3,094 views

若大将・加山雄三の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 加山雄三

記事公開日:2018年02月19日
最終更新日:2021年12月23日

加山雄三
出典:wikimedia.org

加山雄三(かやま ゆうぞう)は、日本の俳優、シンガーソングライター。ニックネームは若大将。

映画「若大将シリーズ」で人気スターとなり、作曲した「君といつまでも」が350万枚を売る大ヒット。
そんな時にホテル経営に手を出し多額の借金を背負ってしまいます。

このページでは、加山雄三(かやま ゆうぞう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

加山雄三(かやま ゆうぞう)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1937年4月11日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin138です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 青い猿 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin123
絶対反対kin kin8

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin138の誕生日占いは、自分と人の世界の調和を重んじるタイプです。転機が新しいものを生み出す力。

広告

加山雄三(かやま ゆうぞう)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

横浜で生まれ茅ヶ崎育ちます。本名は池端 直亮(いけはた なおあき)。
両親とも俳優で、母方のひいひい爺さんは旧500円札で有名な岩倉具視です。
茅ヶ崎の中学を出て高校と大学は慶應義塾に進学し卒業します。

映画スター

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1960.4.11~ 23 213 5 赤い空歩く人 赤い月
1961.4.11~ 24 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
1962.4.11~ 25 163 7 青い夜 赤い地球
慶応大学を卒業後の1960年に東宝に入社し、映画デビュー。
1961年より1971年まで全17作「若大将シリーズ」で主演を行い人気スターとなった。
1962年より黒澤明監督『椿三十郎』『赤ひげ』に出演。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに東宝に入社し瞬く間に人気スターとなります。

君といつまでも

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.4.11~ 28 218 10 白い鏡 赤い月
1966.4.11~ 29 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1967.4.11~ 30 168 12 黄色い星 赤い地球
1965年に5thシングル「君といつまでも」が350万枚を売る大ヒット。作曲は加山自身だった。
1966年に「お嫁においで」(作曲:加山)もヒットし、曲を元に青春映画が作られた。
1966年より紅白歌合戦出場に出場。現在まで17回出場。
加山は日本におけるシンガーソングライターの草分け的存在であり、日本テレビ『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』のテーマソングなどの作曲を行った。

ウェブスペルの色が赤色の後半に「君といつまでも」「お嫁においで」がヒットしシンガーソングライターとしても有名になった。

不遇の時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.4.11~ 32 118 1 白い鏡 白い鏡
1970.4.11~ 33 223 2 青い夜 白い風
1971.4.11~ 34 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
俳優としてもシンガーソングライターとしても大成した加山雄三でしたが思わぬ人生の転落を味わいます。

1965年に女優の松本めぐみと結婚。
1965年に茅ヶ崎にパシフィックホテル茅ヶ崎を開業。父と加山雄三がオーナー。
1967年に運営会社「パシフィックジャパン」の取締役に就任
1970年に「パシフィックジャパン」が23億円の負債を抱え倒産。ホテルは18億円で売却され父と加山雄三は巨額な借金を抱えます。

結婚で人気が低迷、若大将シリーズも1971年に終了。映画への出演も減り、不遇の時代を迎えます。
加山雄三は営業周りなどをしギャラを借金の返済に回し10年で借金を完済します。
夫人と1つの卵を2人で分け合って食べていた時期があるほど生活は困窮していたそうです。この時期の経験が家族の絆を強めたと後年語っています。

ウェブスペルの色が白色の始めころにホテルが倒産し巨額な借金を抱えます。

転機

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.4.11~ 38 228 7 黄色い星 白い風
1976.4.11~ 39 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1977.4.11~ 40 178 9 白い鏡 白い犬
加山雄三は活動の場を1975年頃からテレビに移しバラエティやドラマに出演。
1976年にシングル「ぼくの妹に」が15.3万枚を売り、紅白歌合戦に出場。徐々に人気が出て息を吹き返します。
加えて、「理想の父親」と呼ばれるほど世間からの好感が高くなります。

ウェブスペルの色が白色の半ばより活動の場をテレビに映し息を吹き返します。

紅白歌合戦・白組司会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.4.11~ 49 83 5 青い夜 青い嵐
1987.4.11~ 50 188 6 黄色い星 青い夜
1988.4.11~ 51 33 7 赤い空歩く人 青い手
1986年から1988年まで『NHK紅白歌合戦』で白組司会を3年連続で務めます。
司会で1986年に少年隊の「仮面舞踏会」を紹介する際に誤って「仮面ライダー」と読んでしまいます。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『NHK紅白歌合戦』で白組司会を3年連続で務めます。

加山キャプテンコーストスキー場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.4.11~ 54 88 10 黄色い星 青い嵐
1992.4.11~ 55 193 11 赤い空歩く人 青い夜
1993.4.11~ 56 38 12 白い鏡 青い手
1991年に湯沢町で加山キャプテンコーストスキー場を開業。
こちらの経営はうまくいき2010年-2011年シーズンまで営業。2011年の東日本大震災を機に閉鎖します。

ウェブスペルの色が青色の後半にスキー場を開業。経営はうまくいきます。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.4.11~ 61 43 4 青い夜 黄色い太陽
2006.4.11~ 69 103 12 青い夜 黄色い人
2014.4.11~ 77 163 7 青い夜 赤い地球
1998年に「加山雄三ミュージアム」開館。
2006年にサザンオールスターズの桑田佳祐の呼びかけにより、『THE 夢人島 Fes.2006』に参加。桑田がバックバンドを務めた。
2014年から2015年に加山雄三最後の全国コンサートツアーを行います。
2014年に旭日小綬章を受章。桑田佳祐も紫綬褒章を受賞しお互いほめあったそうです。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに旭日小綬章を受章。

軽度の小脳出血

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.4.11~ 80 218 10 白い鏡 赤い月
2020.4.11~ 83 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
2021.4.11~ 84 118 1 白い鏡 白い鏡
80才の誕生日に桑田佳祐・原由子夫妻と山下達郎・竹内まりや夫妻が発起人になり誕生会を開催。
2020年8月に軽度の小脳出血を起こし緊急入院。11月に退院。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年に軽度の小脳出血を起こし緊急入院。その後退院。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.4.11~ 82 168 12 黄色い星 赤い地球
2020.4.11~ 83 13 13 赤い空歩く人 赤い竜
2021.4.11~ 84 118 1 白い鏡 白い鏡
加山雄三の現在は、ウェブスペルの色が白色の変わったタイミングに当たります。
84才の時はKin118。どんな状況でも自分を突き通すことが期待できる年です。変化に身を任せよう。

  • 音1は、迷いのない決断力のあり即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

変化に身を任せよう。頭の切り替えが大事。

加山雄三のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の半ばに東宝に入社し瞬く間に人気スターとなります。
赤色の後半に「君といつまでも」「お嫁においで」がヒットしシンガーソングライターとしても有名になった。
白色の始めころにホテルが倒産し巨額な借金を抱えます。
白色の半ばより活動の場をテレビに映し息を吹き返します。
青色の半ばに『NHK紅白歌合戦』で白組司会を3年連続で務めます。
青色の後半にスキー場を開業。経営はうまくいきます。
2度目の赤色の半ばに旭日小綬章を受章。
2度目の赤色の最後の年に軽度の小脳出血を起こし緊急入院。その後退院。

大のテレビゲーム好き。最新の家庭ゲーム機をもち暇さえあれば遊んでいるという。
芸名の加山雄三の由来は「加賀(百万石)・(富士)山・英雄・小林一三」から一文字ずつとったそうです。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

高見知佳
高見知佳(たかみ ちか)は、日本の女優、歌手、タレント。地元ののど自慢番組で勝ち抜きスカウトされアイドル歌手としてデビュー。『くちびるヌード』が最大のヒット曲となった。2022年に参院選に愛媛県選挙区から立候補しますが落選。

続きを読む


宮沢氷魚
宮沢氷魚(みやざわ ひお)は、日本の俳優、ファッションモデル、タレント。『MEN'S NON-NO』専属モデルオーディションでグランプリを獲得しモデルとして活動。その後、俳優としてもデビュー。父は元THE BOOMの宮沢和史。

続きを読む


三浦翔平
三浦翔平(みうら しょうへい)は、日本の俳優、ファッションモデル。妻はモデルの桐谷美玲。『ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で「フォトジェニック賞」と「理想の恋人賞」を受賞。ドラマ『ごくせん 第3シリーズ』に生徒役で出演し俳優デビュー。

続きを読む


ボンボン・マルコス
ボンボン・マルコスは、フィリピンの政治家。父は元フィリピン大統領のフェルディナンド・マルコス。母はイメルダ・マルコス。2022年のフィリピン大統領選挙に出馬し圧勝。フィリピン共和国第17代大統領に就任。

続きを読む


初代・引田天功
初代・引田天功(ひきた てんこう)は、日本のイリュージョニスト。水中や爆発などの極限状態からの脱出マジックを得意とし、「日本の脱出王」の異名を取ります。心臓疾患のため45才の若さで亡くなります。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin138)

郷ひろみ
郷ひろみ(ごう ひろみ)は、日本の歌手、俳優。西城秀樹、野口五郎と共に『新・御三家』と並び称される昭和を代表するスターの一人です。長く第一線での活躍を続け、母娘の親子2代でファンというケースもあるほど。

続きを読む


松平容保
松平容保(まつだいら かたもり)は、江戸時代幕末の大名。会津藩の最後の藩主。京都守護職につき京都の治安を守る。大政奉還後に朝敵とされ会津戦争で敗北。蟄居後に日光東照宮の宮司に就任。

続きを読む


生瀬勝久
生瀬勝久(なませ かつひさ)は日本の俳優、タレント、司会者。1980年代後半にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。その後、全国区のテレビドラマに本格的に進出。

続きを読む


正力松太郎
正力松太郎(しょうりき まつたろう)は、日本の内務官僚、実業家、政治家。元読売新聞社社主。読売新聞社の経営者として、新聞部数拡大に成功した、読売中興の祖です。

続きを読む


土方歳三
土方歳三は、幕末期に新選組の副長として京都の治安維持に努めました。倒幕後の戊辰戦争では旧幕軍側指揮官の一人として各地を転戦。戊辰戦争の最後の戦場になる箱館五稜郭防衛戦にて戦死しました。

続きを読む


関連記事 (俳優)

前田吟
前田吟(まえだ ぎん)は、日本の俳優。映画『男はつらいよ』、ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』で長く活躍。大河ドラマへの起用も多く、しぶとい悪役として好演。

続きを読む


反町隆史
反町隆史(そりまち たかし)は、日本の俳優。ドラマ『ビーチボーイズ』『GTO』など話題のドラマに立て続けに出演しブレイク。松嶋菜々子との結婚はビックカップル同士で話題となった。

続きを読む


高倉健
高倉健(たかくら けん)は日本の俳優、歌手。愛称は「健さん」。昭和を代表する俳優。任侠映画に出演し東映の看板スターになります。その後、高倉は独立し「幸せの黄色いハンカチ」などに主演し任侠映画から脱却。

続きを読む


濱田岳
濱田岳(はまだ がく)は、日本の俳優。テレビドラマ『釣りバカ日誌』の浜ちゃんや、au三太郎の金太郎などで知られます。

続きを読む


古谷一行
古谷一行(ふるや いっこう)は、日本の俳優。『横溝正史シリーズ』などで金田一耕助役を一貫して演じ、当たり役となった。また、土曜ワイド劇場の『混浴露天風呂連続殺人』シリーズで主役・左近太郎役を演じ再び当たり役となった。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ