3,943 views

女優・秋野暢子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 秋野暢子

記事公開日:2021年12月20日
最終更新日:2024年02月14日

秋野暢子
出典:wikipedia.org

秋野暢子(あきの ようこ)は、日本の女優、タレント。

1975年に朝の連続テレビ小説『おはようさん』のヒロイン・殿村鮎子役に抜擢され本格的に女優デビュー。
1980年代は歌手としても活動。2000年代に入りダイエットへの造詣も深めて本の出版、講演など多方面で活躍を見せます。

このページでは、秋野暢子(あきの ようこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

秋野暢子(あきの ようこ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1957年1月18日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin75です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
青い鷲 白い世界の橋渡し 音10
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 青い夜
互いに学びあう 反対kin 赤い蛇
互いに秘かれあう 神秘kin 白い世界の橋渡し
以てるもの同士の類似kin 黄色い種
鏡の向こうのもう一人の自分 kin186
絶対反対kin kin205

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音10」は、見えない部分で力を発揮し、土台を作成する能力に長けています。誰かが出したアイディアを形にするのも得意です。プロデュースやアドバイザーに向いていますが、若干緻密さにかける一面があります。人格的で従順な人が多く、おおらかな反面スピード感が無く思われがちです。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

「青い鷲」は、「勘」が働く直感型の人です。観察力にすぐれ、常にその先を意識しており、戦略や戦術にすぐれています。物事を常に客観的に見れる人です。知性も高く若干手厳しい面があります。小さいころは大人びいて見られることも多いようです。

ひとことでいえばKin75の誕生日占いは、心根が素直ですが葛藤が多いです。分析力に優れているタイプです。相手の非ではなく自分の非を認めなさい。

広告

秋野暢子(あきの ようこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

大阪府出身。
実家は大阪ミナミの呉服屋。末娘として生まれます。
小学校の学芸会をきっかけに演劇の道に進み、中学・高校と演劇部に在籍。四天王寺高等学校を卒業。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1974.1.18~ 17 40 1 黄色い太陽 黄色い太陽
1975.1.18~ 18 145 2 赤い蛇 黄色の種
1976.1.18~ 19 250 3 白い犬 黄色い星
1974年に『おおさか・三月・三年』にウェイトレス役で出演しデビュー。
1975年に朝の連続テレビ小説『おはようさん』のヒロイン・殿村鮎子役に抜擢。
1976年にドラマ『赤い運命』で山口百恵と共演。

ウェブスペルの色が黄色の始めころに朝の連続テレビ小説『おはようさん』のヒロイン・殿村鮎子役に抜擢。本格的に女優デビュー。

歌手活動

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1983.1.18~ 26 205 10 赤い蛇 黄色い戦士
1984.1.18~ 27 50 11 白い犬 黄色い太陽
1985.1.18~ 28 155 12 青い鷲 黄色の種
1983年にTBSテレビのプロデューサーだった田代冬彦と結婚。1993年に長女に恵まれます。
同年、『スチュワーデス物語』に479期担当教官役で出演。
1980年代は歌手としても活動。『オレたちひょうきん族』に時々歌手として出演。

ウェブスペルの色が黄色の後半に田代冬彦と結婚。歌手としても活動。

片翼だけの天使

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1986.1.18~ 29 260 13 黄色い太陽 黄色い星
1987.1.18~ 30 105 1 赤い蛇 赤い蛇
1988.1.18~ 31 210 2 白い犬 赤い月
1986年に映画『片翼だけの天使』で第60回キネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞。

ウェブスペルの色が黄色の最後の年に映画『片翼だけの天使』でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞。

ダイエット

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2001.1.18~ 44 15 2 青い鷲 白い魔法使い
2002.1.18~ 45 120 3 黄色い太陽 白い鏡
2003.1.18~ 46 225 4 赤い蛇 白い風
2001年に離婚。
2000年代に入りダイエットへの造詣も深めて本の出版、講演など多方面で活躍を見せます。

ウェブスペルの色が白色に入り離婚。ダイエットへの造詣も深めて本の出版、講演など多方面で活躍を見せます。

関西ローカル

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.1.18~ 48 175 6 青い鷲 白い犬
2006.1.18~ 49 20 7 黄色い太陽 白い魔法使い
2007.1.18~ 50 125 8 赤い蛇 白い鏡
近年は現在は大阪を中心に活躍。
関西ローカルで2005年に情報ワイド番組『激テレ★金曜日』。2006年に『情報ライブ ミヤネ屋』の木曜日コメンテーターを2008年まで担当。
関西ローカル番組では大阪弁で話すことが多い。

ウェブスペルの色が白色の半ばより関西ローカル番組のコメンテーターを担当。

食道がんの治療に専念

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.1.18~ 65 140 10 黄色い太陽 青い猿
2022年7月に食道がんの治療のために芸能活動を休止。

ウェブスペルの色が青色の後半に食道がんの治療のために芸能活動を休止。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2023.1.18~ 66 245 11 赤い蛇 青い鷲
2024.1.18~ 67 90 12 白い犬 青い嵐
2025.1.18~ 68 195 13 青い鷲 青い夜
秋野暢子の現在は、ウェブスペルの色が青色の最後付近に当たります。
67才の時はKin90。心のそこから人に尽くすことの出来る年です。絆を大切にしましょう。

  • 音12は、人から相談されたり、頼られたり、組織や集団の中で「相談役」になることが多いです。
  • 白い犬は、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝えます。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。
  • 青い嵐は、変化のエネルギーが強く、周りに影響を与え、まわりを巻き込みます。状況を変化させ、変化を恐れず、のめりこみます。

今必要な準備をこつこつ行うこと。

秋野暢子(あきの ようこ)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の始めころに朝の連続テレビ小説『おはようさん』のヒロイン・殿村鮎子役に抜擢。本格的に女優デビュー。
黄色の後半に田代冬彦と結婚。歌手としても活動。
黄色の最後の年に映画『片翼だけの天使』でキネマ旬報ベスト・テン主演女優賞を受賞。
白色に入り離婚。ダイエットへの造詣も深めて本の出版、講演など多方面で活躍を見せます。
白色の半ばより関西ローカル番組のコメンテーターを担当。
青色の後半に食道がんの治療のために芸能活動を休止。

熱狂的な広島東洋カープのファンで知られ、元祖「カープ女子」と呼ばれています。
料理もプロ級の腕並みを持っていて、料理本も数冊出版。

参考資料

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


宇良和輝
宇良和輝(うら かずき)は、日本の大相撲力士。珍しい決まり手を使うこともある技巧派力士。愛称は21世紀版技のデパート。幕内経験後に怪我の長期休場により西序二段106枚目まで降格。その後再入幕。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin075)

鈴木砂羽
鈴木砂羽(すずき さわ)は、日本の女優。映画『愛の新世界』で主演デビュー。『相棒』では亀山(旧姓:奥寺)美和子役でレギュラー出演。バラエティ番組でも活躍。

続きを読む


高畑充希
高畑充希(たかはた みつき)は日本の女優・歌手。2016年4月に放送した『とと姉ちゃん』ではオーディションを経てヒロイン・小橋常子に選ばれ、連続ドラマ初主演を果たした。

続きを読む


大山倍達
大山倍達(おおやま ますたつ)は、朝鮮半島出身の武道家。極真空手の創設者。極真空手十段。『空手バカ一代』の主人公、『バキ』の愚地独歩のモデルなど伝説的な空手家として知られています。

続きを読む


富田靖子
富田靖子(とみた やすこ)は、日本の女優。中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、ヒロインに選ばれデビュー。最近では、主演やヒロインを務める事は少なくなったが、ベテラン脇役として活躍。

続きを読む


陣内智則
陣内智則(じんない とものり)は、日本のお笑いタレント、司会者。お笑いコンビ・リミテッドで活動後ピン芸人に移行。『エンタの神様』に出演以降、東京での仕事が増えていった。元妻は藤原紀香。

続きを読む


関連記事 (女優)

中村勘九郎と前田愛
中村勘九郎と前田愛は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2001年に放送されたドラマ「光の帝国」での共演で知り合い交際を開始します。2011年に長男、2013年に次男が誕生します。

続きを読む


木村佳乃
木村佳乃(きむら よしの)は、日本の女優、歌手、司会者。夫は俳優の東山紀之。イギリス・ロンドン生まれ、東京都世田谷区成城育ち。大学時代に女優としてデビュー。

続きを読む


吉行和子
吉行和子(よしゆき かずこ)は、日本の女優、エッセイスト、俳人。劇団民藝に所属し舞台『アンネの日記』で主役デビュー。日活と契約し日活映画で活躍。大島渚監督の映画『愛の亡霊』で主演し日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。

続きを読む


片瀬那奈
片瀬那奈(かたせ なな)は、日本の女優、司会者。スカウトを受け芸能界入り。『旭化成水着キャンペーンモデル』で注目されドラマ『美少女H2』で女優デビュー。情報番組『シューイチ』の総合司会を担当。

続きを読む


風吹ジュン
風吹ジュン(ふぶき ジュン)は日本の女優。初代ユニチカマスコットガールに選ばれ芸能界入り。その後、歌手、女優としてデビュー。2018年の上半期朝の連続ドラマ『半分、青い。』ではナレーターを務めます。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ