352 views

3人娘・雪村いづみの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 雪村いづみ

記事公開日:2019年07月14日
最終更新日:2019年11月03日

雪村いづみ
出典:wikipedia.org 1950年代のポートレート

雪村いづみ(ゆきむら いづみ)は、日本の歌手、女優、画家。

太平洋戦争後に美空ひばり,江利チエミとともに「3人娘」と呼ばれ大衆的に大人気を得た。

このページでは雪村いづみの生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

雪村いづみの誕生日占い

生年月日:1937年3月20日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin116です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 赤い蛇 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin145
絶対反対kin kin246

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin116の誕生日占いは、体験を大切にし前進するタイプです。チャレンジするテーマを見つけましょう。先が見えなくてもあせってはいけない。

広告

雪村いづみの個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京で生まれます。本名は朝比奈 知子(あさひな ともこ)。
父は熱心の音楽家。幼少期のいづみは戦時下においてもモダンな音楽に日常的に接して育ちます。

生活困窮

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1946.3.20~ 9 21 8 赤い竜 白い魔法使い
1951.3.20~ 14 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
1952.3.20~ 15 131 1 青い猿 青い猿
1946年に父が自殺。死後に母は映画製作会社「東興映画」を興こすが、1952年に倒産。生活が困窮。
いずみは高校に合格していたものの学費が払えず入学を断念。中学卒業まもなく歌手を志し活動を開始。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に生活が困窮。歌手を志して活動を開始。

三人娘

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1953.3.20~ 16 236 2 黄色い戦士 青い鷲
1954.3.20~ 17 81 3 赤い竜 青い嵐
1955.3.20~ 18 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1953年に『想い出のワルツ』でレコードデビュー。20万枚売る大ヒットを記録。
戦後最短でスターとなり「世紀に一人のシンデレラ」とも呼ばれた。その後もヒット曲を連発。
同年代の人気少女歌手である江利チエミ・美空ひばりと共に「三人娘」の一人として称されるようになった。
この三人娘を主演に1955年に映画『ジャンケン娘』は空前の大ヒットを記録。

ウェブスペルの色が青色の始めころにデビュー。瞬く間にスターとなり、三人娘の一人と称された。

芸名の雪村は、東宝社長の小林一三が常連だった築地の料亭「雪村」が由来だそうです。

女優業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1956.3.20~ 19 31 5 青い猿 青い手
1957.3.20~ 20 136 6 黄色い戦士 青い猿
1958.3.20~ 21 241 7 赤い竜 青い鷲
1956年より森繁久彌主演の映画『社長シリーズ』に出演。
1957年に映画『青い山脈』に出演。

重要な役どころを演じ女優としても高く評価されます。

ウェブスペルの色が青色の半ばに映画で重要な役どころを演じ女優としても高く評価されます。

電撃結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.3.20~ 22 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
1960.3.20~ 23 191 9 青い猿 青い夜
1961.3.20~ 24 36 10 黄色い戦士 青い手
1959年に初渡米。この年に母が借金8500万を作り、この返済に以後20年苦しむこととなった。
1960年に全米横断公演を全米12都市を1年に渡り行います。
1961年にアメリカで知り合った学生ジャック・セラーを日本へ連れ帰り電撃結婚。翌年に長女・朝比奈マリアが誕生。

ウェブスペルの色が青色の後半に電撃結婚。長女・朝比奈マリアが誕生。

渡米

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1966.3.20~ 29 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1967.3.20~ 30 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
1970.3.20~ 33 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1966年にジャック・セラーと離婚。この年に3度目の渡米。
1967年にアメリカでバリトンサックス奏者の原田忠幸と再婚したが後に離婚。
1970年に帰国。同年、『涙』で第1回東京国際歌謡音楽祭(世界歌謡祭)歌唱グランプリを受賞。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに離婚。翌年に再婚したが後に離婚。
黄色の半ばに『涙』で第1回東京国際歌謡音楽祭歌唱グランプリを受賞。

二科展

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.3.20~ 35 151 8 青い猿 黄色の種
1982.3.20~ 45 161 5 赤い竜 赤い地球
1983.3.20~ 46 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1970年代に劇団四季の飯野おさみとの同棲で話題を呼んだが破局。独身を貫いています。
1972年に『私は泣かない』で第1回東京音楽祭でグランプリを受賞。
1982年に二科展に入選。以後、連続18回入選し絵画を手がける芸能人の先駆けとなった。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに二科展に入選。以後、連続18回入選し絵画を手がける芸能人の先駆けとなった。

それからの活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1998.3.20~ 61 21 8 赤い竜 白い魔法使い
2004.3.20~ 67 131 1 青い猿 青い猿
2006.3.20~ 69 81 3 赤い竜 青い嵐
2007.3.20~ 70 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
1998年に紫綬褒章を受賞。
2004年にレコード大賞「功労賞」を受賞。
2006年に映画『そうかも知れない』で32年ぶりに映画に主演。
2007年に旭日小綬章を受章。

ウェブスペルの色が青色の前半に旭日小綬章を受章。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.3.20~ 82 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
2020.3.20~ 83 251 4 青い猿 黄色い星
2021.3.20~ 84 96 5 黄色い戦士 黄色い人
雪村いづみの現在は、ウェブスペルの色が黄色の始まり付近に当たります。
82才の時はKin146。チャンスをものにするのに優れている年です。

  • 音3は、性質の異なる人・物事を結びつける役割があります。立場や役割など視点や考え方が異なる物の行き違いを修正したり調整したりします。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

恵まれていない人を大切にすることで道が開かれる。

雪村いづみのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

青色の始めの年に生活が困窮。歌手を志して活動を開始。
青色の始めころにデビュー。瞬く間にスターとなり、三人娘の一人と称された。
青色の半ばに映画で重要な役どころを演じ女優としても高く評価されます。
青色の後半に電撃結婚。長女・朝比奈マリアが誕生。
黄色の始めころに離婚。翌年に再婚したが後に離婚。
黄色の半ばに『涙』で第1回東京国際歌謡音楽祭歌唱グランプリを受賞。
赤色の半ばに二科展に入選。以後、連続18回入選し絵画を手がける芸能人の先駆けとなった。
2度目の青色の前半に旭日小綬章を受章。

荒井由実の代表曲『ひこうき雲』は、元々は雪村いづみのために書き下ろされた曲です。諸般の事情で発売できず、荒井由実自身が歌唱し世に出ました。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

稲葉清右衛門
稲葉清右衛門(いなば せいえもん)は、日本の技術者、実業家。ファナックの経営者として一代で同社をNC装置、産業用ロボットのトップメーカーとして育て上げた人物。

続きを読む


坂村健
坂村健(さかむら けん)は、日本のコンピュータ科学者。自ら提唱したTRONプロジェクトのリーダー、またアーキテクトとして多種多様な仕様を策定。組み込み用OSとして広く使われています。

続きを読む


ジョン・バーディーン
ジョン・バーディーンは、アメリカの物理学者。1956年にトランジスターの開発、1972年に超伝導現象の理論的解明でノーベル物理学賞を2度受賞した人物。

続きを読む


ジャック・ニクラス
ジャック・ニクラスは、アメリカ出身のプロゴルファー。1960年代から1990年代にかけて活躍。日本では「帝王」と呼ばれ、史上最高のゴルファーとも称されます。

続きを読む


栗原はるみ
栗原はるみ(くりはら はるみ)は、日本の料理研究家、実業家。日本人で初めてグルマン世界料理本賞の受賞者。多くの料理本を発表する一方、料理番組でも活躍。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin116)

谷亮子
谷亮子は、元柔道選手、政治家。柔道選手としてはオリンピックで2度、世界選手権で7度金メダルを獲得。引退後、2010年の第22回参議院選挙で民主党の比例候補として当選し政界入りします。

続きを読む


関連記事 (女優)

安藤サクラ
安藤サクラ(あんどう サクラ)は、日本の女優。2018年10月より連続テレビ小説第99作『まんぷく』のヒロイン・福子役。また、出演した映画『万引き家族』がカンヌ国際映画祭で女優として高い評価を得ました。

続きを読む


大島優子
大島優子(おおしま ゆうこ)は、日本の女優。女性アイドルグループAKB48の元メンバー。AKB48時代にシングル「ヘビーローテーション」で初のセンターポジション。子役時代を含めると20年以上の芸歴。

続きを読む


川島なお美
川島なお美(かわしま なおみ)は、日本の女優、タレント、歌手。女子大生タレントの先駆け的存在。ヘアーヌード写真集が転機となり、ドラマ『失楽園』で女優として開花。その後、セレブ女優に方向転換。

続きを読む


関連記事 (歌手)

坂井泉水
坂井泉水(さかい いずみ)は、日本の女性歌手、作詞家。街頭スカウトされモデルとして活動後、ZARDのボーカリストとして快進撃を続けます。しかし病気で通院の日々が続き、事故で亡くなります。

続きを読む


ホイットニー・ヒューストン
ホイットニー・ヒューストンは、アメリカの歌手、女優。世界で最も売れている歌手の1人。累計セールスはアルバムが1億4,000万枚以上、シングルは5,000万枚以上。

続きを読む


藤井フミヤ
藤井フミヤ(ふじいフミヤ)は、日本のミュージシャン、俳優。元チェッカーズのリードボーカル。チェッカーズ解散後はソロとして活動。弟の藤井尚之と「F-BLOOD」を結成し活動。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事