3,710 views

タレント・渡辺正行の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 渡辺正行

記事公開日:2020年07月21日
最終更新日:2023年12月11日

渡辺正行
→ 画像検索はこちら

渡辺正行(わたなべ まさゆき)は、日本のお笑いタレント。愛称はリーダー。

コント赤信号を結成し活躍。その後多くの番組でサブ司会者として抜擢。「芸能界のスーパーサブ」の異名をとります。
若手お笑い芸人の育成にも積極的で「ラ・ママ新人コント大会」を主宰。

このページでは、渡辺正行(わたなべ まさゆき)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

渡辺正行(わたなべ まさゆき)の誕生日占い

生年月日:1956年1月24日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin236です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 青い鷲 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin25
絶対反対kin kin106

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

ひとことでいえばKin236の誕生日占いは、自信過剰な反面、落胆しやすいタイプです。好き嫌いがはっきりしています。悩みの中にあっても希望を持って時を見る。

広告

渡辺正行(わたなべ まさゆき)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

千葉県いすみ市出身。
中学・高校と剣道部に所属。高校時代には関東高校剣道大会に出場した経験。剣道五段の持ち主。

学生時代

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.1.24~ 19 151 8 青い猿 黄色の種
1976.1.24~ 20 256 9 黄色い戦士 黄色い星
1977.1.24~ 21 101 10 赤い竜 黄色い人
明治大学に進学。落語研究会に所属し同研究会伝統の「紫紺亭志い朝」の名跡を立川志の輔から引き継ぎます。
大学在学中の1977年に劇団テアトル・エコー養成所に入所。

ウェブスペルの色が黄色の後半に明治大学在学中に劇団テアトル・エコー養成所に入所。

コント赤信号

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1978.1.24~ 22 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
1979.1.24~ 23 51 12 青い猿 黄色い太陽
1980.1.24~ 24 156 13 黄色い戦士 黄色の種
1977年に一級上のラサール石井、同期の小宮孝泰と共にコントグループ「コント赤信号」を結成。
1978年に杉兵助に弟子入りし修行を積みます。同年、明治大学経営学部を卒業。
1980年に『花王名人劇場』でテレビデビュー。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近にコントグループ「コント赤信号」を結成。その後、テレビデビュー。

リーダー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1981.1.24~ 25 1 1 赤い竜 赤い竜
1982.1.24~ 26 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1983.1.24~ 27 211 3 青い猿 赤い月
コント赤信号は暴走族コントやチンピラコントなどで人気を博します。このコントで渡辺正行の役柄で「リーダー」だったことからいつしか定着。
1982年10月から「オレたちひょうきん族」に出演し全国区で知られる存在になります。

ウェブスペルの色が赤色に変わり「コント赤信号」で全国区に知られる存在になります。

笑っていいとも

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.1.24~ 29 161 5 赤い竜 赤い地球
1986.1.24~ 30 6 6 白い世界の橋渡し 赤い竜
1987.1.24~ 31 111 7 青い猿 赤い蛇
1985年より「笑っていいとも」に出演。
一般出場者が渡辺とコーラの一気飲み対決をするコーナーではほぼ無敵を誇ります。
1986年から「ラ・ママ新人コント大会」を主宰。所属事務所の枠を取り払ったお笑いライブ。過去にはウッチャンナンチャンダチョウ倶楽部爆笑問題くりぃむしちゅーら、のちに名声を博すことになるお笑い芸人たちも多数出演。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに「笑っていいとも」に出演。コーラの一気飲み対決ではほぼ無敵でした。若手芸人の育成ため「ラ・ママ新人コント大会」を主宰。

スーパーサブ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.1.24~ 32 216 8 黄色い戦士 赤い月
1989.1.24~ 33 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
1990.1.24~ 34 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
1988年からクイズ番組『クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』で逸見政孝を補佐するサブ司会者を担当。
司会者を立てつつ番組を盛り上げる仕事ぶりが評価され1990年代には多くの番組でサブ司会者として抜擢。
「芸能界のスーパーサブ」の異名をとります。

ウェブスペルの色が赤色の後半に多くの番組でサブ司会者として抜擢。「芸能界のスーパーサブ」の異名をとります。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.1.24~ 43 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
2000.1.24~ 44 176 7 黄色い戦士 白い犬
2001.1.24~ 45 21 8 赤い竜 白い魔法使い
1999年9月に18歳年下の一般人女性と結婚。
2000年の渡辺の誕生日に長女が誕生。

ウェブスペルの色が白色の半ばに18歳年下の一般人女性と結婚。翌年長女が誕生。

お笑いの審査員

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.1.24~ 49 181 12 赤い竜 白い犬
2006.1.24~ 50 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2007.1.24~ 51 131 1 青い猿 青い猿
2005年からは「伊東四朗一座」及び「熱海五郎一座」の舞台公演にレギュラーメンバーとして参加。三宅裕司とともに東京喜劇の発展に寄与。
2005年より「M-1グランプリ」の決勝の審査員を度々担当。そのほか、「R-1ぐらんぷり」や「THE MANZAI」の審査員も度々担当。

ウェブスペルの色が白色の最後付近より「M-1グランプリ」などお笑いの審査委員を度々担当。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.1.24~ 66 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
2023.1.24~ 67 251 4 青い猿 黄色い星
2024.1.24~ 68 96 5 黄色い戦士 黄色い人
渡辺正行の現在は、ウェブスペルの色が黄色の前半に当たります。
68才の時はKin96。周りに対して素直に表現できる年です。神経質になりやすい面があります。

  • 音5は、一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 黒Kinですので1年間強いエネルギーの出入りがあります。

誠心誠意生きなさい。

渡辺正行(わたなべ まさゆき)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の後半に明治大学在学中に劇団テアトル・エコー養成所に入所。
黄色の最後付近にコントグループ「コント赤信号」を結成。その後、テレビデビュー。
赤色に変わり「コント赤信号」で全国区に知られる存在になります。
赤色の半ばに「笑っていいとも」に出演。コーラの一気飲み対決ではほぼ無敵。若手芸人の育成ため「ラ・ママ新人コント大会」を主宰。
赤色の後半に多くの番組でサブ司会者として抜擢。「芸能界のスーパーサブ」の異名をとります。
白色の半ばに18歳年下の一般人女性と結婚。翌年長女が誕生。
白色の最後付近より「M-1グランプリ」などお笑いの審査委員を度々担当。

バナナマンの設楽統はかつて渡辺の付き人でした。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


岩崎宏美
岩崎宏美(いわさき ひろみ)は、日本の歌手。『スター誕生!』で最優秀賞に輝きデビュー。『ロマンス』『聖母たちのララバイ』は売上80万枚を超える大ヒット。さだまさしを「生き神様」と敬うほどのファン。

続きを読む


楠見薫
楠見薫(くすみ かおる)は、日本の女優。劇団・遊気舎の看板女優として活動。退団後はテレビ番組・映画など幅広く活躍。朝ドラには『ブギウギ』で10作品に出演。「隠れ朝ドラ女王」の1人とされます。

続きを読む


椎名桔平
椎名桔平(しいな きっぺい)は、日本の俳優。元妻は女優の山本未來。映画『ヌードの夜』に同性愛者役で出演し注目を集めます。1990年代半ばよりテレビドラマに出演し知られる存在となった。

続きを読む


常田富士男
常田富士男(ときた ふじお)は、日本の俳優、声優。個性派の怪優として知られました。「まんが日本昔ばなし」の声優を市原悦子と2人で20年担当。歌手としてビートルズを題材としたレコードを発売。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin236)

掛布雅之
掛布雅之(かけふ まさゆき)は、日本の元プロ野球選手。 現役時代は阪神の主力選手でファンからはミスタータイガースと呼ばれた。2016年から2年間、阪神の2軍の監督を務めた。

続きを読む


桂文珍
桂文珍(かつら ぶんちん)は、日本の落語家、タレント。東西を代表する落語家の一人。古典から新作まで幅広くこなす人物。

続きを読む


江戸川乱歩
江戸川乱歩(えどがわ らんぽ)は、日本の小説家・推理作家。日本人初の本格推理作家。少年向けの「怪人二十面相」は少年から圧倒的に支持を受けた。戦後に推理作家への登竜門として知られる江戸川乱歩賞を制定。

続きを読む


ウォルトディズニーさんはアニメーター、世界的に有名な「ミッキーマウス」や「ディズニーランド」や「世界的企業のウォルト・ディズニー・カンパニー」の生みの親です。

続きを読む


赤井英和
赤井英和(あかい ひでかず)は、日本の俳優、タレント、元プロボクサー。ボクサーとして「浪速のロッキー」の異名を取る活躍を見せた後、俳優に転身。関西ではバラエティ、関東では俳優として主に活動。

続きを読む


関連記事 (タレント)

ヒコロヒー
ヒコロヒーは、日本の女性お笑いタレント。芸風は仕掛けに頼らない一人コント。2021年から初の冠番組『キョコロヒー』が始まるなどテレビ出演が増え、2021年ブレイクタレントランキングで5位。

続きを読む


さとう珠緒
さとう珠緒(さとう たまお)は、日本の女優、タレント。初代ミニスカポリスとして活動。過剰なぶりっ子を演じるキャラで活躍。「ぷん! ぷん!」と言うのがトレードマーク。

続きを読む


安めぐみ
安めぐみ(やす めぐみ)は、日本のタレント。夫はタレントの東貴博。少年誌主催のオーディションで準グランプリを受賞しデビュー。結婚したい女性タレントランキングで1位を獲得。その後、映画、連続ドラマで初主演。

続きを読む


森崎博之
森崎博之(もりさき ひろゆき)は、日本の俳優、タレント。『いばらのもり』の放送以降、北海道ローカルの番組に多く出演。その後、東京に進出。『下町ロケット』など不定期に全国区のドラマに出演。「農業タレント」と称して主に北海道で活動。

続きを読む


假屋崎省吾
假屋崎省吾(かりやざき しょうご)は、日本のフラワーアーティスト。要人や式典で花の総合プロデュース。花の教室を主宰、個展開催、タレント、本の出版など多岐にわたり活躍しています。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ