8,036 views

タレント「山田邦子」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 山田邦子

記事公開日:2016年10月02日
最終更新日:2024年05月26日

山田邦子
出典:wikipedia.org 2023年

山田邦子(やまだ くにこ)は、お笑いタレント、女優、司会者、小説家。愛称は邦ちゃん。

1980年代から2000年にかけて活躍。ゴールデンタイムで冠番組を持った女性ピン芸人は今のところ山田邦子だけです。

このページでは、山田邦子(やまだ くにこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

山田邦子(やまだ くにこ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1960年6月13日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin16です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 白い魔法使い 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin245
絶対反対kin kin146

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin16の誕生日占いは、鋭い知性の持ち主のタイプです。知識欲、探究心が旺盛です。自分自身が輝け、時を得て満足すること。

広告

山田邦子(やまだ くにこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都板橋区出身。
学生時代は物真似で学校中に名前が知られる人気者だった。
高校1年生の頃に西城秀樹の物真似で『TVジョッキー』に出演したのを手始めに数多くの素人参加番組に出演。
素人時代はとんねるずとともに素人参加番組の常連として有名な存在だった
『笑ってる場合ですよ!』の「お笑い君こそスターだ!」に出場しチャンピオンになり、プロとなって太田プロダクションに所属となった。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.6.13~ 21 141 11 赤い竜 青い猿
1982.6.13~ 22 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1983.6.13~ 23 91 13 青い猿 青い嵐
1984.6.13~ 24 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1985.6.13~ 25 41 2 赤い竜 黄色い太陽

1981年 バスガイドネタの『邦子のかわい子ぶりっ子(バスガイド篇)』でレコードデビュー。「右手をご覧ください、一番高いのが中指でございます」などのギャグで人気を博す。
1981年 流行語「ぶりっ子」は、山田がギャグに使ったことから一般的な流行語になったとされる。
1981年 ドラマ『野々村病院物語Ⅱ』(TBS)で女優デビュー。
1981年 オレたちひょうきん族に出演。1989年まで。
1985年 2月、ストレスなどから円形脱毛症に悩んでいたため、女性でありながら丸刈りの坊主頭になり話題となった。

ウェブスペルの色が青色の最期付近にデビューします。

天下を取った女芸人

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.6.13~ 28 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1989.6.13~ 29 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1990.6.13~ 30 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1991.6.13~ 31 151 8 青い猿 黄色の種
1992.6.13~ 32 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1993.6.13~ 33 101 10 赤い竜 黄色い人
1994.6.13~ 34 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士

1988年 『クイズ!年の差なんて』1994年まで。
1989年 『オレたちひょうきん族』終了。
1989年 『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』。
1989年 当時人気の女性デュオWinkのパロディユニット「やまだかつてないWink」名義でのシングル『さよならだけどさよならじゃない』が大ヒット。
1989年 『MOGITATE!バナナ大使』1995年まで。
1990年 『あっかんベーゼ』で小説家としてデビュー。『結婚式』は発行部数40万部を超えるベストセラーとなった。
1992年 『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』高視聴率だったが打ち切り。
1993年 『邦子がタッチ』1997年まで。
1994年 リカちゃん人形に関する著書『私のリカちゃん』を発表。タカラから『リカちゃんのおともだちクニちゃん』人形も発売された。
1994年 原宿にはタレントショップの「クーニーズ」を出店したが、火事で全焼する。


1988年から1995年まで、NHK「好きなタレント調査」において8年連続で第1位を独占。好感度タレントの代名詞ともなった。
全盛期にはテレビ番組のレギュラーを週14本抱え、民放の各キー局に山田専用の「仮眠室」があったそうだ。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに『オレたちひょうきん族』終了します。その付近から他の番組で引っ張りだことなり冠番組を持ったり、小説家デビューしたりします。

バッシング

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.6.13~ 35 51 12 青い猿 黄色い太陽
1996.6.13~ 36 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1997.6.13~ 37 1 1 赤い竜 赤い竜
1998.6.13~ 38 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1999.6.13~ 39 211 3 青い猿 赤い月
2000.6.13~ 40 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人

1995年 昼の帯番組『山田邦子のしあわせにしてよ』(TBS)がスタート。
1995年 夏から秋にかけて週刊誌のバッシング記事が続き、芸能リポーターから執拗に追い回されることになった。
1997年 『山田邦子のしあわせにしてよ』終了。
NHK「好きなタレント調査」において1996年度調査では6位、1997年度は14位と急落。
1995年頃から次第にテレビへの露出が減少していく。
2000年 番組制作会社「ゴッズダイナミックワールド」社長の後藤史郎と結婚。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近にバッシング記事が続き次第にテレビへの露出が減少していきます。
赤色の始めの年に今のところ最後となる冠番組が終了
3年続いた黒Kinの後の赤色の始め頃に結婚します。

乳がん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.6.13~ 46 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
2007.6.13~ 47 11 11 青い猿 赤い竜
2008.6.13~ 48 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
2009.6.13~ 49 221 13 赤い竜 赤い月

2007年 4月、『最終警告!たけしの本当は怖い家庭の医学 スペシャル』に出演。乳がんが発覚し全て摘出した
2008年 4月には癌に対する知識と理解を呼びかけるチャリティー団体「スター混声合唱団」を鳥越俊太郎らと結成。
2008年 2010年まで厚生労働省「がんに関する普及啓発懇談会」委員を務める。
2009年 NPO法人「リボン運動 がんの薬を普及する会」を結成し、代表理事に就任。

ウェブスペルの色が赤色の後半に乳がんが発覚し全て摘出。
赤色の最後付近には「がん」に対する団体を結成したり、国の委員を務めたりします。

太田プロダクションを退社

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.6.13~ 58 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
2019.6.13~ 59 231 10 青い猿 白い風
2019年4月27日に歌舞伎座の舞台に立ち、長唄杵勝会の名取として「杵屋勝之邦」の名を襲名。2020年8月にはデビュー40年目にして初めて浅草演芸ホールの高座にあがった。
太田プロダクションとの関係が悪化し6月30日に退社。デビュー以来、ずっと太田プロダクションに所属だった。
2020年1月20日にアスリート・マーケティング株式会社に所属したことを発表。
2022年の『M-1グランプリ』において上沼恵美子の後任の審査員を担当。

ウェブスペルの色が白色の後半に太田プロダクションを退社。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.6.13~ 62 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2023.6.13~ 63 131 1 青い猿 青い猿
2024.6.13~ 64 236 2 黄色い戦士 青い鷲
山田邦子の現在は、ウェブスペルの色が青色の始まり付近に当たります。
64才の時はKin236。自信過剰な反面、落胆しやすい年です。好き嫌いがはっきりしています。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。

悩みの中にあっても希望を持って時を見る。

山田邦子(やまだ くにこ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の最期付近にデビューします。
黄色の半ばに『オレたちひょうきん族』終了します。その付近から他の番組で引っ張りだことなり冠番組を持ったり、小説家デビューしたりします。
黄色の最後付近にバッシング記事が続き次第にテレビへの露出が減少していきます。
赤色の始めの年に今のところ最後となる冠番組が終了
赤色の始め頃に結婚します。
赤色の後半に乳がんが発覚し全て摘出。
赤色の最後付近には「がん」に対する団体を結成したり、国の委員を務めたりします。
白色の後半に太田プロダクションを退社。

9(く)・2(に)・5(こ)=「邦子」と読む語呂合わせから、2015年9月25日、一般社団法人日本記念日協会は9月25日を「山田邦子の日」と認定した。
2019年5月に、長唄の杵勝会の名取として「杵屋勝之邦」を襲名。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

竹島宏
竹島宏(たけしま ひろし)は、日本の演歌、ムード歌謡の歌手。作詞家の久仁京介よりスカウトされデビュー。北川大介、山内惠介とともにイケメン演歌歌手トリオ「イケメン3」を結成。26thのシングルは最高順位が初の10位以内となる5位を獲得。

続きを読む


山下美月
山下美月(やました みづき)は、日本のアイドル、女優。乃木坂46の3期生オーディションに合格しデビュー。アイドル活動はもとよりモデル、女優としても活動。朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』にレギュラー出演。2024年に乃木坂46を卒業。

続きを読む


つのだじろう
つのだじろうは日本の漫画家・心霊研究家。『空手バカ一代』の作画で大ヒット。『うしろの百太郎』『恐怖新聞』など怪奇漫画で大ブームを起こしオカルト漫画の第一人者となった。

続きを読む


千堂あきほ
千堂あきほ(せんどう あきほ)は、日本の女優、タレント、元歌手。『オールナイトフジ』の司会を担当し人気に火がつきます。歌手として活動後は女優・タレントに専念。バブル時代を象徴する女性として活躍。

続きを読む


藤圭子
藤圭子(ふじ けいこ)は、日本の演歌歌手、俳優。石坂まさをと組んでヒットを連発。オリコンチャートで2つのアルバムは計37週連続1位。代表曲に「女のブルース」「圭子の夢は夜ひらく」など。長女は宇多田ヒカル。最後の夫は宇多田照實。前の夫は前川清。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin016)

小手伸也
小手伸也(こて しんや)は、日本の俳優、声優、作家、演出家。早稲田大学卒業後に劇団innerchildを主宰し長く舞台中心に活動。2018年の『コンフィデンスマンJP』『SUITS/スーツ』に出演しブレイク。

続きを読む


山本耕史
山本耕史(やまもと こうじ)は、日本の俳優、歌手。妻は元女優の堀北真希。主に舞台を活動を行い多くのミュージカルに主演。『ひとつ屋根の下』に出演し知名度UP。大河ドラマ『新選組』で土方歳三役。紅白歌合戦で白組司会を担当。

続きを読む


吉本せい
吉本せい(よしもと せい)は、吉本興業創業者、芸能プロモーターです。2017年10月から始まるNHK連続テレビ小説 「わろてんか」の主人公のモデルになった人です。

続きを読む


柳原可奈子
柳原可奈子(やなぎはら かなこ)は、日本のお笑いタレント。家電量販店のさくらやのイメージキャラクターをきっかけにテレビ番組への出演が多くなりブレイク。出演した代表番組に『THEカラオケ★バトル』『今夜はナゾトレ』などあります。

続きを読む


岩倉具視
岩倉具視(いわくら ともみ)は、日本の公家、政治家。江戸時代の幕末に王政復古を画策。明治新政府で廃藩置県を断行。条約改正交渉と米欧視察のため岩倉使節団を束ね外国を巡ります。

続きを読む


関連記事 (タレント)

DAIGO
DAIGO(ダイゴ)は、日本のシンガーソングライター、タレント。妻は女優の北川景子。インディーズバンド解散後にDAIGO☆STARDUSTとしてソロでメジャーデビュー。BREAKERZを結成。竹下登の孫を公表し知名度UP。

続きを読む


なかやまきんに君
なかやまきんに君(なかやまきんにくん)は、日本の男性お笑い芸人。恵まれた体質を活かしてスポーツ特番に出演。数々の好成績を収めます。サバンナ・八木真澄とはプロレスでタッグを組んだり、漫才コンビ『ザ☆健康ボーイズ』を結成。

続きを読む


生瀬勝久
生瀬勝久(なませ かつひさ)は日本の俳優、タレント、司会者。1980年代後半にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。その後、全国区のテレビドラマに本格的に進出。

続きを読む


ジャガー横田
ジャガー横田(ジャガーよこた)は、日本の女子プロレスラー、タレント。2度の引退後に現役最古参女子レスラーとしてリングに上がると共に後輩の指導を行います。夫婦そろって人気番組に出演し人気を博します。

続きを読む


西野七瀬
西野七瀬(にしの ななせ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。乃木坂46の元メンバー。乃木坂46ではグループ最多となる7度センターに抜擢。ソロ写真集『風を着替えて』は発行部数20万部を突破。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」で貯杉先生として登場。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ