4,137 views

ドラマ『アトムの童』でヒロイン役・岸井ゆきのの誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 岸井ゆきの

記事公開日:2022年11月24日
最終更新日:2024年04月07日

岸井ゆきの
出典:wikipedia.org 2018年

岸井ゆきの(きしい ゆきの)は日本の女優。

スカウトされデビュー後、ドラマ、舞台、映画などで活躍。
大河ドラマ『真田丸』、朝の連続テレビ小説『まんぷく』に出演。
ドラマ『アトムの童』ではヒロイン・富永海役で出演。

このページでは、岸井ゆきの(きしい ゆきの)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

岸井ゆきの(きしい ゆきの)の誕生日占い

生年月日:1992年2月11日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin134です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い魔法使い 青い猿 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い種
互いに秘かれあう 神秘kin 青い手
以てるもの同士の類似kin 赤い蛇
鏡の向こうのもう一人の自分 kin127
絶対反対kin kin4

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「青い猿」は、聡明で頭の回転が速く知性・理性・精神性が高い天才型人間です。どんな小さなことでも楽しみや喜び・満足を見出す人で、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

「白い魔法使い」は、人の気持ちを軽くすることができる人です。人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたり、ココロが軽くなったりし、癒され魅了される人も多いはず。常にベストを尽くし、真面目に取り組み好印象で、きっちり仕事をする人です。手を抜けない頑張り屋さんです。

ひとことでいえばKin134の誕生日占いは、いい加減なままを許せないタイプです。責任ある立場に立つと本領発揮。

広告

岸井ゆきの(きしい ゆきの)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

神奈川県秦野市出身。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2009.2.11~ 17 99 8 青い嵐 黄色い人
2010.2.11~ 18 204 9 黄色の種 黄色い戦士
2011.2.11~ 19 49 10 赤い月 黄色い太陽
高校時代にスカウトされ、2009年にドラマ『小公女セイラ』で女優デビュー。
2011年に初舞台。

ウェブスペルの色が黄色の後半にスカウトされ女優デビュー。

大河ドラマ、朝の連続テレビ小説に初出演

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.2.11~ 24 54 2 白い魔法使い 赤い空歩く人
2017.2.11~ 25 159 3 青い嵐 赤い地球
2018.2.11~ 26 4 4 黄色の種 赤い竜
2016年の大河ドラマ『真田丸』で大河ドラマに初出演。
2017年の映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』で映画初主演。
2018年の朝の連続テレビ小説『まんぷく』で朝の連続テレビ小説に初出演。

ウェブスペルの色が赤色になり大河ドラマ、朝の連続テレビ小説に初出演。

日本アカデミー賞新人俳優賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.2.11~ 28 214 6 白い魔法使い 赤い月
2021.2.11~ 29 59 7 青い嵐 赤い空歩く人
2022.2.11~ 30 164 8 黄色の種 赤い地球
2020年に映画『愛がなんだ』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
2022年にドラマ『アトムの童』でヒロイン・富永海役。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに映画『愛がなんだ』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.2.11~ 30 164 8 黄色の種 赤い地球
2023.2.11~ 31 9 9 赤い月 赤い竜
2024.2.11~ 32 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
岸井ゆきのの現在は、ウェブスペルの色が赤色の後半に当たります。
32才の時はKin114。人望があり、影響力もあり、パワーのある年です。

  • 音10は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にしたりプロデュースやアドバイザーに向いています。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。
  • 赤い蛇は、よくも悪くも執着心が強く、あきらめない執念を持っています。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

先が見えなくてもあせってはいけない。

岸井ゆきの(きしい ゆきの)のまとめ

ウェブスペルの色で流れを見てみると

黄色の後半にスカウトされ女優デビュー。
赤色になり大河ドラマ、朝の連続テレビ小説に初出演。
赤色の半ばに映画『愛がなんだ』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。

※ 赤色の13年に順調にみられる存在になっていますね。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

段田安則
段田安則(だんた やすのり)は、日本の俳優。野田秀樹主宰の「夢の遊眠社」では解散まで主力俳優として活動。朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの父・野田光一役を好演。以降も名バイプレイヤーとして活躍。

続きを読む


栗田貫一
栗田貫一(くりた かんいち)は、日本のタレント。ものまねタレントとして「ものまね四天王」の一人として活躍。1995年より山田康雄の後任の「ルパン三世」の声優を担当。

続きを読む


高橋洋子
高橋洋子(たかはし ようこ)は、日本の歌手。エヴァのOP曲「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」が大ヒット。エヴァ放映終了後も高い人気と知名度を保ちます。

続きを読む


見上愛
見上愛(みかみ あい)は、日本の女優。学生時代に舞台にはまりワタナベエンターテイメントのスクールに通ったことがきっかけで女優デビュー。2024年の映画『不死身ラヴァーズ』で映画単独初主演。

続きを読む


木戸大聖
木戸大聖(きど たいせい)は、日本の俳優、タレント。子供向け教育番組『おとうさんといっしょ』にレギュラー出演し卒業。『世界・ふしぎ発見!』の企画でテレビ史上初めて北極点へ到達。『僕たちの校内放送』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin134)

角田光代
角田光代(かくた みつよ)は、日本の小説家、児童文学作家、翻訳家。読みやすい文体で家族や恋愛をテーマにした作品を発表し若い女性から支持を得ます。『対岸の彼女』で直木賞を受賞。

続きを読む


麻生祐未
麻生祐未(あそう ゆみ)は、日本の女優。『オールナイトフジ』の司会を経てカネボウ水着キャンペーンガールに選出。1980年代から1990年代にかけてトレンディドラマで活躍。『特命刑事 カクホの女』シリーズで名取裕子とW主演。

続きを読む


二宮尊徳
二宮尊徳(にのみや たかのり)は、江戸時代後期の経世家、農政家、思想家。「そんとく」と読まれることが多い。通称は金次郎。報徳思想を唱え、報徳仕法と呼ばれる農村復興政策を指導します。

続きを読む


ボブ・マーリー
ボブ・マーリーはジャマイカのレゲエミュージシャン。「レゲエの神」と称され、20世紀後半の大衆音楽の世界に、絶大な音楽的、文化的影響を与えました。全盛期の1981年、36歳の若さにガンで亡くなります。

続きを読む


井上陽水
井上陽水(いのうえ ようすい)は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家。1970年代にデビューし吉田拓郎と並び日本の音楽界に大きな影響を与えます。

続きを読む


関連記事 (女優)

岡田結実
岡田結実(おかだ ゆい)は、日本のファッションモデル、タレント、女優。父はお笑いタレントの岡田圭右。『ニコ☆プチ』『ピチレモン』の専属モデルとして活動。女優としても活動し連続テレビドラマ『江戸モアゼル』などで主演。

続きを読む


夏菜
夏菜(なつな)は、日本の女優、タレント。2012年に連続テレビ小説『純と愛』のヒロインに2258名から抜擢され狩野純役を務めた。

続きを読む


広末涼子
広末涼子(ひろすえ りょうこ)は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。NTTドコモポケベルのCMで一躍有名になり歌手として、女優として活躍します。

続きを読む


中村メイコ
中村メイコ(なかむら めいこ)は、日本の女優、歌手、タレント。2才の時にデビューして以来、天才子役として活躍。日本の芸能・放送史を知る上で黒柳徹子と並んで欠かせない存在です。

続きを読む


多部未華子
多部未華子(たべ みかこ)は、日本の女優。愛称は「多部ちゃん」。2009年の朝の連続テレビ小説『つばさ』で1,593人の中、主役に抜擢。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ