4,128 views

俳優・近藤芳正の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 近藤芳正

記事公開日:2016年08月07日
最終更新日:2023年11月16日

近藤芳正
→ 画像検索はこちら

近藤芳正(こんどう よしまさ)は、日本の俳優。

ドラマ『中学生日記』でデビュー。
劇団七曜日の劇団員ながら東京サンシャインボーイズの舞台に多く出演。
三谷幸喜脚本の映画作品に数多く出演。名脇役で知られる人物。

このページでは、近藤芳正(こんどう よしまさ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

近藤芳正(こんどう よしまさ)の誕生日占い

生年月日:1961年8月13日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin182です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 白い犬 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い世界の橋渡し
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin79
絶対反対kin kin52

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin182の誕生日占いは、伝達能力に優れているタイプです。心から思いを伝えましょう。進行を妨げられたら計画を温めなおすこと。

広告

近藤芳正(こんどう よしまさ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

愛知県名古屋市出身。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1976.8.13~ 15 197 2 赤い地球 黄色い戦士
1977.8.13~ 16 42 3 白い風 黄色い太陽
1978.8.13~ 17 147 4 青い手 黄色の種
中学1年の時に地元の児童劇団に入団。
15才の時に『中学生日記』に出演しテレビドラマ初出演。
『中学生日記』では何度か主演を務めます。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに『中学生日記』でテレビドラマ初出演。

俳優修行

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1979.8.13~ 18 252 5 黄色い人 黄色い星
1980.8.13~ 19 97 6 赤い地球 黄色い人
1981.8.13~ 20 202 7 白い風 黄色い戦士
地元の高校を卒業し『中学生日記』の風間先生役だった湯浅実の元、名古屋で俳優修行を1年行います。
湯浅実の所属する劇団青年座の研究所に2年間入所。その後、劇団七曜日へ入団。
劇団七曜日は石井光三とレオナルド熊ら立ち上げた劇団。渡辺正行が主宰者だった時期もあります。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに俳優の修業を積みます。

三谷幸喜

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1991.8.13~ 30 212 4 黄色い人 赤い月
1992.8.13~ 31 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
1993.8.13~ 32 162 6 白い風 赤い地球
1991年に三谷幸喜脚本の『12人の優しい日本人』に出演を機に東京サンシャインボーイズの舞台に出演。
レギュラー出演が続き、東京サンシャインボーイズ劇団員でないものの正式な劇団員と自称するほど。
『ラヂオの時間』『みんなのいえ』と立て続けに映画出演。

ウェブスペルの色が赤色の前半より東京サンシャインボーイズの舞台にレギュラー出演。『ラヂオの時間』『みんなのいえ』と立て続けに映画出演。

西村雅彦との二人芝居

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1995.8.13~ 34 112 8 黄色い人 赤い蛇
1996.8.13~ 35 217 9 赤い地球 赤い月
1997.8.13~ 36 62 10 白い風 赤い空歩く人
1996年に西村雅彦との二人芝居の舞台『笑の大学』で読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞。

ウェブスペルの色が赤色の後半に西村雅彦と舞台『笑の大学』で読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞。

劇団ダンダンブエノ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.8.13~ 40 222 1 白い風 白い風
2004.8.13~ 43 17 4 赤い地球 白い魔法使い
2007.8.13~ 46 72 7 黄色い人 白い世界の橋渡し
2001年に酒井敏也・山西惇らの協力を得て劇団ダンダンブエノを立ち上げ。
2004年に『バナナが好きな人』で第4回、2007年に『砂利』で第7回バッカーズ演劇奨励賞を受賞。
2009年にソロプロジェクトのバンダ・ラ・コンチャンを立ち上げ。

ウェブスペルの色が白色の始めの年に劇団ダンダンブエノを立ち上げ。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.8.13~ 57 187 5 青い手 青い夜
2019.8.13~ 58 32 6 黄色い人 青い手
2020.8.13~ 59 137 7 赤い地球 青い猿
2018年より松竹エンタテインメントに所属。
2021年1月2日に一般女性との結婚を発表。

ウェブスペルの色が青色の半ばに一般女性と結婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2023.8.13~ 62 192 10 黄色い人 青い夜
2024.8.13~ 63 37 11 赤い地球 青い手
2025.8.13~ 64 142 12 白い風 青い猿
近藤芳正の現在は、ウェブスペルの色が青色の後半に当たります。
62才の時はKin192。プロデュース能力がある年です。ポイントは歌です。

  • 音10は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にしたりプロデュースやアドバイザーに向いています。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

自分の立場を考えて状況を静観すること。

近藤芳正(こんどう よしまさ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の始めころに『中学生日記』でテレビドラマ初出演。
黄色の半ばに俳優の修業を積みます。
赤色の前半より東京サンシャインボーイズの舞台にレギュラー出演。『ラヂオの時間』『みんなのいえ』と立て続けに映画出演。
赤色の後半に西村雅彦と舞台『笑の大学』で読売演劇大賞最優秀作品賞を受賞。
白色の始めの年に劇団ダンダンブエノを立ち上げ。
青色の半ばに一般女性と結婚。

ダチョウ倶楽部の前身のキムチ倶楽部に所属していたこともあります。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


宇良和輝
宇良和輝(うら かずき)は、日本の大相撲力士。珍しい決まり手を使うこともある技巧派力士。愛称は21世紀版技のデパート。幕内経験後に怪我の長期休場により西序二段106枚目まで降格。その後再入幕。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin182)

なかやまきんに君
なかやまきんに君(なかやまきんにくん)は、日本の男性お笑い芸人。恵まれた体質を活かしてスポーツ特番に出演。数々の好成績を収めます。サバンナ・八木真澄とはプロレスでタッグを組んだり、漫才コンビ『ザ☆健康ボーイズ』を結成。

続きを読む


温水洋一
温水洋一(ぬくみず よういち)は、日本の俳優、タレント。愛称は「ぬっくん」。もともとは舞台俳優。演劇活動と並行してドラマ・バラエティ番組し広く知られる存在。名わき役として有名です。

続きを読む


ボリス・ジョンソン
ボリス・ジョンソンは、イギリスの政治家。イギリス首相(第77代)、保守党党首(第28代)。イギリスの欧州連合(EU)離脱を進め成功させた人物。過去にはロンドン市長を2期つとめます。

続きを読む


LiLiCo
LiLiCo(リリコ)は、日本のタレント。夫は俳優の小田井涼平。スウェーデン出身。来日してから下済み生活を続けます。『王様のブランチ』にレギュラー出演して以降マルチタレントとして幅広く活躍。DDTプロレスリングでプロレスラーとして活動したこともあります。

続きを読む


清水アキラ
清水アキラ(しみず アキラ)は、日本のものまねタレント、お笑いタレント。ザ・ハンダースを結成。コントやコミックソングなどを行います。その後、コロッケ、栗田貫一、ビジーフォーと並びものまね四天王といわれ、ものまねブームを巻き起こします。

続きを読む


関連記事 (俳優)

三代目 市川右團次
三代目市川右團次(いちかわ うだんじ)は、日本の歌舞伎役者、俳優。旧名は市川右近。歌舞伎の舞台はもとよりテレビドラマやオペラの演出など多彩に活動。

続きを読む


佐藤二朗
佐藤二朗(さとう じろう)は、日本の俳優、脚本家、映画監督。演劇ユニット「ちからわざ」を旗揚げし脚本、出演を担当。映像作品では個性豊かなトリッキーな役どころで活躍。

続きを読む


中村勘九郎と前田愛
中村勘九郎と前田愛は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2001年に放送されたドラマ「光の帝国」での共演で知り合い交際を開始します。2011年に長男、2013年に次男が誕生します。

続きを読む


林遣都
林遣都(はやし けんと)は、日本の俳優。妻は元AKB48の大島優子。映画『バッテリー』の主演で俳優デビュー。スポーツ青春映画で立て続けに主演。『荒川アンダー ザ ブリッジ』で連続ドラマ初主演。『おっさんずラブ』に出演し人気を博します。

続きを読む


笹野高史
笹野高史(ささの たかし)は、日本の俳優、タレント。コミカル、シリアス、真面目、堅物と、どのような役柄でも独特の味わいを見せる俳優。山田洋次監督作品の常連でもあり、時代劇には欠かせない存在。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ