3,849 views

ドラマ『半沢直樹』で再ブレイク・宮川一朗太の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 宮川一朗太

記事公開日:2022年01月26日
最終更新日:2024年03月12日

宮川一朗太
出典:ja.wikipedia.org

宮川一朗太(みやかわ いちろうた)は、日本の俳優、声優、ナレーター。

映画『家族ゲーム』で主演の沼田茂之役でデビュー。ドラマ、映画でバイプレーヤーとして活躍。
ドラマ『半沢直樹』で江島浩副支店長役で再ブレイク。クイズ番組『東大王』では「難問オセロ」コーナーで活躍。

このページでは、宮川一朗太(みやかわ いちろうた)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

宮川一朗太(みやかわ いちろうた)の誕生日占い

生年月日:1966年3月25日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin46です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 黄色い太陽 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin215
絶対反対kin kin176

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

ひとことでいえばKin46の誕生日占いは、人と人の交流により新しいものを作るのが上手なタイプです。十分に力を蓄えよ。

広告

宮川一朗太(みやかわ いちろうた)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都新宿区出身。
晃華学園小学校、武蔵中学校・高等学校卒業。エリートです。

家族ゲーム

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.3.25~ 16 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
1983.3.25~ 17 11 11 青い猿 赤い竜
1984.3.25~ 18 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
高校在籍中の1983年に映画『家族ゲーム』のオーディションに合格。主演の沼田茂之役でデビュー。華々しいデビューを飾ります。同作品で日本アカデミー賞優秀新人賞を受賞。
以降、ドラマ、映画では貴重なバイプレーヤーとして活躍。1984年にドラマ『青い瞳の聖ライフ』、1985年にドラマ『ヤヌスの鏡』に出演。
またこのころよりアメリカの俳優マイケル・J・フォックスの吹き替えを多くの作品で担当。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に映画『家族ゲーム』で主演の沼田茂之役でデビュー。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.3.25~ 24 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1991.3.25~ 25 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1992.3.25~ 26 176 7 黄色い戦士 白い犬
早稲田大学に進学しますが仕事が多忙のために中退。
1990年にフリーライターの女性と結婚。その後、2人の娘に恵まれます。
1991年より『ドリーム競馬』の総合キャスターを担当。2006年まで。競馬への造詣はとても深い。

ウェブスペルの色が白色の半ばに結婚。2人の娘に恵まれます。

別居・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.3.25~ 34 236 2 黄色い戦士 青い鷲
2001.3.25~ 35 81 3 赤い竜 青い嵐
2005.3.25~ 39 241 7 赤い竜 青い鷲
2005年に離婚。その5年前に妻は娘2人を置いて別居。親権は宮川が持った。
別居のきっかけは妻に黙って一口馬主に175万を投じていたのが発覚したため。最終的には3000万円以上の利益となった。
宮川は俳優の活動を行いつつ子育て、さらにPTA会長を3年間努めたそうです。

ウェブスペルの色が青色の半ばに離婚。親権は宮川が持った。俳優の活動を行いつつ子育て、さらにPTA会長を3年間担当。

再ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.3.25~ 47 41 2 赤い竜 黄色い太陽
2014.3.25~ 48 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
2015.3.25~ 49 251 4 青い猿 黄色い星
2013年のドラマ『半沢直樹』で江島浩副支店長役で話題となった。
これをきっかけにバラエティ番組に出演。
2014年に漢検準1級を取得。

ウェブスペルの色が黄色の始めころにドラマ『半沢直樹』で江島浩副支店長役で再ブレイク。バラエティ番組に進出。

東大王

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.3.25~ 51 201 6 赤い竜 黄色い戦士
2018.3.25~ 52 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
2019.3.25~ 53 151 8 青い猿 黄色の種
2017年よりクイズ番組『東大王』に不定期に出演。
「難問オセロ」のコーナーでは「オセ朗太」と呼ばれるほどの活躍を見せます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにクイズ番組『東大王』に不定期に出演。「難問オセロ」コーナーで活躍。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2023.3.25~ 57 51 12 青い猿 黄色い太陽
2024.3.25~ 58 156 13 黄色い戦士 黄色の種
2025.3.25~ 59 1 1 赤い竜 赤い竜
宮川一朗太の現在は、ウェブスペルの色が黄色の最後の年に当たります。
58才の時はKin156。自分から積極的にいくことができる年です。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。

血気さかんな時こそ、来るべき事態に備える。

宮川一朗太(みやかわ いちろうた)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の最後付近に映画『家族ゲーム』で主演の沼田茂之役でデビュー。
白色の半ばに結婚。2人の娘に恵まれます。
青色の半ばに離婚。親権は宮川が持った。俳優の活動を行いつつ子育て、さらにPTA会長を3年間担当。
黄色の始めころにドラマ『半沢直樹』で江島浩副支店長役で再ブレイク。バラエティ番組に進出。
黄色の半ばにクイズ番組『東大王』に不定期に出演。「難問オセロ」コーナーで活躍。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小西博之
小西博之(こにし ひろゆき)は、日本の俳優、タレント。愛称はコニタン。『欽ちゃんの週刊欽曜日』のレギュラーとして抜擢。「欽ちゃんファミリー」の一員として人気を博します。『ザ・ベストテン』の2代目男性司会者。

続きを読む


小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin046)

加藤みどり
加藤みどり(かとう みどり)は、日本の女優、声優、ナレーター。1969年に開始されたアニメ「サザエさん」の主人公・フグ田サザエの声優で知られています。

続きを読む


ケイン・コスギ
ケイン・コスギは、日系人俳優、タレント。アメリカ出身。父は俳優のショー・コスギ、弟はシェイン・コスギ。親しみやすいキャラクターと、超人的と評される身体能力で人気を博します。その後、ハリウッドに本格的に進出を果たします。

続きを読む


堀部圭亮
堀部圭亮(ほりべ けいすけ)は、日本の俳優、タレント、放送作家。お笑いコンビ『パワーズ』で火野玉男(ひの たまお)としてデビュー。その後『パワーズ』から脱退し勝俣州和と『K2』を結成。解散後は役者や放送作家としてマルチに活動。

続きを読む


平川唯一
平川唯一(ひらかわ ただいち)は、日本のアナウンサー、ラジオの英語会話講座講師。1946年から1951年までラジオ番組「英語会話」を担当し人気を博します。日本の英語ブームの元祖火付け役。通称カムカムおじさん。

続きを読む


二階堂ふみ
二階堂ふみ(にかいどう ふみ)は、日本の女優。沖縄県那覇市出身。2020年度前期放送予定のNHK連続テレビ小説『エール』のヒロインオーディションで2,082人の中から選ばれヒロイン・関内音役を演じます。

続きを読む


関連記事 (俳優)

中条きよし
中条きよし(なかじょう きよし)は、日本の歌手、俳優。演歌「うそ」が150万枚を超える大ヒット。『必殺仕事人』シリーズに三味線屋の勇次役でレギュラー出演。俳優としても名を上げます。2022年の参院選に出馬し当選。

続きを読む


蟹江敬三
蟹江敬三(かにえ けいぞう)は、日本の俳優、ナレーター。悪役などアクの強い役での存在感で個性派俳優としての現在の地位を確立。渋い声を活かし『ガイアの夜明け』などのナレーターとしても活躍していました。

続きを読む


生瀬勝久
生瀬勝久(なませ かつひさ)は日本の俳優、タレント、司会者。1980年代後半にテレビの深夜番組に出演し関西学生演劇ブームをひき起こす一端となった。その後、全国区のテレビドラマに本格的に進出。

続きを読む


二代目-尾上松也
二代目 尾上松也(おのえ まつや)は、日本の歌舞伎役者。屋号は音羽屋。5才の時に初舞台。10代後半から父の所属する菊五郎劇団で活動。歌舞伎と並行しミュージカル、テレビドラマなど活動の場を広げます。

続きを読む


近藤芳正
近藤芳正(こんどう よしまさ)は、日本の俳優。ドラマ『中学生日記』でデビュー。劇団七曜日の劇団員ながら東京サンシャインボーイズの舞台に多く出演。三谷幸喜脚本の映画作品に数多く出演。名脇役で知られる人物。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ