5,505 views

小説家「芥川龍之介」の人生を見てみる(占い鑑定)

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 芥川龍之介

記事公開日:2016年03月18日
最終更新日:2021年07月26日

芥川龍之介
出典:wikipedia.org

芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ)は、大正時代にかけて活躍した小説家です。

短編の小説が多く代表作に「羅生門」「蜘蛛の糸」「地獄変」「河童」などあります。
新人文学賞の「芥川賞」は親友の菊池寛が芥川から名からとって創設した賞で純文学の新人に与えられます。

このページでは、芥川龍之介(あくたがわ りゅうのすけ)の生年月日から求めた占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 走れメロス「太宰治」の人生を見てみる
→ 童話作家「宮沢賢治」の人生を見てみる
→ 文豪「夏目漱石」の人生を見てみる

芥川龍之介の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1892年3月1日
誕生日から算出したツォルキンバースディはKin52です。

芥川龍之介の誕生日占い(性格診断)の結果

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 黄色い太陽 音13

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ざっくりいうとKin52の芥川龍之介は、周りに影響力を大きく及ぼす人です。有能で器用な面もあります。人に対する奉仕を心がけるのが人生飛躍へのカギになります。

同じKin番号に作家の松本清張やアンパンマンの声の戸田恵子がいます。どちらも周りに大きな影響を周りに与えましたね。

広告

芥川龍之介の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京で牛乳製造販売業を営む新原敏三、フクの長男として生まれます。

幼少期

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1892.3.1~ 0 52 13 黄色い人 黄色い太陽
1902.3.1~ 10 62 10 白い風 赤い空歩く人
1904.3.1~ 12 12 12 黄色い人 赤い竜
1892年 母フクが精神に異常をきたす。そのため、母フクの実家・芥川家に引き取られる。
1902年 実母・フク死去。
1904年 芥川家の養子となる。

芥川家では伯母フキに養育される。
芥川家は代々徳川家に仕え「茶の湯」を担当した家で、家中に芸術・演芸を愛好し江戸の文人的趣味が残っていた。

ウェブスペルの色が赤色の時に芥川家で育ちました。

大学時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1913.3.1~ 21 177 8 赤い地球 白い犬
1914.3.1~ 22 22 9 白い風 白い魔法使い
1915.3.1~ 23 127 10 青い手 白い鏡
1916.3.1~ 24 232 11 黄色い人 白い風
1913年 東京帝国大学に入学。

1915年 級友・鈴木三重吉の紹介で夏目漱石門下に入る。
1915年 小説「羅生門」を雑誌「帝国文学」へ発表。東京帝国大学在学中の無名作家時代。

1916年 短編小説「鼻」を「新思潮」の創刊号で発表。
1916年 東京帝国大学を卒業。卒業後は海軍機関学校で教鞭。

「羅生門」「鼻」は芥川の初期作品として分類されます。人間の内面、特にエゴイズムを描き出したものが多いです。

ウェブスペルの色が白色のことでした。

中期作品

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1918.3.1~ 26 182 13 白い風 白い犬
1919.3.1~ 27 27 1 青い手 青い手
1920.3.1~ 28 132 2 黄色い人 青い猿
1921.3.1~ 29 237 3 赤い地球 青い鷲
1918年 短編小説「蜘蛛の糸」「地獄変」を発表
1919年 塚本文と結婚。大阪毎日新聞社に入社
1920年 長男が誕生
1921年 大阪毎日新聞社の海外視察員として中国に行く。

「地獄変」は芥川の中期作品として分類され、芸術至上主義的な面が全面に出た作品です。
海外視察旅行後から次第に心身衰え始め、神経衰弱、腸カタルなどを病む。

結婚したあたりからウェブスペルの色が青色に変わります。

闘病生活

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1922.3.1~ 30 82 4 白い風 青い嵐
1923.3.1~1 31 187 5 青い手 青い夜
1924.3.1~ 32 32 6 黄色い人 青い手
1925.3.1~ 33 137 7 赤い地球 青い猿
1922年 「トロッコ」出版。初の随筆集「点心」(金星堂)刊行。次男が誕生
1923年 心身衰え始め、神経衰弱、腸カタルなどを病んでいたため、神奈川県湯河原町へ湯治。
1925年 三男が誕生。文化学院文学部講師に就任

ウェブスペルの色が青色の半ばは闘病生活を送ります。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1926.3.1~ 34 242 8 白い風 青い鷲
1927.3.1~ 35 87 9 青い手 青い嵐
1927年 小説「河童(かっぱ)」「歯車」を発表。
1927年 田端の自室で服毒自殺。

「河童」「歯車」は芥川の後期作品として分類されます。自分のこれまでの人生を見直したり、生死に関する作品が多く見られます。

芥川龍之介のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色から人生をみてみると

赤色の時に芥川家で養育され養子となる。
白色の時に大学で学び、短編小説でデビューする。
青色の時に結婚、闘病生活、芥川の後期の作品を残し服毒自殺。

35年と短い人生でしたが13年ごとのウェブスペルの色で人生が変わっているのが確認できましたね。

芥川龍之介は師であり自分を見出してくれた夏目漱石を終生尊敬し続けました。
いくつかの作品で「先生」という敬称で登場し、遺作である「歯車」「或阿呆の一生」でも言及しています。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

生見愛瑠
生見愛瑠(ぬくみ める)は、日本のファッションモデル、タレント。愛称はめるる。小学6年の時に『ニコ☆プチ』のオーディションでグランプリを受賞しモデルとしてデビュー。その後2020ブレイクタレントランキングで4位にランクイン。

続きを読む


皆藤愛子
皆藤愛子(かいとう あいこ)は、日本の女性キャスター、タレント。早稲田大学に在学中より『めざましテレビ』で4代目お天気キャスターを担当。オリコンの「好きな女子アナ」「好きなお天気キャスター・気象予報士」でランクイン。

続きを読む


大橋悠依
大橋悠依(おおはし ゆい)は、日本の競泳選手。専門は個人メドレー。2020年東京オリンピック400m個人メドレーの金メダリストです。

続きを読む


新井恵理那
新井恵理那(あらい えりな)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。アメリカ生まれの帰国子女。2009年にミス青学のグランプリを受賞。大学卒業後はフリーアナウンサーとして活躍。活動の場を広げ2019年上半期にはTV番組出演本数ランキング女性部門で首位を獲得。

続きを読む


スザンヌ
福岡を中心にローカルタレントとして活動後に上京。クイズ番組 『クイズ!ヘキサゴンII』に出演し珍解答を連発。「おバカタレント」の代表格としてバラエティ番組への出演が急増。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin052)

浦上郁夫
浦上郁夫(うらかみ いくお)は実業家。ハウス食品2代目社長。子供にも食べられる甘いカレーのバーモントカレーを提案。爆発的なヒットを記録しハウス食品の礎を築いた。

続きを読む


戸田恵子
戸田恵子(とだ けいこ)は、女優、声優、ナレーター、歌手、タレント。声優として『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役として有名です。女優として三谷幸喜の作品に多く出演します。

続きを読む


生田斗真
生田斗真(いくた とうま)は、日本の俳優、タレント。妻は女優の清野菜名(せいの なな)。歌手業を主とするジャニーズ事務所に所属しながら俳優としての活動に重きをおくようになったため、“異色のジャニーズ”とも言われます。

続きを読む


篠田麻里子
篠田麻里子(しのだ まりこ)は、日本のモデル、タレント、元AKB48のメンバー。AKB48劇場内カフェ勤務から秋元康の打診を受けてAKBの正規メンバー入り。AKB48時代はお姉さんキャラとして知られた。

続きを読む


小松政夫
小松政夫(こまつ まさお)は、日本のコメディアン、タレント。植木等の付き人となり芸能界入り。伊東四朗との息の合った芸は1970年代を代表するギャグ。「電線音頭」「しらけ鳥音頭」「タコフン音頭」などがヒット。

続きを読む


関連記事 (作家)

室井佑月
室井佑月(むろい ゆづき)は、日本の小説家、随筆家、タレント。モデルなど様々な職に就いた後、小説新潮のコンテストに入選し文筆活動を開始。その後、テレビ番組やラジオ番組のコメンテーターとして数々の番組に出演。

続きを読む


向田邦子
向田邦子(むこうだ くにこ)は、テレビドラマ脚本家、エッセイスト、小説家。第83回直木賞を受賞。代表作に『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』など。取材旅行中に台湾の飛行機事故で死去。

続きを読む


林真理子
林真理子(はやし まりこ)は、日本の小説家、エッセイスト。コピーライターを経てエッセイストとしてデビュー。「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞を受賞。

続きを読む


ナポレオン・ヒル
ナポレオン・ヒルは、アメリカの作家。成功哲学の提唱者の一人で「思考は現実化する」の作者です。発売から約80年経ちますが、現在でも自己啓発本の原点のひとつとして高い人気を誇ります。

続きを読む


つかこうへい
つかこうへいは、日本の劇作家、演出家。代表作に戯曲『熱海殺人事件』と『蒲田行進曲』。舞台化を含め「つかブーム」を巻き起こしました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ