3,888 views

脚本家・宮藤官九郎の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 宮藤官九郎

記事公開日:2017年10月04日
最終更新日:2022年02月15日

宮藤官九郎
→ 画像検索はこちら

宮藤官九郎(くどう かんくろう)は、脚本家、俳優、作詞家などいろいろな顔を持つ人物です。

『あまちゃん』『木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』などテレビドラマの脚本家として有名です。

このページでは、宮藤官九郎(くどう かんくろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

宮藤官九郎(くどう かんくろう)の誕生日占い

生年月日:1970年7月19日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin62です。

太陽の紋章(健在意識)ウェブスペル(潜在意識)銀河の音
白い風赤い空歩く人音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin白い犬
互いに学びあう 反対kin黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin青い嵐
以てるもの同士の類似kin赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分kin199
絶対反対kinkin192

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin62の誕生日占いは、日常なにげない物の中に精神性を発揮できるタイプです。初めをあいまいにすることで後で大きな不安が生じる。母性能力ある。人助けをしなさい。

広告

宮藤官九郎(くどう かんくろう)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

宮城県栗原市で生まれます。
実家は文房具店、父は教師で校長先生、兄弟は年の離れた姉が2人います。
幼少時から作文コンクールなどでいくつもの賞を受賞していました。

高田文夫に憧れ

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1987.7.19~17271青い手青い手
1988.7.19~181322黄色い人青い猿
1989.7.19~192373赤い地球青い鷲
高校時代『ビートたけしのオールナイトニッポン』のヘビーリスナーでした。番組で放送作家兼たけしのトークの相方役を務めた高田文夫に憧れていました。
高田文夫の母校の日本大学芸術学部放送学科に進学しますが、中退します。

ウェブスペルの色が青色の始めの頃に高田文夫に憧れ日本大学に進学しますが、中退します。

大人計画

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
1993.7.19~231377赤い地球青い猿
1994.7.19~242428白い風青い鷲
1995.7.19~25879青い手青い嵐
松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」に所属し、作・演出を行うようになります。

1994年、24才の時に振付師の八反田リコと結婚。

1995年に阿部サダヲらとグループ魂を結成。

ウェブスペルの色が青色の半ばころから劇団で演出を行うようになります。

このころ、バラエティ番組の構成作家としての活動も行います。

快進撃

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2000.7.19~30921黄色い人黄色い人
2002.7.19~32423白い風黄色い太陽
2005.7.19~35976赤い地球黄色い人
2006.7.19~362027白い風黄色い戦士
2000年にドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の脚本を担当
2001年に映画「GO」の脚本を担当
2002年にドラマ「木更津キャッツアイ」の脚本を担当
2005年にドラマ「タイガー&ドラゴン」の脚本を担当。映画監督デビュー。第1子(長女)が誕生。グループ魂が第56回NHK紅白歌合戦出場。
2006年にドラマ「吾輩は主婦である」で昼ドラの脚本を初担当。憧れの斉藤由貴を主役とした。同年、アニメ映画で声優として参加。

ウェブスペルの色が黄色に変わり、テレビドラマや映画の脚本を担当するのが多くなります。
黄色の半ばに映画監督デビュー、NHK紅白歌合戦出場、私生活では長女誕生とイケイケを迎えます。

あまちゃん

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2012.7.19~425213黄色い人黄色い太陽
2013.7.19~431571赤い地球赤い地球
2016.7.19~462124黄色い人赤い月
2013年上半期の連続テレビ小説『あまちゃん』の脚本を担当し、複数の賞を受賞します。
2017年にドラマ『ゆとりですがなにか』の脚本で第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞します。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に『あまちゃん』の脚本を担当し、複数の賞を受賞します。
赤色の前半に『ゆとりですがなにか』で第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞します。

そして現在

期間KIN太陽の紋章ウェブスペル
2021.7.19~512179赤い地球赤い月
2022.7.19~526210白い風赤い空歩く人
2023.7.19~5316711青い手赤い地球
宮藤官九郎の現在は、ウェブスペルの色が赤色の後半に当たります。
51才の時はKin217。細かなことによく気がつく年です。誤解を受けやすい面もあります。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

勢いがつくほどに冷静沈着を心がける。

宮藤官九郎のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

青色の始めの頃に高田文夫に憧れ日本大学に進学しますが、中退します。
青色の半ばころから劇団で演出を行うようになります。
黄色に変わり、テレビドラマや映画の脚本を担当するのが多くなります。
黄色の半ばに映画監督デビュー、NHK紅白歌合戦出場、私生活では長女誕生と絶好調。
黄色の最後の年に『あまちゃん』の脚本を担当し、複数の賞を受賞。
赤色の前半に『ゆとりですがなにか』で第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

宮藤官九郎の執筆する作品には大人計画所属の阿部サダヲを筆頭に劇団員の頻繁に起用することが多いです。
2019年のNHK大河ドラマ『いだてん 東京オリムピック噺』の脚本を担当。

参考文献

宮藤官九郎(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

西野七瀬
西野七瀬(にしの ななせ)は、日本の女優、ファッションモデル、タレント。乃木坂46の元メンバー。乃木坂46ではグループ最多となる7度センターに抜擢。ソロ写真集『風を着替えて』は発行部数20万部を突破。auのCM「意識高すぎ!高杉くん」で貯杉先生として登場。

続きを読む


滝沢沙織
滝沢沙織(たきざわ さおり)は、日本の女優。ユニチカ水着キャンペーンガールに選出されデビュー。モデルとして活動後女優に転身。連続テレビドラマに23クール連続でレギュラー出演した記録を持ちます。

続きを読む


マリ・キュリー
マリ・キュリーは、ポーランド出身の物理学者・化学者。キュリー夫人の名で有名。ラジウム、ポロニウムの発見および放射線の研究で、1903年のノーベル物理学賞、1911年のノーベル化学賞と2度ノーベル賞を受賞。ノーベル賞を2度受賞した人物はマリ・キュリーが初。

続きを読む


杉田玄白
杉田玄白(すぎた げんぱく)は、日本の江戸時代の蘭学医。解剖学書『解体新書』を刊行したことで有名。医学塾『天真楼』を開きたくさんの門人を育成。蘭学の発達に貢献。

続きを読む


陳建一
陳建一(ちん けんいち)は、中華料理(四川料理)の料理人、調理師、料理研究家。テレビ番組『料理の鉄人』への出演で知られます。四川飯店グループのオーナーとして日本各地で店舗を展開。父は日本における四川料理の父といわれた陳建民。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin062)

横山ノック
横山ノックは、お笑いタレント、元参議院議員、元大阪府知事。漫画トリオを結成し人気を集めます。その後、国政に進み、1995年に大阪府知事に当選。1999年に強制わいせつ事件で大阪府知事を辞職。

続きを読む


山崎静代
山崎静代(やまさき しずよ)は、日本のお笑いタレント、女優、元ボクサー。山里亮太と南海キャンディーズを結成。結成2年目でM-1グランプリで準優勝し多くのテレビ番組で活躍。その後、女優、ボクサーとしても活動。引退後に南海キャンディーズのコンビ活動を徐々に再開。

続きを読む


北原白秋
北原白秋(きたはら はくしゅう)は、日本の詩人、童謡作家、歌人。児童雑誌『赤い鳥』で童謡作品を次々と発表。作曲家・山田耕筰と共に数々の童謡の傑作を世に送り出します。

続きを読む


井上咲楽
井上咲楽(いのうえ さくら)は、日本のタレント。愛称はイノサク。2015年にホリプロタレントスカウトキャラバンでソフトバンク賞を受賞。2022年4月より『新婚さんいらっしゃい!』のアシスタントを山瀬まみに変わり担当。

続きを読む


多部未華子
多部未華子(たべ みかこ)は、日本の女優。愛称は「多部ちゃん」。2009年の朝の連続テレビ小説『つばさ』で1,593人の中、主役に抜擢。

続きを読む


関連記事 (作家)

サン=テグジュペリ
サン=テグジュペリは、フランスの作家、操縦士。著書『星の王子さま』は自身で描いた素朴な挿絵も含め世界各国で長く愛読された作品。世界で1億5000万部を突破。

続きを読む


柴田錬三郎
柴田錬三郎(しばた れんざぶろう)は、日本の小説家。歴史小説に新風を送った人物。戦国・幕末を扱った作品が多く、剣客ブームを巻き起こした。亡くなった後に業績をたたえ柴田錬三郎賞が創設。

続きを読む


雁屋哲
雁屋哲(かりや てつ)は、日本の漫画原作者、エッセイスト。代表作に『男坂』『美味しんぼ』など。『美味しんぼ』は2020年10月時点で1億3500万部を突破、巻数は111巻。「究極」という言葉で1986年の新語流行語大賞の金賞を受賞。

続きを読む


江戸川乱歩
江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)は、日本の小説家・推理作家。日本人初の本格推理作家。少年向けの「怪人二十面相」は少年から圧倒的に支持を受けた。戦後に推理作家への登竜門として知られる江戸川乱歩賞を制定。

続きを読む


又吉直樹
又吉直樹(またよし なおき)は、日本のお笑いタレント、小説家、俳優。お笑いコンビ・線香花火で活動、解散後にお笑いコンビ・ピースのボケ担当。2015年に小説『火花』で芥川賞を受賞。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ