363 views

ドリフターズのメンバー・高木ブーの誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 高木ブー

記事公開日:2022年03月22日
最終更新日:2022年11月17日

高木ブー
→ 画像検索はこちら

高木ブー(たかぎ ブー)は、日本のコメディアン、ミュージシャン。ザ・ドリフターズのメンバー。

肥満体系で知られます。1990年代後半にウクレレ奏者としてクローズアップ。
加藤茶、仲本工事と「こぶ茶バンド」のメンバー。

このページでは、高木ブー(たかぎ ブー)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ ザ・ドリフターズの誕生日占いと相性占いを診断

高木ブーの誕生日占い(性格診断)

生年月日:1933年3月8日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin204です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い種 黄色い戦士 音9
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い太陽
互いに学びあう 反対kin 白い魔法使い
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い地球
以てるもの同士の類似kin 青い鷲
鏡の向こうのもう一人の自分 kin57
絶対反対kin kin74

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音9」は、楽し事を考えたりワクワク・ドキドキすることが大好きです。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。好きなことにはとことん情熱を注ぎ楽しみを見出しますが、興味の無い人や物にはまったく興味や関心を示しません。基本的に人気者で人間関係は良好です。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

ひとことでいえばKin204の誕生日占いは、平穏さを装いながら物事の深みにはまるタイプです。機運にのり、機運に従う。時に従う。

広告

高木ブーの個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京都出身。本名は高木友之助(たかぎ とものすけ)。
6人兄弟(3人の兄と2人の姉)の末っ子。
小学生の頃、高木家には蓄音機とジャズのレコードがあり音楽に興味を持ちます。
1945年に戦災で焼け出され母の故郷の千葉県柏市に移り住みます。

ウクレレ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1948.3.8~ 15 219 11 青い嵐 赤い月
1949.3.8~ 16 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
1950.3.8~ 17 169 13 赤い月 赤い地球
15才の誕生日に3番目の兄からウクレレをもらいハワイアンミュージックにハマりウクレレ三昧。
その後、中央大学を卒業。大学時代は都内で名前が知れ渡る程のウクレレ奏者。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近に3番目の兄からウクレレをもらいハマります。

プロのミュージシャン

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1955.3.8~ 22 174 5 白い魔法使い 白い犬
1956.3.8~ 23 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1957.3.8~ 24 124 7 黄色の種 白い鏡
父のツテで東京ガスの採用内定が決まりますがプロのミュージシャンの道に進みます。
高木智之の芸名でバンドのリーダーを務め、アメリカ軍キャンプをまわったり、沖縄、台湾、フィリピンを巡るワールドツアーを敢行。
その後、ジェリー藤尾から声がかかり「ジェリー藤尾とパップ・コーンズ」のバンドマンとして日本の芸能界での活動を始めます。

ウェブスペルの色が白色の半ばに大学を卒業しプロのミュージシャンの道に進みます。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1961.3.8~ 28 24 11 黄色の種 白い魔法使い
1962.3.8~ 29 129 12 赤い月 白い鏡
1963.3.8~ 30 234 13 白い魔法使い 白い風
妻とはダンスパーティーで知り合い一目惚れ。
妻の母から収入が不安定なバンドマンとの結婚を猛反対されますが1962年に高木が28才、妻は25才の時に結婚。
1964年に第一子女児に恵まれます。高木が無名時代に妻は内職で家庭を支えたそうです。
高木は愛妻家でドリフのメンバーの中で唯一離婚せず生涯添い遂げます。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に結婚。その後、第一子女児に恵まれます。

ドリフターズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.3.8~ 31 79 1 青い嵐 青い嵐
1965.3.8~ 32 184 2 黄色の種 青い夜
1966.3.8~ 33 29 3 赤い月 青い手
1964年にいかりや長介にスカウトされドリフターズに加入。
1966年にビートルズ日本公演では前座でドリフターズがステージにあがった。
ドリフ加入後も高木智之の芸名で続けたがのち「高木ブー」に変更。事務所の先輩のハナ肇の発案だった。

ウェブスペルの色が青色の始めの年にドリフターズに加入。高木ブーに芸名を変更。

8時だョ!全員集合

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1969.3.8~ 36 84 6 黄色の種 青い嵐
1970.3.8~ 37 189 7 赤い月 青い夜
1971.3.8~ 38 34 8 白い魔法使い 青い手
1969年に『8時だョ!全員集合』の放送が開始。高木もメンバーとしてグループの中枢として参加します。
番組では「雷様」が当たり役となります。番組を行った15年間を「あの頃は一年365日ずっと忙しかった」と回想。

ウェブスペルの色が青色の半ばより『8時だョ!全員集合』に中枢メンバーとして参加。

8時だョ!全員集合が終了

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1984.3.8~ 51 99 8 青い嵐 黄色い人
1985.3.8~ 52 204 9 黄色の種 黄色い戦士
1986.3.8~ 53 49 10 赤い月 黄色い太陽
1984年に『8時だョ!全員集合』のリハーサル中に両足のアキレス腱を断裂し約4ヵ月の間活動を離脱。
1985年に『8時だョ!全員集合』の放送が終了。
放送終了後に高木は家族との時間を取り戻そうと行動。夫婦で毎日のように散歩し毎年ハワイ旅行に行くのが恒例となった。

ウェブスペルの色が黄色の後半に『8時だョ!全員集合』の放送が終了。

妻の死

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1994.3.8~ 61 109 5 赤い月 赤い蛇
1994年に妻が脳腫瘍で亡くなります。
高木の悲嘆は激しく残された一人娘が嫁いで家から出て行くことが耐えられず、娘の結婚相手は自分と一緒に住んでくれて転勤がないことが条件だったそうです。
その後、この条件で娘は結婚し家族3世代で同居が実現。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに最愛の妻が亡くなります。

ウクレレ奏者・こぶ茶バンド

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.3.8~ 66 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
2000.3.8~ 67 219 11 青い嵐 赤い月
2001.3.8~ 68 64 12 黄色の種 赤い空歩く人
1999年に『趣味悠々 高木ブーの今すぐ始めるウクレレ』に講師として出演。ウクレレ奏者としてクローズアップ。

ドリフターズでは「いかりや長介」が俳優業、「志村けん」がバラエティ番組でソロ活動が目立ちグループとしての活動はほぼ休止。
加藤茶が仲本・高木を誘う形で、1999年に「こぶ茶バンド」が結成。シングル「こぶ茶ルンバ」を発売。
全国各地でライブやディナーショーなどの活動を行います。

2004年にいかりや長介、2020年に志村けんが亡くなり2020年現在存命中のドリフのメンバーは全員こぶ茶バンドのメンバーとなった。
そのこぶ茶バンドの仲本工事は2022年に交通事故で亡くなり、メンバーは加藤茶とたかぎだけとなった。

ウェブスペルの色が赤色の最後付近にウクレレ奏者としてクローズアップ。こぶ茶バンドに参加。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.3.8~ 89 189 7 赤い月 青い夜
2023.3.8~ 90 34 8 白い魔法使い 青い手
2024.3.8~ 91 139 9 青い嵐 青い猿
高木ブーの現在は、ウェブスペルの色が青色の半ばに当たります。
90才の時はKin34。瞬間瞬間を大切に生きる年です。癒し系の一面もあります。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。

着実に進もう。

高木ブーのまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

赤色の最後付近に3番目の兄からウクレレをもらいハマります。
白色の半ばに大学を卒業しプロのミュージシャンの道に進みます。
白色の最後付近に結婚。その後、第一子女児に恵まれます。
青色の始めの年にドリフターズに加入。高木ブーに芸名を変更。
青色の半ばより『8時だョ!全員集合』に中枢メンバーとして参加。
黄色の後半に『8時だョ!全員集合』の放送が終了。
2度目の赤色の半ばに最愛の妻が亡くなります。
2度目の赤色の最後付近にウクレレ奏者としてクローズアップ。こぶ茶バンドに参加。

ウクレレにハマってからKin年表一周52年程後にウクレレ奏者としてクローズアップ。すごいですね。

参考文献

高木ブー(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

清野菜名
清野菜名(せいの なな)は、日本の女優。夫は俳優の生田斗真。映画『TOKYO TRIBE』でヒロイン役に抜擢。注目を集めます。『半分、青い。』『今日から俺は!!』等に出演し一躍有名になります。2022年の日経トレンディ「今年の顔」に選出されます。

続きを読む


イレーヌ・ジョリオ=キュリー
イレーヌ・ジョリオ=キュリーは、フランスの原子物理学者。父はピエール・キュリー、母はマリー・キュリー。夫フレデリックと共にノーベル化学賞を受賞。親子2代に渡りノーベル賞を受賞。

続きを読む


IMALU
IMALU(イマル)は、日本のモデル、タレント、歌手。明石家さんまと大竹しのぶの長女。カナダへ語学留学後に芸能界デビュー。活躍が期待される2世有名人と話題になりました。

続きを読む


岸井ゆきの
岸井ゆきの(きしい ゆきの)は日本の女優。スカウトされデビュー後、ドラマ、舞台、映画などで活躍。大河ドラマ『真田丸』、朝の連続テレビ小説『まんぷく』に出演。ドラマ『アトムの童』ではヒロイン・富永海役で出演。

続きを読む


栗山英樹
栗山英樹(くりやま ひでき)は、日本の元プロ野球選手、プロ野球監督。現役時代はヤクルトで活躍。引退後は野球解説者や白鷗大学教授として活動。2012年から北海道日本ハムファイターズの監督になり2度のリーグ優勝。2021年に野球日本代表監督に就任。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin204)

和久井映見
和久井映見(わくい えみ)は、日本の女優、元歌手。元夫は俳優の萩原聖人。スカウトを受け芸能界入り。1990年代前半は数々の映画の賞を受賞。1990年代後半は数々のドラマで主演し高視聴率を獲得。

続きを読む


ロナルド・レーガン
ロナルド・レーガンは、アメリカの俳優、政治家。第40代アメリカ合衆国大統領。ソ連の解体、ベルリンの壁崩壊など冷戦の平和的な終結に大きく貢献します。

続きを読む


小谷実可子
小谷実可子(こたに みかこ)は、日本の元アーティスティックスイミング選手、スポーツコメンテーター。水中で技と美を競うシンクロナイズドスイミングで日本人体形は不利と言われる中、実績をあげた人物として有名。

続きを読む


堺雅人
堺雅人(さかい まさと)は、俳優、声優。菅野美穂の夫。『リーガルハイ』が当たり役となりシリーズ化される。『半沢直樹』では「倍返しだ!」がブームとなり、新語・流行語大賞大賞を受賞。

続きを読む


伊吹吾郎
伊吹吾郎(いぶき ごろう)は、日本の俳優、タレント、司会者。『水戸黄門』で17年間にわたり渥美格之進役を演じます。降板後はバラエティ番組にも進出。

続きを読む


関連記事 (タレント)

野々村真
野々村真(ののむら まこと)は、日本の俳優、タレント。初代“いいとも青年隊”でデビュー。『世界・ふしぎ発見!』のレギュラー解答者として珍回答を頻繁に出し会場を笑わすボケ役で有名。

続きを読む


バカリズム
バカリズムは、日本のお笑いタレント、ナレーター。本名は升野英知(ますの ひでとも)。かつては松下敏宏とコンビでバカリズムしたが松下脱退後も芸名をそのまま使用。近年はテレビ番組のMCとしても活動。

続きを読む


宝田明
宝田明(たからだ あきら)は、日本の映画俳優、タレント、声優、司会者。東宝ニューフェイス第6期生。映画『ゴジラ』で初主演。東宝と香港の会社との合作映画に出演しアジア地域で絶大な人気。その後、ミュージカル俳優としても活躍。

続きを読む


坂下千里子
坂下千里子(さかした ちりこ)は、日本のタレント、女優。愛称は千里ちゃん。アルペンのオーディションでグランプリを獲得し芸能界デビュー。『王様のブランチ』に出演し注目を集めます。

続きを読む


笑福亭鶴瓶
笑福亭鶴瓶(しょうふくてい つるべ)は落語家(6代目笑福亭松鶴門下)、タレント、俳優、歌手、司会者、ラジオパーソナリティ。『笑っていいとも!』や『鶴瓶の家族に乾杯』で誰もが知る存在となりました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ