249 views

将棋棋士・藤井聡太の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 藤井聡太

藤井聡太
→ 画像検索はこちら

藤井聡太(ふじい そうた)は、日本は将棋棋士。

2016年に14歳2か月でプロ入りを決め、最年少棋士記録を62年ぶりに更新した人物。
プロデビュー後に29連勝。連日ワイドショーで藤井フィーバーと紹介されました。
プロ入り前は「詰将棋の神童」と名を轟かせていました。

このページでは、藤井聡太(ふじい そうた)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

藤井聡太の誕生日占い(性格診断)

誕生日:2002年7月19日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin42です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 黄色い太陽 音3
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin219
絶対反対kin kin172

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音3」は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり、調整したりします。人に対して非常に優しく、また細やかな気づかいができる人です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin42の誕生日占いは、伝達者・メッセンジャーが役割のタイプです。コミュニケーションが上手です。時に従い周囲に従い初めて自分の場所に立つ。

広告

藤井聡太の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

愛知県瀬戸市出身。

幼少時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2007.7.19~ 5 47 8 青い手 黄色い太陽
2008.7.19~ 6 152 9 黄色い人 黄色の種
2007年、5才の時に祖母から将棋のルールを教わります。
藤井は瞬く間にルールを覚え、将棋をさせる祖父を相手にします。
数カ月で祖父は藤井に勝てなくなります。
同年、瀬戸市内の将棋教室に入会。

ウェブスペルの色が黄色の後半に将棋を覚えます。

研修会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.7.19~ 7 257 10 赤い地球 黄色い星
2010.7.19~ 8 102 11 白い風 黄色い人
2011.7.19~ 9 207 12 青い手 黄色い戦士
2012.7.19~ 10 52 13 黄色い人 黄色い太陽
2010年、小学1年の時に東海研修会に入会。
小学2年の時に「詰将棋解答選手権」チャンピオン戦に初参加。
2011年、小学3年の時に全国小学生倉敷王将戦・低学年の部で優勝。
2012年、小学4年の時に研修会B1に昇級し奨励会に入会。

ウェブスペルの色が黄色の後半に東海研修会に入会。
黄色の最後の年に奨励会に入会。

日本将棋連盟のプロ棋士養成機関には奨励会(関東と関西)があり、その下部組織として研修会(関東、関西、東海、九州)があります。

奨励会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.7.19~ 11 157 1 赤い地球 赤い地球
2014.7.19~ 12 2 2 白い風 赤い竜
2015.7.19~ 13 107 3 青い手 赤い蛇
2016.7.19~ 14 212 4 黄色い人 赤い月
2015年、「詰将棋解答選手権」チャンピオン戦で一人満点を取って優勝。小学6年での優勝は史上最年少。
トッププロや詰将棋回答の名手たちを破っての快挙。その後も、2016,2017,2018,2019と優勝して5連覇。

2015年、中学1年の時に史上最年少(13歳2か月)で奨励会三段に昇段。マスコミに取り上げられます。
2016年、中学2年の時に史上最年少(14歳2か月)で四段に昇段。プロ入りを決めます。奨励会に入会してわずか4年。
いままで加藤一二三が1954年8月1日に14歳7か月で四段昇段が記録でしたが62年ぶりに更新。
中学生でプロ入りしたのは加藤一二三、谷川浩司、羽生善治、渡辺明に続いて史上5人目。

プロデビュー戦は加藤一二三。両棋士の年齢差は62歳6か月、対戦は勝利。

ウェブスペルの色が赤色の前半に史上最年少(14歳2か月)で四段に昇段しプロ入りを決めます。

プロ入り、快進撃

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.7.19~ 15 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
2018.7.19~ 16 162 6 白い風 赤い地球
2019.7.19~ 17 7 7 青い手 赤い竜
プロデビューから連勝を続け、29連勝を達成。連日マスコミで流され「藤井フィーバー」。
2017年7月に竜王戦決勝トーナメントで佐々木勇気に敗れ連勝記録はストップ。街頭では号外が配られ、ニュース速報でテロップが流されるほどでした。

連勝はストップしたものの、快進撃は続き、2018年2月に五段に昇段。
朝日杯将棋オープン戦で優勝。五段昇段したあと2週間後に六段に昇段。
その3か月後に七段に昇段。

ウェブスペルの色が赤色の半ばにプロデビューから連勝を続け「藤井フィーバー」が起きます。その後、七段まであっという間に昇段。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.7.19~ 17 7 7 青い手 赤い竜
2020.7.19~ 18 112 8 黄色い人 赤い蛇
2021.7.19~ 19 217 9 赤い地球 赤い月
藤井聡太の現在は、ウェブスペルの色が赤色の半ばに当たります。
17才の時はKin7。感動しやすくノリのよい年です。素直さがとりえです。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。

一歩退いて周囲を見ましょう。

藤井聡太のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色から人生をみてみると

黄色の後半に将棋を覚え、東海研修会に入会。
黄色の最後の年に奨励会に入会。
赤色の前半に史上最年少(14歳2か月)で四段に昇段しプロ入りを決めます。
赤色の半ばにプロデビューから連勝を続け「藤井フィーバー」が起きます。その後、七段まであっという間に昇段。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

八木亜希子
八木亜希子(やぎ あきこ)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。フジテレビ時代は様々なジャンルの番組をオールラウンドに担当。退社後はアナウンサー業はもとより、タレント、女優としても活動。

続きを読む


尾美としのり
尾美としのり(おみ としのり)は、日本の俳優。子役としてデビュー。『鬼平犯科帳』では同心の木村忠吾役でレギュラー出演。宮藤官九郎脚本作品に頻繁に出演していることでも有名。

続きを読む


小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む


小林幸子
小林幸子(こばやし さちこ)は、日本の歌手、女優、タレント、実業家。9才の時にスカウトされデビュー。しかし仕事が激減し低迷期を歩みます。その後『おもいで酒』で復活。紅白歌合戦では派手な衣装で話題。

続きを読む


田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin042)

浅野ゆう子
浅野ゆう子(あさの ゆうこ)は、日本の女優、歌手。ドラマ『抱きしめたい!』で浅野温子とW主演。以降「トレンディドラマの女王」と称されブレイク。バブル時代はW浅野の服装が大いに流行。

続きを読む


中居正広
中居正広は、SMAPのリーダーであり、司会者、俳優。1987年にSMAPとしてデビュー。歌手としての活動する一方、テレビドラマ、司会者として活躍。最近では冠番組を持ち活躍しています。

続きを読む


五郎丸歩
五郎丸歩(ごろうまる あゆむ)は、日本のラグビー選手。2015年にイギリスで開催されたラグビー・ワールドカップでは日本で空前のラグビーフィーバー。『五郎丸ポーズ』は2015年に新語・流行語大賞にノミネート。

続きを読む


関連記事 (将棋棋士)

将棋
女流三強とは将棋界でかつて女流棋界を席巻した三人の女流棋士で林葉直子、中井広恵、清水市代の総称です。1982年度から1993年度まで全てのタイトルを独占するほどの強さでした。

続きを読む


加藤一二三
加藤一二三(かとう ひふみ)は将棋棋士。幅広い層から「ひふみん」の愛称で親しまれます。14歳7ヶ月で棋士になり、以降棋士として活躍。2017年6月に現役を引退、引退後はタレント活動も行っています。

続きを読む


羽生善治
羽生善治(はぶ よしはる)は日本の将棋棋士。1996年2月に、将棋界で初の7タイトル独占。2017年12月5日に永世竜王となり、初の永世七冠を達成した人物です。

続きを読む


桐谷広人
桐谷広人(きりたに ひろと)は、日本の将棋棋士・投資家。日本のプロ棋士。棋士番号120。2007年に引退。株主優待を使いこなす個人株式投資家として有名になりマスメディアなどに頻繁に登場しました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事