4,885 views

べっぴんさん・芳根京子の誕生日占いと人生

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 芳根京子

記事公開日:2019年05月23日
最終更新日:2024年02月04日

芳根京子
出典:wikipedia.org 2016年神戸まつりにて

芳根京子(よしね きょうこ)は、日本の女優。

朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演。2018年に日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

このページでは、芳根京子(よしね きょうこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ べっぴんさん「坂野惇子」の誕生日占いと人生鑑定

芳根京子(よしね きょうこ)の誕生日占い

生年月日:1997年2月28日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin156です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 黄色い種 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin105
絶対反対kin kin26

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin156の誕生日占いは、自分から積極的にいくことができるタイプです。血気さかんな時こそ、来るべき事態に備える。

広告

芳根京子(よしね きょうこ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都で生まれます。

芸能界入り

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.2.28~ 13 221 13 赤い竜 赤い月
2011.2.28~ 14 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
2012.2.28~ 15 171 2 青い猿 白い犬
中学2年生の時にギラン・バレー症候群を発症。1年ほど学校に通うことにも難儀したがその後克服。
都立高校1年の時にスカウトされ芸能界入り。その後、通信制高校に転向。

ウェブスペルの色が赤色の最後の年にギラン・バレー症候群を発症するが克服。
白色の始めころにスカウトされ芸能界入り。

女優デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.2.28~ 16 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
2014.2.28~ 17 121 4 赤い竜 白い鏡
2015.2.28~ 18 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
2013年に篠原涼子主演のドラマ『ラスト シンデレラ』に出演し女優デビュー。
2014年に映画『物置のピアノ』で映画初出演にして初主演。
同年、朝の連続テレビ小説『花子とアン』に出演。仲間由紀恵演じる蓮子の娘役を演じた。

2015年にオーディションで1000人以上の中から選ばれドラマ『表参道高校合唱部!』で連続ドラマ初主演。

ウェブスペルの色が白色の前半に女優デビュー。

べっぴんさん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.2.28~ 19 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
2017.2.28~ 20 176 7 黄色い戦士 白い犬
2018.2.28~ 21 21 8 赤い竜 白い魔法使い
2016年にオーディションで2261人の中から選ばれ朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演。
2018年に月9ドラマ『海月姫』で主演。
同年、土屋太鳳とダブル主演の映画『累 -かさね-』と映画『散り椿』で日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞。

ウェブスペルの色が白色の半ばに朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2023.2.28~ 26 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2024.2.28~ 27 131 1 青い猿 青い猿
2025.2.28~ 28 236 2 黄色い戦士 青い鷲
芳根京子の現在は、ウェブスペルの色が青色の変わったタイミングに当たります。
27才の時はKin131。多芸多才なのに自分を認めれない年です。

  • 音1は、迷いのない決断力のあり即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

芳根京子(よしね きょうこ)のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

赤色の最後の年にギラン・バレー症候群を発症するが克服。
白色の始めころにスカウトされ芸能界入り。
白色の前半に女優デビュー。
白色の半ばに朝の連続テレビ小説『べっぴんさん』で主演。

女優業界ではオーディションの合格を次々に勝ち取る実力者です。

参考文献

芳根京子(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

土井たか子
土井たか子(どい たかこ)は、日本の政治家。日本初の女性の衆議院議長、日本初の女性の政党党首。消費税導入およびリクルート事件を激しく追及。社会党は議席を大きく伸ばしマドンナ旋風と呼ばれます。

続きを読む


松島花
松島花(まつしまはな)は、日本のファッションモデル、女優。数々のファッション誌でトップモデルを務めます。CMや女優としても活躍。グリコ・アーモンド効果のCMに2019年より出演。

続きを読む


島崎俊郎
島崎俊郎(しまざき としろう)は、日本のお笑いタレント。元ヒップアップのリーダー。クレイジーキャッツの付き人を経てデビュー。バラエティ番組『オレたちひょうきん族』で「アダモちゃん」のキャラが大ヒット。数々のバラエティ番組に出演。

続きを読む


五輪真弓
五輪真弓(いつわ まゆみ)は、日本のシンガーソングライター。1972年に「少女」でデビュー。1980年に「恋人よ」が大ヒット。第22回日本レコード大賞金賞を受賞。2022年にデビュー50周年を迎えました。

続きを読む


河合奈保子
河合奈保子(かわい なおこ)は、日本の元アイドル歌手。西城秀樹の妹募集と銘打たれたオーディションで優勝しアイドル歌手としてデビュー。代表曲は『エスカレーション』『スマイル・フォー・ミー』。結婚、出産を機に芸能活動を停止。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin156)

とにかく明るい安村
とにかく明るい安村(とにかくあかるいやすむら)は、日本のお笑いタレント。元アームストロングのメンバー。「安心してください、はいてますよ」でブレイク。ユーキャン新語・流行語大賞のトップ10受賞。しかし不倫報道で一転。

続きを読む


坂本冬美
坂本冬美(さかもと ふゆみ)は、日本の演歌歌手、女優。代表曲は「あばれ太鼓」「祝い酒」「夜桜お七」など。ドラマでも活躍。紅白歌合戦に30回以上出場している常連です。

続きを読む


宮沢氷魚
宮沢氷魚(みやざわ ひお)は、日本の俳優、ファッションモデル、タレント。『MEN'S NON-NO』専属モデルオーディションでグランプリを獲得しモデルとして活動。その後、俳優としてもデビュー。父は元THE BOOMの宮沢和史。

続きを読む


林原めぐみ
林原めぐみ(はやしばら めぐみ)は、日本の女性声優、歌手、ナレーター。『らんま1/2』の女らんまを担当して以来主役級のキャラクターを数多く演じます。第3次声優ブームの源流かつ最も代表的な人物。

続きを読む


安美佳(アン-ミカ)
安美佳(アン ミカ)は、韓国出身大阪育ちのファッションモデル。1993年にパリコレに参加。以降はモデル業以外にテレビ・ラジオ出演、エッセイ執筆や講演など様々な方面で活躍。

続きを読む


関連記事 (女優)

壇蜜
壇蜜(だん みつ)は日本のタレント、女優、グラビアモデル。様々な経歴の後にグラビアとしてデビュー。妖艶な雰囲気で注目され、映画、テレビに多数出演。

続きを読む


酒井若菜
酒井若菜(さかい わかな)は、日本の女優、作家、元グラビアアイドル。デビュー当初は主にグラビアアイドルとして活動。その後、女優業をメインに活動。体調不良で約1年間芸能活動を休業、復帰後は女優業は低迷。文筆活動に力を入れ作家としてもデビュー。

続きを読む


橋本愛
橋本愛(はしもと あい)は、日本の女優、元ファッションモデル。「HUAHUAオーデション」でグランプリを受賞し芸能界デビュー。朝の連続テレビ小説『あまちゃん』にヒロインの親友・足立ユイ役で出演。

続きを読む


市村正親と篠原涼子
市村正親と篠原涼子は2005年8月に結婚した夫婦です。24歳の年の差カップルで話題となりました。2人は、2001年の舞台『ハムレット』の共演をきっかけに交際を開始します。2021年7月に離婚。

続きを読む


中嶋朋子
中嶋朋子(なかじま ともこ)は、日本の女優、ナレーター、エッセイスト。『北の国から』で黒板蛍役。兄役の吉岡秀隆とともに人気を博します。20才を機にセクシー路線に転向した時期もありました。40才になり重厚な語り口の朗読活動にシフト。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ