652 views

脚本家・宮藤官九郎の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 宮藤官九郎

記事公開日:2017年10月04日
最終更新日:2018年01月27日

宮藤官九郎
→ 画像検索はこちら

宮藤官九郎(くどう かんくろう)は、脚本家、俳優、作詞家などいろいろな顔を持つ人物です。

『あまちゃん』『木更津キャッツアイ』『タイガー&ドラゴン』などテレビドラマの脚本家として有名です。

このページでは宮藤官九郎(くどう かんくろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

宮藤官九郎の誕生日占い

生年月日:1970年7月19日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin62です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 赤い空歩く人 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin199
絶対反対kin kin192

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin62の誕生日占いは、日常なにげない物の中に精神性を発揮できるタイプです。初めをあいまいにすることで後で大きな不安が生じる。母性能力ある。人助けをしなさい。

広告

宮藤官九郎の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

宮城県栗原市で生まれます。
実家は文房具店、父は教師で校長先生、兄弟は年の離れた姉が2人います。
幼少時から作文コンクールなどでいくつもの賞を受賞していました。

高田文夫に憧れ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.7.19~ 17 27 1 青い手 青い手
1988.7.19~ 18 132 2 黄色い人 青い猿
1989.7.19~ 19 237 3 赤い地球 青い鷲
高校時代『ビートたけしのオールナイトニッポン』のヘビーリスナーでした。番組で放送作家兼たけしのトークの相方役を務めた高田文夫に憧れていました。
高田文夫の母校の日本大学芸術学部放送学科に進学しますが、中退します。

ウェブスペルの色が青色の始めの頃に高田文夫に憧れ日本大学に進学しますが、中退します。

大人計画

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.7.19~ 23 137 7 赤い地球 青い猿
1994.7.19~ 24 242 8 白い風 青い鷲
1995.7.19~ 25 87 9 青い手 青い嵐
松尾スズキ主宰の劇団「大人計画」に所属し、作・演出を行うようになります。

1994年、24才の時に振付師の八反田リコと結婚。

1995年に阿部サダヲらとグループ魂を結成。

ウェブスペルの色が青色の半ばころから劇団で演出を行うようになります。

このころ、バラエティ番組の構成作家としての活動も行います。

快進撃

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.7.19~ 30 92 1 黄色い人 黄色い人
2002.7.19~ 32 42 3 白い風 黄色い太陽
2005.7.19~ 35 97 6 赤い地球 黄色い人
2006.7.19~ 36 202 7 白い風 黄色い戦士
2000年にドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の脚本を担当
2001年に映画「GO」の脚本を担当
2002年にドラマ「木更津キャッツアイ」の脚本を担当
2005年にドラマ「タイガー&ドラゴン」の脚本を担当。映画監督デビュー。第1子(長女)が誕生。グループ魂が第56回NHK紅白歌合戦出場。
2006年にドラマ「吾輩は主婦である」で昼ドラの脚本を初担当。憧れの斉藤由貴を主役とした。同年、アニメ映画で声優として参加。

ウェブスペルの色が黄色に変わり、テレビドラマや映画の脚本を担当するのが多くなります。
黄色の半ばに映画監督デビュー、NHK紅白歌合戦出場、私生活では長女誕生とイケイケを迎えます。

あまちゃん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.7.19~ 42 52 13 黄色い人 黄色い太陽
2013.7.19~ 43 157 1 赤い地球 赤い地球
2016.7.19~ 46 212 4 黄色い人 赤い月
2013年上半期の連続テレビ小説『あまちゃん』の脚本を担当し、複数の賞を受賞します。
2017年にドラマ『ゆとりですがなにか』の脚本で第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞します。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に『あまちゃん』の脚本を担当し、複数の賞を受賞します。
赤色の前半に『ゆとりですがなにか』で第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞します。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.7.19~ 47 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
2018.7.19~ 48 162 6 白い風 赤い地球
2019.7.19~ 49 7 7 青い手 赤い竜
宮藤官九郎の現在は、ウェブスペルの色が赤色の前半に当たります。
47才の時はKin57。困難なこともポジティブに乗り越えることが出来る年です。

  • 音5は、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。
  • 赤い地球は、人とのつながり・きづなを大事にします。人に訴えかけ心を揺れ動かす力を持っています。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。

平常心を保つ。母性能力ある。

宮藤官九郎のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

青色の始めの頃に高田文夫に憧れ日本大学に進学しますが、中退します。
青色の半ばころから劇団で演出を行うようになります。
黄色に変わり、テレビドラマや映画の脚本を担当するのが多くなります。
黄色の半ばに映画監督デビュー、NHK紅白歌合戦出場、私生活では長女誕生とイケイケを迎えます。
黄色の最後の年に『あまちゃん』の脚本を担当し、複数の賞を受賞します。
赤色の前半に『ゆとりですがなにか』で第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞します。

宮藤官九郎の執筆する作品には大人計画所属の阿部サダヲを筆頭に劇団員の頻繁に起用することが多いです。
2019年のNHK大河ドラマは宮藤官九郎が脚本を担当。日本が初めてオリンピックに参加した1912年から1964年の東京五輪までを描くそうです。

参考文献

宮藤官九郎(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

杉原千畝
杉原千畝(すぎはら ちうね)は日本の外交官。第2次世界大戦中に大量のビザを発行し6,000人にのぼる避難民、多くのユダヤ人を救ったことで知られます。東洋のシンドラーと呼ばれることもあります。

続きを読む


小平奈緒
小平奈緒(こだいら なお)は、日本のスピードスケート選手。2018年、平昌オリンピックのスピードスケート女子500m金メダリスト・同1000m銀メダリスト。バンクーバー五輪女子チームパシュート銀メダリスト。

続きを読む


加山雄三
加山雄三(かやま ゆうぞう)は、日本の俳優、シンガーソングライター。ニックネームは若大将。映画「若大将シリーズ」で人気スターとなり、作曲した「君といつまでも」が350万枚を売る大ヒット。

続きを読む


川田龍吉
川田龍吉(かわだ りょうきち)は、日本の実業家。男爵。男爵いも(だんしゃくいも)は明治時代に川田龍吉がイギリスから持ち込み自営の農場に導入し普及を図ったものです。

続きを読む


松平容保
松平容保(まつだいら かたもり)は、江戸時代幕末の大名。会津藩の最後の藩主。京都守護職につき京都の治安を守る。大政奉還後に朝敵とされ会津戦争で敗北。蟄居後に日光東照宮の宮司に就任。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin062)

関連記事 (作家)

秋元康
秋元康(あきもと やすし)は、日本の作詞家、放送作家、漫画原作者。AKB48グループのほぼ全ての楽曲の作詞をし、番組の企画構成やドラマの脚本なども手掛けます。

続きを読む


菊池寛
菊池寛(きくち かん)は小説家であり、現在も続く文藝春秋社を創設した実業家です。芥川賞、直木賞の創設者です。

続きを読む


サン=テグジュペリ
サン=テグジュペリは、フランスの作家、操縦士。著書『星の王子さま』は自身で描いた素朴な挿絵も含め世界各国で長く愛読された作品。世界で1億5000万部を突破。

続きを読む


橋田壽賀子
橋田壽賀子(はしだ すがこ)は、脚本家、劇作家、タレントである。1964年『愛と死をみつめて』の脚本が話題となり、度重なる再放送の後に映画化されるなど、ヒット作となった。

続きを読む


大江健三郎
大江健三郎(おおえ けんざぶろう)は、日本の小説家であり、日本で2人目のノーベル文学賞の受賞者です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事