4,711 views

タレント・長嶋一茂の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 長嶋一茂

記事公開日:2019年03月31日
最終更新日:2023年10月22日

長嶋一茂
→ 画像検索はこちら

長嶋一茂(ながしま かずしげ)は、日本のタレント、元プロ野球選手。

ミスター巨人・長嶋茂雄の長男。父と同じ立教大学で活躍後にプロ野球選手になります。
ヤクルト、巨人と入団しますが成績を残せずに現役引退し芸能人に転身。
バラエティ番組、ドラマ、コメンテーターなど幅広く活動してきたが、2018年に入り出演番組が急増。

このページでは、長嶋一茂(ながしま かずしげ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 長嶋茂雄一家の誕生日占いと相性占いを診断

長嶋一茂(ながしま かずしげ)の誕生日占い

生年月日:1966年1月26日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin248です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い星 黄色い星 音1
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い鏡
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い空歩く人
以てるもの同士の類似kin 青い猿
鏡の向こうのもう一人の自分 kin13
絶対反対kin kin118

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音1」は太陽の紋章とウェブスペルが一緒です。迷いのない決断力のある人で、人の先頭に立って決断をする即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。色々なものが引き寄せられてきます。

「黄色い星」は、職人気質で、プロ意識を持っています。やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。自分の居場所、ココロの綺麗な人、とにかく綺麗なものがなんでも好きです。逆に、ごちゃごちゃした環境ではストレスがたまります。

ひとことでいえばKin248の誕生日占いは、美に対する妥協を許さないタイプです。根気強く準備をしましょう。賑わいの中で発展する。競争は避けられない。

広告

長嶋一茂(ながしま かずしげ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京で元プロ野球選手・監督の長嶋茂雄と元実業家の長嶋亜希子の長男として生まれます。
小学生のころに野球を始めますが途中で辞めてしまいます。中学時代は陸上部に所属。

学生時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.1.26~ 15 3 3 青い夜 赤い竜
1982.1.26~ 16 108 4 黄色い星 赤い蛇
1986.1.26~ 20 8 8 黄色い星 赤い竜
1987.1.26~ 21 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
父と同じ立教で野球をやりたいと高校は立教高校に進学。野球を再び始め高校2年時に4番を打つまでに成長。
その後、立教大学に進学。1年生からレギュラー入り。4年時には四番で主将として東京六大学リーグで二期連続ベストナインに選出。
日本代表にも選ばれたこともあります。1987年のドラフト会議でヤクルトスワローズ、横浜大洋ホエールズの2球団が1位指名。ヤクルトスワローズ入りします。

ウェブスペルの色が赤色の前半より野球を再び開始。
赤色の後半に東京六大学リーグで大活躍。

ヤクルトスワローズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.1.26~ 22 218 10 白い鏡 赤い月
1989.1.26~ 23 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1990.1.26~ 24 168 12 黄色い星 赤い地球
1988年にヤクルトスワローズに入団。春季キャンプから1軍入り。『ミスター二世』として注目を集めますが成績は伸びませんでした。プロのスピードについて行けず、どうしようかと思ったという。
1990年に野村克也が新監督になると出場する機会が減少します。

ウェブスペルの色が赤色の後半にヤクルトスワローズに入団。
赤色の最後付近に野村新監督になると出場機会が減少。

読売ジャイアンツ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1993.1.26~ 27 223 2 青い夜 白い風
1994.1.26~ 28 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
1995.1.26~ 29 173 4 赤い空歩く人 白い犬
1993年に父の長嶋茂雄が監督に就任した読売ジャイアンツへ移籍。
1994年のレギュラーシーズンは46試合に出場。
1995年に右ひじの故障で一軍出場はゼロに終わります。

一茂は巨人時代にパニック障害になったことを後に告白。

ウェブスペルの色が白色の始めころに読売ジャイアンツへ移籍。

現役引退

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.1.26~ 30 18 5 白い鏡 白い魔法使い
1997.1.26~ 31 123 6 青い夜 白い鏡
1998.1.26~ 32 228 7 黄色い星 白い風
1999.1.26~ 33 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1996年オフシーズンに父の長嶋茂雄より戦力外通告を受け現役を引退。
引退後は個人事務所「ナガシマ企画」を設立し芸能人に転身。
現役引退の年に偶然明石家さんまとゴルフを行う機会があり、現役引退後に明石家さんまの全てのレギュラー番組で出演オファーを受け出演。長嶋は明石家さんまを大恩人と語ります。
1997年よりスポーツキャスターとして『プロ野球ニュース』を担当。またこの年より極真空手を始め黒帯を取得。
1999年に当時の担当マネージャーと結婚。

ウェブスペルの色が白色の半ばに現役を引退し芸能人に転身。
白色の後半に当時の担当マネージャーと結婚。

それからの活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.1.26~ 34 178 9 白い鏡 白い犬
2003.1.26~ 37 233 12 赤い空歩く人 白い風
2004.1.26~ 38 78 13 白い鏡 白い世界の橋渡し
2005.1.26~ 39 183 1 青い夜 青い夜
2006.1.26~ 40 28 2 黄色い星 青い手
2000年に朝の連続テレビ小説『オードリー』に出演。俳優としての地盤を固めます。
2003年に映画『ミスタールーキー』、2004年に『サラリーマン金四郎4』、2005年に大河ドラマ『義経』などに出演。

また、2004年にお昼の生放送番組『はぴひる!』の司会を田中律子、磯野貴理子と共に務めます。同年、私生活では双子の女児が誕生。
2006年に父の長嶋茂雄と三菱UFJ信託銀行のCMで親子共演。

ウェブスペルの色が白色の後半より俳優としても活動。
白色の終わりの年には『はぴひる!』の司会を田中律子、磯野貴理子と共に担当。双子の女児に恵まれます。

ブレイクタレント

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.1.26~ 52 248 1 黄色い星 黄色い星
タレント転身後から、バラエティ番組、ドラマ、コメンテーターなど幅広く活動してきたが、2018年に入り出演番組が急増。
「ブレイクしたタレント」の仲間入りを果たしています。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に「ブレイクしたタレント」の仲間入りを果たします。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2023.1.26~ 57 253 6 赤い空歩く人 黄色い星
2024.1.26~ 58 98 7 白い鏡 黄色い人
2025.1.26~ 59 203 8 青い夜 黄色い戦士
長嶋一茂の現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
58才の時はKin98。自分の世界観をしっかり持っている年です。甘えない自立した人です。

  • 音7は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすいです。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。

即断即決。あらゆるものを加速させる。

長嶋一茂(ながしま かずしげ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の前半より野球を再び開始。
赤色の後半に東京六大学リーグで大活躍。卒業後にヤクルトスワローズに入団。
赤色の最後付近に野村新監督になると出場機会が減少。
白色の始めころに読売ジャイアンツへ移籍。
白色の半ばに現役を引退し芸能人に転身。
白色の後半に当時の担当マネージャーと結婚。また、俳優としても活動。
白色の終わりの年には『はぴひる!』の司会を田中律子、磯野貴理子と共に担当。双子の女児に恵まれます。
黄色の始めの年に「ブレイクしたタレント」の仲間入りを果たした。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

土井たか子
土井たか子(どい たかこ)は、日本の政治家。日本初の女性の衆議院議長、日本初の女性の政党党首。消費税導入およびリクルート事件を激しく追及。社会党は議席を大きく伸ばしマドンナ旋風と呼ばれます。

続きを読む


松島花
松島花(まつしまはな)は、日本のファッションモデル、女優。数々のファッション誌でトップモデルを務めます。CMや女優としても活躍。グリコ・アーモンド効果のCMに2019年より出演。

続きを読む


島崎俊郎
島崎俊郎(しまざき としろう)は、日本のお笑いタレント。元ヒップアップのリーダー。クレイジーキャッツの付き人を経てデビュー。バラエティ番組『オレたちひょうきん族』で「アダモちゃん」のキャラが大ヒット。数々のバラエティ番組に出演。

続きを読む


五輪真弓
五輪真弓(いつわ まゆみ)は、日本のシンガーソングライター。1972年に「少女」でデビュー。1980年に「恋人よ」が大ヒット。第22回日本レコード大賞金賞を受賞。2022年にデビュー50周年を迎えました。

続きを読む


河合奈保子
河合奈保子(かわい なおこ)は、日本の元アイドル歌手。西城秀樹の妹募集と銘打たれたオーディションで優勝しアイドル歌手としてデビュー。代表曲は『エスカレーション』『スマイル・フォー・ミー』。結婚、出産を機に芸能活動を停止。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin248)

本上まなみ
本上まなみ(ほんじょう まなみ)、日本のタレント、女優。公式ニックネームはほんじょ。女優としてデビュー後に司会、ナレーター、エッセイストなど幅広く活躍。

続きを読む


大地真央
大地真央(だいち まお)は、日本の女優。元宝塚歌劇団月組トップスター。宝塚歌劇団を退団後はミュージカルスターとして舞台を中心に活躍。

続きを読む


片桐仁
片桐仁(かたぎり じん)は、日本のお笑いタレント、俳優、声優、彫刻家。妻は元モデルの村山ゆき。長めの天然パーマが特徴的。お笑いコンビ「ラーメンズ」として活動。爆笑オンエアバトルに参加し知名度を上げます。その後、俳優として舞台や映画、テレビドラマで活躍。

続きを読む


関連記事 (タレント)

長野博
長野博(ながの ひろし)は、日本の俳優、歌手、グルメリポーター。妻はタレントの白石美帆。V6のメンバーとなりCDデビュー。『ウルトラマンティガ』で主人公のマドカ・ダイゴ役。グルメ関係での露出も多くなり「食の変態」の異名で呼ばれます。

続きを読む


西川貴教
西川貴教(にしかわ たかのり)は、日本の歌手、作詞家、俳優、声優、タレント。元妻はPUFFYの吉村由美。ソロプロジェクトT.M.Revolutionで数々のミリオンセラーを記録。消臭力のCMに出演し知名度もあがりました。

続きを読む


山城新伍
山城新伍(やましろ しんご)は、日本の俳優、司会者、タレント。東映ニューフェイスとなりデビュー。テレビ時代劇『白馬童子』で主演し人気を博します。その後、バラエティにも進出。「チョメチョメ」は流行語となった。

続きを読む


関連記事 (野球)

野茂英雄
野茂英雄(のも ひでお)は、元プロ野球選手(投手)。NPBとMLBで活躍した。日本人として2人目のメジャーリーガーでメジャーリーグを広めた先駆者。ニックネームは「ドクターK」,「The Tornado」。

続きを読む


松坂大輔
松坂大輔(まつざか だいすけ)は東京都出身のプロ野球選手(投手)。甲子園で「平成の怪物」と注目を集め、西武ライオンズに入団。数々の記録を出しレッドソックス入りしますが、ヒジを壊し球団を転々とします。

続きを読む


東尾修
東尾修(ひがしお おさむ)は、日本の元プロ野球選手、監督、野球解説者。選手・監督時代は西武一筋。1970年代から1980年代に活躍した投手。1995年から2001年までは西武ライオンズの監督をつとめた。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ