとるようになります。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.8.1~ 45 125 8 赤い蛇 白い鏡
2021.8.1~ 46 230 9 白い犬 白い風
2022.8.1~ 47 75 10 青い鷲 白い世界の橋渡し
米倉涼子の現在は、ウェブスペルの色が白色の後半に当たります。
46才の時はKin230。指導者を信頼してついていける人です。問題が出てくるのは「油断」からです。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

心を引き締め足元に注意しスタートすること。

米倉涼子(よねくら りょうこ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞
黄色の半ばから最後の年までモデルとして活躍します
赤色の始めの年から女優として活動します。
赤色の前半から後半にかけて松本清張の3部作に出演。悪女役を演じて役柄を広げます。
赤色の後半から主演を演じ高い人気をとるようになります。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


恵俊彰
恵俊彰(めぐみ としあき)は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。2009年より『ひるおび!』の総合司会で有名。俳優としても活動しており『下町ロケット』等に出演。

続きを読む


片瀬那奈
片瀬那奈(かたせ なな)は、日本の女優、司会者。スカウトを受け芸能界入り。『旭化成水着キャンペーンモデル』で注目されドラマ『美少女H2』で女優デビュー。情報番組『シューイチ』の総合司会を担当。

続きを読む


小倉久寛
小倉久寛(おぐら ひさひろ)は、日本の俳優、声優。三宅裕司が主催のスーパー・エキセントリック・シアターの旗揚げに参加。1980年代半ばよりバラエティ番組を中心にテレビ出演が増え、その後『ヤングスタジオ101』の司会に抜擢。

続きを読む


染谷将太
染谷将太(そめたに しょうた)は、日本の俳優。妻は女優の菊地凛子。7才から子役として活動。2011年に映画『ヒミズ』で二階堂ふみと共にヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin080)

中村倫也
中村倫也(なかむら ともや)は、日本の俳優・タレント。2005年に映画『七人の弔』で俳優デビュー。2018年に連続テレビ小説『半分、青い。』に朝井正人役で出演し知名度UP。

続きを読む


三浦友和
三浦友和(みうら ともかず)は、日本の俳優。妻は元歌手の山口百恵。山口百恵の相手役として映画初出演。次々にヒットとなりゴールデンコンビと騒がれます。その後、テレビドラマでも活躍。

続きを読む


高橋留美子
高橋留美子(たかはし るみこ)は、日本の漫画家。代表作に「うる星やつら」や「犬夜叉」などがあります。1980年代以降あだち充とともに週刊少年サンデーの人気作家として活躍します。

続きを読む


小林一三
小林一三(こばやし いちぞう)は実業家、政治家。阪急電鉄・宝塚歌劇団・阪急百貨店・東宝をはじめとする阪急東宝グループの創業者です。

続きを読む


沢尻エリカ
沢尻エリカ(さわじり エリカ)は、日本の女優、歌手。女優デビュー後に歌手デビュー。2作連続で首位を獲得。その後、舞台挨拶で不機嫌そうな振舞いを行い世間・マスコミよりバッシングを受けます。

続きを読む


関連記事 (女優)

内田有紀
内田有紀(うちだ ゆき)は、日本の女優、歌手。1990年代後半にアイドル・女優として絶大な人気を得ます。吉岡秀隆と結婚を機に芸能界を引退、その後離婚し芸能界に復帰します。

続きを読む


深津絵里
深津絵里は、日本の女優。1988年にJR東海のクリスマス・エクスプレス'88のCMに15歳で起用され認知されます。1997年にドラマ「踊る大捜査線」に恩田すみれ役でレギュラー出演しブームになります。

続きを読む


木村佳乃
木村佳乃(きむら よしの)は、日本の女優、歌手、司会者。夫は俳優の東山紀之。イギリス・ロンドン生まれ、東京都世田谷区成城育ち。大学時代に女優としてデビュー。

続きを読む


森口瑤子
森口瑤子(もりぐち ようこ)は、日本の女優。夫は脚本家の坂元裕二。「ミス松竹」に選出され『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』で映画デビュー。鈴木杏樹の次となる相棒の3代目女将に起用。

続きを読む


北乃きい
北乃きい(きたの きい)は、日本の女優。ミスマガジン2005グランプリを獲得。『幸福な食卓』で映画初主演。『ライフ』で連続ドラマ初主演。朝の情報番組『ZIP!』の2代目総合司会を担当。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ