142 views

落語家・桂文珍の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 桂文珍

桂文珍
出典:wikipedia.org 2015年

桂文珍(かつら ぶんちん)は、日本の落語家、タレント。

東西を代表する落語家の一人。古典から新作まで幅広くこなす人物。

このページでは、桂文珍の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

桂文珍の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1948年12月10日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin236です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 青い鷲 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin25
絶対反対kin kin106

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin236の誕生日占いは、自信過剰な反面、落胆しやすいタイプです。好き嫌いがはっきりしています。悩みの中にあっても希望を持って時を見る。

広告

桂文珍の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

兵庫県丹波篠山市出身。本名は西田勤(にしだ つとむ)。

大学時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.12.10~ 18 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1967.12.10~ 19 151 8 青い猿 黄色の種
大阪産業大学入学後にうめだ花月で初めて落語を聴き、大学に落語研究会を創設。
美憂亭さろん(びゆうてい)を名乗り、他の大学と交流。大学落語研究会の全国大会にも出場。
テレビにも出演します。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに大学に落語研究会を作り、大学落語研究会の全国大会にも出場。

入門

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.12.10~ 20 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1969.12.10~ 21 101 10 赤い竜 黄色い人
1970.12.10~ 22 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
テレビで共演した桂三枝より師である桂小文枝を紹介され1969年10月に入門。3番弟子となった。
桂三枝はこの時、すでに人気だったが小文枝の家に住み込み。独立するために弟弟子を探していた。桂文珍は入門後、兄弟子と異なり近所のアパートに住む「通い弟子」となった。

ウェブスペルの色が黄色の後半に桂小文枝に入門し3番弟子になります。

ヤングおー!おー!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.12.10~ 25 1 1 赤い竜 赤い竜
1974.12.10~ 26 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1975.12.10~ 27 211 3 青い猿 赤い月
1974年に毎日放送「ヤングおー!おー!」のユニット「ザ・パンダ」(月亭八方・きん枝・林家小染)に参加。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年より「ヤングおー!おー!」のユニット「ザ・パンダ」に参加。

上方お笑い大賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.12.10~ 33 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
1982.12.10~ 34 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
1983.12.10~ 35 11 11 青い猿 赤い竜
1981年に「上方お笑い大賞」金賞、1983年に「上方お笑い大賞」大賞を受賞。
1982年より毎年8月8日を「88文珍デー」と題して独演会を開催、演目を増やしていきます。

1982年より1984年に『笑っていいとも!』のコーナー「美少年コンテスト」にレギュラー参加。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に「上方お笑い大賞」金賞・大賞を受賞。

兄弟子の三枝と同様、司会者として軽快とMCがうけ、一時期は17本のレギュラーを持ち、小文枝一門の弟子では三枝についでテレビ出演が多くなります。

文化人

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.12.10~ 40 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
1989.12.10~ 41 121 4 赤い竜 白い鏡
1990.12.10~ 42 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1988年より関西大学の文学部非常勤講師を2003年まで務め、文化人としても認められます。
1991年より報道ワイド番組『ウェークアップ!』のMCを担当。

ウェブスペルの色が白色の前半に関西大学で非常勤講師を担当。
白色の半ばより報道ワイド番組『ウェークアップ!』のMCを担当。

落語家に専念

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.12.10~ 56 136 6 黄色い戦士 青い猿
2005.12.10~ 57 241 7 赤い竜 青い鷲
2006.12.10~ 58 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
2005年3月に報道ワイド番組『ウェークアップ!』が終了を機に、テレビのレギュラー出演をとりやめ、落語家に専念し若手の育成に励むことを表明。
近年は基本的に落語の高座を主体とした活動を続けています。

ウェブスペルの色が青色の半ばにテレビのレギュラー出演をとりやめ、落語家に専念し若手の育成に励むことを表明。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.12.10~ 71 151 8 青い猿 黄色の種
2020.12.10~ 72 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2021.12.10~ 73 101 10 赤い竜 黄色い人
桂文珍の現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
71才の時はKin151。律儀な年です。感銘を受けたことに律儀に対応すると道が開けます。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

勘を大切にすることで自然にまとまるようになる。

桂文珍のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに大学に落語研究会を作り、大学落語研究会の全国大会にも出場。
黄色の後半に桂小文枝に入門し3番弟子になります。
赤色の始めの年より「ヤングおー!おー!」のユニット「ザ・パンダ」に参加。
赤色の最後付近に「上方お笑い大賞」金賞・大賞を受賞。
白色の前半に関西大学で非常勤講師を担当。
白色の半ばより報道ワイド番組『ウェークアップ!』のMCを担当。
青色の半ばにテレビのレギュラー出演をとりやめ、落語家に専念し若手の育成に励むことを表明。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

八木亜希子
八木亜希子(やぎ あきこ)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。フジテレビ時代は様々なジャンルの番組をオールラウンドに担当。退社後はアナウンサー業はもとより、タレント、女優としても活動。

続きを読む


尾美としのり
尾美としのり(おみ としのり)は、日本の俳優。子役としてデビュー。『鬼平犯科帳』では同心の木村忠吾役でレギュラー出演。宮藤官九郎脚本作品に頻繁に出演していることでも有名。

続きを読む


小林聡美
小林聡美(こばやし さとみ)は、日本の女優、エッセイスト。映画『転校生』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『やっぱり猫が好き』に三女・きみえ役で出演し一躍人気者。元夫は映画監督の三谷幸喜。

続きを読む


小林幸子
小林幸子(こばやし さちこ)は、日本の歌手、女優、タレント、実業家。9才の時にスカウトされデビュー。しかし仕事が激減し低迷期を歩みます。その後『おもいで酒』で復活。紅白歌合戦では派手な衣装で話題。

続きを読む


田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin236)

小林幸子
小林幸子(こばやし さちこ)は、日本の歌手、女優、タレント、実業家。9才の時にスカウトされデビュー。しかし仕事が激減し低迷期を歩みます。その後『おもいで酒』で復活。紅白歌合戦では派手な衣装で話題。

続きを読む


中内功
中内功(なかうち いさお)は日本の実業家。ダイエーの創業者。戦後の日本におけるスーパーマーケットの黎明期から関わりダイエーを中心とした商業施設の普及拡大に大きく貢献しました。

続きを読む


ウォルトディズニーさんはアニメーター、世界的に有名な「ミッキーマウス」や「ディズニーランド」や「世界的企業のウォルト・ディズニー・カンパニー」の生みの親です。

続きを読む


関連記事 (タレント)

小島慶子
小島慶子(こじま けいこ)はタレント、エッセイスト、ラジオパーソナリティ。元TBSアナウンサー。近年はクイズ番組でも活躍しています。

続きを読む


松本人志
松本人志(まつもと ひとし)は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ・ダウンタウンのボケ担当。相方は浜田雅功。奥さんは元お天気キャスターの伊原凛。

続きを読む


三船美佳
三船美佳(みふね みか)は、日本のタレント、女優。俳優の三船敏郎の内縁の子として誕生。前夫の高橋ジョージとは24才の年の差婚として話題。第一子出産後はタレントとして情報番組で多く見られます。

続きを読む


関連記事 (落語家)

桂小枝
桂小枝(かつら こえだ)は日本の落語家、タレント、スタイリスト。25年間探偵ナイトスクープの探偵を務め、小ネタ集、パラダイス紹介などで人気を獲得。

続きを読む


笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴瓶(しょうふくてい つるべ)は落語家(6代目笑福亭松鶴門下)、タレント、俳優、歌手、司会者、ラジオパーソナリティ。『笑っていいとも!』や『鶴瓶の家族に乾杯』で誰もが知る存在となりました。

続きを読む


立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事