8,399 views

俳優「田中邦衛」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 田中邦衛

記事公開日:2016年10月11日
最終更新日:2024年02月18日

田中邦衛
→ 画像検索はこちら

田中邦衛(たなか くにえ)は、日本の俳優。

『北の国から』シリーズで父親・黒板五郎役が全国的に知られることになる。

現代劇・時代劇・コメディーを問わず、幅広いジャンルで映画・テレビドラマに数多く出演。

このページでは、田中邦衛(たなか くにえ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 北の国から・倉本聰の誕生日占いと人生

田中邦衛(たなか くにえ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1932年11月23日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin99です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い嵐 黄色い人 音8
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い月
互いに秘かれあう 神秘kin 白い風
以てるもの同士の類似kin 黄色い太陽
鏡の向こうのもう一人の自分 kin162
絶対反対kin kin229

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音8」は、バランスと調和を大事にする人です。母性力があり面倒見がよく、細かいところにもよく気づきます。どんな状況でもすぐに溶け込める人です。人間関係は残念ながら、人づきあいがさほど上手ではありません。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

ひとことでいえばKin99の誕生日占いは、やるきになったら大きな力を発揮できるタイプです。理解者がいないと孤立します。即断即決。あらゆるものを加速させる。

広告

田中邦衛(たなか くにえ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

岐阜県土岐市出身。短期大学卒業後、故郷の岐阜で中学の代用教員生活を経て、3度目の受験で1955年に俳優座養成所へ入る。
3度目の受験の際には、試験官だった女優の東山千栄子から「あなた、またいらしたの」と言われた。
3年間の養成所生活を経て俳優座座員に昇格したが、47人中3人という狭き門の突破だった。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1956.11.23~ 24 19 6 青い嵐 白い魔法使い
1957.11.23~ 25 124 7 黄色の種 白い鏡
1960.11.23~ 28 179 10 青い嵐 白い犬
1961.11.23~ 29 24 11 黄色の種 白い魔法使い
1962.11.23~ 30 129 12 赤い月 白い鏡

1957年 映画『純愛物語』に初出演
1961年 映画『大学の若大将』。若大将のライバル・青大将役で出演。
以後『若大将シリーズ』のレギュラーとなる。1961年から1971年まで全17作。加山雄三主演

ウェブスペルの色が白色の半ばに映画にデビューします。
白色の最後付近から『若大将シリーズ』で若大将のライバル・青大将役で出演。

網走番外地

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.11.23~ 32 79 1 青い嵐 青い嵐
1965.11.23~ 33 184 2 黄色の種 青い夜
1966.11.23~ 34 29 3 赤い月 青い手

1965年 映画『網走番外地』。主人公を慕う舎弟をコミカルに演じた。
1966年 ドラマ『若者たち』に出演。
1967年 映画『若者たち』に出演。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に映画『網走番外地』に出演します。

仁義なき戦いシリーズ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.11.23~ 40 139 9 青い嵐 青い猿
1973.11.23~ 41 244 10 黄色の種 青い鷲
1974.11.23~ 42 89 11 赤い月 青い嵐

1973年 俳優座を退座する。
1973年 映画『仁義なき戦いシリーズ』姑息で狡賢いヤクザ・槙原政吉を演じた。
映画『仁義なき戦い』シリーズは1974年まで全5作。

ウェブスペルの色が青色の後半に俳優座を退座する。映画『仁義なき戦い』シリーズに出演したのもこの頃です。

北の国から

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1980.11.23~ 48 199 4 青い嵐 黄色い戦士
1981.11.23~ 49 44 5 黄色の種 黄色い太陽
1982.11.23~ 50 149 6 赤い月 黄色の種
1981年 ドラマ『北の国から』。父親・黒板五郎役で全国的に知られる
ドラマ終了後は1983年から2002年までドラマスペシャルが放送された。

「北の国から」では純役を吉岡秀隆が演じていましたね。

ウェブスペルの色が黄色の前半に『北の国から』に出演し大ヒットとなります。

学校

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.11.23~ 55 154 11 白い魔法使い 黄色の種
1988.11.23~ 56 259 12 青い嵐 黄色い星
1992.11.23~ 60 159 3 青い嵐 赤い地球
1993.11.23~ 61 4 4 黄色の種 赤い竜

1988年 大正漢方胃腸薬の年末のテレビCMでは歌って踊るエンターテイナーぶりを披露。1995年まで。
1993年 山田洋次監督の映画『学校』。苦労しながら夜間中学に通う労働者役を演じ、第17回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に大正漢方胃腸薬のCMで歌や踊りを披露。
赤色の前半に映画『学校』で第17回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.11.23~ 81 24 11 黄色の種 白い魔法使い
2014.11.23~ 82 129 12 赤い月 白い鏡
2020.11.23~ 88 239 5 青い嵐 青い鷲
2013年に「長ゼリフが入らない」ことを理由に仕事の依頼を断っていることが伝えられた
2015年に『週刊ポスト』にて老人ホームに入居しリハビリ生活を送っていることが報じられた。
2018年11月に施設から自宅に戻り元気にはなってきていると報じられたが、2019年9月現在はまた施設に入居したのではないかとの噂。
2021年3月24日に老衰のために亡くなりました。

ウェブスペルの色が青色の半ばに亡くなりました。

田中邦衛(たなか くにえ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の半ばに映画にデビューします。
白色の最後付近から『若大将シリーズ』で若大将のライバル・青大将役で出演。
青色の始めの年から映画『網走番外地』に出演。
青色の後半に俳優座を退座する。映画『仁義なき戦い』シリーズに出演したのもこの頃。
黄色の前半に『北の国から』に出演し大ヒットとなります。
黄色の最後付近に大正漢方胃腸薬のCMで歌や踊りを披露。
赤色の前半に映画『学校』で第17回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。
2度目の青色の半ばに亡くなりました。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

段田安則
段田安則(だんた やすのり)は、日本の俳優。野田秀樹主宰の「夢の遊眠社」では解散まで主力俳優として活動。朝の連続テレビ小説『ふたりっ子』でヒロインの父・野田光一役を好演。以降も名バイプレイヤーとして活躍。

続きを読む


栗田貫一
栗田貫一(くりた かんいち)は、日本のタレント。ものまねタレントとして「ものまね四天王」の一人として活躍。1995年より山田康雄の後任の「ルパン三世」の声優を担当。

続きを読む


高橋洋子
高橋洋子(たかはし ようこ)は、日本の歌手。エヴァのOP曲「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」が大ヒット。エヴァ放映終了後も高い人気と知名度を保ちます。

続きを読む


見上愛
見上愛(みかみ あい)は、日本の女優。学生時代に舞台にはまりワタナベエンターテイメントのスクールに通ったことがきっかけで女優デビュー。2024年の映画『不死身ラヴァーズ』で映画単独初主演。

続きを読む


木戸大聖
木戸大聖(きど たいせい)は、日本の俳優、タレント。子供向け教育番組『おとうさんといっしょ』にレギュラー出演し卒業。『世界・ふしぎ発見!』の企画でテレビ史上初めて北極点へ到達。『僕たちの校内放送』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin099)

井上順
井上順(いのうえ じゅん)は、日本のタレント、歌手、俳優。元ザ・スパイダースのメンバー。堺正章とはザ・スパイダース時代からのお付き合い。長年、芳村真理と『夜のヒットスタジオ』で司会を勤めたのでも有名。

続きを読む


石塚英彦
石塚英彦(いしづか ひでひこ)は、日本のお笑いタレント、グルメリポーター、俳優。愛称は「石ちゃん」。お笑いコンビ・ホンジャマカとして活躍後、ソロで活動。グルメレポーターとして活躍。食べた後の「まいうー」はトレードマーク。

続きを読む


中田英寿
中田英寿(なかた ひでとし)は元サッカー選手。元日本代表。株式会社東ハト執行役員。日本代表のFIFAワールドカップ3大会連続出場し活躍した。

続きを読む


松田洋治
松田洋治(まつだ ようじ)は、日本の俳優。小学1年生の時にドラマ『母の鈴』で子役デビュー。ドラマ『家族ゲーム』で沼田茂之役を行い注目を集めます。『もののけ姫』で主人公であるアシタカや『タイタニック』でディカプリオの吹き替えを担当。

続きを読む


間宮祥太朗
間宮祥太朗(まみや しょうたろう)は、日本のタレント、俳優。ハナチューの読者モデルとして活躍。その後俳優デビュー。『半分、青い。』で朝ドラ初出演。大河ドラマ『麒麟がくる』で明智左馬助役。

続きを読む


関連記事 (俳優)

オダギリジョー
オダギリジョーは、日本の俳優、映画監督。代表作に『時効警察』シリーズや『八重の桜』など。2019年には『ある船頭の話』で脚本・監督を担当し長編映画監督デビュー。

続きを読む


松方弘樹(まつかた ひろき)は、日本の俳優。2世俳優。大河ドラマで度々主演を演じます。その後、バラエティ番組に進出し『元気が出るテレビ』で今までと違う面を見せます。

続きを読む


二宮和也
二宮和也(にのみや かずなり)は、歌手、俳優、タレントで、男性アイドルグループ・嵐のメンバー。愛称は「ニノ」。映画「硫黄島からの手紙」の演技が高く評価されアカデミー賞候補に選ばれた。

続きを読む


田中圭
田中圭(たなか けい)は、日本の俳優、タレント。2018年にドラマ『おっさんずラブ』で主演をつとめ、人気を博します。

続きを読む


堺雅人
堺雅人(さかい まさと)は、俳優、声優。菅野美穂の夫。『リーガルハイ』が当たり役となりシリーズ化される。『半沢直樹』では「倍返しだ!」がブームとなり、新語・流行語大賞大賞を受賞。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ