691 views

演歌歌手・氷川きよしの誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 氷川きよし

記事公開日:2017年04月10日
最終更新日:2017年10月17日

氷川きよし
出典:wikipedia.org

氷川きよしは、日本の演歌歌手。愛称は、KIYOSHI、若様、演歌界の貴公子など。

2000年2月に「箱根八里の半次郎」で演歌歌手としてデビュー。音楽賞など数々の賞を総なめにします。
デビュー以来17回連続でNHK紅白歌合戦に出場しています。

このページでは氷川きよしの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 演歌界の大御所「北島三郎」の人生を見てみる
→ 演歌歌手「石川さゆり」の誕生日占いと人生鑑定

氷川きよしの誕生日占い(性格診断)

誕生日:1977年9月6日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin66です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin195
絶対反対kin kin196

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin66の誕生日占いは、多くの人へチャンスを与えることでチャンスをもらえるタイプです。下積みが日の目を見る。コミュニケーションが大事。

広告

氷川きよしの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

福岡県福岡市南区出身。本名は山田清志(やまだ きよし)。
高校を卒業するまで福岡で過ごします。

氷川きよしに命名したのは所属事務所の会長の長良じゅんですが、新人売込みのためにビートたけしが知り合いということもあり名付け親を依頼します。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.9.6~ 22 36 10 黄色い戦士 青い手
2000.9.6~ 23 141 11 赤い竜 青い猿
2001.9.6~ 24 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
2002.9.6~ 25 91 13 青い猿 青い嵐
2000年2月に「箱根八里の半次郎」で演歌歌手としてデビュー。
2000年末の『日本レコード大賞』を初めとする音楽賞・最優秀新人賞を総なめにする華々しいデビューを飾ります。
2000年末には紅白歌合戦に出場。2016年末まで連続17回出場することになり、現在も継続中です

2001年には『オリコン ウィーク The Ichiban』の表紙を飾ります。演歌歌手が表紙を飾ったのは松村和子、城之内早苗に続いて3人目のことでした。
2001年11月に「きよしこの夜」をKIYOSHI名義で発表。KIYOSHIは現代調ポップス系楽曲の発表時に使われます。

2002年2月に「きよしのズンドコ節」を発表。「箱根八里の半次郎」と並び氷川の代表曲となります。

ウェブスペルの色が青色の後半に演歌歌手としてデビューします。デビューすると新人賞を総なめとします。

カラオケDAM

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2003.9.6~ 26 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
2004.9.6~ 27 41 2 赤い竜 黄色い太陽
2003年頃から、通信カラオケシステムDAMの機種改良に伴い、氷川の代表曲(「箱根八里の半次郎」「きよしのズンドコ節」など)では、背景映像に氷川本人の映像が多く採用されます。

ウェブスペルの色が黄色に変わり通信カラオケの映像でも氷川きよしが多くみられるようになります。

氷川きよしは演歌歌手ですが和服ではなく洋服で歌うことが多いです。
楽曲には振り付けは比較的簡単な手の動きものが多いのは、幼いファンから高齢のファンまでが覚えやすく、座ったままでも可能な動きをと考慮されているためだそうです。

レコード大賞3冠

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.9.6~ 28 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
2006.9.6~ 29 251 4 青い猿 黄色い星
2007.9.6~ 30 96 5 黄色い戦士 黄色い人
2006年に「一剣」で日本レコード大賞を受賞、歴代4人目のレコード大賞3冠となった。

2007年に「きよしのソーラン節」で日本有線大賞史上初の4回目の大賞受賞となる。

2008年のNHK紅白歌合戦では白組の大トリを務めた。

ウェブスペルの色が黄色の前半に歴代4人目のレコード大賞3冠に輝きます。
黄色の半ばにはNHK紅白歌合戦では白組の大トリを務めます。

心配性

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.9.6~ 31 201 6 赤い竜 黄色い戦士
2009.9.6~ 32 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
2010.9.6~ 33 151 8 青い猿 黄色の種
2011.9.6~ 34 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2012.9.6~ 35 101 10 赤い竜 黄色い人
2009年2月に「浪曲一代」を発表。オリコン週間シングルチャートで1位を獲得した

2012年に育ての親ともいえる長良じゅんがハワイで事故死。
氷川は元来心配性で思い詰めやすく当初は落ち込んでいる様子も見られたが、その後は完全に復調し、精力的に仕事を行った。

数年訪れていないツアー先では不安に怯えて宿泊先で絶叫する癖や、休みの日に泥酔するまで酒を飲む習慣があることが氷川自身の口から語られた。

ウェブスペルの色が黄色の後半に育ての親ともいえる長良じゅんが死去

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.9.6~ 39 1 1 赤い竜 赤い竜
2017.9.6~ 40 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
2018.9.6~ 41 211 3 青い猿 赤い月
氷川きよしの現在は、ウェブスペルの色が赤色の始まり付近に当たります。
3年連続で黒Kinの2年目です。
40才の時はKin106。事実を把握することから大きな可能性がうまれる年です。優秀な人が多いです。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

困難を解消するために希望をもとう。

氷川きよしのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の後半に演歌歌手としてデビューします。デビューすると新人賞を総なめとします。

黄色に変わり通信カラオケの映像でも氷川きよしが多くみられるようになります。
黄色の前半に歴代4人目のレコード大賞3冠に輝きます。
黄色の半ばにはNHK紅白歌合戦では白組の大トリを務めます。
黄色の後半に育ての親ともいえる長良じゅんが死去

現在は赤色の始めで、黒Kin3年連続の1年目です。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

香川照之
香川照之(かがわ てるゆき) は俳優、歌舞伎役者。俳優としてデビューしてから認知度を上げ2011年に歌舞伎俳優としても活躍します。

続きを読む


中村獅童
二代目 中村獅童(にだいめ なかむら しどう) は、歌舞伎役者、俳優・声優。2012年に映画『ピンポン』で準主役を射止めて以降多数の映画やドラマに出演。

続きを読む


久本雅美
久本雅美(ひさもと まさみ) は、日本のお笑いタレント、コメディエンヌ、司会者、女優。笑っていいとも!では17年半レギュラーを務めました。

続きを読む


宇多田ヒカル
宇多田ヒカル(うただ ヒカル)は、日本のシンガーソングライター、音楽家、歌手。デビュー曲がいきなり大ヒットとなり社会現象となります。

続きを読む


梅沢富美男
梅沢富美男(うめざわ とみお)は、日本の俳優、歌手、タレント。下町の玉三郎の異名を持ちます。歌手としては、1982年に『夢芝居』が大ヒット。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (歌手)

都はるみ
都はるみ(みやこ はるみ)は、女性演歌歌手。昭和40年代から50年代にかけて数多くのヒット曲を生み、名実ともに日本を代表する演歌歌手です。代表曲は「アンコ椿は恋の花」「北の宿から」など。

続きを読む


松田優作
松田優作さんは、刑事ドラマ「太陽にほえろ!」で人気を獲得。1970年代後半からアクションスターとして人気を博し、1980年代からは演技派としても認められるようになりました。

続きを読む


宇多田ヒカル
宇多田ヒカル(うただ ヒカル)は、日本のシンガーソングライター、音楽家、歌手。デビュー曲がいきなり大ヒットとなり社会現象となります。

続きを読む


石川さゆり
石川さゆり(いしかわ さゆり)は、日本の演歌歌手。本名は石川 絹代(きぬよ)。「津軽海峡・冬景色」が大ヒット。1980年代後半には続々とヒット曲を世に送り出し日本を代表する演歌歌手になりました。

続きを読む


マライア・キャリー
マライア・キャリーはアメリカのシンガーソングライター、音楽プロデューサー、女優。シングル18曲で全米1位を獲得は歴代2位の成績です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事