2,335 views

「知の巨人」のニックネーム・立花隆の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 立花隆

記事公開日:2023年05月02日
最終更新日:2023年12月06日

立花隆
→ 画像検索はこちら

立花隆(たちばな たかし)は、日本のジャーナリスト、ノンフィクション作家、評論家。「知の巨人」のニックネームを持ちます。

田中角栄の金脈問題を暴き田中角栄首相退陣のきっかけを作り、ジャーナリストとして不動の地位を築きます。

このページでは、立花隆(たちばな たかし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

立花隆(たちばな たかし)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1940年5月28日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin240です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い太陽 青い鷲 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い犬
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い竜
以てるもの同士の類似kin 青い嵐
鏡の向こうのもう一人の自分 kin21
絶対反対kin kin110

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

ひとことでいえばKin240の誕生日占いは、観察力および洞察力に優れ、マイペースを貫くタイプです。動揺しがちなときは、立ち止まり様子をうかがう。

広告

立花隆(たちばな たかし)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

長崎県長崎市出身。本名は橘隆志(たちばな たかし)。
クリスチャンの家庭で育ちます。兄は朝日新聞社監査役を務めた橘弘道(たちばな ひろみち)。

文芸春秋

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1959.5.28~ 19 155 12 青い鷲 黄色の種
1964.5.28~ 24 160 4 黄色い太陽 赤い地球
1965.5.28~ 25 5 5 赤い蛇 赤い竜
1959年に東京大学文科二類へ入学。
1964年に東京大学文学部を卒業後に文藝春秋に入社。『週刊文春』に配属となった。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに東京大学を卒業し文藝春秋に入社。『週刊文春』に配属。

ルポライター

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1967.5.28~ 27 215 7 青い鷲 赤い月
1968.5.28~ 28 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
1969.5.28~ 29 165 9 赤い蛇 赤い地球
プロ野球の取材が嫌で文藝春秋を3年足らずで退社。1967年に東京大学文学部哲学科に学士入学。
1968年に東大紛争で学校が休学となりルポライターとして立花隆(たちばな たかし)のペンネームで活動を開始。
『文藝春秋』や『週刊文春』に作品を発表していきます。

ウェブスペルの色が赤色の後半よりルポライターとして活動を開始。

ガルガンチュア立花

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1970.5.28~ 30 10 10 白い犬 赤い竜
1971.5.28~ 31 115 11 青い鷲 赤い蛇
1972.5.28~ 32 220 12 黄色い太陽 赤い月
1970年に東京大学を中退。
1971年に友人数人と資金を出し合い新宿ゴールデン街にバー「ガルガンチュア立花」をオープン。
バーの経営のみならず自らバーテンダーとしてカウンターに立ちます。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に新宿ゴールデン街にバー「ガルガンチュア立花」をオープン。

田中金脈問題

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.5.28~ 34 170 1 白い犬 白い犬
1975.5.28~ 35 15 2 青い鷲 白い魔法使い
1976.5.28~ 36 120 3 黄色い太陽 白い鏡
1974年に月刊『文藝春秋』に「田中角栄研究~その金脈と人脈」を発表。
田中金脈問題として大きな反響を呼び田中角栄首相退陣のきっかけを作り、ジャーナリストとして不動の地位を築きます。

『朝日ジャーナル』での担当者は筑紫哲也。ロッキード事件の端緒となったチャーチ委員会の資料を立花に渡したのは筑紫でこの後公私ともに親交をもちます。
同年、講談社『月刊現代』に「中核VS革マル」を連載。1976年に『文藝春秋』に『日本共産党の研究』の連載。

ウェブスペルの色が白色の初めの年に「田中角栄研究~その金脈と人脈」を発表。ジャーナリストとして不動の地位を築きます。

耳をすませば

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.5.28~ 55 35 9 青い鷲 青い手
1996.5.28~ 56 140 10 黄色い太陽 青い猿
1999.5.28~ 59 195 13 青い鷲 青い夜
1995年にアニメ映画『耳をすませば』で主人公の父親役。同年、東京大学先端科学技術研究センター客員教授に就任。
1996年-1998年に東京大学教養学部で「立花ゼミ」を主催。
1999年ころに前妻が末期がんに侵され2000年に亡くなります。このころよりガンへの関心を深めます。

ウェブスペルの色が青色の後半にアニメ映画『耳をすませば』で主人公の父親役で声優。

特任教授

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.5.28~ 65 45 6 赤い蛇 黄色い太陽
2006.5.28~ 66 150 7 白い犬 黄色の種
2007.5.28~ 67 255 8 青い鷲 黄色い星
2005年に東京大学大学院総合文化研究科特任教授、2007年に東京大学大学院情報学環特任教授、立教大学大学院特任教授に就任。

ウェブスペルの色が黄色の半ばより東京大学大学院、立教大学大学院で特任教授。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.5.28~ 80 60 8 黄色い太陽 赤い空歩く人
2021年4月30日に急性冠症候群のため亡くなりました。

ウェブスペルの色が赤色の後半に亡くなりました。

立花隆(たちばな たかし)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばに東京大学を卒業し文藝春秋に入社。『週刊文春』に配属。
赤色の後半よりルポライターとして活動を開始。
赤色の最後付近に新宿ゴールデン街にバー「ガルガンチュア立花」をオープン。
白色の初めの年に「田中角栄研究~その金脈と人脈」を発表。ジャーナリストとして不動の地位を築きます。
青色の後半にアニメ映画『耳をすませば』で主人公の父親役で声優。
2度目の黄色の半ばより東京大学大学院、立教大学大学院で特任教授。
2度目の赤色の後半に亡くなりました。

宇宙飛行士の野口聡一は高校3年生のときに立花の著書『宇宙からの帰還』を読み、宇宙飛行士になる決心したそうです。2005年に2人の対談が実現。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

土井たか子
土井たか子(どい たかこ)は、日本の政治家。日本初の女性の衆議院議長、日本初の女性の政党党首。消費税導入およびリクルート事件を激しく追及。社会党は議席を大きく伸ばしマドンナ旋風と呼ばれます。

続きを読む


松島花
松島花(まつしまはな)は、日本のファッションモデル、女優。数々のファッション誌でトップモデルを務めます。CMや女優としても活躍。グリコ・アーモンド効果のCMに2019年より出演。

続きを読む


島崎俊郎
島崎俊郎(しまざき としろう)は、日本のお笑いタレント。元ヒップアップのリーダー。クレイジーキャッツの付き人を経てデビュー。バラエティ番組『オレたちひょうきん族』で「アダモちゃん」のキャラが大ヒット。数々のバラエティ番組に出演。

続きを読む


五輪真弓
五輪真弓(いつわ まゆみ)は、日本のシンガーソングライター。1972年に「少女」でデビュー。1980年に「恋人よ」が大ヒット。第22回日本レコード大賞金賞を受賞。2022年にデビュー50周年を迎えました。

続きを読む


河合奈保子
河合奈保子(かわい なおこ)は、日本の元アイドル歌手。西城秀樹の妹募集と銘打たれたオーディションで優勝しアイドル歌手としてデビュー。代表曲は『エスカレーション』『スマイル・フォー・ミー』。結婚、出産を機に芸能活動を停止。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin240)

植村直己
植村直己は、登山家、冒険家。世界初の五大陸最高峰登頂者であり、アマゾン河6,000km単独でいかだ下り。犬ぞりで北極点到達を単独行。世界の自然相手に大冒険を行った人物です。

続きを読む


東尾修
東尾修(ひがしお おさむ)は、日本の元プロ野球選手、監督、野球解説者。選手・監督時代は西武一筋。1970年代から1980年代に活躍した投手。1995年から2001年までは西武ライオンズの監督をつとめた。

続きを読む


森七菜
森七菜(もり なな)、日本の女優。大分県出身。スカウトを受け芸能界入り。劇場版アニメ『天気の子』のヒロイン・天野陽菜役。朝の連続テレビ小説『エール』でヒロインの妹役。

続きを読む


藤田まこと
藤田まこと(ふじた まこと)は、日本の俳優、コメディアン。『てなもんや三度笠』に出演し人気を得ます。必殺シリーズではぐれ刑事純情派などで俳優として定番となります。

続きを読む


山本小鉄
山本小鉄(やまもと こてつ)は、日本のプロレスラー。力道山の最後の弟子。新日本プロレス旗揚げに参加。現役引退後はレフェリーを勤める傍ら若手レスラーを育てあげます。「ワールドプロレスリング」ではレギュラー解説者として出演。

続きを読む


関連記事 (作家)

ヨシタケシンスケ
ヨシタケシンスケは、日本のイラストレーター、絵本作家。2013年に初のオリジナル絵本作品『りんごかもしれない』を刊行。以降、創作活動を続け2022年6月時点で出版した絵本の累計発行部数は約600万部に達し、10か国以上での翻訳出版。

続きを読む


三島由紀夫
三島由紀夫(みしま ゆきお)は日本の作家。戦後の日本文学界を代表する人物。ノーベル文学賞候補にあがるなど海外でも定評が高い。晩年は自衛隊市ヶ谷駐屯地に仲間4人と乗り込み割腹自殺した。

続きを読む


吉田正
吉田正(よしだ ただし)は、日本の作曲家。亡くなった後に国民栄誉賞を受賞。生涯作曲数は2400曲を超え、戦後の日本歌謡史を代表する作曲家の一人。また、多くの歌手を育て上げた人物。

続きを読む


ドクター・スース
ドクター・スースはアメリカの絵本作家、画家、詩人、漫画家。アメリカではサンタクロースにならぶキャラクターのグリンチの作者であり、ジムキャリー主演で映画化もされました。

続きを読む


アガサ・クリスティ
アガサ・クリスティはイギリス生まれの推理作家。発表された推理小説の多くは世界的なベストセラーとなり「ミステリーの女王」と呼ばれました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ