5,626 views

女優・余貴美子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 余貴美子

記事公開日:2021年02月01日
最終更新日:2024年07月01日

余貴美子
→ 画像検索はこちら

余貴美子(よ きみこ)は、日本の女優。

高校を卒業してから劇団に入団。その後、東京壱組を結成。東京壱組は解散後は活躍の場をTVや映画に移します。
代表作に『おくりびと』『ディア・ドクター』などあります。

このページでは、余貴美子(よ きみこ)の生年月日から求めた占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

余貴美子(よ きみこ)の誕生日占い

生年月日:1956年5月12日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin84です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い種 青い嵐 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い種
互いに学びあう 反対kin 白い魔法使い
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い地球
以てるもの同士の類似kin 青い鷲
鏡の向こうのもう一人の自分 kin177
絶対反対kin kin214

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「青い嵐」は、好きなことは周りを巻き込む「エネルギッシュ」なパワーを持っています。状況を「変化」させ、変化を恐れず、のめりこみます。変化のエネルギーが周りに影響を与え、まわりを「巻き込む」のが得意です。

「黄色い種」は、「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」を最初から納得できるまで追究したくなる人です。理屈で物事を考える人です。相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。

ひとことでいえばKin84の誕生日占いは、コミュニケーションの中から自然に知識を吸収できるタイプです。困ったときは自分の欠点を見直すチャンスになる。

広告

余貴美子(よ きみこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

神奈川県横浜市出身。
父は台湾人、母は日本人。客家系台湾人二世にあたります。

オンシアター自由劇場

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.5.12~ 19 259 12 青い嵐 黄色い星
1976.5.12~ 20 104 13 黄色の種 黄色い人
1977.5.12~ 21 209 1 赤い月 赤い月
高校を卒業後の1976年にオンシアター自由劇場に入団。
自由劇場時代の代表作は『上海バンスキング』のリリー役。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近にオンシアター自由劇場に入団。

東京壱組

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1985.5.12~ 29 9 9 赤い月 赤い竜
1986.5.12~ 30 114 10 白い魔法使い 赤い蛇
1987.5.12~ 31 219 11 青い嵐 赤い月
オンシアター自由劇場を退団。
1985年に大谷亮介らと東京壱組を結成。
劇団の活動と並行しTVや映画への出演を開始。

ウェブスペルの色が赤色の後半に東京壱組を結成。

東京壱組解散

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1996.5.12~ 40 124 7 黄色の種 白い鏡
1997.5.12~ 41 229 8 赤い月 白い風
1998.5.12~ 42 74 9 白い魔法使い 白い世界の橋渡し
東京壱組では1996年の解散まで14公演を公演。
解散後は活躍の場をテレビや映画に移します。

1998年には映画『学校III』『あ、春』で日本アカデミー賞・優秀助演女優賞、ブルーリボン賞・助演女優賞と毎日映画コンクール・女優助演賞を受賞。

ウェブスペルの色が白色の半ばに東京壱組は解散。活躍の場をTVや映画に移します。
白色の後半で映画『学校III』『あ、春』で数々の映画の賞を受賞。

2時間ドラマ

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.5.12~ 43 179 10 青い嵐 白い犬
2001.5.12~ 45 129 12 赤い月 白い鏡
2003.5.12~ 47 79 1 青い嵐 青い嵐
1999年に火曜サスペンス劇場「冬の駅」でギャラクシー賞個人賞受賞。
2001年より火曜サスペンス劇場「だます女だまされる女」に石毛まどか役で出演。2005年まで。
2003年より月曜ミステリー劇場「女タクシードライバーの事件日誌」に春成衿子役で出演。

多数の2時間ドラマで活躍。

ウェブスペルの色が白色の最後付近より多数の2時間ドラマで活躍。

2年連続日本アカデミー賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.5.12~ 50 134 4 白い魔法使い 青い猿
2008.5.12~ 52 84 6 黄色の種 青い嵐
2009.5.12~ 53 189 7 赤い月 青い夜
2006年に2歳年下のNHKの美術スタッフと結婚。
2008年に『おくりびと』、2009年に『ディア・ドクター』で2年連続日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。

ウェブスペルの色が青色の半ばに『おくりびと』『ディア・ドクター』で2年連続日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。

その後の活躍

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.5.12~ 56 244 10 黄色の種 青い鷲
2013.5.12~ 57 89 11 赤い月 青い嵐
2019.5.12~ 63 199 4 青い嵐 黄色い戦士
2012年に『あなたへ』で日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。
2013年に『武士の献立』で日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞。

2019年に紫綬褒章を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の前半に紫綬褒章を受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.5.12~ 66 254 7 白い魔法使い 黄色い星
2023.5.12~ 67 99 8 青い嵐 黄色い人
2024.5.12~ 68 204 9 黄色の種 黄色い戦士
余貴美子の現在は、ウェブスペルの色が黄色の後半に当たります。
68才の時はKin204。平穏さを装いながら物事の深みにはまる年です。

  • 音9は、基本的に人気者で人間関係は良好です。周りの人の人を元気にさるパワーを持っています。
  • 黄色い種は、物事の根本的な原因、本質を最初から納得できるまで追究したくなります。他人の良いところを見つけ開花させるのに向いています。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

機運にのり、機運に従う。時に従う。

余貴美子(よ きみこ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の最後付近にオンシアター自由劇場に入団。
赤色の後半に東京壱組を結成。
白色の半ばに東京壱組は解散。活躍の場をTVや映画に移します。
白色の後半で映画『学校III』『あ、春』で数々の映画の賞を受賞。
白色の最後付近より多数の2時間ドラマで活躍。
青色の半ばに『おくりびと』『ディア・ドクター』で2年連続日本アカデミー賞・最優秀助演女優賞を受賞。
2度目の黄色の前半に紫綬褒章を受賞。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

高橋洋子
高橋洋子(たかはし ようこ)は、日本の歌手。エヴァのOP曲「残酷な天使のテーゼ」や「魂のルフラン」が大ヒット。エヴァ放映終了後も高い人気と知名度を保ちます。

続きを読む


見上愛
見上愛(みかみ あい)は、日本の女優。学生時代に舞台にはまりワタナベエンターテイメントのスクールに通ったことがきっかけで女優デビュー。2024年の映画『不死身ラヴァーズ』で映画単独初主演。

続きを読む


木戸大聖
木戸大聖(きど たいせい)は、日本の俳優、タレント。子供向け教育番組『おとうさんといっしょ』にレギュラー出演し卒業。『世界・ふしぎ発見!』の企画でテレビ史上初めて北極点へ到達。『僕たちの校内放送』で連続ドラマ初主演。

続きを読む


仲野太賀
仲野太賀(なかの たいが)は、日本の俳優。父は俳優の中野英雄。13歳の時に俳優デビュー。映画『すばらしき世界』の演技で日本アカデミー賞・優秀助演男優賞を始め様々な賞を受賞。2024年の朝の連続テレビ小説『虎に翼』で佐田優三役で出演。

続きを読む


直木三十五(なおき さんじゅうご)は、日本の小説家。文学賞の直木賞は彼の名前に由来します。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin084)

赤塚不二夫
赤塚不二夫(あかつか ふじお)は、日本の漫画家。1967年に代表作である『天才バカボン』が爆発的ヒット。「ギャグ漫画の王様」と言われ、戦後ギャグ漫画史の礎を築きました。

続きを読む


岡田斗司夫
岡田斗司夫(おかだ としお)は、プロデューサー、評論家、文筆家、実業家、企画者、講演者。自称オタキング。ガイナックスの初代社長。

続きを読む


ベーブ・ルース
ベーブ・ルースは1910年代から30年代にかけてアメリカのメジャーリーグで活躍したプロ野球選手。「野球の神様」と言われ、アメリカの国民的なヒーローでもあります。

続きを読む


水森亜土
水森亜土(みずもり あど)は、日本のイラストレーター、歌手、女優、画家、作家。1970年代に透明なアクリルボードに歌いながら両手で同時にイラストを描くパフォーマンスでブレイク。

続きを読む


石原裕次郎
石原裕次郎さんは、俳優、歌手、石原プロの元代表。ヨットマンとしても活動していた。兄は政治家で作家の石原慎太郎。「太陽にほえろ」で刑事ドラマの顔になりました

続きを読む


関連記事 (女優)

鈴木梨央
鈴木梨央(すずき りお)は、日本の女優、声優。芦田愛菜に憧れ同じ事務所に入り5歳の時から芸能活動を開始。大河ドラマ『八重の桜』や朝ドラ『あさが来た』ではヒロインの幼少期を演じます。

続きを読む


内田有紀
内田有紀(うちだ ゆき)は、日本の女優、歌手。1990年代後半にアイドル・女優として絶大な人気を得ます。吉岡秀隆と結婚を機に芸能界を引退、その後離婚し芸能界に復帰します。

続きを読む


早見優
早見優(はやみ ゆう)は、日本の歌手、女優、タレント。14歳の時にハワイでスカウトされ歌手としてデビュー。花の82年組と呼ばれデビュー後に3度紅白歌合戦に出場します。

続きを読む


夏木マリ
夏木マリ(なつき マリ)は日本の女優、歌手。60才を超えてなお歌手、俳優、演出家などマルチな分野で精力的に活動。

続きを読む


富田靖子
富田靖子(とみた やすこ)は、日本の女優。中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、ヒロインに選ばれデビュー。最近では、主演やヒロインを務める事は少なくなったが、ベテラン脇役として活躍。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ