5,834 views

女優・蒼井優の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 蒼井優

記事公開日:2020年03月03日
最終更新日:2024年02月10日

蒼井優
出典:wikipedia.org

蒼井優(あおい ゆう)は、日本の女優、モデル。夫は南海キャンディーズの山里亮太。

三井のリハウスの10代目リハウスガール。
映画『フラガール』で知られる存在になります。
映画『彼女がその名を知らない鳥たち』で主演。日本アカデミー賞やキネマ旬報ベスト・テンなど主演女優賞を多く授賞。

このページでは、蒼井優(あおい ゆう)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 山里亮太と蒼井優の誕生日占いと相性占いを診断

蒼井優(あおい ゆう)の誕生日占い

生年月日:1985年8月17日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin106(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
白い世界の橋渡し 赤い蛇 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 白い鏡
互いに学びあう 反対kin 黄色い戦士
互いに秘かれあう 神秘kin 青い鷲
以てるもの同士の類似kin 赤い空歩く人
鏡の向こうのもう一人の自分 kin155
絶対反対kin kin236

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「赤い蛇」は、よくも悪くも執着心が強く、執念深く情熱的です。高い集中力をもった、努力家さんです。あきらめない執念を持っています。好き嫌いがはっきりしてます。独特の感性を持っており、まわり振り回されることがありません。

「白い世界の橋渡し」は、文字通り人と人、ものともの、あの世とこの世などを結びつけることに長けてます。野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin106の誕生日占いは、事実を把握することから大きな可能性がうまれるタイプです。優秀な人が多いです。困難を解消するために希望をもとう。

広告

蒼井優(あおい ゆう)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

福岡県出身。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1999.8.17~ 14 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
2000.8.17~ 15 121 4 赤い竜 白い鏡
2001.8.17~ 16 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1999年にミュージカル『アニー』のポリー役でデビュー。その後、現在の事務所のイトーカンパニーに自ら応募。
2000年から2002年まで新潮社の雑誌『ニコラ』でレギュラーモデル。
当初は女優としての活動は活発ではありませんでしたが徐々に映画俳優を目指します。
2001年に映画『リリイ・シュシュのすべて』で映画初出演。過去にオーディションに落選していましたが初めて合格。

ウェブスペルの色が白色の前半にデビュー。

三井のリハウス

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2002.8.17~ 17 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
2003.8.17~ 18 176 7 黄色い戦士 白い犬
2004.8.17~ 19 21 8 赤い竜 白い魔法使い
2002年に「三井のリハウス」の10代目リハウスガールとなった。ちなみに初代リハウスガールは宮沢りえ
2003年に『高校教師』で初めて連続ドラマにレギュラー出演。
2004年に堀越高校を卒業。日本大学藝術学部に進学しますが中退し俳優業に絞ります。

ウェブスペルの色が白色の半ばに10代目リハウスガール。始めて連続ドラマにレギュラー出演。

フラガール

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.8.17~ 20 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
2006.8.17~ 21 231 10 青い猿 白い風
2007.8.17~ 22 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
2005年に映画『ニライカナイからの手紙』で映画初主演。
2006年に映画『フラガール』で日本アカデミー賞最優秀助演女優賞、ブルーリボン賞主演女優賞をはじめ多くの映画賞を授賞。
2007年に映画『『クワイエットルームにようこそ』に出演。摂食障害の役作りのために7キロの減量。

ウェブスペルの色が白色の後半に映画『フラガール』で数々の賞を受賞。

山田組

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2008.8.17~ 23 181 12 赤い竜 白い犬
2009.8.17~ 24 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2010.8.17~ 25 131 1 青い猿 青い猿
2008年に『おせん』で連続ドラマ初主演。
2010年に大河ドラマ『龍馬伝』で大河ドラマ初出演。同年、山田洋次監督作の『おとうと』に出演。10代の頃に山田監督の『学校』シリーズのオーディションも受け落選していたが『おとうと』以降『東京家族』や『家族はつらいよ』シリーズに起用。

ウェブスペルの色が青色の始めの年に山田洋次監督の『おとうと』に出演。以降、山田監督作の『東京家族』や『家族はつらいよ』シリーズに起用。

結婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2017.8.17~ 32 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
2018.8.17~ 33 191 9 青い猿 青い夜
2019.8.17~ 34 36 10 黄色い戦士 青い手
2017年に東京国際映画祭で1985年生まれの満島ひかり宮崎あおい安藤サクラとともにオープニングイベントのレッドカーペットに登場。
同年、映画『彼女がその名を知らない鳥たち』で主演。日本アカデミー賞やキネマ旬報ベスト・テンなど主演女優賞を多く授賞。

2019年6月に南海キャンディーズの山里亮太と結婚。映画『フラガール』で共演した山崎静代が恋のキューピットだった。

ウェブスペルの色が青色の後半に南海キャンディーズの山里亮太と結婚。

出産

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.8.17~ 37 91 13 青い猿 青い嵐
2022年8月に第1子女児に恵まれます。

ウェブスペルの色が青色の最後の年に第一子女児に恵まれます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2021.8.17~ 36 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
2022.8.17~ 37 91 13 青い猿 青い嵐
2023.8.17~ 38 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
蒼井優の現在は、ウェブスペルの色が黄色の変わったタイミングに当たります。
38才の時はKin196。自分の疑問には自分の行動で答える年です。

  • 音1は、迷いのない決断力のあり即断即決タイプですが、器用さに欠けるところがあります。
  • 黄色い戦士は、「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

自分のままに生きることが自分らしく生きること。

蒼井優(あおい ゆう)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の前半にデビュー。
白色の半ばに10代目リハウスガール。始めて連続ドラマにレギュラー出演。
白色の後半に映画『フラガール』に出演し数々の賞を受賞。
青色の始めの年に山田洋次監督の『おとうと』に出演。以降、山田監督作の『東京家族』や『家族はつらいよ』シリーズに起用。
青色の後半に南海キャンディーズの山里亮太と結婚。
青色の最後の年に第一子女児に恵まれます。

大相撲は本場所を観戦するほどの相撲好き。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

斉藤こず恵
斉藤こず恵(さいとう こずえ)は、日本の女優、声優、ブルース歌手。1974年の朝ドラ『鳩子の海』で主人公・鳩子の子供時代を演じ天才子役として一躍有名となった。シングル「山口さんちのツトム君」が大ヒット。

続きを読む


隂山英男
隂山英男(かげやま ひでお)は日本の教育者。反復学習で基礎学力向上を目指す「陰山メソッド」確立。岸本裕史が提唱した「百ます計算」を広めたことでも有名。

続きを読む


藤原美樹
藤原美樹(ふじわら みき)、日本の料理研究家。愛称は「みきママ」。著書を出版。テレビや雑誌でも活躍。YouTube「みきママChannel」は総再生回数1.1億回超え。実弟はNEWSの小山慶一郎。

続きを読む


池内万作
池内万作(いけうち まんさく)は、日本の俳優。父は伊丹十三、母は宮本信子。祖父は伊丹万作。大江健三郎は叔父。ロンドンで演技と作劇を学んだあと日本で俳優デビュー。『こちら本池上署』では刑事二課巡査部長役でレギュラー出演。

続きを読む


竹内海南江
竹内海南江(たけうち かなえ)は、日本のタレント・リポーター。「日立 世界・ふしぎ発見!」では30年余りにわたりミステリーハンターを担当。訪れた国は100を超える。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin106)

横山裕
横山裕(よこやま ゆう)は、日本の歌手、俳優。SUPER EIGHTでは主にパーカッション、トランペット、ギターを担当。2021年に『コタローは1人暮らし』で連続ドラマ初主演。2022年の朝の連続テレビ小説『舞いあがれ!』でヒロインの兄役で出演。

続きを読む


中島みゆき
中島みゆきさんは、シンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。幅広い年代層から支持されており、他の人への楽曲の提供もデビューした直後から行っています。

続きを読む


大友克洋
大友克洋(おおとも かつひろ)は、日本の漫画家、映画監督。1988年に公開したアニメ映画『AKIRA』は高い評価を得て「ジャパニメーション」と呼ばれ海外における日本アニメのさきがけとなりました。

続きを読む


野口みずき
野口みずき(のぐち みずき)は、女性陸上競技(長距離走・マラソン)元選手。2004年アテネ五輪マラソン競技の金メダリスト。現在のマラソン女子日本記録保持者。

続きを読む


野村忠宏
野村忠宏(のむら ただひろ)は、日本の柔道家。平成の三四郎との異名を持ちます。オリンピックではアトランタ、シドニー、アテネと3度に渡り、男子60kg級で金メダルを獲得。

続きを読む


関連記事 (女優)

岸井ゆきの
岸井ゆきの(きしい ゆきの)は日本の女優。スカウトされデビュー後、ドラマ、舞台、映画などで活躍。大河ドラマ『真田丸』、朝の連続テレビ小説『まんぷく』に出演。ドラマ『アトムの童』ではヒロイン・富永海役で出演。

続きを読む


多部未華子
多部未華子(たべ みかこ)は、日本の女優。愛称は「多部ちゃん」。2009年の朝の連続テレビ小説『つばさ』で1,593人の中、主役に抜擢。

続きを読む


中村勘九郎と前田愛
中村勘九郎と前田愛は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2001年に放送されたドラマ「光の帝国」での共演で知り合い交際を開始します。2011年に長男、2013年に次男が誕生します。

続きを読む


浅田美代子
浅田美代子(あさだ みよこ)は、日本の女優、タレント、元アイドル歌手。ドラマ『時間ですよ』でデビューし瞬く間に人気を得ます。吉田拓郎と結婚・離婚。女優として活躍する一方、バラエティでも活躍。

続きを読む


川島なお美
川島なお美(かわしま なおみ)は、日本の女優、タレント、歌手。女子大生タレントの先駆け的存在。ヘアーヌード写真集が転機となり、ドラマ『失楽園』で女優として開花。その後、セレブ女優に方向転換。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ