2,270 views

女優・野際陽子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 野際陽子

記事公開日:2019年01月16日
最終更新日:2022年01月17日

野際陽子
出典:wikipedia.org 集英社『週刊明星』9月26日号(1963)より

野際陽子(のぎわ ようこ)は、日本の女優、アナウンサー。

NHKのアナウンサーと経て女優に転向。
『キイハンター』に出演しブレイク。共演した千葉真一と結婚・離婚。
その後、着物姿の姑役として数々のドラマに出演。

このページでは、野際陽子(のぎわ ようこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

野際陽子(のぎわ ようこ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1936年1月24日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin216です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 赤い月 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin45
絶対反対kin kin86

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin216の誕生日占いは、考え方と行動に核たる芯を持っているタイプです。人も金も集まってくる。我を通すと災いになる。

広告

野際陽子(のぎわ ようこ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

石川県生まれ、富山を経て3歳の時から東京で育ちます。
中学は立教女学院中学校に進学。以降エスカレーター式に立教大学まで進学。
立教大学時代の同期に長嶋茂雄がいます。

NHKアナウンサー時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1958.1.24~ 22 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1959.1.24~ 23 31 5 青い猿 青い手
1960.1.24~ 24 136 6 黄色い戦士 青い猿
大学を卒業し1958年にNHKにアナウンサーとして入局。
3カ月の研修後に名古屋放送局に赴任。1960年には東京に転勤。テレビ『おはようみなさん』の司会など週に3本のレギュラーを抱えるアナウンサーになります。

ウェブスペルの色が青色の前半にNHKにアナウンサーとして入局。

女優の道へ進む

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1962.1.24~ 26 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
1963.1.24~ 27 191 9 青い猿 青い夜
1964.1.24~ 28 36 10 黄色い戦士 青い手
1962年にNHKを退社し広告代理店に転職。15分の生放送番組『女性専科』の司会を行います。
1963年にドラマ『悲の器』に出演。このあと主演・佐分利信に誘われ東映の映画とかに出演。女優の道を歩き始めます。

ウェブスペルの色が青色の後半にNHKを退社。その後、女優としての道を歩み始めます。

キイハンター

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.1.24~ 30 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
1967.1.24~ 31 91 13 青い猿 青い嵐
1968.1.24~ 32 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1966年に念願のパリ留学。1年過ごした1967年に帰国。まだ日本では珍しかったフランス製のミニスカートを着用してタラップを下りてきます。野際は「日本におけるミニスカート第一号」と言われます。
1968年にドラマ『キイハンター』がスタートし、5年間放送され、視聴率30%以上を記録し一世を風靡します。
『キイハンター』のエンディングテーマ「非情のライセンス」は野際が歌いました。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年より『キイハンター』に出演し一世を風靡します。

結婚・出産

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.1.24~ 36 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1973.1.24~ 37 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1975.1.24~ 39 151 8 青い猿 黄色の種
1972年に俳優の千葉真一と婚約、翌年に結婚します。1975年に後に女優となる真瀬樹里(まなせ じゅり)を出産。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにアクションスターの千葉真一と結婚。

着物姿の姑役

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.1.24~ 56 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
1993.1.24~ 57 221 13 赤い竜 赤い月
1994.1.24~ 58 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
1992年にドラマ『ずっとあなたが好きだった』に出演。息子を溺愛するしたたかな姑を演じ大ヒット。
以降、着物姿の姑役が定着。『ダブル・キッチン』『誰にも言えない』などTBSドラマの常連となります。
『ダブル・キッチン』以降は伊東四朗との夫婦役が多くなります。

1994年に日本にいたい野際とアメリカに拠点を移したい千葉は離婚。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に『ずっとあなたが好きだった』に出演し大ヒット。以降、着物姿の姑役が定着。
白色の始めの年に千葉真一と離婚。

闘病生活

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.1.24~ 78 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
2017.1.24~ 81 141 11 赤い竜 青い猿
2014年に初期の肺腺癌と診断され手術。翌年、再手術。
2016年にガンが再発。2017年6月13日に亡くなりました。

ウェブスペルの色が青色の後半にガンが見つかり青色の最期付近に亡くなりました。

野際陽子のまとめ

ウェブスペルの色で流れを見てみると

青色の前半にNHKにアナウンサーとして入局。
青色の後半にNHKを退社。その後、女優としての道を歩み始めます。
黄色の始めの年より『キイハンター』に出演し一世を風靡します。
黄色の半ばにアクションスターの千葉真一と結婚。出産を経験。
赤色の最後付近に『ずっとあなたが好きだった』に出演し大ヒット。以降、着物姿の姑役が定着。
白色の始めの年に千葉真一と離婚。
2度目の青色の後半にガンが見つかり青色の最期付近に亡くなりました。

黒柳徹子とはNHK時代からの知り合いです。
『徹子の部屋』へはゲスト出演21回と女性ゲストでは最多を記録します。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

五島昇
五島昇(ごとう のぼる)は、日本の実業家。東急創業者の五島慶太の長男。拡大した東急グループを再編し、本業である鉄道業や運輸業と関連性の高い事業に特化。鉄道敷設を行うほか、沿線のリゾートや宅地開発に関しては父慶太が立案した通りに忠実にやり遂げます。

続きを読む


ウィル・スミス
ウィル・スミスは、、アメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー、ラッパー。俳優をする前はラッパーとして活動。その後、テレビ、映画に俳優として進出。出演作はジャンルを問わずメガヒットを放つ、アメリカを代表する「ドル箱俳優」のひとり。

続きを読む


前野朋哉
前野朋哉(まえの ともや)は日本の俳優、映画監督。大阪芸術大学で映画制作に携わります。役者業を勧められ続けます。2016年にCM『au三太郎シリーズ』で一寸法師役で出演し知られる存在になります。

続きを読む


トミー・リー・ジョーンズ
トミー・リー・ジョーンズは、、アメリカ合衆国の俳優。俳優デビュー後はしばらく役に恵まれず、下積みが長く続きます。『逃亡者』でアカデミー助演男優賞を受賞。『メン・イン・ブラック』でK役。サントリーBOSSのCM『宇宙人ジョーンズの地球調査シリーズ』に長く出演。

続きを読む


ブルース・ウィリス
ブルース・ウィリスは、アメリカの元俳優。コメディ役者として地位を確立後に『ダイ・ハード』で主演。シリーズ化されハリウッドの人気スターになった。代表作に『アルマゲドン』『シックスセンス』など。2022年3月30日に失語症を理由に俳優業を引退。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin216)

大江麻理子
大江麻理子(おおえ まりこ)は、テレビ東京のキャスター、アナウンサー。テレビ東京への入社後は、報道・情報・バラエティなど、様々なジャンルの番組に出演。夫はマネックス証券の松本大。

続きを読む


雁屋哲
雁屋哲(かりや てつ)は、日本の漫画原作者、エッセイスト。代表作に『男坂』『美味しんぼ』など。『美味しんぼ』は2020年10月時点で1億3500万部を突破、巻数は111巻。「究極」という言葉で1986年の新語流行語大賞の金賞を受賞。

続きを読む


市原悦子
市原悦子(いちはら えつこ)は、日本の女優、声優。新劇女優として活動。高い評価を得た後に、「まんが日本昔ばなし」の声優、『家政婦は見た!』の主演を務めました。

続きを読む


北川景子
北川景子(きたがわ けいこ)は、日本の女優。夫はBREAKERZのボーカルで歌手、タレントのDAIGO。デビューしてからテレビドラマや映画の出演。主演やヒロインを務めることが多いです。

続きを読む


坂本孝
坂本孝(さかもと たかし)は、日本の実業家。「ブックオフ」の創設者であり、飲食店の「俺のフレンチ・俺のイタリアン」を設立したことでも知られています。

続きを読む


関連記事 (女優)

蒔田彩珠
蒔田彩珠(まきた あじゅ)は、日本の女優。7才の時に子役デビュー。是枝監督作の映画『海よりもまだ深く』『三度目の殺人』『万引き家族』と連続で起用され常連となった。朝の連続テレビ小説『おかえりモネ』でヒロインの妹役で出演。

続きを読む


檀れい
檀れい(だん れい)は、日本の女優。元宝塚歌劇団の月組・星組トップ娘役。元夫は俳優の及川光博。宝塚歌劇団を退団後は女優として活躍。

続きを読む


松下奈緒
松下奈緒(まつした なお)は、日本の女優、ピアニスト、作曲家、歌手。朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』でヒロインを務め本格的にブレイク。ピアニストとしても活動しており2006年からコンサートを度々行っています。

続きを読む


原沙知絵
原沙知絵(はら さちえ)は日本の女優、元ファッションモデル。高校在学中より地元福岡でモデルとして活動。その後、上京し女優としてデビュー。『シンデレラは眠らない』でドラマ初主演。

続きを読む


浜辺美波
浜辺美波(はまべ みなみ)は、日本の女優。第7回『東宝シンデレラオーディション』でニュージェネレーション賞を受賞。映画「アリと恋文」で主演し女優デビュー。代表作に『君の膵臓をたべたい』や『賭ケグルイ』シリーズなどあります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ