5,260 views

落語家・立川志らくの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 立川志らく

記事公開日:2019年10月21日
最終更新日:2024年03月15日

立川志らく
→ 画像検索はこちら

立川志らく(たてかわ しらく)は、日本の落語家、映画評論家。師匠は7代目立川談志。

『ひるおび!』のコメンテーターに抜擢されたことにより、2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。
朝の情報番組『ビビット』の終了後の2019年9月30日より「グッとラック!」のMCを終了する2021年3月まで担当。

このページでは、立川志らく(たてかわ しらく)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

立川志らく(たてかわ しらく)の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1963年8月16日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin135です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 青い猿 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin126
絶対反対kin kin5

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin135の誕生日占いは、直感が鋭く交渉能力の高いタイプです。責任ある立場に立つと本領発揮。

広告

立川志らく(たてかわ しらく)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都世田谷区出身。本名は新間一弘(しんま かずひろ)。
父親がギタリスト、母親が長唄という芸人の家庭で育ち、中学生の頃から落語と映画を好きになります。

入門

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.8.16~ 22 105 1 赤い蛇 赤い蛇
1986.8.16~ 23 210 2 白い犬 赤い月
1987.8.16~ 24 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
日本大学に進学し落語研究会に所属。
1985年、大学4年の時に同サークルのOB・高田文夫の紹介で7代目立川談志に入門。立川志らくを名乗ります。
その後、日本大学を中退。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に立川談志に入門。

真打昇進

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.8.16~ 24 55 3 青い鷲 赤い空歩く人
1988.8.16~ 25 160 4 黄色い太陽 赤い地球
1995.8.16~ 32 115 11 青い鷲 赤い蛇
1988年3月に二つ目(前座と真打の間)に昇進。
1995年11月に真打昇進。

真打昇進までは古典落語に打ち込み、真打昇進後はシネマ落語(好きな映画をもとに舞台を江戸時代に変えて語る落語)などの分野を開拓。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に真打に昇進。

映画好き

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.8.16~ 33 220 12 黄色い太陽 赤い月
1997.8.16~ 34 65 13 赤い蛇 赤い空歩く人
1998.8.16~ 35 170 1 白い犬 白い犬
『キネマ旬報』に映画エッセイ「立川志らくのシネマ徒然草」の連載を持ち1996年と1999年に「キネマ旬報ベストテン」の読者賞を受賞。
1997年に『異常暮色』で映画監督デビュー。
1997年に初めての弟子となる「こしら」が入門。「こしら」は2012年に真打昇進。2015年にこしら」は弟子をとり、志らくの孫弟子が誕生。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年に映画監督としてもデビュー。

劇団下町ダニーローズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.8.16~ 39 70 5 白い犬 白い世界の橋渡し
2003.8.16~ 40 175 6 青い鷲 白い犬
2004.8.16~ 41 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
2003年より劇団下町ダニーローズを主宰し、舞台演出家・脚本家としても活動。

ウェブスペルの色が白色の半ばに劇団下町ダニーローズを主宰し、舞台演出家・脚本家としても活動。

独演会

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2014.8.16~ 51 30 4 白い犬 青い手
2015.8.16~ 52 135 5 青い鷲 青い猿
2015年1月から独演会「立川志らく落語大全集」を開始。16年かけて203席を演じる予定。

ウェブスペルの色が青色の前半より独演会「立川志らく落語大全集」を開始。

ブレイクタレント

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.8.16~ 53 240 6 黄色い太陽 青い鷲
2017.8.16~ 54 85 7 赤い蛇 青い嵐
2018.8.16~ 55 190 8 白い犬 青い夜
2019.8.16~ 56 35 9 青い鷲 青い手
『ひるおび!』のコメンテーターに抜擢されたことにより、2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。
『プレバト!!』では俳人の夏井いつきの評価により通算16人目の特待生となった。
朝の情報番組『ビビット』の終了後の2019年9月30日より「グッとラック!」のMCを担当。

ウェブスペルの色が青色の半ばに2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.8.16~ 58 245 11 赤い蛇 青い鷲
2022.8.16~ 59 90 12 白い犬 青い嵐
2023.8.16~ 60 195 13 青い鷲 青い夜
立川志らくの現在は、ウェブスペルの色が青色の最後の年に当たります。
60才の時はKin195。内面的な幸せに満たされた年です。癒し系です。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。

自分のままに生きることが自分らしく生きること。

立川志らく(たてかわ しらく)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の始めの年に立川談志に入門。
赤色の最後付近に真打に昇進。
赤色の最後の年に映画監督としてデビュー。
白色の半ばに劇団下町ダニーローズを主宰し、舞台演出家・脚本家としても活動。
青色の前半より独演会「立川志らく落語大全集」を開始。
青色の半ばに2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。

立川志らくの門弟は立川流では師の立川談志を除けば一番の弟子の多さです。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

藤原美樹
藤原美樹(ふじわら みき)、日本の料理研究家。愛称は「みきママ」。著書を出版。テレビや雑誌でも活躍。YouTube「みきママChannel」は総再生回数1.1億回超え。実弟はNEWSの小山慶一郎。

続きを読む


池内万作
池内万作(いけうち まんさく)は、日本の俳優。父は伊丹十三、母は宮本信子。祖父は伊丹万作。大江健三郎は叔父。ロンドンで演技と作劇を学んだあと日本で俳優デビュー。『こちら本池上署』では刑事二課巡査部長役でレギュラー出演。

続きを読む


竹内海南江
竹内海南江(たけうち かなえ)は、日本のタレント・リポーター。「日立 世界・ふしぎ発見!」では30年余りにわたりミステリーハンターを担当。訪れた国は100を超える。

続きを読む


浜田幸一
浜田幸一(はまだ こういち)は、日本の政治家、タレント。「ハマコー」の愛称で知られ、「国会(政界)の暴れん坊」の異名を持ちます。衆議院議員を7期務めました。政界引退後はタレントとして活動。

続きを読む


竹島宏
竹島宏(たけしま ひろし)は、日本の演歌、ムード歌謡の歌手。作詞家の久仁京介よりスカウトされデビュー。北川大介、山内惠介とともにイケメン演歌歌手トリオ「イケメン3」を結成。26thのシングルは最高順位が初の10位以内となる5位を獲得。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin135)

五代友厚
五代友厚さんは薩摩藩士、政治家、実業家。明治初期に大阪経済を立て直すために商工業の組織化を行い「近代大阪経済の父」とも言われます。

続きを読む


ジルマ・ルセフ
ジルマ・ルセフは、ブラジルの政治家。ブラジル史上初めての女性大統領。2011年から2016年まで務めました。

続きを読む


六代目片岡愛之助
六代目 片岡愛之助(ろくだいめ かたおか あいのすけ)は、日本の歌舞伎役者。屋号は松嶋屋。妻は藤原紀香。歌舞伎とは関係ない家庭育ち。十三代目片岡仁左衛門に見出され歌舞伎役者になります。

続きを読む


関連記事 (タレント)

福地桃子
福地桃子(ふくち ももこ)は、日本の女優。父は哀川翔、母は青地公美。父とのドラマでの共演を機に哀川の次女であることを公表。本格的に芸能活動を開始。朝の連続テレビ小説『なつぞら』、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』に出演。

続きを読む


彦摩呂
彦摩呂(ひこまろ)は、日本のタレント、グルメリポーター。アイドルグループ幕末塾で活動した後、タレントに転身。「味の宝石箱や~」のグルメリポーターとして有名。

続きを読む


仲本工事
仲本工事(なかもと こうじ)は、日本のコメディアン、ミュージシャン。ザ・ドリフターズのメンバー。黒ぶちのメガネがトレードマーク。『8時だョ!全員集合』終了後は俳優としても活動。加藤茶、高木ブーと「こぶ茶バンド」のメンバー。

続きを読む


関連記事 (落語家)

立川志の輔
立川志の輔(たてかわ しのすけ)は、落語家、タレント。立川談志に入門。その後、テレビのレポーターに抜擢され一気に売れっ子になります。落語を続け平成を代表する落語家として君臨。

続きを読む


立川談志
立川談志(たてかわ だんし)は落語家。落語立川流家元。「笑点」の初代司会者。その荒唐無稽・破天荒ぶりから好き嫌いが大きく分かれる落語家の一人でもあった。

続きを読む


桂宮治
桂宮治(かつら みやじ)は、日本の落語家。『笑点』の「大喜利」メンバー。前職は店頭で化粧品を売るトップセールスマン。会社を辞め桂伸治(3代目)に弟子入り。2021年2月に5人抜きで真打に昇進。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ