7,008 views

落語家・立川談志の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 立川談志

記事公開日:2017年07月29日
最終更新日:2023年10月23日

立川談志
出典:wikipedia.org

七代目 立川談志(たてかわ だんし)は落語家。落語立川流家元。「笑点」の初代司会者。

その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。
落語のみならず、講談、漫談をも得意とするなど、芸域の広さで知られた。

このページでは、七代目 立川談志(たてかわ だんし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

立川談志(たてかわ だんし)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1936年1月2日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin194です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い魔法使い 青い夜 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い種
互いに秘かれあう 神秘kin 青い手
以てるもの同士の類似kin 赤い蛇
鏡の向こうのもう一人の自分 kin67
絶対反対kin kin64

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

ひとことでいえばKin194の誕生日占いは、いつも回りのことを考えて行動するタイプです。自分のままに生きることが自分らしく生きること。

広告

立川談志(たてかわ だんし)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京で生まれます。
終戦後は結婚まで大田区・鵜の木に居住していた。

入門・真打昇進

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1952.1.2~ 16 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
1953.1.2~ 17 159 3 青い嵐 赤い地球
1962.1.2~ 26 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
1963.1.2~ 27 169 13 赤い月 赤い地球
1952年に16歳で「5代目柳家小さん」に入門。
1963年4月、立川談志を襲名し、真打に昇進。

ウェブスペルの色が赤色の始め頃に入門。赤色の最後の年に真打に昇進します。

『笑点』立ち上げ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.1.2~ 28 14 1 白い魔法使い 白い魔法使い
1965.1.2~ 29 119 2 青い嵐 白い鏡
1968.1.2~ 32 174 5 白い魔法使い 白い犬
1969.1.2~ 33 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1965年に笑点の放送開始。初代司会者を1969年まで務めます。『笑点』は談志が自ら企画して実現したものです。

ウェブスペルの色が白色の始め頃から白色の半ばまで笑点の初代司会者を務めます。

政治活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.1.2~ 33 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1970.1.2~ 34 124 7 黄色の種 白い鏡
1971.1.2~ 35 229 8 赤い月 白い風
1975.1.2~ 39 129 12 赤い月 白い鏡
1976.1.2~ 40 234 13 白い魔法使い 白い風
1969年に第32回衆議院議員総選挙に無所属で出馬。落選します。
1971年に第9回参議院議員通常選挙に全国区から無所属で出馬。当選します。当選後に自民党に入党。
1975年に沖縄開発庁政務次官に就任するがわずか36日で問題を起こし辞任。自民党から離党。

議員活動は参議院議員1期6年だけで終わった。

ウェブスペルの色が白色の後半に参議院議員になり1期6年議員活動を努めます。

落語立川流創設

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.1.2~ 42 184 2 黄色の種 青い夜
1983.1.2~ 47 189 7 赤い月 青い夜
1984.1.2~ 48 34 8 白い魔法使い 青い手
1995.1.2~ 59 149 6 赤い月 黄色の種
1997.1.2~ 61 99 8 青い嵐 黄色い人
1978年に当時、落語協会会長の「5代目柳家小さん」が行った真打大量昇進に反発し落語協会分裂騒動が起きる。
1983年に「5代目柳家小さん」と落語協会真打昇進を巡り対立。落語協会を脱会し落語立川流を創設して家元となる。

師匠の「5代目柳家小さん」とは口論になることが多かったが、基本的に関係は悪くなかった。落語立川流を設立したことにより建前上「破門」された。

1995年に新潟に田んぼを持ち、「談志の田んぼ」と称し田植えと稲刈りをほぼ毎年行った。

1997年、食道癌を外科手術により摘出。以降、亡くなるまでガンと戦うこととなる。

ウェブスペルの色が青色の半ばに落語協会を脱会し落語立川流を創設して家元となります。
黄色の半ばにガンの手術を受けます。

メディアに再登場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.1.2~ 68 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
2005.1.2~ 69 159 3 青い嵐 赤い地球
2006.1.2~ 70 4 4 黄色の種 赤い竜
2007.1.2~ 71 109 5 赤い月 赤い蛇
2008.1.2~ 72 214 6 白い魔法使い 赤い月
2004年に野末陳平とともに『談志・陳平の言いたい放だい』を開始。番組は2008年まで続いた。
2007年に爆笑問題の太田光とともに『立川談志・太田光 今夜はふたりで』に出演。番組は2008年まで続いた。

ウェブスペルの色が2度目の赤色の始め頃から赤色の半ばまでメディアに再登場します。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.1.2~ 72 214 6 白い魔法使い 赤い月
2009.1.2~ 73 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
2010.1.2~ 74 164 8 黄色の種 赤い地球
2011.1.2~ 75 9 9 赤い月 赤い竜
2008年に喉頭癌を発病。癌の発病箇所は声門であり、声帯摘出以外に完治の見込みはなかった。
2009年8月26日、長期休養を発表。
2011年11月21日に喉頭癌のために亡くなった。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに喉頭癌を発病し赤色の後半に亡くなりました。

立川談志(たてかわ だんし)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の始め頃に入門。赤色の最後の年に真打に昇進します。
白色の始め頃から白色の半ばまで笑点の初代司会者を務めます。
白色の後半に参議院議員になり1期6年議員活動を努めます。
青色の半ばに落語協会を脱会し落語立川流を創設して家元となります。
黄色の半ばにガンの手術を受けます。
2度目の赤色の始め頃から赤色の半ばまでメディアに再登場します。
2度目の赤色の半ばに喉頭癌を発病し赤色の後半に亡くなりました。

立川談志の墓石の側面には生前自ら考えた戒名「立川雲黒斎家元勝手居士(たてかわうんこくさいいえもとかってこじ)」が刻まれています。
この戒名が原因で受け入れてくれるお寺が見つからず納骨が行われたのは亡くなった翌年の2012年12月2日でした。
弟子に立川志の輔立川志らくなどがいます。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


宇良和輝
宇良和輝(うら かずき)は、日本の大相撲力士。珍しい決まり手を使うこともある技巧派力士。愛称は21世紀版技のデパート。幕内経験後に怪我の長期休場により西序二段106枚目まで降格。その後再入幕。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin194)

松岡茉優
松岡茉優(まつおか まゆ)は、日本の女優。『おはスタ』のおはガールに起用され本格デビューし知名度UP。卒業後は女優として活動。『あまちゃん』『真田丸』『コウノドリ』シリーズなど話題作に出演。

続きを読む


畑正憲
畑正憲(はた まさのり)は、日本の小説家、動物研究家。愛称は「ムツゴロウさん」。ノンフィクション作家として活動。北海道に移住。テレビで『ムツゴロウとゆかいな仲間たち』がシリーズ化され放送。「東京ムツゴロウ動物王国」を開園しますが集客が伸びず閉園。

続きを読む


和田明日香
和田明日香(わだ あすか)は、日本のタレント、モデル、食育インストラクター、美容料理研究家。義理の母の平野レミから影響で料理への興味を開花。食育インストラクターの資格を取得。

続きを読む


関連記事 (タレント)

陣内智則
陣内智則(じんない とものり)は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ・リミテッドで活動後ピン芸人に移行。『エンタの神様』に出演以降、東京での仕事が増えていった。元妻は藤原紀香。

続きを読む


石倉三郎
石倉三郎(いしくら さぶろう)は、日本の俳優、コメディアン、タレント。東映の大部屋俳優になり端役で出演を重ねます。演芸界へ転向。レオナルド熊とコント・レオナルドを結成。その後解散。俳優に復帰。並行しお笑いタレントして活動。『つむぐもの』で映画初主演。

続きを読む


藤原史織
藤原史織(ふじわら しおり)は、日本のタレント、元お笑い芸人。旧芸名はブルゾンちえみ。デビューしてまもなく「ブルゾンちえみ with B」でブレイク。新語・流行語大賞で「35億」がトップ10を受賞。その後所属事務所を辞め、本名の藤原史織で活動を再開。

続きを読む


関連記事 (落語家)

立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


春風亭昇太
春風亭昇太(しゅんぷうてい しょうた)は、日本の落語家、タレント、俳優。前座時代より『演芸ひろば』司会など、テレビに多数出演。桂歌丸の後継となる『笑点』の6代目司会者に抜擢。

続きを読む


桂宮治
桂宮治(かつら みやじ)は、日本の落語家。『笑点』の「大喜利」メンバー。前職は店頭で化粧品を売るトップセールスマン。会社を辞め桂伸治(3代目)に弟子入り。2021年2月に5人抜きで真打に昇進。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ