3,710 views

俳優・駿河太郎の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 駿河太郎

記事公開日:2020年12月01日
最終更新日:2023年08月30日

駿河太郎
→ 画像検索はこちら

駿河太郎(するが たろう)は、日本の俳優、ミュージシャン。父は落語家の笑福亭鶴瓶。

『taro』名義で歌手としてメジャーデビュー。その後、30才を機に俳優に転向し映画やテレビドラマなどに出演。
朝の連続テレビ小説『カーネーション』でヒロインの夫役に抜擢され知られる存在となった。

このページでは、駿河太郎(するが たろう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ タレント「笑福亭鶴瓶」の誕生日占いと人生鑑定

駿河太郎(するが たろう)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1978年6月5日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin78です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い鏡 白い世界の橋渡し 音13
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い風
互いに学びあう 反対kin 黄色い星
互いに秘かれあう 神秘kin 青い夜
以てるもの同士の類似kin 赤い竜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin183
絶対反対kin kin208

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音13」は、肯定的なセルフイメージを持っており、自分に絶対的な自信があり、モチベーション高く物事に取り組みます。忍耐力もあるので、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことが得意です。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえるめちゃめちゃポジディブシンキングな人です。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

ひとことでいえばKin78の誕生日占いは、精神的なつながりの強いところで能力を発揮できるタイプです。まとまりの欠けるところに運動と興味が集中する。

広告

駿河太郎(するが たろう)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

兵庫県西宮市出身。
父は日本の落語家、タレント、司会者の笑福亭鶴瓶(本名は駿河学)。
小学の時に父の司会の番組に数回出演。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.6.5~ 23 153 10 赤い空歩く人 黄色の種
2002.6.5~ 24 258 11 白い鏡 黄色い星
2003.6.5~ 25 103 12 青い夜 黄色い人
大阪芸術大学を卒業し、2年間イギリスに音楽留学。
2003年に『taro』名義で吉田拓郎のカバー曲「どうしてこんなに悲しいんだろう」でメジャーデビュー。

ウェブスペルの色が黄色の最期付近に『taro』名義でメジャーデビュー。

sleepydog

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.6.5~ 27 53 1 赤い空歩く人 赤い空歩く人
2006.6.5~ 28 158 2 白い鏡 赤い地球
2007.6.5~ 29 3 3 青い夜 赤い竜
その後、バンド「sleepydog」を結成し、ボーカル&ギターを担当。
2006年にシングル・スタートラインを発売。

ウェブスペルの色が赤色に変わりバンド「sleepydog」を結成し、ボーカル&ギターを担当。

俳優に転向

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.6.5~ 30 108 4 黄色い星 赤い蛇
2009.6.5~ 31 213 5 赤い空歩く人 赤い月
2010.6.5~ 32 58 6 白い鏡 赤い空歩く人
30歳になったのを機に俳優に転向。映画やテレビドラマなどに出演。

ウェブスペルの色が赤色の前半に俳優に転向し映画やテレビドラマなどに出演。

カーネーション

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.6.5~ 33 163 7 青い夜 赤い地球
2012.6.5~ 34 8 8 黄色い星 赤い竜
2013.6.5~ 35 113 9 赤い空歩く人 赤い蛇
2011年にsleepydogの活動を止め、新ユニット・Human Noteを始動。
同年、朝の連続テレビ小説『カーネーション』でヒロイン・尾野真千子の夫役・川本勝役に抜擢され知られる存在になります。
2013年の池井戸潤原作のドラマ『半沢直樹』では父・鶴瓶と共演。

ウェブスペルの色が赤色の半ばに朝の連続テレビ小説『カーネーション』でヒロインの夫役に抜擢され知られる存在となった。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2018.6.5~ 40 118 1 白い鏡 白い鏡
2019.6.5~ 41 223 2 青い夜 白い風
2020.6.5~ 42 68 3 黄色い星 白い世界の橋渡し
2018年にドラマ『あなたには帰る家がある』で三浦圭介役。
2019年にドラマ『べしゃり暮らし』で金本浩史役。舞台『天下一の軽口男』で主演の米沢彦八役。
2020年に大河ドラマ『麒麟がくる』で筒井順慶役。

ウェブスペルの色が白色の前半に大河ドラマ『麒麟がくる』で筒井順慶役で出演。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.6.5~ 44 18 5 白い鏡 白い魔法使い
2023.6.5~ 45 123 6 青い夜 白い鏡
2024.6.5~ 46 228 7 黄色い星 白い風
駿河太郎の現在は、ウェブスペルの色が白色の半ばに当たります。
45才の時はKin123。マイペース、鉄の意志、信念の強さを持っている年です。

  • 音6は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないです。束縛されることを嫌います。
  • 青い夜は、夢ややりたいことが原動力となり、その目標に向かってなら、いつもより頑張れます。
  • 白い鏡は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をします。

見極めがつかないことはこれから伸びる可能性あり。

駿河太郎(するが たろう)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最期付近に『taro』名義で歌手としてメジャーデビュー。
赤色に変わりバンド「sleepydog」を結成し、ボーカル&ギターを担当。
赤色の前半に俳優に転向し映画やテレビドラマなどに出演。
赤色の半ばに朝の連続テレビ小説『カーネーション』でヒロインの夫役に抜擢され知られる存在となった。
白色の前半に大河ドラマ『麒麟がくる』で筒井順慶役で出演。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


岩崎宏美
岩崎宏美(いわさき ひろみ)は、日本の歌手。『スター誕生!』で最優秀賞に輝きデビュー。『ロマンス』『聖母たちのララバイ』は売上80万枚を超える大ヒット。さだまさしを「生き神様」と敬うほどのファン。

続きを読む


楠見薫
楠見薫(くすみ かおる)は、日本の女優。劇団・遊気舎の看板女優として活動。退団後はテレビ番組・映画など幅広く活躍。朝ドラには『ブギウギ』で10作品に出演。「隠れ朝ドラ女王」の1人とされます。

続きを読む


椎名桔平
椎名桔平(しいな きっぺい)は、日本の俳優。元妻は女優の山本未來。映画『ヌードの夜』に同性愛者役で出演し注目を集めます。1990年代半ばよりテレビドラマに出演し知られる存在となった。

続きを読む


常田富士男
常田富士男(ときた ふじお)は、日本の俳優、声優。個性派の怪優として知られました。「まんが日本昔ばなし」の声優を市原悦子と2人で20年担当。歌手としてビートルズを題材としたレコードを発売。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin078)

板垣退助
板垣退助は日本の武士(土佐藩士)、政治家。自由民権運動の主導者として知られ、「庶民派」の政治家として国民から圧倒的な支持を受けていた。

続きを読む


舟木一夫
舟木一夫(ふなき かずお)は、日本の歌手、タレント。『高校3年生』でデビュー。大ヒットし瞬く間にスターとなった。1970年代に入り人気が低迷。しかしデビュー30周年プレ公演を機に人気が再燃。

続きを読む


染谷将太
染谷将太(そめたに しょうた)は、日本の俳優。妻は女優の菊地凛子。7才から子役として活動。2011年に映画『ヒミズ』で二階堂ふみと共にヴェネツィア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞。

続きを読む


本仮屋ユイカ
本仮屋ユイカ(もとかりや ユイカ)は、日本の女優。2005年の朝の連続テレビ小説『ファイト』ではヒロイン役を1154人の中のオーディションから勝ち抜きます。『王様のブランチ』の4代目女性総合司会を担当。

続きを読む


渡部建
渡部建(わたべ けん)は、日本のお笑いタレント、司会者。妻は女優の佐々木希。お笑いコンビ・アンジャッシュのツッコミ担当。ソロでMCやグルメリポーターとしても活躍。不祥事で芸能活動を自粛していたが2022年2月に再開。

続きを読む


関連記事 (俳優)

阿部サダヲ
阿部サダヲ(あべ サダヲ)は、日本の俳優、歌手。劇団大人計画所属。宮藤官九郎脚本の常連出演者でもある。代表作にドラマ『マルモのおきて』など多数。大人計画のメンバーで構成のバンド『グループ魂』のボーカルを担当。

続きを読む


濱田岳
濱田岳(はまだ がく)は、日本の俳優。テレビドラマ『釣りバカ日誌』の浜ちゃんや、au三太郎の金太郎などで知られます。

続きを読む


酒井一圭
酒井一圭(さかい かずよし)は、日本の俳優、元子役。純烈のプロデューサー、リーダー。5代目あばれはっちゃくで主演し子役デビュー。高校を卒業し芸能活動を再開。プロレスラーとしてもで活動。その後、純烈を結成しグループを牽引。2018年に紅白歌合戦初出場。

続きを読む


小日向文世
小日向文世(こひなた ふみよ)は、日本の俳優。19年間「オンシアター自由劇場」に在籍。劇団は解散し映画・テレビドラマに端役で出演。テレビドラマ「HERO」のレギュラーに抜擢されたのを機に人生が変わります。

続きを読む


竹中直人
竹中直人(たけなか なおと)は、日本の俳優、声優、タレント、コメディアン、映画監督、歌手。コメディアンとして活動、並行し俳優活動を行います。大河ドラマ『秀吉』で秀吉役が当たり役となります。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ