5,369 views

俳優・中村梅雀の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 中村梅雀

記事公開日:2019年10月07日
最終更新日:2024年02月16日

中村梅雀
→ 画像検索はこちら

二代目 中村梅雀(なかむら ばいじゃく)は、日本の俳優、ベーシスト、作曲家。

代々続く歌舞伎役者の家系の出身でありながらテレビドラマや映画に積極的に出演。
『赤かぶ検事奮戦記』の柊茂役や『信濃のコロンボ事件ファイル」の竹村岩男警部役など当たり役多数あります。

このページでは、二代目 中村梅雀(なかむら ばいじゃく)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

中村梅雀(なかむら ばいじゃく)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1955年12月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin193です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い空歩く人 青い夜 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い夜
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い星
以てるもの同士の類似kin 白い世界の橋渡し
鏡の向こうのもう一人の自分 kin68
絶対反対kin kin63

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「青い夜」は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、寝なくってもご飯を食べなくてもどんなことでもやれる人です。自分を理解してくれる人は囲い込み、よく面倒を見る反面、好き嫌いもはっきりしてます。嫌いなものは嫌い。と厳しい面も。

「赤い空歩く人」は、面倒見がよく、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。良識的な人が多く、経験重視の判断をする傾向があります。まとめ役になることも多いのが特徴です。

ひとことでいえばKin193の誕生日占いは、パフォーマンスが得意なタイプです。エネルギッシュでパワフルです。自分のままに生きることが自分らしく生きること。

広告

中村梅雀(なかむら ばいじゃく)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都武蔵野市生まれ。本名は三井進一(みつい しんいち)。
父は歌舞伎役者の四代目中村梅之助。中村家は代々歌舞伎役者の家系で屋号は成駒屋。
母はピアニスト。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1965.12.12~ 10 203 8 青い夜 黄色い戦士
1966.12.12~ 11 48 9 黄色い星 黄色い太陽
1967.12.12~ 12 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
1965年に初舞台を踏みます。この頃、中村まなぶを名乗っていました。劇団前進座で歌舞伎・演劇の世界を学びます。
12才の時に母の影響もありベースを始めます。中学時代にバンド活動を開始。

ウェブスペルの色が黄色の後半に初舞台を踏みます。

テレビドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.12.12~ 13 258 11 白い鏡 黄色い星
1969.12.12~ 14 103 12 青い夜 黄色い人
1970.12.12~ 15 208 13 黄色い星 黄色い戦士
代々続く歌舞伎役者の家系の出身でありながらテレビドラマや映画に積極的に出演。
1969年に大河ドラマ『天と地と』で武田勝頼役で出演。祖父・父と共演。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近からテレビドラマや映画に積極的に出演。

中村梅雀

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.12.12~ 24 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
1980.12.12~ 25 218 10 白い鏡 赤い月
1981.12.12~ 26 63 11 青い夜 赤い空歩く人
1980年、前進座創立50周年記念公演を機に、曾祖父・二代目中村翫右衛門がかつて名乗った梅雀を襲名し「二代目梅雀」になります。

ウェブスペルの色が赤色の後半に二代目梅雀を襲名。

八代将軍吉宗

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1990.12.12~ 35 228 7 黄色い星 白い風
1991.12.12~ 36 73 8 赤い空歩く人 白い世界の橋渡し
1994.12.12~ 39 128 11 黄色い星 白い鏡
1995.12.12~ 40 233 12 赤い空歩く人 白い風
1991年に前進座特別公演『煙が目にしみる』の演技で文化庁芸術祭賞を受賞。
1995年に大河ドラマ『八代将軍吉宗』で演じた徳川家重役が話題を呼び、一気に知名度が上がります。

ウェブスペルの色が白色の半ばに文化庁芸術祭賞を受賞。
白色の最後付近に『八代将軍吉宗』に出演し一気に知名度を上げます。

大石内蔵助

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.12.12~ 45 238 4 白い鏡 青い鷲
2001.12.12~ 46 83 5 青い夜 青い嵐
2002.12.12~ 47 188 6 黄色い星 青い夜
2000年に入り『信濃のコロンボ』の竹村岩男役や『釣りバカ日誌』シリーズの草森秘書室長役なども当たり役となった。
また、2000年から舞台『大石内蔵助 おれの足音』で主演の大石内蔵助を行い2006年まで全国で縦断公演を行うほどの人気となった。
2016年に赤穂市の第113回赤穂義士祭のイベントで再び内蔵助を演じた。

ウェブスペルの色が青色の前半より行った舞台『大石内蔵助 おれの足音』は全国で縦断公演を行うほどの人気となった。

再婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.12.12~ 51 88 10 黄色い星 青い嵐
2007.12.12~ 52 193 11 赤い空歩く人 青い夜
2008.12.12~ 53 38 12 白い鏡 青い手
2006年に前進座に所属する25歳年下の女優・瀬川寿子と再婚。2015年に女児に恵まれます。
2007年に前進座を退団。その後、フリーで活動。
2009年よりテレビドラマ『赤かぶ検事奮戦記』で主演。

ウェブスペルの色が青色の最期付近に25歳年下の女優・瀬川寿子と再婚。その後、前進座を退団しフリーで活動。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.12.12~ 67 208 13 黄色い星 黄色い戦士
2023.12.12~ 68 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
2024.12.12~ 69 158 2 白い鏡 赤い地球
中村梅雀の現在は、ウェブスペルの色が赤色の変わったタイミングに当たります。
68才の時はKin53。運が強く探究心が強い年です。面倒を見るのも好きです。

  • 音1は、迷いのない決断力のあり即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。
  • 赤い空歩く人は、人の助けをしたいという強い意識があります。長所を見つけ伸ばすことに長けており、パワーを発揮します。

あなたの生かす力を背後に感じれば順風満帆の勢い。母性能力ある。

中村梅雀(なかむら ばいじゃく)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の後半に初舞台を踏みます。
黄色の最後付近からテレビドラマや映画に積極的に出演。
赤色の後半に二代目梅雀を襲名。
白色の半ばに文化庁芸術祭賞を受賞。
白色の最後付近に『八代将軍吉宗』に出演し一気に知名度を上げます。
青色の前半より行った舞台『大石内蔵助 おれの足音』は全国で縦断公演を行うほどの人気となった。
青色の最期付近に25歳年下の女優・瀬川寿子と再婚。その後、前進座を退団しフリーで活動。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小西博之
小西博之(こにし ひろゆき)は、日本の俳優、タレント。愛称はコニタン。『欽ちゃんの週刊欽曜日』のレギュラーとして抜擢。「欽ちゃんファミリー」の一員として人気を博します。『ザ・ベストテン』の2代目男性司会者。

続きを読む


小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin193)

aiko
aiko(あいこ)は、日本のシンガーソングライター。代表曲に「カブトムシ」「花火」「桜の時」「ボーイフレンド」「キラキラ」など。2005年、2006年にオリコン・好きなアーティストランキングで総合1位。

続きを読む


優木まおみ
優木まおみ(ゆうき まおみ)は、日本のマルチタレント。愛称は「まおみん」。白子のりのCMのオーディションに合格し芸能界デビュー。以降はキャスター、レポーター、女優、歌手などマルチに活動。

続きを読む


前澤友作
前澤友作(まえざわ ゆうさく)は日本の実業家。ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営する会社の創業者。2019年にZOZOがヤフー傘下となり社長退任。株式売却で手にした資金を元に優れた企画に対して資金を提供。

続きを読む


安藤忠雄
安藤忠雄(あんどう ただお)は、建築家。コンクリート打ち放しと幾何学的なフォルムによる独自の表現を確立し、世界的な評価を得る。1990年代以降、公共建築、美術館建築の仕事を行う。

続きを読む


中島知久平
中島知久平(なかじま ちくへい)は、日本の海軍軍人、実業家、政治家。創設した中島飛行機は第二次世界大戦終戦までは東洋最大、世界有数の航空機メーカー。戦後GHQより財閥解体指令を受けます。

続きを読む


関連記事 (俳優)

小澤征悦
小澤征悦(おざわ ゆきよし)は、日本の俳優。父は世界的な指揮者の小澤征爾(おざわ せいじ)。2002年の朝の連続テレビ小説『さくら』でヒロインの恋人役を演じ注目を集めます。『TEAM -警視庁特別犯罪捜査本部-』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


ウィル・スミス
ウィル・スミスは、、アメリカ合衆国の俳優、映画プロデューサー、ラッパー。俳優をする前はラッパーとして活動。その後、テレビ、映画に俳優として進出。出演作はジャンルを問わずメガヒットを放つ、アメリカを代表する「ドル箱俳優」のひとり。

続きを読む


大杉蓮
大杉蓮(おおすぎ れん)は、日本の俳優、タレント。様々な役柄をこなし「300の顔を持つ男」「カメレオン」などの異名を得ます。2018年2月21日に急逝しました。

続きを読む


石田純一
石田純一(いしだ じゅんいち)は、日本のタレント、俳優。数々のトレンディドラマに出演。バブル期を代表する俳優。長谷川理恵との不倫で『不倫は文化』というフレーズでバッシングを受けます。

続きを読む


渡辺裕之
渡辺裕之(わたなべ ひろゆき)は、日本の俳優。妻は女優の原日出子。リポビタンDのCMに抜擢。「ファイトー!」「イッパーツ!」のキャッチで人気を博します。日本の主要特撮シリーズに多く出演したことで知られます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ