4,944 views

コメディアン・ミヤコ蝶々の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → ミヤコ蝶々

記事公開日:2019年06月25日
最終更新日:2023年07月17日

ミヤコ蝶々
出典:wikipedia.org 朝日放送『ABC』(1956)より

ミヤコ蝶々(ミヤコ ちょうちょう)は、日本の女優、漫才師。

戦後、上方漫才・喜劇界をリードした関西を代表するコメディアン。

このページでは、ミヤコ蝶々(ミヤコ ちょうちょう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

ミヤコ蝶々(ミヤコ ちょうちょう)の誕生日占い

生年月日:1920年7月6日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin259です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 黄色い星 音12
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い猿
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin2
絶対反対kin kin129

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音12」は、人当りのよい雰囲気を持っていますので、人から相談されたり、頼られたり、話を聞いてくれそうな雰囲気のため、自然と人が寄ってきます。組織や集団の中で「相談役」になることが多い人です。 解決をしていく上でキーパーソンになり、問題解決能力に長けています。好き嫌いが激しく、さみしがり屋さんで依存心・依託心を持つ一面があります。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin259の誕生日占いは、どんな変化も受け入れる事ができ、受け入れることにより大きな飛躍をするタイプです。先を争わず控えめに。道は開かれる。

広告

ミヤコ蝶々(ミヤコ ちょうちょう)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京の日本橋生まれ。本名は日向鈴子(ひゅうが すずこ)。
生まれてすぐに両親は離婚。父に引き取られ、4才の時に神戸に移り住みます。

初舞台

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1927.7.6~ 7 214 6 白い魔法使い 赤い月
1928.7.6~ 8 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
1929.7.6~ 9 164 8 黄色の種 赤い地球
1927年に父の思い付きで芝居一座を結成。ミヤコ蝶々を座長にすえます。九州の炭坑町で初舞台を踏みます。
その後、(漫才、喜劇、女剣舞、バレエ、三味線など)を身に付けます。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに父の芝居一座で初舞台を踏みます。

吉本興業

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1942.7.6~ 22 229 8 赤い月 白い風
1943.7.6~ 23 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
1944.7.6~ 24 179 10 青い嵐 白い犬
1942年に吉本興業に招かれ芝居一座を解散。漫才師の三遊亭柳枝と結婚。三遊亭柳枝は当時の吉本興業の看板漫才師。

ウェブスペルの色が白色の後半に吉本興業に入ります。三遊亭柳枝と結婚。

ヒロポン中毒

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1947.7.6~ 27 234 13 白い魔法使い 白い風
1948.7.6~ 28 79 1 青い嵐 青い嵐
1949.7.6~ 29 184 2 黄色の種 青い夜
終戦後に柳枝劇団を立ち上げるが夫の不倫が原因で1947年に離婚。同年、自分の弟子・南都雄二と再婚。
1948年に夫婦漫才コンビを結成。1949年にラジオ番組に出始めたが当時芸能界に蔓延していたヒロポン(覚醒剤の一種)に手を出し強い依存症となり入院し克服。

ウェブスペルの色が白色の最後の年に離婚。南都雄二と再婚。
青色の始めころにヒロポン中毒に陥り入院し克服。

夫婦善哉

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1952.7.6~ 32 239 5 青い嵐 青い鷲
1954.7.6~ 34 189 7 赤い月 青い夜
1955.7.6~ 35 34 8 白い魔法使い 青い手
1952年に大阪・道頓堀の中座を拠点に活躍。
ラジオ草創期だった1954年に『漫才学校』、1955年に『夫婦善哉』の司会を担当。知名度を高めます。
特に『夫婦善哉』はラジオからテレビへと20年にわたる長寿番組となった。

ウェブスペルの色が青色の半ばよりラジオ『漫才学校』『夫婦善哉』の司会を担当。知名度を高めます。

離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1958.7.6~ 38 89 11 赤い月 青い嵐
1959.7.6~ 39 194 12 白い魔法使い 青い夜
南都雄二と「おしどり夫婦」と思われていましたが内情は違い浮気が原因で1958年に離婚。
離婚後に公にせずに夫婦コンビとして『夫婦善哉』の司会を続けます。
後に週刊誌などで取り上げられていき、『夫婦善哉』番組内で公表。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に南都雄二と離婚。

南都雄二の死

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1973.7.6~ 53 104 13 黄色の種 黄色い人
1974.7.6~ 54 209 1 赤い月 赤い月
1975.7.6~ 55 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
離婚した後も南都雄二と公私共に付き合いは続き、1972年に雄二が糖尿病を悪化させ入院。1973年に亡くなるまで面倒を見たのは蝶々だった。
『夫婦善哉』は雄二が亡くなったあと1人で続け、1975年に20年の幕を下ろした。
1974年に大阪道頓堀・中座で1ヶ月公演を実施、脚本・主演・演出の3役をこなした。その後、25年に渡り定期公演。舞台女優として大きく羽ばたいた。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に南都雄二が糖尿病で死去。南部の最後まで面倒を見た。
赤色の始めの年より舞台女優として大きく羽ばたきます。

それからの活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.7.6~ 59 214 6 白い魔法使い 赤い月
1984.7.6~ 64 219 11 青い嵐 赤い月
1993.7.6~ 73 124 7 黄色の種 白い鏡
1979年より『2時のワイドショー』で木曜レギュラーとして辛口コメントなどで健在ぶりを発揮。
1984年に紫綬褒章を受章。
1993年に勲四等宝冠章を受章。

ウェブスペルの色が赤色の半ばより『2時のワイドショー』で木曜レギュラーで活躍。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.7.6~ 79 234 13 白い魔法使い 白い風
2000.7.6~ 80 79 1 青い嵐 青い嵐
1999年に大阪道頓堀・中座が閉館。特別ゲストとして登場。中座の閉館を惜しんだ。
2000年3月にテレビ出演したのが公式の場での最後の出演。
2000年10月12日に慢性腎不全で亡くなりました。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に亡くなりました。

ミヤコ蝶々(ミヤコ ちょうちょう)のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

赤色の半ばに父の芝居一座で初舞台を踏みます。
白色の後半に吉本興業に入ります。三遊亭柳枝と結婚。
白色の最後の年に離婚。南都雄二と再婚。
青色の始めころにヒロポン中毒に陥り入院し克服。
青色の半ばよりラジオ『漫才学校』『夫婦善哉』の司会を担当。知名度を高めます。
青色の最期付近に南都雄二と離婚。
黄色の最後の年に南都雄二が糖尿病で死去。最後まで面倒を見た。
2度目の赤色の始めの年より舞台女優として大きく羽ばたきます。
2度目の赤色の半ばより『2時のワイドショー』で木曜レギュラーで活躍。
2度目の青色の始めの年に亡くなりました。

2008年にミヤコ蝶々記念館がオープン。しかし2018年に閉館。
生前、上沼恵美子のことを高く評価していた。

参考文献

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

柏原芳恵
柏原芳恵(かしわばら よしえ)は、日本の歌手、女優。『スター誕生!』でグランドチャンピオンを獲得しデビュー。7枚目のシングル「ハロー・グッバイ」は彼女をトップアイドルへと押し上げた。代表曲に「春なのに」「最愛」など。

続きを読む


岩崎良美
岩崎良美(いわさき よしみ)は、日本の歌手、女優。歌手の岩崎宏美は実姉。「タッチ」は自身最大のヒット曲。『日本レコード大賞』金賞など多数の賞を受賞。女優として舞台やドラマでも活動。

続きを読む


山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


岩崎宏美
岩崎宏美(いわさき ひろみ)は、日本の歌手。『スター誕生!』で最優秀賞に輝きデビュー。『ロマンス』『聖母たちのララバイ』は売上80万枚を超える大ヒット。さだまさしを「生き神様」と敬うほどのファン。

続きを読む


楠見薫
楠見薫(くすみ かおる)は、日本の女優。劇団・遊気舎の看板女優として活動。退団後はテレビ番組・映画など幅広く活躍。朝ドラには『ブギウギ』で10作品に出演。「隠れ朝ドラ女王」の1人とされます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin259)

サンシャイン池崎
サンシャイン池崎(サンシャインいけざき)は、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ『ソニックブラザーズ』解散後、ピン芸人として活動。「イエ~!」「ジャスティス!」など絶叫しテンション高めに様々な体を張ったギャグを連発。

続きを読む


大原麗子
大原麗子(おおはら れいこ)は日本の女優。大河ドラマ『春日局』で主演。大河ドラマ歴代3位となる平均視聴率32.4%を記録。サントリーのCM「すこし愛して なが~く愛して」のセリフは流行語となった。

続きを読む


宮澤エマ
宮澤エマ(みやざわ エマ)は、日本のタレント、女優。母方の祖父は第78代内閣総理大臣の宮澤喜一。アメリカの大学を卒業後に芸能界入り。『おちょやん』『鎌倉殿の13人』『らんまん』などテレビドラマに出演。

続きを読む


関連記事 (タレント)

平山あや
平山あや(ひらやま あや)は、日本のタレント、女優、元グラビアアイドル。夫は俳優の速水もこみち。第23回ホリプロタレントスカウトキャラバンで約38000人の応募者の中からグランプリを獲得し芸能界入り。

続きを読む


陣内孝則(じんない たかのり)は日本の俳優、歌手、タレント、映画監督。元ザ・ロッカーズのボーカル。その後、俳優に転身。トレンディドラマに出演し顔が知られるようになります。

続きを読む


小野あつこ
小野あつこ(おの あつこ)は、日本の歌手、タレント。『おかあさんといっしょ』の第21代目うたのおねえさん。卒業後はタレントとしても活動。

続きを読む


関連記事 (女優)

田中美佐子
田中美佐子(たなか みさこ)は、日本の女優。映画『ダイアモンドは傷つかない』で主演。日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。深沢邦之と結婚した当初は格差婚を危ぶむ声もあったがその後も良き家庭を築き上げます。

続きを読む


佐久間由衣
佐久間由衣(さくま ゆい)は、日本の女優。『ViVi』の専属モデルオーディションでグランプリを獲得。翌年女優デビュー。朝の連続テレビ小説『ひよっこ』に出演し知名度UP。

続きを読む


中田喜子
中田喜子(なかだ よしこ)は、日本の女優。『連想ゲーム』で紅組5代目キャプテンとして長く親しまれます。石井ふく子・橋田壽賀子両氏の作品には多く出演。『渡る世間は鬼ばかり』では三女・文子役を20数年に渡って演じました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ