1,364 views

西郷どん・鈴木亮平の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 鈴木亮平

記事公開日:2018年07月25日
最終更新日:2019年10月16日

鈴木亮平
→ 画像検索はこちら

鈴木亮平(すずき りょうへい)は、日本の俳優。ホリプロ所属。

2014年にNHK朝ドラ『花子とアン』のヒロインの夫・村岡英治役。
2018年の大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛を演じます。

このページでは鈴木亮平の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

鈴木亮平の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1983年3月29日生まれ

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin15です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 白い魔法使い 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い手
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin246
絶対反対kin kin145

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin15の誕生日占いは、チャレンジ精神旺盛なタイプです。チャレンジすると心が落ち着きます。自分自身が輝け、時を得て満足すること。

広告

鈴木亮平の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

兵庫県西宮市で生まれ育ちます。

阪神・淡路大震災

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.3.29~ 11 130 13 白い犬 白い鏡
1995.3.29~ 12 235 1 青い鷲 青い鷲
1996.3.29~ 13 80 2 黄色い太陽 青い嵐
小学6年生の時に児童会長を務めていた1995年1月17日の阪神・淡路大震災に遭遇。
父親と阪神電車に乗った際に車窓から見た神戸市内の悲惨な状況に衝撃を受け、父親から「この景色を覚えておきなさい」と言われたことが忘れられないと言う。
中学時代から俳優になりたいと思いはじめます。

ウェブスペルの色が青色の始めの年より俳優になろうと思いはじめます。

上京

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.3.29~ 19 190 8 白い犬 青い夜
2005.3.29~ 22 245 11 赤い蛇 青い鷲
高校を卒業し上京。2002年に東京外国語大学に入学。演劇サークルに入ります。
実用英語技能検定1級に合格、留学の経験もあります。2006年に大学を卒業。

ウェブスペルの色が青色の後半に上京し東京外国語大学に入ります。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.3.29~ 23 90 12 白い犬 青い嵐
2007.3.29~ 24 195 13 青い鷲 青い夜
2008.3.29~ 25 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
2006年に演技学校アクターズクリニックに所属。俳優の塩屋俊から演技を学びます。
同年、テレビドラマ『レガッタ 君といた永遠』で俳優デビュー。
2007年に映画『椿三十郎』で映画デビューします。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に俳優デビュー。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.3.29~ 28 95 4 青い鷲 黄色い人
2012.3.29~ 29 200 5 黄色い太陽 黄色い戦士
2013.3.29~ 30 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
2011年7月28日に一般女性との結婚を発表します。2011年11月に女の子に恵まれます。
2013年6月に師である塩屋俊が他界します。
2013年に映画『HK 変態仮面』の主人公・色丞狂介/変態仮面役を演じます。役を演じるために体重を一度15kg増量しそのあと脂肪を削ぎ落したそうです。

ウェブスペルの色が黄色の前半に結婚し一児に恵まれます。

西郷どん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.3.29~ 30 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
2014.3.29~ 31 150 7 白い犬 黄色の種
2015.3.29~ 32 255 8 青い鷲 黄色い星
2017.3.29~ 34 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
2018.3.29~ 35 50 11 白い犬 黄色い太陽
2014年上半期にNHK朝ドラ『花子とアン』のヒロインの夫・村岡英治役を演じます。
2015年に映画『俺物語!!』の主人公・剛田猛男役を演じます。役を演じるために30Kgの増量をしたそうです。
2018年に大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛を演じます。大河ドラマ初出演にして主演です。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにNHK朝ドラ『花子とアン』に出演します。
黄色の後半に大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛を演じます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.3.29~ 35 50 11 白い犬 黄色い太陽
2019.3.29~ 36 155 12 青い鷲 黄色の種
2020.3.29~ 37 260 13 黄色い太陽 黄色い星
鈴木亮平の現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後付近に当たります。
36才の時はKin155。心のままに生きると自然に願いが叶う年です。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 青い鷲は、勘が働き観察力にすぐれ、常にその先を意識できます。物事を常に客観的に見れます。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

血気さかんな時こそ、来るべき事態に備える。

鈴木亮平のまとめ

個人Kin年表のウェブスペルの色で分けてみると

青色の始めの年より俳優になろうと思いはじめます。
青色の後半に上京し東京外国語大学に入ります。
青色の最期付近に俳優デビュー。
黄色の前半に結婚し一児に恵まれます。
黄色の半ばにNHK朝ドラ『花子とアン』に出演します。
黄色の後半に大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛を演じます。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

佐藤B作
佐藤B作(さとう ビーさく)は、日本の俳優。劇団東京ヴォードヴィルショーを結成。その後、萩本欽一の「週刊欽曜日」にレギュラー出演。コントを繰り広げ、全国的な人気を得ます。

続きを読む


島津亜矢
島津亜矢(しまづ あや)は、日本の演歌歌手。作詞家の星野哲郎に弟子入り。その後、デビュー。演歌歌手ながら他分野も歌える歌唱力の高さからツイッターなどで絶賛されます。

続きを読む


中野美奈子
中野美奈子(なかの みなこ)は、日本のフリーアナウンサー。元フジテレビのアナウンサー。『めざましテレビ』『情報プレゼンター とくダネ!』などに出演。「ナカミー」の愛称で親しまれた。

続きを読む


八木亜希子
八木亜希子(やぎ あきこ)は、日本のフリーアナウンサー、タレント。フジテレビ時代は様々なジャンルの番組をオールラウンドに担当。退社後はアナウンサー業はもとより、タレント、女優としても活動。

続きを読む


尾美としのり
尾美としのり(おみ としのり)は、日本の俳優。子役としてデビュー。『鬼平犯科帳』では同心の木村忠吾役でレギュラー出演。宮藤官九郎脚本作品に頻繁に出演していることでも有名。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin015)

徳永英明
徳永英明(とくなが ひであき)は、日本のシンガーソングライター、俳優。代表曲に「夢を信じて」「壊れかけのRadio」「LOVE IS ALL」。2000年に入ってからカバーアルバムブームを巻き起こします。

続きを読む


ボビー・オロゴン
ボビー・オロゴンは、ナイジェリア出身のタレント、格闘家、実業家。『さんまのSUPERからくりTV』の街頭インタビューを受けスタッフに気にいられ同番組のレギュラーで出演。人気を得ます。

続きを読む


高木菜那
高木菜那(たかぎ なな)は、日本のスピードスケート選手。日本電産サンキョー所属。平昌オリンピックで、団体パシュート及びマススタートで金メダルに輝いた。

続きを読む


関連記事 (俳優)

田中邦衛
田中邦衛(たなか くにえ)は、俳優。『北の国から』シリーズで父親・黒板五郎役が全国的に知られることになる。現代劇・時代劇・コメディーを問わず、幅広いジャンルで映画・テレビドラマに数多く出演した。

続きを読む


田村正和
田村正和(たむら まさかず)は、日本の俳優です。1970年代はTV時代劇、1980年代はホームドラマ、1990年代は刑事ドラマ『古畑任三郎』と幅広い役柄で主演した人物です。

続きを読む


勝新太郎
勝新太郎(かつ しんたろう)は、日本の俳優・歌手。妻は中村玉緒。映画俳優として活躍後に「勝プロダクション」を設立し、劇場用映画やテレビ作品などの製作にも携わった。

続きを読む


浅野忠信
浅野忠信(あさの ただのぶ)は、日本の俳優、音楽家。俳優としてデビュー後に新鋭の映画監督の作品に出演し知名度を高めます。近年はドローイング(線画)の個展を開催。

続きを読む


大沢たかお
大沢たかお(おおさわ たかお)は、日本の俳優、ナレーター。モデルを経て俳優に転身。映画『ゲレンデがとけるほど恋したい。』ではスキーブームを牽引。ドラマ『JIN-仁-』で主演し高視聴率をマーク。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事