275 views

落語家・立川志らくの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 立川志らく

立川志らく
→ 画像検索はこちら

立川志らく(たてかわ しらく)は、日本の落語家、映画評論家。師匠は7代目立川談志。

『ひるおび!』のコメンテーターに抜擢されたことにより、2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。
朝の情報番組『ビビット』の終了後の2019年9月30日より「グッとラック!」のMCを勤めます。

このページでは立川志らく(たてかわ しらく)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

立川志らくの誕生日占い(性格診断)

生年月日:1963年8月16日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin135です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 青い猿 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin126
絶対反対kin kin5

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin135の誕生日占いは、直感が鋭く交渉能力の高いタイプです。責任ある立場に立つと本領発揮。

広告

立川志らくの個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都世田谷区出身。本名は新間一弘(しんま かずひろ)。
父親がギタリスト、母親が長唄という芸人の家庭で育ち、中学生の頃から落語と映画を好きになります。

入門

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.8.16~ 22 105 1 赤い蛇 赤い蛇
1986.8.16~ 23 210 2 白い犬 赤い月
1987.8.16~ 24 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
日本大学に進学し落語研究会に所属。
1985年、大学4年の時に同サークルのOB・高田文夫の紹介で7代目立川談志に入門。立川志らくを名乗ります。
その後、日本大学を中退。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に立川談志に入門。

真打昇進

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.8.16~ 24 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
1988.8.16~ 25 160 4 黄色い太陽 赤い地球
1995.8.16~ 32 115 11 青い鷲 赤い蛇
1988年3月に二つ目(前座と真打の間)に昇進。
1995年11月に真打昇進。

真打昇進までは古典落語に打ち込み、真打昇進後はシネマ落語(好きな映画をもとに舞台を江戸時代に変えて語る落語)などの分野を開拓。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に真打に昇進。

映画好き

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.8.16~ 33 220 12 黄色い太陽 赤い月
1997.8.16~ 34 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
1998.8.16~ 35 170 1 白い犬 白い犬
『キネマ旬報』に映画エッセイ「立川志らくのシネマ徒然草」の連載を持ち1996年と1999年に「キネマ旬報ベストテン」の読者賞を受賞。
1997年に『異常暮色』で映画監督デビュー。
1997年に初めての弟子となる「こしら」が入門。「こしら」は2012年に真打昇進。2015年にこしら」は弟子をとり、志らくの孫弟子が誕生。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年に映画監督としてもデビュー。

劇団下町ダニーローズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.8.16~ 39 70 5 白い犬 白い世界の橋渡し
2003.8.16~ 40 175 6 青い鷲 白い犬
2004.8.16~ 41 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
2003年より劇団下町ダニーローズを主宰し、舞台演出家・脚本家としても活動。

ウェブスペルの色が白色の半ばに劇団下町ダニーローズを主宰し、舞台演出家・脚本家としても活動。

独演会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.8.16~ 51 30 4 白い犬 青い手
2015.8.16~ 52 135 5 青い鷲 青い猿
2015年1月から独演会「立川志らく落語大全集」を開始。16年かけて203席を演じる予定

ウェブスペルの色が青色の前半より独演会「立川志らく落語大全集」を開始。

ブレイクタレント

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.8.16~ 53 240 6 黄色い太陽 青い鷲
2017.8.16~ 54 85 7 赤い蛇 青い嵐
2018.8.16~ 55 190 8 白い犬 青い夜
2019.8.16~ 56 35 9 青い鷲 青い手
『ひるおび!』のコメンテーターに抜擢されたことにより、2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。
『プレバト!!』では俳人の夏井いつきの評価により通算16人目の特待生となった。
朝の情報番組『ビビット』の終了後の2019年9月30日より「グッとラック!」のMCを担当。

ウェブスペルの色が青色の半ばに2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.8.16~ 56 35 9 青い鷲 青い手
2020.8.16~ 57 140 10 黄色い太陽 青い猿
2021.8.16~ 58 245 11 赤い蛇 青い鷲
立川志らくの現在は、ウェブスペルの色が青色の後半に当たります。
56才の時はKin35。人に見えないものを見通すことができる年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

着実に進もう。

立川志らくのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の始めの年に立川談志に入門。
赤色の最後付近に真打に昇進。
赤色の最後の年に映画監督としてデビュー。
白色の半ばに劇団下町ダニーローズを主宰し、舞台演出家・脚本家としても活動。
青色の前半より独演会「立川志らく落語大全集」を開始。
青色の半ばに2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。

立川志らくの門弟は立川流では師の立川談志を除けば一番の弟子の多さです。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

三浦友和
三浦友和(みうら ともかず)は、日本の俳優。妻は元歌手の山口百恵。山口百恵の相手役として映画初出演。次々にヒットとなりゴールデンコンビと騒がれます。その後、テレビドラマでも活躍。

続きを読む


佐藤弘道
佐藤弘道(さとう ひろみち)は、日本の体操インストラクター、司会者。『おかあさんといっしょ』の10代目たいそうのおにいさん。愛称は「ひろみちおにいさん」。

続きを読む


森末慎二
森末慎二(もりすえ しんじ)は、日本の元体操競技選手、タレント。1984年のロサンゼルス五輪では金銀銅の3つのメダルを獲得。引退後はテレビタレントとして活動。

続きを読む


舞の海秀平
舞の海秀平(まいのうみ しゅうへい)は元大相撲力士。最高位は東小結。現役時代は多彩な技で「平成の牛若丸」、「技のデパート」とも呼ばれファンを楽しませます。

続きを読む


笹野高史
笹野高史(ささの たかし)は、日本の俳優、タレント。コミカル、シリアス、真面目、堅物と、どのような役柄でも独特の味わいを見せる俳優。山田洋次監督作品の常連でもあり、時代劇には欠かせない存在。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin135)

榊原郁恵
榊原郁恵(さかきばら いくえ)は、日本の元アイドルで歌手、タレント。夫は俳優の渡辺徹。「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で優勝し芸能界入り。ドラマやCMや歌手として活躍します。

続きを読む


五代友厚
五代友厚さんは薩摩藩士、政治家、実業家。明治初期に大阪経済を立て直すために商工業の組織化を行い「近代大阪経済の父」とも言われます。

続きを読む


上地雄輔
上地雄輔(かみじ ゆうすけ)は、日本の俳優、歌手、タレント。『クイズ!ヘキサゴンII』で「おバカタレント」としてブレイク。遊助(ゆうすけ)名義でソロ歌手デビュー。

続きを読む


平尾昌晃
平尾昌晃(ひらお まさあき)は、日本の作曲家、歌手。ロカビリー歌手としてデビュー。その後、作曲家に転身。「瀬戸の花嫁」「よこはま・たそがれ」などのヒット曲を送り出します。2017年7月に死去。

続きを読む


ジルマ・ルセフ
ジルマ・ルセフは、ブラジルの政治家。ブラジル史上初めての女性大統領。2011年から2016年まで務めました。

続きを読む


関連記事 (タレント)

今田耕司
今田耕司(いまだ こうじ)は、日本のお笑いタレント、司会者。島田紳助が芸能界を自主引退した後、島田紳助の持っていた多くの番組を引き継ぎます。

続きを読む


せんだみつお
せんだみつおは、日本のタレント、コメディアン。1970年代にラジオ番組・テレビ番組の人気司会者。「ナハッナハッ」のギャグで有名。余興で行われる「せんだみつおゲーム」でも有名。

続きを読む


コサキン
コサキンは、小堺一機と関根勤によるコンビ。1981年にコンビを結成。欽ちゃんのどこまでやるの!?で全国的に知られるようになった。コサキンは小堺一機と関根勤が一緒に仕事をする時の通称だそうです。

続きを読む


桂小枝
桂小枝(かつら こえだ)は日本の落語家、タレント、スタイリスト。25年間探偵ナイトスクープの探偵を務め、小ネタ集、パラダイス紹介などで人気を獲得。

続きを読む


ガッツ石松
ガッツ石松(ガッツ いしまつ)は、日本の男性俳優、タレント。アジア人で初のWBC世界ライト級チャンピオン。タイトルを5度防衛。ボクシング引退後はタレント、俳優として活躍。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事