4,778 views

俳優・志垣太郎の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 志垣太郎

記事公開日:2019年01月22日
最終更新日:2024年05月11日

志垣太郎
→ 画像検索はこちら

志垣太郎(しがき たろう)は、日本の俳優、声優。

『おれは男だ!』のライバルとして出演しブレイク。『あかんたれ』で主演し演技が認められ映画、テレビに多数出演。
俳優としてキャリアを積んだ後、バラエティ番組に進出。

このページでは、志垣太郎(しがき たろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

志垣太郎(しがき たろう)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1951年9月22日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin212です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 赤い月 音4
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin49
絶対反対kin kin82

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音4」は、職人肌で玄人さんです。自分自身の内面を掘り下げることに長け、勉強・探究に励む人です。周りから理解され難い面を持っていますが、人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。地に足がついたようにどっしりとした道を究めた感じの安定感を持っています。

「赤い月」は、常に新しい流れをつくりだします。簡単に出来ることではないですが、その分大きなパワーを発揮します。相手の心が読めるの能力が高いです。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin212の誕生日占いは、自分の意思で物事を決める強さを持っているタイプです。初心忘れず誠意と努力で最後までやり遂げる。

広告

志垣太郎(しがき たろう)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

東京で生まれ育ちます。出生名は河村稔(かわむら みのる)。

志垣太郎

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.9.22~ 17 177 8 赤い地球 白い犬
1969.9.22~ 18 22 9 白い風 白い魔法使い
1970.9.22~ 19 127 10 青い手 白い鏡
高校在学中の1969年に芸術座の舞台『巨人の星』で主役デビュー。本名の河村稔で舞台役者として活躍していきます。
1970年にNHKドラマ『男は度胸』より芸名を「志垣太郎」へ改名します。

ウェブスペルの色が白色の後半に舞台デビュー。翌年芸名を志垣太郎に改名します。

おれは男だ!

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1971.9.22~ 20 232 11 黄色い人 白い風
1972.9.22~ 21 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
1973.9.22~ 22 182 13 白い風 白い犬
1971年にドラマ『おれは男だ!』で主人公の森田健作のライバルを演じます。その甘い顔立ちから一躍アイドル的人気を博します。
1972年に大河ドラマ『新・平家物語』に義経役で出演。志垣の出世作となります。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に『おれは男だ!』に出演しブレイク。

あかんたれ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1976.9.22~ 25 237 3 赤い地球 青い鷲
1977.9.22~ 26 82 4 白い風 青い嵐
1978.9.22~ 27 187 5 青い手 青い夜
1976年にドラマ『あかんたれ』で主演。この作品は中村玉緒の1970年代の代表作。この演技が認められ以降多くの映画、ドラマに出演。
1977年に大河ドラマ『花神』に久坂玄瑞役で出演。

ウェブスペルの色が青色の前半に『あかんたれ』で主演。演技が認められます。

声優

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.9.22~ 28 32 6 黄色い人 青い手
1980.9.22~ 29 137 7 赤い地球 青い猿
1979年から1980年にかけてテレビアニメ『ベルサイユのばら』で、アンドレ・グランディエの声優を務めます。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『ベルサイユのばら』でアンドレの声優を務めます。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.9.22~ 31 87 9 青い手 青い嵐
1983.9.22~ 32 192 10 黄色い人 青い夜
1973年よりたびたびドラマ『水戸黄門』に出演していました。
1982年に同じく『水戸黄門』にゲスト出演した白坂紀子に一目惚れし結婚。2人には1988年にタレントの匠(たくみ)に恵まれます。

ウェブスペルの色が青色の後半に白坂紀子と結婚。

バラエティ番組に進出

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1987.9.22~ 36 92 1 黄色い人 黄色い人
1988.9.22~ 37 197 2 赤い地球 黄色い戦士
1992.9.22~ 41 97 6 赤い地球 黄色い人
役者としてのキャリアを積んだ後、『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』で「デビル志垣」シリーズを皮切りにバラエティ番組に進出。
1992年に日曜日の13:00から放送となった『噂の!東京マガジン』では「1丁目1番地」を降板した2014年まで担当。
『踊る!さんま御殿!!』の常連ゲストとしても黒沢年雄・中尾彬らとともに出演。スペシャル版では妻の白坂と一緒に出演するのが恒例となります。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年からバラエティ番組に進出。俳優以外の顔を見せるようになりました。

晩年

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2020.9.22~ 69 177 8 赤い地球 白い犬
2021.9.22~ 70 22 9 白い風 白い魔法使い
2022年3月5日に心不全で死去。
twitterの更新が止められていたが12月6日に訃報が伝えられます。

ウェブスペルの色が白色の後半に亡くなりました。

志垣太郎のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の後半に舞台デビュー。翌年芸名を志垣太郎に改名。
白色の最後付近に『おれは男だ!』に出演しブレイク。
青色の前半に『あかんたれ』で主演。演技が認められます。
青色の半ばに『ベルサイユのばら』でアンドレの声優を務めます。
青色の後半に一目ぼれした女優の白坂紀子と結婚。
黄色の始めの年からバラエティ番組に進出。俳優以外の顔を見せるようになりました。
2度目の白色の後半に亡くなりました。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小西博之
小西博之(こにし ひろゆき)は、日本の俳優、タレント。愛称はコニタン。『欽ちゃんの週刊欽曜日』のレギュラーとして抜擢。「欽ちゃんファミリー」の一員として人気を博します。『ザ・ベストテン』の2代目男性司会者。

続きを読む


小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin212)

吉岡里帆
吉岡里帆(よしおか りほ)は、日本の女優、グラビアアイドル。朝の連続テレビ小説『あさが来た』で「のぶちゃん」こと田村宜役を演じ一躍注目を集めます。2017年には「ブレイク女優ランキング」で第1位を獲得。

続きを読む


梅宮辰夫
梅宮辰夫(うめみや たつお)は日本の俳優・タレント・実業家。娘はタレントの梅宮アンナ。昭和の映画スター。俳優として映画・テレビドラマに出演。その後、飲食事業の経営やバラエティ番組にも進出。

続きを読む


浅利慶太
浅利慶太(あさり けいた)は、日本の演出家、実業家。劇団四季創設者の一人。劇団四季、四季株式会社を、商業主義ミュージカル劇団としても企業としても成長させた人物。

続きを読む


秋吉久美子
秋吉久美子(あきよし くみこ)は、日本の女優。映画『赤ちょうちん』に出演し名前が知られるようになります。『異人たちとの夏』『男はつらいよ 寅次郎物語』『深い河』などが代表作。

続きを読む


草なぎ剛
草なぎ剛(くさなぎ つよし)は歌手、俳優、司会者で元男性アイドルグループSMAPのメンバー。1998年から『ぷっすま』の司会を務めます。2001年より韓国語を修得。日韓の交流に大きく貢献しています。

続きを読む


関連記事 (俳優)

山田康雄
山田康雄(やまだ やすお)は、日本の俳優、声優、司会者。劇団テアトル・エコーの看板役者として活躍。クリント・イーストウッドの吹き替えやルパン三世の声優で有名。『お笑いスター誕生!!』の司会を中尾ミエと担当。

続きを読む


宮沢氷魚
宮沢氷魚(みやざわ ひお)は、日本の俳優、ファッションモデル、タレント。『MEN'S NON-NO』専属モデルオーディションでグランプリを獲得しモデルとして活動。その後、俳優としてもデビュー。父は元THE BOOMの宮沢和史。

続きを読む


渡瀬恒彦
渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)は日本の俳優・歌手。兄は俳優の渡哲也。映画で活躍後にテレビで多く見られるようになります。特に、多数の刑事ドラマシリーズで主演を行いました。2017年にガンで亡くなります。

続きを読む


佐藤B作
佐藤B作(さとう ビーさく)は、日本の俳優。劇団東京ヴォードヴィルショーを結成。その後、萩本欽一の「週刊欽曜日」にレギュラー出演。コントを繰り広げ、全国的な人気を得ます。

続きを読む


萩原健一
萩原健一(はぎわら けんいち)は、日本の俳優・歌手。ニックネームは「ショーケン」。グルーブサウンズ全盛期にボーカルとして人気を得ます。その後、俳優に転身。テレビドラマ、映画で数々の主演を行いました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ