3,631 views

大相撲力士・若隆景渥の誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 若隆景渥

記事公開日:2022年05月18日
最終更新日:2023年09月29日

若隆景渥
出典:wikipedia.org 2022年

若隆景渥(わかたかかげ あつし)は、日本の大相撲力士。

祖父の代から続く相撲一家。兄2人も大相撲力士。
大学時代に実績を残し三段目付出資格を獲得し大相撲入り。
2022年3月場所に関脇昇進。その場所、初の幕内最高優勝。
2023年4月に右膝靱帯の再建手術を受け休場が続きます。

このページでは、若隆景渥(わかたかかげ あつし)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

若隆景渥(わかたかかげ あつし)の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1994年12月6日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin122です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い風 白い鏡 音5
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い犬
互いに学びあう 反対kin 黄色い人
互いに秘かれあう 神秘kin 青い嵐
以てるもの同士の類似kin 赤い地球
鏡の向こうのもう一人の自分 kin139
絶対反対kin kin252

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音5」は、いつもはのんびり屋さんですが、いざとなると、底地力を発揮します。一旦ONのスイッチが入ると、行動的・積極的になり、すごいスピードで物事をこなしていきます。説得力があり、一貫性があるので、人から信頼されます。

「白い鏡」は、約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

ひとことでいえばKin122の誕生日占いは、事実を伝えるタイプです。霊的なものを受けやすい面もあります。見極めがつかないことはこれから伸びる可能性あり。

広告

若隆景渥(わかたかかげ あつし)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

福島県福島市出身。3人兄弟の末っ子。本名は大波渥(おおなみ あつし)。
祖父は小結・若葉山。父は幕下・若信夫。兄は幕下・若隆元と幕内・若元春。相撲一家で育ちます。

相撲を始める

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2000.12.6~ 6 232 11 黄色い人 白い風
2001.12.6~ 7 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
2002.12.6~ 8 182 13 白い風 白い犬
小学1年の時に福島県の県北相撲協会で相撲を始めます。
3人兄弟の中で一番弱く中学を卒業するまで全国大会に出ても一回戦敗退が多かったそうです。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に相撲を始めます。

徐々に実績を残す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2011.12.6~ 17 87 9 青い手 青い嵐
2014.12.6~ 20 142 12 白い風 青い猿
2015.12.6~ 21 247 13 青い手 青い鷲
高校3年次に全日本ジュニア体重別相撲選手権大会100kg未満級優勝、世界ジュニア相撲選手権大会団体優勝・軽量級2位と実績を残します。
兄2人は高校卒業のタイミングで大相撲入りしますが東洋大学に進学。御嶽海は2つ上の大学の先輩。
東洋大学4年次に相撲部副主将。全国学生相撲選手権大会は団体で優勝、個人で準優勝の成績を残し、大相撲の三段目最下位格付出資格を獲得。
もともと恵まれない体格からプロ入りを悩んでいましたが三段目付出資格を得たことから大相撲入りを決意。

ウェブスペルの色が青色の最後付近には学生相撲で実績を残すようになります。

初土俵

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2016.12.6~ 22 92 1 黄色い人 黄色い人
2017.12.6~ 23 197 2 赤い地球 黄色い戦士
2018.12.6~ 24 42 3 白い風 黄色い太陽
大学卒業後は兄2人がいる荒汐部屋に入門。2017年3月場所で初土俵。三段目付出100枚目。四股名は若隆景。続く2017年5月場所で三段目で全勝優勝。
2017年7月場所に幕下。2018年5月場所に新十両。とんとん拍子に番付をあげていきます。

2018年に介護士の女性と結婚し長女が誕生。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に初土俵。

幕内最高優勝

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.12.6~ 25 147 4 青い手 黄色の種
2020.12.6~ 26 252 5 黄色い人 黄色い星
2021.12.6~ 27 97 6 赤い地球 黄色い人
2019年11月場所に新入幕。3兄弟の中で一番早い新入幕となった。
しかしこの場所に右足首負傷し5日目から休場し十両に転落。2020年7月場所に再入幕。
2021年1月場所はコロナウィルスに感染し全休。
2021年7月場所に小結となり新三役昇進。しかしこの場所は10敗し前頭に転落。
2022年3月場所に関脇に昇進。この場所、幕内最高優勝。

ウェブスペルの色が黄色の前半に新入幕。
黄色の半ばに関脇に昇進。幕内最高優勝。

右膝靱帯の再建手術

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.12.6~ 28 202 7 白い風 黄色い戦士
2023年3月場所13日目に小結・琴ノ若との対戦で右ひざの前十字じん帯を損傷し14日目から休場。
4月上旬に右膝靱帯の再建手術。医師から復帰までに半年から1年以上かかると説明。
5月場所、7月場所、9月場所は全休。11月場所では2018年3月以来の幕下降格となる見込み。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに右膝靱帯の再建手術を受け休場が続き幕下降格。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.12.6~ 27 97 6 赤い地球 黄色い人
2022.12.6~ 28 202 7 白い風 黄色い戦士
2023.12.6~ 29 47 8 青い手 黄色い太陽
若隆景渥の現在は、ウェブスペルの色が黄色の半ばに当たります。
29才の時はKin47。手先が器用で明るく、責任感が強い年です。自分の力を過信しないで。

  • 音8は、バランスと調和を大事にします。どんな状況でもすぐに溶け込めます。
  • 青い手は、手を使うことで、手に秘められた力がわいてきます。手間をかけることや手抜きをせず、手作業などを行うとパワーが沸いてきます。
  • 黄色い太陽は、決めたことは最後までやりとおします。物事をまかされると力を発揮します。

十分に力を蓄えよ。

若隆景渥(わかたかかげ あつし)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の最後付近に相撲を始めます。
青色の最後付近には学生相撲で実績を残すようになります。
黄色の始めの年に三段目付出で初土俵。
黄色の前半に新入幕。
黄色の半ばに関脇に昇進。幕内最高優勝。右膝靱帯の再建手術を受け休場が続き幕下降格。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


宇良和輝
宇良和輝(うら かずき)は、日本の大相撲力士。珍しい決まり手を使うこともある技巧派力士。愛称は21世紀版技のデパート。幕内経験後に怪我の長期休場により西序二段106枚目まで降格。その後再入幕。

続きを読む


ペ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュンは、韓国の俳優、実業家。妻は女優のパク・スジン。韓流ブームのきっかけとなった俳優。ドラマ『冬のソナタ』で主演。日本では「ヨン様」と多くの世代の女性に親しまれます。韓国で芸能事務所「KEYEAST」を創設。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin122)

田中真弓
田中真弓(たなか まゆみ)は、日本の声優、女優、ナレーター。1978年に声優デビュー。『ONE PIECE』のモンキー・D・ルフィの声優をはじめ、熱血・元気な少年を演じることが多い。

続きを読む


大森南朋
大森南朋(おおもり なお)は、日本の俳優。妻は女優の小野ゆり子。ドラマ『ハゲタカ』で主演を行い知られる存在となります。2019年にドラマ『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』で民放連続ドラマ初主演。

続きを読む


大島渚
大島渚(おおしま なぎさ)は、日本の映画監督、脚本家、演出家。日仏合作『愛の亡霊』でカンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。『朝まで生テレビ』のレギュラーパネリストで出演しコメンテーターとしても活動。

続きを読む


鈴木亜美
鈴木亜美(すずき あみ)は、日本の歌手、女優、作詞家。旧芸名は鈴木あみ。『ASAYAN』の「小室哲哉プロデュースオーディション」でグランプリを獲得。デビューし一躍アイドルとなります。

続きを読む


浮川和宣
浮川和宣(うきがわ かずのり)は、日本の実業家。ジャストシステムの創業者であり、一太郎の開発者としても知られています。

続きを読む


関連記事 (大相撲力士)

北尾光司
北尾光司(きたお こうじ)は、日本の元大相撲力士、元総合格闘家。60代横綱の時の四股名は双羽黒 光司(ふたはぐろ こうじ)。横綱の在位場所数は8場所。大相撲では1度も幕内優勝することなく引退。その後、プロレスで北尾として活動。

続きを読む


阿炎
阿炎 政虎(あび まさとら)は、埼玉県出身の大相撲力士。不祥事で3場所で出場停止され西幕下56枚目まで落ちますがあっという間に幕内に復帰。2022年11月場所に平幕ながら初の幕内優勝。

続きを読む


白鵬翔
白鵬翔(はくほう しょう)は、元大相撲力士、第69代横綱。モンゴル国ウランバートル市出身、宮城野部屋所属。

続きを読む


照ノ富士
照ノ富士 春雄(てるのふじ はるお)は、モンゴル出身の大相撲力士。様々なスピード記録を持つ人物。大関まで昇進するが膝の故障で序二段まで転落。その後、幕内復帰。第72代横綱に昇進。

続きを読む


大鵬幸喜
大鵬幸喜(たいほう こうき)さんは、第48代横綱。現役時代に当時の子供たちの好きな物を並べた「巨人・大鵬・卵焼き」という流行語に取り上げられるほど人気がありました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ