500 views

お笑いタレント・石田靖の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 石田靖

記事公開日:2021年11月19日
最終更新日:2022年07月03日

石田靖
→ 画像検索はこちら

石田靖(いしだ やすし)は、日本のお笑いタレント、喜劇俳優、コメンテーター。

京都産業大学在学中にオーディションに合格し吉本興業に入りデビュー。
『探偵!ナイトスクープ』の探偵役で出演し知名度UP。
東京新宿のルミネ新喜劇の座長となり本拠地を東京に移した。

このページでは、石田靖(いしだ やすし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

石田靖(いしだ やすし)の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1965年12月10日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin201です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 黄色い戦士 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin60
絶対反対kin kin71

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin201の誕生日占いは、自分の意見や主張は行動と体験の中で作られるタイプです。機運にのり、機運に従う。時に従う。

広告

石田靖(いしだ やすし)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

兵庫県伊丹市出身。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.12.10~ 21 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
1987.12.10~ 22 171 2 青い猿 白い犬
1988.12.10~ 23 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
京都産業大学に進学。大学時代はアマチュアレスリング部に所属。
大学在籍中の1987年にオーディションで吉本興業に入り「オ組」でデビュー。
同年、関西テレビの夕方の帯番組「素敵!KEI-SHU5」のレギュラーに抜擢。
1988年に「4時ですよーだ」のレギュラー。司会のダウンタウンが東京での仕事が増え、穴埋めとして今田耕司東野幸治と共に司会を務めることもあった。
1989年に吉本新喜劇に入団。

ウェブスペルの色が白色の始めの年にオーディションで吉本興業に入りデビュー。

探偵!ナイトスクープ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.12.10~ 26 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1995.12.10~ 30 231 10 青い猿 白い風
1996.12.10~ 31 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1991年に島田紳助監督の映画『風、スローダウン』に主役。
吉本新喜劇では島田珠代や山田花子を筆頭に先輩後輩問わず暴力的な仕切りツッコミでのしあがります。
1995年に吉本新喜劇のニューリーダーに就任。テレビの仕事が増え吉本新喜劇への出演が減ります。
同年より『探偵!ナイトスクープ』の探偵役で出演し知名度UP。

ウェブスペルの色が白色の後半に吉本新喜劇のニューリーダーに就任。『探偵!ナイトスクープ』の探偵役で出演し知名度UP。

東京に拠点を移す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.12.10~ 34 131 1 青い猿 青い猿
2000.12.10~ 35 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2001.12.10~ 36 81 3 赤い竜 青い嵐
1999年に吉本新喜劇の座長に就任。
2001年に東京の新宿にルミネtheよしもとがオープン。ルミネ新喜劇の座長となり本拠地も東京に移します。

ウェブスペルの色が青色の前半にルミネ新喜劇の座長となり本拠地を東京に移します。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.12.10~ 43 36 10 黄色い戦士 青い手
2009.12.10~ 44 141 11 赤い竜 青い猿
2010.12.10~ 45 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
2008年に伊丹市から伊丹市をPRする「伊丹大使」を委託。
2009年に16歳年下の一般女性と結婚。
2012年に長男、2013年に長女、2016年に次女に恵まれます。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に16歳年下の一般女性と結婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.12.10~ 55 256 9 黄色い戦士 黄色い星
2021.12.10~ 56 101 10 赤い竜 黄色い人
2022.12.10~ 57 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
石田靖(いしだ やすし)の現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
56才の時はKin256。タイミングを大事にし、チャンスが来たら大胆に行動する年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

自身が揺らぐときこそ、変化への動きを感じる。

石田靖(いしだ やすし)のまとめ

ウェブスペルの色を見てみると

白色の始めの年にオーディションで吉本興業に入りデビュー。
白色の後半に吉本新喜劇のニューリーダーに就任。『探偵!ナイトスクープ』の探偵役で出演し知名度UP。
青色の前半にルミネ新喜劇の座長となり本拠地を東京に移します。
青色の最期付近に16歳年下の一般女性と結婚。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

北村匠海
北村匠海(きたむら たくみ)は、日本の俳優、歌手、モデル。スカウトされ9才の時にCMデビュー。ダンスロックバンド・DISH//(ディッシュ)のリーダー兼メインボーカルとギターを担当。映画『君の膵臓をたべたい』で浜辺美波とW主演し数々の映画の新人賞を受賞。

続きを読む


工藤阿須加
工藤阿須加(くどう あすか)は、日本の俳優、タレント、キャスター。ドラマ『ルーズベルト・ゲーム』では約100名の中からオーディションを勝ち抜き、父と同じピッチャーを演じます。初の冠番組『工藤阿須加が行く 農業始めちゃいました』がスタート。

続きを読む


坂東彌十郎
坂東彌十郎(ばんどう やじゅうろう)は、日本の歌舞伎役者。屋号は大和屋。2001年に重要無形文化財(総合認定)に認定。俳優としても活動。大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では北条時政役で出演。

続きを読む


和田明日香
和田明日香(わだ あすか)は、日本のタレント、モデル、食育インストラクター、美容料理研究家。義理の母の平野レミから影響で料理への興味を開花。食育インストラクターの資格を取得。

続きを読む


美木良介
美木良介(みき りょうすけ)は、日本の俳優、歌手、フィットネスインストラクタータレント。持病の腰痛を治療するために独自にロングブレスダイエットを開発。DVD・書籍を刊行し各メディアで大きく取り上げられます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin201)

荻野吟子
荻野吟子(おぎの ぎんこ)は、近代日本における初の女性の医師。婦人科治療を受け羞恥に苦しむ女性を救いたいと女医になるのを志します。女性が医術開業試験の受験ができなかったがその後、受験が認められ合格し近代日本初の公許女医一号となった。

続きを読む


北大路欣也
北大路欣也の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。北大路欣也(きたおおじ きんや)は、日本の俳優。2世俳優。大河ドラマ『竜馬がゆく』で主演して以来多数出演。テレビドラマ・舞台で活躍。存在感のある演技力に定評があります。

続きを読む


渥美清
渥美清は、コメディアン、俳優。山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズにおいて、主演の車寅次郎役を27年間48作に渡って演じた。亡くなった後に国民栄誉賞を授与された。

続きを読む


川合俊一
川合俊一(かわい しゅんいち)は、日本のタレント。バレーボール選手として日本男子バレーボール界をリード。引退後はプロビーチバレー選手に転身。ビーチバレーの楽しさを伝えようとタレントとして活動。

続きを読む


松山ケンイチ
松山ケンイチ(まつやま ケンイチ)は、日本の俳優。妻は女優の小雪。個性的な役柄を演じることが多く日本のジョニーディップと評される人物。2012年の大河ドラマ『平清盛』で主演。

続きを読む


関連記事 (タレント)

立川志らく
立川志らく(たてかわ しらく)は、日本の落語家、映画評論家。師匠は7代目立川談志。『ひるおび!』のコメンテーターに抜擢、2017年上半期のブレイクタレント部門1位にランクイン。

続きを読む


又吉直樹
又吉直樹(またよし なおき)は、日本のお笑いタレント、小説家、俳優。お笑いコンビ・線香花火で活動、解散後にお笑いコンビ・ピースのボケ担当。2015年に小説『火花』で芥川賞を受賞。

続きを読む


林輝幸
林輝幸(はやし てるゆき)は、日本のクイズプレイヤー、タレント。東京大学在学中にクイズ研究会に所属。『東大王』に伊沢拓司の後任で出演。タレントとしても活動を開始。『東大王』を卒業後にクイズ制作集団・Q星群の代表に就任。

続きを読む


戸田恵子
戸田恵子(とだ けいこ)は、女優、声優、ナレーター、歌手、タレント。声優として『それいけ!アンパンマン』のアンパンマン役として有名です。女優として三谷幸喜の作品に多く出演します。

続きを読む


渡辺直美
渡辺直美(わたなべ なおみ)は、日本の女性歌手、ピン芸人、お笑いタレント、女優。デビュー当初、ビヨンセのダンスのモノマネで「和製ビヨンセ」と呼ばれていました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ