2,771 views

女優・倍賞千恵子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 倍賞千恵子

記事公開日:2018年12月11日
最終更新日:2022年09月18日

倍賞千恵子
出典:ja.wikipedia.org 2019年

倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)は、日本の女優、歌手、声優。愛称は「チコちゃん」。

「男はつらいよ」シリーズで主人公・車寅次郎の妹さくら役を演じ、人気を不動のものにします。

このページでは、倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)の誕生日占い

生年月日:1941年6月29日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin117です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い地球 赤い蛇 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い手
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い種
以てるもの同士の類似kin 白い風
鏡の向こうのもう一人の自分 kin144
絶対反対kin kin247

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

「赤い地球」は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。「きづな」を大事する姿勢と、「説得力」がある言葉と、「バランスのいい判断力」を持っているので、まわりから慕われます。

ひとことでいえばKin117の誕生日占いは、融通の利くタイプです。「感情が」がキーワードです。変化に身を任せよう。頭の切り替えが大事。

広告

倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京で生まれ育ちます。父は都電の運転士、母は車掌です。
姉は5つ年上の女優の倍賞美津子(ばいしょう みつこ)。

映画デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1957.6.29~ 16 237 3 赤い地球 青い鷲
1960.6.29~ 19 32 6 黄色い人 青い手
幼少期より「のど自慢」荒らしとして知られています。
1957年に松竹音楽舞踊学校に入学。1960年に首席で卒業し松竹歌劇団(SKD)13期生として入団。同期に郷ひろみ、加藤みどりがいます。
1961年に松竹映画にスカウトされ松竹歌劇団を退団。同年、映画デビューします。

ウェブスペルの色が青色の半ばに映画デビューします。

山田洋次監督

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.6.29~ 22 87 9 青い手 青い嵐
1964.6.29~ 23 192 10 黄色い人 青い夜
1965.6.29~ 24 37 11 赤い地球 青い手
1963年に山田洋次監督の映画『下町の太陽』で主演。以降、山田作品に欠かせない庶民派女優として欠かせない存在になります。
同年、『下町の太陽』で歌手としてもデビュー。紅白歌合戦に4年連続出場。

ウェブスペルの色が青色の最後付近に山田洋次監督『下町の太陽』で主演。大ヒットします。

男はつらいよ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.6.29~ 28 197 2 赤い地球 黄色い戦士
1970.6.29~ 29 42 3 白い風 黄色い太陽
1969年に『男はつらいよ』シリーズの渥美清演じる主人公車寅次郎の妹さくら役を演じ、人気を不動のものにします。
『男はつらいよ』は1995年までシリーズ全48作放送されます。

ウェブスペルの色が黄色の始めころから『男はつらいよ』で「さくら」役を演じ人気を不動のものにします。

『男はつらいよ』の撮影の合間をぬって山田洋次監督のオリジナル作品に出演。
延べ60本以上の作品で監督・主演(または準主演)女優コンビを維持します。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.6.29~ 52 117 13 赤い地球 赤い蛇
1994.6.29~ 53 222 1 白い風 白い風
1993年に作曲家の小六禮次郎と結婚。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年に作曲家の小六禮次郎と結婚。

それからの活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.6.29~ 54 67 2 青い手 白い世界の橋渡し
2001.6.29~ 60 177 8 赤い地球 白い犬
2004.6.29~ 63 232 11 黄色い人 白い風
2005.6.29~ 64 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1995年の『男はつらいよ』シリーズ終了後は音楽に重点を置いた芸能活動をしています。

2001年に乳がんが発覚。
2004年に宮崎駿監督の「ハウルの動く城」のヒロイン・ソフィーの声を担当。主題歌『世界の約束』を歌います。
2005年に紫綬褒章を受賞。
同じく乳がんを発症した山田邦子が2008年に立ち上げたスター混声合唱団のメンバーとして、がんの啓発活動を行います。

ウェブスペルの色が白色の始めころから音楽に重点を置いた芸能活動を行います。
白色の最後付近に「ハウルの動く城」のヒロイン・ソフィーの声を担当。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.6.29~ 79 92 1 黄色い人 黄色い人
2021.6.29~ 80 197 2 赤い地球 黄色い戦士
2022.6.29~ 81 42 3 白い風 黄色い太陽
倍賞千恵子の現在は、ウェブスペルの色が黄色の始まり付近に当たります。
81才の時はKin42。伝達者・メッセンジャーが役割の年です。コミュニケーションが上手です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 白い風は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

時に従い周囲に従い初めて自分の場所に立つ。

倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)のまとめ

ウェブスペルの色で流れを見てみると

青色の半ばに映画デビューします。
青色の最後付近に山田洋次監督『下町の太陽』で主演。大ヒットします。
黄色の始めころから『男はつらいよ』シリーズで「さくら」役を演じ人気を不動のものにします。
赤色の最後の年に作曲家の小六禮次郎と結婚。
白色の始めころから音楽に重点を置いた芸能活動を行います。
白色の最後付近に「ハウルの動く城」のヒロイン・ソフィーの声を担当。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

エフゲニー・プルシェンコ
エフゲニー・プルシェンコは、ロシアの元フィギュアスケート選手、フィギュアスケートコーチ。2006年トリノオリンピック金メダリスト。世界選手権優勝3回。ロシアフィギアスケート界の重鎮。皇帝と呼ばれます。

続きを読む


吉田類
吉田類(よしだ るい)は、日本の随筆家。居酒屋探訪家として冠番組『吉田類の酒場放浪記』がヒット。同ジャンルの番組が製作される先駆けになります。『吉田類のにっぽん百低山』がレギュラー放送。

続きを読む


奈緒
奈緒(なお)は日本の女優、タレント、元モデル。福岡の天神でスカウトを受けモデルとして芸能界入り。20才の時に上京。2018年の『半分、青い。』ではヒロインの友人役で出演し注目を集めます。2022年の『ファーストペンギン!』で地上波連続ドラマ初主演。

続きを読む


清野菜名
清野菜名(せいの なな)は、日本の女優。夫は俳優の生田斗真。映画『TOKYO TRIBE』でヒロイン役に抜擢。注目を集めます。『半分、青い。』『今日から俺は!!』等に出演し一躍有名になります。2022年の日経トレンディ「今年の顔」に選出されます。

続きを読む


イレーヌ・ジョリオ=キュリー
イレーヌ・ジョリオ=キュリーは、フランスの原子物理学者。父はピエール・キュリー、母はマリー・キュリー。夫フレデリックと共にノーベル化学賞を受賞。親子2代に渡りノーベル賞を受賞。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin117)

松岡修造
松岡修造は元プロテニス選手、テニス指導者、スポーツキャスター、タレント。グランドスラムベスト8に進出した人物です。現役引退後はジュニア選手の指導やタレントとしても活動しています。

続きを読む


関連記事 (女優)

綾瀬はるか
綾瀬はるか(あやせ はるか)は、女優、歌手。ドラマ『ホタルノヒカリ』で主演しヒット作となる。NHK大河ドラマ『八重の桜』で主演。NHK紅白歌合戦で紅組司会も務めた。

続きを読む


秋野暢子
秋野暢子(あきの ようこ)は、日本の女優、タレント。朝の連続テレビ小説『おはようさん』のヒロイン・殿村鮎子役に抜擢され本格的に女優デビュー。1980年代は歌手としても活動。2000年代に入りダイエット本の出版、講演など多方面で活躍。

続きを読む


田中美佐子
田中美佐子(たなか みさこ)は、日本の女優。映画『ダイアモンドは傷つかない』で主演。日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。深沢邦之と結婚した当初は格差婚を危ぶむ声もあったがその後も良き家庭を築き上げます。

続きを読む


松坂慶子
松坂慶子(まつざかけいこ)は、日本の女優・歌手・司会者・タレント。日本を代表する大女優。大河ドラマには2018年「西郷どん」で9度目の出演。

続きを読む


仲間由紀恵
仲間由紀恵(なかま ゆきえ)は女優。沖縄県浦添市出身。夫は俳優の田中哲司。『TRICK』や『ごくせん』などの主役に抜擢され、大ブレイクした。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ