7,474 views

俳優「田中邦衛」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 田中邦衛

記事公開日:2016年10月11日
最終更新日:2024年02月18日

田中邦衛
→ 画像検索はこちら

田中邦衛(たなか くにえ)は、日本の俳優。

『北の国から』シリーズで父親・黒板五郎役が全国的に知られることになる。

現代劇・時代劇・コメディーを問わず、幅広いジャンルで映画・テレビドラマに数多く出演。

このページでは、田中邦衛(たなか くにえ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 北の国から・倉本聰の誕生日占いと人生

田中邦衛(たなか くにえ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1932年11月23日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin99です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 黄色い人 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin162
絶対反対kin kin229

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin99の誕生日占いは、やるきになったら大きな力を発揮できるタイプです。理解者がいないと孤立します。即断即決。あらゆるものを加速させる。

広告

田中邦衛(たなか くにえ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

岐阜県土岐市出身。短期大学卒業後、故郷の岐阜で中学の代用教員生活を経て、3度目の受験で1955年に俳優座養成所へ入る。
3度目の受験の際には、試験官だった女優の東山千栄子から「あなた、またいらしたの」と言われた。
3年間の養成所生活を経て俳優座座員に昇格したが、47人中3人という狭き門の突破だった。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1956.11.23~ 24 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1957.11.23~ 25 124 7 黄色の種 白い鏡
1960.11.23~ 28 179 10 青い嵐 白い犬
1961.11.23~ 29 24 11 黄色の種 白い魔法使い
1962.11.23~ 30 129 12 赤い月 白い鏡

1957年 映画『純愛物語』に初出演
1961年 映画『大学の若大将』。若大将のライバル・青大将役で出演。
以後『若大将シリーズ』のレギュラーとなる。1961年から1971年まで全17作。加山雄三主演

ウェブスペルの色が白色の半ばに映画にデビューします。
白色の最後付近から『若大将シリーズ』で若大将のライバル・青大将役で出演。

網走番外地

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.11.23~ 32 79 1 青い嵐 青い嵐
1965.11.23~ 33 184 2 黄色の種 青い夜
1966.11.23~ 34 29 3 赤い月 青い手

1965年 映画『網走番外地』。主人公を慕う舎弟をコミカルに演じた。
1966年 ドラマ『若者たち』に出演。
1967年 映画『若者たち』に出演。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に映画『網走番外地』に出演します。

仁義なき戦いシリーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.11.23~ 40 139 9 青い嵐 青い猿
1973.11.23~ 41 244 10 黄色の種 青い鷲
1974.11.23~ 42 89 11 赤い月 青い嵐

1973年 俳優座を退座する。
1973年 映画『仁義なき戦いシリーズ』姑息で狡賢いヤクザ・槙原政吉を演じた。
映画『仁義なき戦い』シリーズは1974年まで全5作。

ウェブスペルの色が青色の後半に俳優座を退座する。映画『仁義なき戦い』シリーズに出演したのもこの頃です。

北の国から

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.11.23~ 48 199 4 青い嵐 黄色い戦士
1981.11.23~ 49 44 5 黄色の種 黄色い太陽
1982.11.23~ 50 149 6 赤い月 黄色の種
1981年 ドラマ『北の国から』。父親・黒板五郎役で全国的に知られる
ドラマ終了後は1983年から2002年までドラマスペシャルが放送された。

「北の国から」では純役を吉岡秀隆が演じていましたね。

ウェブスペルの色が黄色の前半に『北の国から』に出演し大ヒットとなります。

学校

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.11.23~ 55 154 11 白い魔法使い 黄色の種
1988.11.23~ 56 259 12 青い嵐 黄色い星
1992.11.23~ 60 159 3 青い嵐 赤い地球
1993.11.23~ 61 4 4 黄色の種 赤い竜

1988年 大正漢方胃腸薬の年末のテレビCMでは歌って踊るエンターテイナーぶりを披露。1995年まで。
1993年 山田洋次監督の映画『学校』。苦労しながら夜間中学に通う労働者役を演じ、第17回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に大正漢方胃腸薬のCMで歌や踊りを披露。
赤色の前半に映画『学校』で第17回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.11.23~ 81 24 11 黄色の種 白い魔法使い
2014.11.23~ 82 129 12 赤い月 白い鏡
2020.11.23~ 88 239 5 青い嵐 青い鷲
2013年に「長ゼリフが入らない」ことを理由に仕事の依頼を断っていることが伝えられた
2015年に『週刊ポスト』にて老人ホームに入居しリハビリ生活を送っていることが報じられた。
2018年11月に施設から自宅に戻り元気にはなってきていると報じられたが、2019年9月現在はまた施設に入居したのではないかとの噂。
2021年3月24日に老衰のために亡くなりました。

ウェブスペルの色が青色の半ばに亡くなりました。

田中邦衛(たなか くにえ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに映画にデビューします。
白色の最後付近から『若大将シリーズ』で若大将のライバル・青大将役で出演。
青色の始めの年から映画『網走番外地』に出演。
青色の後半に俳優座を退座する。映画『仁義なき戦い』シリーズに出演したのもこの頃。
黄色の前半に『北の国から』に出演し大ヒットとなります。
黄色の最後付近に大正漢方胃腸薬のCMで歌や踊りを披露。
赤色の前半に映画『学校』で第17回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。
2度目の青色の半ばに亡くなりました。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

高橋文哉
高橋文哉(たかはし ふみや)は、日本の俳優、モデル。『男子高生ミスターコン2017』でグランプリを獲得し芸能界入り。『仮面ライダーゼロワン』で主演。主演ライダーとして初の21世紀生まれ。『フェルマーの料理』でGP帯連続ドラマ初主演。

続きを読む


田口浩正
田口浩正(たぐち ひろまさ)は、日本の俳優、声優。小浦一優(芋洗坂係長)とお笑いコンビ「テンション」として活動後に俳優専業となった。『こちら本池上署』『警視庁捜査一課9係』など多数の人気ドラマに出演。

続きを読む


田澤廉
田澤廉(たざわ れん)は、日本の陸上競技選手。専門種目は長距離走。駒澤大学の学生時代に大学三大駅伝では区間賞、区間新記録を連発。大学を卒業しトヨタ自動車陸上長距離部に所属。

続きを読む


ココ・シャネル
ココ・シャネルは、フランスのファッションデザイナー、企業家。20世紀初頭からファッションデザイナーとして活躍。創設したシャネルブランドは世界有数のファッションブランドに成長。

続きを読む


三条実美
三条実美(さんじょう さねとみ)は、日本の公卿、政治家。幕末には尊王攘夷・討幕派の中心的な人物。明治維新後は元勲の一人として右大臣、太政大臣、内大臣、貴族院議員などを歴任。黒田内閣総辞職後に2カ月間内閣総理大臣も兼任。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin099)

石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


大久保佳代子
大久保佳代子(おおくぼ かよこ)は、日本のお笑いタレント、司会者、お笑いコンビ・オアシズのメンバー。オアシズとしてデビューしますが相方・光浦だけ取り上げられ不遇の時期を過ごします。その後、復帰を果たし頭角を現しピンでの活動が増えていきます。

続きを読む


間宮祥太朗
間宮祥太朗(まみや しょうたろう)は、日本のタレント、俳優。ハナチューの読者モデルとして活躍。その後俳優デビュー。『半分、青い。』で朝ドラ初出演。大河ドラマ『麒麟がくる』で明智左馬助役。

続きを読む


松田洋治
松田洋治(まつだ ようじ)は、日本の俳優。小学1年生の時にドラマ『母の鈴』で子役デビュー。ドラマ『家族ゲーム』で沼田茂之役を行い注目を集めます。『もののけ姫』で主人公であるアシタカや『タイタニック』でディカプリオの吹き替えを担当。

続きを読む


井上順
井上順(いのうえ じゅん)は、日本のタレント、歌手、俳優。元ザ・スパイダースのメンバー。堺正章とはザ・スパイダース時代からのお付き合い。長年、芳村真理と『夜のヒットスタジオ』で司会を勤めたのでも有名。

続きを読む


関連記事 (俳優)

青木崇高
青木崇高(あおき むねたか)は、日本の俳優。妻はタレントの優香。映画『マッスルヒート』で俳優としてデビュー。朝の連続テレビ小説『ちりとてちん』で落語家・徒然亭草々役を演じ知名度UP。

続きを読む


東山紀之
東山紀之(ひがしやま のりゆき)は、日本の俳優、歌手。愛称はヒガシ。ジャニーズ事務所所属。少年隊のメンバー。2008年以降はソロ活動に比重を置き、俳優業を中心に、テレビ・舞台・映画にと多方面で活躍。

続きを読む


田中要次
田中要次(たなか ようじ)、日本の俳優、タレント。俳優になる前は国鉄職員、照明助手など異色の経歴の持ち主。ドラマ『HERO』にバーテンダー役で「あるよ」のセリフでブレイク。

続きを読む


藤村俊二
藤村俊二(ふじむら しゅんじ)は、日本の俳優、声優、タレント、振付師、実業家。愛称は「おヒョイ(さん)」。『ぶらり途中下車の旅』の2代目ナレーターとして有名。

続きを読む


三上博史
三上博史(みかみ ひろし)は、日本の俳優、歌手。高校在籍中に劇作家・寺山修司に見出され俳優デビュー。その後、数多くのトレンディドラマに出演しトレンディドラマのエースと呼ばれます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ