990 views

癒し系女優・飯島直子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 飯島直子

記事公開日:2018年11月26日
最終更新日:2019年09月04日

飯島直子
→ 画像検索はこちら

飯島直子(いいじま なおこ)は日本のタレント、女優です。愛称は「なおちゃん」「直子姉さん」。

缶コーヒー「ジョージア」のCMでブレイク。「癒し系女優」として人気が上昇し数多くのドラマに出演しました。

このページでは飯島直子の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

飯島直子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1968年2月29日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin232です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 白い風 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin29
絶対反対kin kin102

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin232の誕生日占いは、独自の道を歩きオリジナリティを大事にするタイプです。心を引き締め足元に注意しスタートすること。

広告

飯島直子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

神奈川県横浜市港北区日吉本町で生まれ育ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.2.29~ 20 252 5 黄色い人 黄色い星
1989.2.29~ 21 97 6 赤い地球 黄色い人
1990.2.29~ 22 202 7 白い風 黄色い戦士
東京の大東学園高校を卒業。アルバイト先でスカウトされます。

1988年に深夜番組『11PM』のカバーガールで芸能界デビュー。
1989年には1PMのカバーガール「イレックス」のメンバーとして活動。
1989年にカネボウ水着キャンペーンガールとして活動。キリンビール、宇部興産のキャンペーンガールも務めます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにデビュー。キャンペーンガールとして活動します。

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.2.29~ 24 152 9 黄色い人 黄色の種
1993.2.29~ 25 257 10 赤い地球 黄色い星
1994.2.29~ 26 102 11 白い風 黄色い人
1992年に『スーパーJOCKEY』のレギュラーになり「熱湯コマーシャル」のサブ進行を務めます。
同年、同じ事務所の網浜直子と「W-NAO」を結成。歌手として活動を開始します。
1994年に缶コーヒー『ジョージア』のCMに出演。このCMから、いわゆる「癒し系女優」として人気が上昇し、数多くのドラマに出演することになります。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に『ジョージア』のCMに出演し「癒し系女優」として人気が上昇

飯島が起用された缶コーヒー『ジョージア』のCM。缶のシールを集めて応募するとコートやパーカーがあたる懸賞ハガキは応募数が4400万口以上となりギネス認定されるほどでした。
飯島はドラマ、バラエティー、CMと引っ張りだこになり過労のために倒れてしまいます。

結婚・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.2.29~ 29 157 1 赤い地球 赤い地球
2000.2.29~ 32 212 4 黄色い人 赤い月
2001.2.29~ 33 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
1997年にTUBEの前田亘輝と結婚しますが2001年に離婚。
1997年に『智子と知子』で田中美佐子とのダブル主演でドラマ初主演
2000年に月9ドラマ『バスストップ』で単独主演

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に前田亘輝と結婚。同年、ドラマ初主演。
赤色の半ばに前田亘輝と離婚。

2度目の結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.2.29~ 44 172 3 黄色い人 白い犬
その後、バラエティー、女優として活躍。

2012年のクリスマスに会社経営者と再婚します。

ウェブスペルの色が白色の前半に会社経営者と再婚します。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.2.29~ 50 22 9 白い風 白い魔法使い
2019.2.29~ 51 127 10 青い手 白い鏡
2020.2.29~ 52 232 11 黄色い人 白い風
飯島直子の現在は、ウェブスペルの色が白色の後半に当たります。
51才の時はKin127。知らないことを知るために意欲を燃やす年です。

  • 音10は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にしたりプロデュースやアドバイザーに向いています。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

依存からの一人立ちへ。

飯島直子のまとめのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばにデビュー。キャンペーンガールとして活動します。
黄色の最後付近に『ジョージア』のCMに出演し「癒し系女優」として人気が上昇
赤色の始めの年に前田亘輝と結婚。同年、ドラマ初主演。
赤色の半ばに前田亘輝と離婚。
白色の前半に会社経営者と再婚します。


☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

出光佐三
出光佐三(いでみつ さぞう)は、日本の実業家。石油元売会社・出光興産の創業者。日中戦争の拡大と共に事業を拡大。日本の敗戦ですべてを失いますが、一人もクビにせず雇い続けます。宗像市に在る宗像大社の再建に貢献。

続きを読む


稲葉清右衛門
稲葉清右衛門(いなば せいえもん)は、日本の技術者、実業家。ファナックの経営者として一代で同社をNC装置、産業用ロボットのトップメーカーとして育て上げた人物。

続きを読む


坂村健
坂村健(さかむら けん)は、日本のコンピュータ科学者。自ら提唱したTRONプロジェクトのリーダー、またアーキテクトとして多種多様な仕様を策定。組み込み用OSとして広く使われています。

続きを読む


ジョン・バーディーン
ジョン・バーディーンは、アメリカの物理学者。1956年にトランジスターの開発、1972年に超伝導現象の理論的解明でノーベル物理学賞を2度受賞した人物。

続きを読む


ジャック・ニクラス
ジャック・ニクラスは、アメリカ出身のプロゴルファー。1960年代から1990年代にかけて活躍。日本では「帝王」と呼ばれ、史上最高のゴルファーとも称されます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin232)

サン=テグジュペリ
サン=テグジュペリは、フランスの作家、操縦士。著書『星の王子さま』は自身で描いた素朴な挿絵も含め世界各国で長く愛読された作品。世界で1億5000万部を突破。

続きを読む


岩垂邦彦
岩垂邦彦(いわだれ くにひこ)は、日本の実業家。日本電気株式会社(NEC)の創業者。

続きを読む


加賀まりこ
加賀まりこ(かが まりこ)は日本の女優、司会者。長く女優として活躍。デビュー以来、奔放な言動でマスコミを賑わせ「小悪魔」などと呼ばれます。芸能界屈指の雀士としても知られます。

続きを読む


いかりや長介
いかりや 長介さんはザ・ドリフターズのリーダー。「8時だョ!全員集合」や「ドリフ大爆笑」で一世を風靡し、その後は俳優、タレントとして活躍しました。

続きを読む


王貞治
王貞治(おう さだはる)は、元プロ野球選手・監督。福岡ソフトバンクホークス株式会社取締役会長。レギュラーシーズン通算本塁打868本を記録し、巨人のV9に貢献。1977年初めて国民栄誉賞を受賞した人物。

続きを読む


関連記事 (女優)

山口智子
山口智子(やまぐち ともこ)は日本の女優。数々のトレンディドラマに出演し一躍スターになります。唐沢寿明と結婚後は女優業からCMへ仕事をシフト。

続きを読む


長澤まさみ
長澤まさみ(ながさわ まさみ)は女優。東宝のオーディションで12才史上最年少でグランプリに選ばれ芸能界に入ります。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』が大ヒットとなり多数の映画賞を受賞します。

続きを読む


松たか子
月9ドラマで木村拓哉と数回も共演。高い視聴率を獲ります。紅白歌合戦の紅組司会に史上最年少で抜擢。近年は映画『アナと雪の女王』日本語吹き替え版劇中歌『レット・イット・ゴー』がブレイクします。

続きを読む


大場久美子
大場久美子(おおば くみこ)は日本の女優、歌手。1970年代アイドル。「コメットさん」で主演を演じ全国に知られる存在になります。アイドルを卒業し女優として活躍。

続きを読む


夏目雅子
夏目雅子さんは、女優として映画やテレビなどで活躍し、映画「鬼龍院花子」の「なめたらいかんぜよ!」は当時の流行語となります。大女優と期待されるが白血病になり若くして亡くなりました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事