696 views

演歌歌手・五木ひろしの誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 五木ひろし

記事公開日:2018年06月14日
最終更新日:2019年04月12日

五木ひろし
→ 画像検索はこちら

五木ひろし(いつき ひろし)は日本の演歌歌手、作曲家、俳優。

「よこはま・たそがれ」で大ヒット。以降、日本レコード大賞と紅白歌合戦の常連となります。
「おまえとふたり」はミリオンヒットで自身最大のヒット曲。
妻は元女優の和由布子。

このページでは五木ひろしの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

五木ひろしの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1948年3月14日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin225です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い蛇 白い風 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い鷲
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い戦士
以てるもの同士の類似kin 白い魔法使い
鏡の向こうのもう一人の自分 kin36
絶対反対kin kin95

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

ひとことでいえばKin225の誕生日占いは、言いたいことを言い過ぎる。攻撃は強いが防御は弱いタイプです。困難を克服しなければ活力と達成感は得られない。

広告

五木ひろしの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

京都府で生まれます。出生名は李和夫。後に日本へ帰化し日本人、日本国籍になります。
父は韓国系の鉱山技師で鉱脈を追って移動。家族で各地を転々します。
その後、父は鉱山技師を辞め、建築用石材を扱う会社を福井県で行います。
五木ひろしは小学生の頃から歌手になりたいと思っていたそうです。

上京

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1963.3.14~ 15 240 6 黄色い太陽 青い鷲
1964.3.14~ 16 85 7 赤い蛇 青い嵐
1965.3.14~ 17 190 8 白い犬 青い夜
中学を卒業後に姉を頼り京都へ移り、関西音楽学院に入学。
1964年に作曲家の上原を紹介されプロ歌手を目指し上京。上原の内弟子となり歌を学びます。
同年、第15回コロムビア全国歌謡コンクールにて優勝。コロムビアよりプロ歌手としてデビュー。
1965年に師の上原が急死。コロンビアではシングルを6枚出したがヒットしませんでした。

ウェブスペルの色が青色の半ばにプロ歌手としてデビュー。しかしヒットが出ませんでした。

不遇の時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.3.14~ 19 140 10 黄色い太陽 青い猿
1968.3.14~ 20 245 11 赤い蛇 青い鷲
1969.3.14~ 21 90 12 白い犬 青い嵐
1967年に日本グラモフォンへ移籍。この頃は大物歌手の前座やキャバレー回りが主で仕事は大半地方巡業でした。
シングルを3枚出しますがヒットに至らず、1968年に契約解除。貯金も尽き、食べる物にも困ります。
その後、銀座の高級クラブ『クニ』で弾き語りを行います。デビューから5年間は歌手として不遇の時代でした。

ウェブスペルの色が青色の最期付近は歌手として不遇の時代を過ごします。

五木ひろし

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1970.3.14~ 22 195 13 青い鷲 青い夜
1971.3.14~ 23 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
1972.3.14~ 24 145 2 赤い蛇 黄色の種
1973.3.14~ 25 250 3 白い犬 黄色い星
1970年に『全日本歌謡選手権』に出場。10週連続で勝ち残り、グランドチャンピオンに輝きます。
1971年に「五木ひろし」に芸名を変更。同年「よこはま・たそがれ」(山口洋子作詞・平尾昌晃作曲)が大ヒットします。
同年、紅白歌合戦に初出場。以降、2017年まで連続47回出場。継続中です。
1973年に「夜空」で第15回日本レコード大賞を初受賞。以後毎年のように頂点をうかがえる位置につけるなど“賞レースの常連”となります。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に「五木ひろし」に芸名変更。「よこはま・たそがれ」が大ヒットします。

初のミリオン

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.3.14~ 31 100 9 黄色い太陽 黄色い人
1980.3.14~ 32 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1981.3.14~ 33 50 11 白い犬 黄色い太陽
1982.3.14~ 34 155 12 青い鷲 黄色の種
1979年に独立を果たし、独立第一弾の「おまえとふたり」を発表。ミリオンヒットとなり、自身最大のヒット曲となります。同年、日本レコード大賞金賞を初受賞します。
以降、日本レコード大賞金賞は10年に渡り連続受賞。歴代単独第1位の記録です。
1982年に「契り」を発表。映画「大日本帝国」の主題歌として自身では初めての映画タイアップ作品です。

ウェブスペルの色が黄色の後半に「おまえとふたり」がミリオンヒットとなり、自身最大のヒット曲になります。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.3.14~ 41 110 6 白い犬 赤い蛇
1990.3.14~ 42 215 7 青い鷲 赤い月
1991.3.14~ 43 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
1989年に女優の和由布子と結婚。披露宴の規模は5億円と云われ、当時の芸能界最高額でした。
和由布子は芸能界を引退。この後、3人の子に恵まれます。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに女優の和由布子と結婚。3人の子に恵まれます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.3.14~ 70 35 9 青い鷲 青い手
2019.3.14~ 71 140 10 黄色い太陽 青い猿
2020.3.14~ 72 245 11 赤い蛇 青い鷲
五木ひろしの現在は、ウェブスペルの色が青色の後半に当たります。
71才の時はKin140。命がけの時に本領を発揮できる年です。

  • 音10は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にしたりプロデュースやアドバイザーに向いています。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

転機が新しいものを生み出す力。

五木ひろしのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の半ばにプロ歌手としてデビュー。しかしヒットが出ませんでした。
青色の最期付近は歌手として不遇の時代を過ごします。
黄色の始めの年に「五木ひろし」に芸名変更。「よこはま・たそがれ」が大ヒットします。
黄色の後半に「おまえとふたり」がミリオンヒットとなり、自身最大のヒット曲になります。
赤色の半ばに女優の和由布子と結婚。3人の子に恵まれます。

今日まで滞ることなく、コンスタントにオリジナル・ヒットを生み出し続けています。
ショーやリサイタル、コンサート等の公演チケット価格は例年、最高峰を誇ります。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

吉高由里子
吉高由里子(よしたか ゆりこ)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『花子とアン』にオーディションなしで主演に抜擢。最近は『東京タラレバ娘』『正義のセ』で主演。

続きを読む


土屋太鳳
土屋太鳳(つちや たお)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『まれ』で2020人の応募者からヒロインに選ばれ主演。2018年に『第60回輝く!日本レコード大賞』で安住紳一郎と共に総合司会を担当。

続きを読む


芳根京子
芳根京子(よしね きょうこ)は、日本の女優。朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演。2018年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

続きを読む


マイケル・デル
マイケル・デルは、アメリカの実業家。デルの創設者にして会長兼最高経営責任者。コンピュータ業界初の直販制度で急成長を遂げます。

続きを読む


せんだみつお
せんだみつおは、日本のタレント、コメディアン。1970年代にラジオ番組・テレビ番組の人気司会者。「ナハッナハッ」のギャグで有名。余興で行われる「せんだみつおゲーム」でも有名。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin225)

根津嘉一郎
初代・根津嘉一郎(ねづ かいちろう)は、日本の実業家。東武鉄道や南海鉄道などの事業に関わり「鉄道王」と呼ばれます。私財を投じて武蔵大学や設立。

続きを読む


関連記事 (歌手)

石原裕次郎
石原裕次郎さんは、俳優、歌手、石原プロの元代表。ヨットマンとしても活動していた。兄は政治家で作家の石原慎太郎。「太陽にほえろ」で刑事ドラマの顔になりました

続きを読む


星野源
星野源(ほしの げん)は、日本の音楽家、俳優、文筆家。マルチタレント。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」に出演、主題歌「恋」を歌い大ヒット。歌手・俳優として絶大な知名度を得ます。

続きを読む


武田鉄矢
武田鉄矢さんは、歌手・俳優・タレント・作詞家・漫画原作者。海援隊のボーカル・リーダー。歌手・俳優・脚本家・漫画原作者としてマルチな才能で活躍しています。

続きを読む


YOSHIKI
YOSHIKI(ヨシキ)は、日本のミュージシャン、ドラマー、ピアニスト。愛称は「よっちゃん」。X JAPANのドラマー/ピアニストとして有名。X JAPANのほかにもV2、S.K.I.N.などへ参加。

続きを読む


安室奈美恵
安室奈美恵(あむろ なみえ)は日本の女性歌手、ダンサー。1996年から彼女のファッションスタイルに憧れる若い女性たちが「アムラー・ブーム」を起こし社会現象となった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事