4,210 views

女優「長澤まさみ」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 長澤まさみ

記事公開日:2016年10月31日
最終更新日:2019年10月02日

長澤まさみ
出典:wikipedia.org

長澤まさみ(ながさわ まさみ)は女優。

東宝のオーディションでグランプリに選ばれ芸能界に入ります。
映画『世界の中心で、愛をさけぶ』が大ヒットとなり多数の映画賞を受賞します。

このページでは長澤まさみ(ながさわ まさみ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

長澤まさみの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1987年6月3日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin241(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 青い鷲 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin20
絶対反対kin kin111

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin241の誕生日占いは、人に先んじて物事を起こすタイプです。男性ならば出世する人が多いです。苦しいときこそ、何が大切かはっきりわかる。

広告

長澤まさみの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

長澤まさみの出身は静岡県磐田市。
父・和明は、元サッカー日本代表MF。2013年に北信越リーグ1部のグランセナ新潟FC監督を務めた。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.6.3~ 12 201 6 赤い竜 黄色い戦士
2000.6.3~ 13 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
2001.6.3~ 14 151 8 青い猿 黄色の種
2002.6.3~ 15 256 9 黄色い戦士 黄色い星

1999年 東宝「シンデレラ」オーディションでグランプリに選ばれ芸能界入り
2000年 『クロスファイア』で映画デビュー
2001年 『Pure Soul 君が僕を忘れても』連続ドラマデビュー。中学2年の春に上京。
2002年 NHK連続テレビ小説『さくら』に出演

ウェブスペルの色が黄色の半ばにオーディションでグランプリに選ばれ芸能界入り

シンデレラオーディションは35,153人から行われ、史上最年少の12歳でグランプリに選ばれた

世界の中心で、愛をさけぶ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.6.3~ 16 101 10 赤い竜 黄色い人
2004.6.3~ 17 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
2005.6.3~ 18 51 12 青い猿 黄色い太陽
2006.6.3~ 19 156 13 黄色い戦士 黄色の種

2003年 映画『ロボコン』で映画初主演。映画『ゴジラ』シリーズに出演。
2004年 映画『世界の中心で、愛をさけぶ』。白血病の副作用のヒロインを演じるためにスキンヘッドになった。大ヒットとなり多数の映画賞を受賞した
2005年 映画『タッチ』に主演。ドラマ『優しい時間』『ドラゴン桜』に出演。
2006年 映画『ラフ ROUGH』に主演。NHK大河ドラマ『功名が辻』に出演。ドラマ『セーラー服と機関銃』に主演。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に映画『世界の中心で、愛をさけぶ』が大ヒットとなり多数の映画賞を受賞

主演女優

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.6.3~ 20 1 1 赤い竜 赤い竜
2008.6.3~ 21 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2009.6.3~ 22 211 3 青い猿 赤い月

2007年 ドラマ『プロポーズ大作戦』に月9初出演及び初主演(山下智久とダブル主演)
2007年 ドラマ『ハタチの恋人』に主演(明石家さんまとダブル主演)
2008年 ドラマ『ラスト・フレンズ』に主演。
2009年 沖縄県から「美ら島沖縄大使」に任命

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に月9で初主演
赤色の始めの頃からドラマでの主演が多くなります。

新境地

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.6.3~ 24 161 5 赤い竜 赤い地球
2012.6.3~ 25 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
2013.6.3~ 26 111 7 青い猿 赤い蛇

2011年 PARCO劇場において、本谷有希子の作・演出による舞台「クレイジーハニー」で初舞台
2011年 映画『モテキ』。ヒロイン役。かつてないセクシーシーンに挑戦し、新境地を開いた。
2012年 ドラマ『高校入試』に主演。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに初舞台。映画「モテキ」ではセクシーシーンに挑戦し、新境地を開きます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.6.3~ 31 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
2019.6.3~ 32 221 13 赤い竜 赤い月
2020.6.3~ 33 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
長澤まさみの現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後の年に当たります。
32才の時はKin221。自分の考えや行動などを深くかえりみることができる年です。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

気を引き締め運気にのり、忙しさを喜ぶ。

長澤まさみのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばにオーディションでグランプリに選ばれ芸能界入り
黄色の最後付近に映画『世界の中心で、愛をさけぶ』が大ヒットとなり多数の映画賞を受賞
赤色の始めの年に月9で初主演
赤色の始めの頃からドラマでの主演が多くなります。
赤色の半ばに初舞台。映画「モテキ」ではセクシーシーンに挑戦し、新境地を開きます。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

尾美としのり
尾美としのり(おみ としのり)は、日本の俳優。子役としてデビュー。『鬼平犯科帳』では同心の木村忠吾役でレギュラー出演。宮藤官九郎脚本作品に頻繁に出演していることでも有名。

続きを読む


小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む


小林幸子
小林幸子(こばやし さちこ)は、日本の歌手、女優、タレント、実業家。9才の時にスカウトされデビュー。しかし仕事が激減し低迷期を歩みます。その後『おもいで酒』で復活。紅白歌合戦では派手な衣装で話題。

続きを読む


田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


松野明美
松野明美(まつの あけみ)は、元陸上競技長距離走選手、タレント、政治家。ソウルオリンピックに10000mで出場。現役引退後、タレントなどマルチに活躍。マシンガントークを連発。その後、政界に進出。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin241)

有村架純
有村架純は、日本の女優。2013年に「あまちゃん」で小泉今日子演じる主人公の母親の若かりし頃を演じて人気を博しブレイク。2017年の「ひよっこ」のヒロインを努めました。

続きを読む


南野陽子
南野陽子(みなみの ようこ)は、女優、タレント、歌手。愛称はナンノ。1985年に『スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説』で主役を演じ、一躍トップアイドルの座を獲得。

続きを読む


菅井きん
菅井きん(すがい きん)は、日本の女優。「必殺仕事人」シリーズ、映画「お葬式」などに出演。名脇役として数々の映画や演劇、テレビドラマに出演します。長く、おばあちゃん役が定着していました。

続きを読む


大鵬幸喜
大鵬幸喜(たいほう こうき)さんは、第48代横綱。現役時代に当時の子供たちの好きな物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語に取り上げられるほど人気がありました。

続きを読む


森繁久彌
森繁久彌(もりしげ ひさや)は、日本の俳優、歌手、コメディアン、元NHKアナウンサー。昭和を代表する国民的俳優の一人。映画・テレビ・舞台・ラジオ・歌手など幅広い分野で活躍。没後に国民栄誉賞が追贈。

続きを読む


関連記事 (女優)

葵わかな
葵わかな(あおい わかな)は日本の女優。2017年度下半期放送の連続テレビ小説『わろてんか』のヒロイン・藤岡てん役を演じた人物です。

続きを読む


米倉涼子
米倉涼子(よねくら りょうこ)は、女優、ファッションモデル。全日本国民的美少女コンテストの審査員特別賞を受賞。翌年からモデルとして活躍。その後女優宣言し女優になります。

続きを読む


賀来千香子
賀来千香子(かく ちかこ)は、日本の女優。デビュー以来さまざまなテレビドラマに出演代表作は『七人の女弁護士』シリーズ、『ずっとあなたが好きだった』など。元夫は俳優の宅麻伸、甥は俳優の賀来賢人。

続きを読む


壇蜜
壇蜜(だん みつ)は日本のタレント、女優、グラビアモデル。様々な経歴の後にグラビアとしてデビュー。妖艶な雰囲気で注目され、映画、テレビに多数出演。

続きを読む


オードリー・ヘプバーン
オードリー・ヘプバーンはイギリス人でアメリカの女優で1950年代に映画で活躍しました。特に1953年の映画『ローマの休日』で主役を演じ絶賛されます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事