672 views

女性漫画家・里中満智子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 里中満智子

記事公開日:2020年11月13日
最終更新日:2021年06月11日

里中満智子
→ 画像検索はこちら

里中満智子(さとなか まちこ)は、日本の漫画家。

代表作は『アリエスの乙女たち』『天上の虹』など。
『天上の虹』『女帝の手記』をはじめ、歴史モノに定評があります。
描いた作品数は2019年時点で500を超えます。

このページでは、里中満智子(さとなか まちこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

里中満智子の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1948年1月24日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin176(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 白い犬 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin85
絶対反対kin kin46

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin176の誕生日占いは、自分の役割、立場をわきまえているタイプです。順序良く進む。進む前に一人で歩けるように。

広告

里中満智子の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

大阪市出身。
小学生の頃は手塚治虫『鉄腕アトム』を愛読し、中学生の頃に漫画家になるのを志します。
成績は良かったが漫画が悪書とみなされていた時代、学校の教師や母親は漫画家になることに強く反対。
里中は成績を落とすことなく漫画との関わりを続けます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.1.24~ 16 36 10 黄色い戦士 青い手
1965.1.24~ 17 141 11 赤い竜 青い猿
1966.1.24~ 18 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
高校在学中の1964年に「ピアの肖像」で第1回講談社新人漫画賞をとりデビュー。
一躍脚光を浴び、親や教師も漫画家になることに賛成。高校三年の時に高校を中退し専業漫画家になります。

ウェブスペルの色が青色の後半に第1回講談社新人漫画賞をとりデビュー。

結婚・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.1.24~ 20 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1969.1.24~ 21 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1970.1.24~ 22 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
20才の時に編集者の男性と結婚、その後、離婚。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に編集者の男性と結婚。その後、離婚。

講談社出版文化賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.1.24~ 24 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1973.1.24~ 25 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1974.1.24~ 26 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1972年に『あした輝く、姫がいく!』で講談社出版文化賞を受賞。
1973年より『アリエスの乙女たち』の連載を開始。1987年に南野陽子主演でテレビドラマ化。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに『アリエスの乙女たち』を連載。

天上の虹

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.1.24~ 34 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1983.1.24~ 35 211 3 青い猿 赤い月
1984.1.24~ 36 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1982年に『狩人の星座』で第6回講談社漫画賞を受賞。
1983年より『天上の虹』の連載を開始。第41代天皇で女帝・持統天皇の生涯を描いた作品で、2015年まで30年以上の歳月をかけてコミックス全23巻完成。

ウェブスペルの色が赤色の前半に『天上の虹』の連載を開始。これより30年以上の歳月をかけて完成。

文部科学大臣賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.1.24~ 58 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2007.1.24~ 59 131 1 青い猿 青い猿
2010.1.24~ 62 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2006年にこれまでの作品及び文化活動に対し文部科学大臣賞を受賞。
2010年に文化庁長官表彰を受賞。

ウェブスペルの色が白色の最後の年にこれまでの作品及び文化活動に対し文部科学大臣賞を受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.1.24~ 72 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
2021.1.24~ 73 41 2 赤い竜 黄色い太陽
2022.1.24~ 74 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
里中満智子の現在は、ウェブスペルの色が黄色の始まり付近に当たります。
73才の時はKin41。一つの事をやり続けると成功する年です。浮き沈みの激しい面もあります。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

時に従い周囲に従い初めて自分の場所に立つ。

里中満智子のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

青色の後半に第1回講談社新人漫画賞をとりデビュー。
黄色の始めの年に編集者の男性と結婚。その後、離婚。
黄色の半ばに『アリエスの乙女たち』を連載。後に南野陽子主演でテレビドラマ化。
赤色の前半に『天上の虹』の連載を開始。これより30年以上の歳月をかけて完成。
白色の最後の年にこれまでの作品及び文化活動に対し文部科学大臣賞を受賞。

漫画『ドカベン』に登場する里中智(さとなか さとる)は原作者・水島新司が里中満智子を尊敬していたことからつけられたそうです。

参考文献

里中満智子(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

羽野晶紀
羽野晶紀(はの あき)は、日本の女優、タレント。「劇団☆新感線」に所属。関西ではアイドル的な存在。「笑っていいとも」の月曜レギュラーを機に全国区で知られる存在となった。和泉元彌と結婚し芸能活動を一時休止したがその後再開。

続きを読む


吉田栄作
吉田栄作(よしだ えいさく)は、日本の俳優、歌手。トレンディドラマで多数主演し「トレンディ御三家」「平成御三家」と呼ばれます。「マネーの虎」では司会を担当し人気を博しました。

続きを読む


鈴木保奈美
鈴木保奈美(すずき ほなみ)は、日本の女優。ホリプロのオーディションで審査員特別賞を獲得。『東京ラブストーリー』で主演し大ヒット。一躍人気女優となった。石橋貴明と再婚を機に芸能界を引退したがその後復帰。

続きを読む


知念里奈
知念里奈(ちねん りな)は、日本の歌手、女優。夫は俳優・井上芳雄。幼少の頃から沖縄アクターズスクールでレッスンを受けます。その後、女優、歌手としてデビュー。Wingは自身最大のヒット曲。歌手活動が減ってから舞台を中心に活動。

続きを読む


伊原剛志
伊原剛志(いはら つよし)は、日本の俳優。ジャパンアクションクラブに入団。翌年俳優デビュー。朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの幼なじみ役を演じ、全国的な知名度を得ます。『トクボウ 警察庁特殊防犯課』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin176)

松下奈緒
松下奈緒(まつした なお)は、日本の女優、ピアニスト、作曲家、歌手。朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』でヒロインを務め本格的にブレイク。ピアニストとしても活動しており2006年からコンサートを度々行っています。

続きを読む


藤竜也
藤竜也(ふじ たつや)は、日本の俳優。スカウトを受け日活に入社しデビュー。映画『愛のコリーダ』で『第1回報知映画賞』主演男優賞を受賞。その後もアクションや現代劇を中心にテレビドラマ・映画で活躍。

続きを読む


関連記事 (漫画家)

あだち充
あだち充は、日本の漫画家。代表作に「タッチ」や「みゆき」などあります。ラブコメディに野球などのスポーツを絡めた青春ものが得意で週刊少年サンデーの人気作家として活躍します。

続きを読む


チャールズ・M・シュルツ
チャールズ・M・シュルツは、アメリカ合衆国の漫画家。代表作である『ピーナッツ』でよく知られています。『ピーナッツ』を1950年10月2日から2000年2月13日まで50年にわたり連載。

続きを読む


泉昌之
泉昌之は、泉晴紀と久住昌之の2人からなる漫画家コンビ。2012年に久住昌之の作品である「孤独のグルメ」のテレビドラマ化が始まり、泉昌之の作品としては2015年に「食の軍師」のテレビドラマ化により名が知られるようになります。

続きを読む


藤子不二雄
藤子不二雄は漫画家で、藤本弘と安孫子素雄の共同ペンネーム。1951年にコンビを結成。1954年から、コンビを解消する1987年まで使用。コンビ結成時から長らく2人で話を考え絵を描いていました。

続きを読む


手塚治虫
マンガの神様と評される「手塚治虫」は大学在学中の1946年に漫画家としてデビューしました。「鉄腕アトム」「ジャングル大帝」「リボンの騎士」といったヒット作を次々と手がけました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ