4,713 views

女性漫画家・里中満智子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 里中満智子

記事公開日:2020年11月13日
最終更新日:2023年08月10日

里中満智子
→ 画像検索はこちら

里中満智子(さとなか まちこ)は、日本の漫画家。

代表作は『アリエスの乙女たち』『天上の虹』など。
『天上の虹』『女帝の手記』をはじめ、歴史モノに定評があります。
描いた作品数は2019年時点で500を超えます。

このページでは、里中満智子(さとなか まちこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

里中満智子(さとなか まちこ)の誕生日占い(性格診断)

生年月日:1948年1月24日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin176(黒Kin)です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い戦士 白い犬 音7
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い星
互いに学びあう 反対kin 白い世界の橋渡し
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い蛇
以てるもの同士の類似kin 青い夜
鏡の向こうのもう一人の自分 kin85
絶対反対kin kin46

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音7」は、情報に敏感で自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。バランス感覚があり、調整能力に長けています。神秘的な性格で自分自身も周りも理解しがたいところがあります。よくも悪くも「自分探し」をする人です。

「白い犬」は、正直すぎる人で、自分の思いや信じる気持ちを素直に伝える、やさしく厳しい人です。家族や自分が家族と思っている人には深い深い愛情を注ぎます。家族のためなら、自分を犠牲にしても家族を守ります。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

黒Kinですので周囲に強い影響を与えます。

ひとことでいえばKin176の誕生日占いは、自分の役割、立場をわきまえているタイプです。順序良く進む。進む前に一人で歩けるように。

広告

里中満智子(さとなか まちこ)の個人Kin年表と歩んだ人生を照らし合わる

大阪市出身。
小学生の頃は手塚治虫『鉄腕アトム』を愛読し、中学生の頃に漫画家になるのを志します。
成績は良かったが漫画が悪書とみなされていた時代、学校の教師や母親は漫画家になることに強く反対。
里中は成績を落とすことなく漫画との関わりを続けます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1964.1.24~ 16 36 10 黄色い戦士 青い手
1965.1.24~ 17 141 11 赤い竜 青い猿
1966.1.24~ 18 246 12 白い世界の橋渡し 青い鷲
高校在学中の1964年に「ピアの肖像」で第1回講談社新人漫画賞をとりデビュー。
一躍脚光を浴び、親や教師も漫画家になることに賛成。高校三年の時に高校を中退し専業漫画家になります。

ウェブスペルの色が青色の後半に第1回講談社新人漫画賞をとりデビュー。

結婚・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1968.1.24~ 20 196 1 黄色い戦士 黄色い戦士
1969.1.24~ 21 41 2 赤い竜 黄色い太陽
1970.1.24~ 22 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
20才の時に編集者の男性と結婚、その後、離婚。

ウェブスペルの色が黄色の始めの年に編集者の男性と結婚。その後、離婚。

講談社出版文化賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1972.1.24~ 24 96 5 黄色い戦士 黄色い人
1973.1.24~ 25 201 6 赤い竜 黄色い戦士
1974.1.24~ 26 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
1972年に『あした輝く、姫がいく!』で講談社出版文化賞を受賞。
1973年より『アリエスの乙女たち』の連載を開始。1987年に南野陽子主演でテレビドラマ化。

ウェブスペルの色が黄色の半ばに『アリエスの乙女たち』を連載。

天上の虹

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.1.24~ 34 106 2 白い世界の橋渡し 赤い蛇
1983.1.24~ 35 211 3 青い猿 赤い月
1984.1.24~ 36 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人
1982年に『狩人の星座』で第6回講談社漫画賞を受賞。
1983年より『天上の虹』の連載を開始。第41代天皇で女帝・持統天皇の生涯を描いた作品で、2015年まで30年以上の歳月をかけてコミックス全23巻完成。

ウェブスペルの色が赤色の前半に『天上の虹』の連載を開始。これより30年以上の歳月をかけて完成。

文部科学大臣賞

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2006.1.24~ 58 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2007.1.24~ 59 131 1 青い猿 青い猿
2010.1.24~ 62 186 4 白い世界の橋渡し 青い夜
2006年にこれまでの作品及び文化活動に対し文部科学大臣賞を受賞。
2010年に文化庁長官表彰を受賞。

ウェブスペルの色が白色の最後の年にこれまでの作品及び文化活動に対し文部科学大臣賞を受賞。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.1.24~ 74 146 3 白い世界の橋渡し 黄色の種
2023.1.24~ 75 251 4 青い猿 黄色い星
2024.1.24~ 76 96 5 黄色い戦士 黄色い人
里中満智子の現在は、ウェブスペルの色が黄色の前半に当たります。
75才の時はKin251。心の切り替えが早い年です。微妙な気持ちがわかりにくいです。

  • 音4は、内面を掘り下げ、勉強・探究に励みます。人の目に触れないところで、その発想やひらめきを形にしていきます。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。
  • 黄色い星は、職人気質で、プロ意識を持ち、やるからには、完璧にやり遂げたいというゆずれない頑固さをもってます。

繰り返しの感覚にとらわれたら、改めて見通しを立てる。

里中満智子(さとなか まちこ)のまとめ

個人Kin年票のウェブスペルで流れを見てみると

青色の後半に第1回講談社新人漫画賞をとりデビュー。
黄色の始めの年に編集者の男性と結婚。その後、離婚。
黄色の半ばに『アリエスの乙女たち』を連載。後に南野陽子主演でテレビドラマ化。
赤色の前半に『天上の虹』の連載を開始。これより30年以上の歳月をかけて完成。
白色の最後の年にこれまでの作品及び文化活動に対し文部科学大臣賞を受賞。

漫画『ドカベン』に登場する里中智(さとなか さとる)は原作者・水島新司が里中満智子を尊敬していたことからつけられたそうです。

参考文献

里中満智子(Wiki)

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

高橋洋一
高橋洋一(たかはし よういち)は、日本の経済評論家。数学科出身の異色の元大蔵・財務官僚。学位は博士(政策研究)。小泉内閣で竹中平蔵の補佐官。第1次安倍晋三内閣で経済政策のブレーン、大阪維新の会のブレーン。

続きを読む


小田部羊一
小田部羊一(こたべ よういち)は、日本のアニメーター、キャラクターデザイナー。妻は奥山玲子。東映動画退社後は高畑勲、宮崎駿と共にメインスタッフとして活動。「スーパーマリオブラザーズ」シリーズなどのキャラクターデザインを担当。

続きを読む


頼清徳
頼清徳(らい せいとく)は、台湾の政治家、内科医。蔡英文の次の第8代中華民国総統。民主進歩党内では最大派閥の「新潮流」の中核的人物。立法委員や行政院長、台南市長などを歴任。

続きを読む


竹中平蔵
竹中平蔵(たけなか へいぞう)は、日本の実業家、政治家、経済学者。小泉内閣では経済財政政策担当大臣、金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。参院選では自民党比例区からトップ当選。2年後に参議院議員を辞職し政界を引退。

続きを読む


松丸亮吾
松丸亮吾(まつまる りょうご)は、日本の作家、タレント、謎解きクリエイター。母の病気をきっかけに猛勉強を行い東京大学に進学。謎解き制作のサークルAnotherVisionの2代目代表。『今夜はナゾトレ』の問題やレギュラー出演し全国の幅広い世代から認知されます。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin176)

藤竜也
藤竜也(ふじ たつや)は、日本の俳優。スカウトを受け日活に入社しデビュー。映画『愛のコリーダ』で『第1回報知映画賞』主演男優賞を受賞。その後もアクションや現代劇を中心にテレビドラマ・映画で活躍。

続きを読む


丹道夫
丹道夫(たん みちお)は、日本の実業家。名代富士そばを運営するダイタングループの創業者。弁当屋から友人に誘われ不動産業に参入。急成長を遂げます。サイドビジネスとして24時間営業の立ち食いソバを開業。その後、共同経営から独立し「名代富士そば」の経営に専念。

続きを読む


松下奈緒
松下奈緒(まつした なお)は、日本の女優、ピアニスト、作曲家、歌手。朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』でヒロインを務め本格的にブレイク。ピアニストとしても活動しており2006年からコンサートを度々行っています。

続きを読む


関連記事 (漫画家)

柴門ふみ
柴門ふみ(さいもん ふみ)は、日本の漫画家、エッセイスト。バブル期に著作がトレンディドラマの原作として多く使用される一方で、恋愛エッセイも数多く執筆。夫は漫画家の弘兼憲史。

続きを読む


萩尾望都
萩尾望都(はぎお もと)は、日本の漫画家。2019年秋に女性漫画家では初となる文化功労者に選出。代表作に『ポーの一族』『11人いる!』などあります。

続きを読む


藤子・F・不二雄
藤子・F・不二雄さんは、ドラえもんの作者。安孫子素雄(藤子不二雄A)と共に“藤子不二雄”としてコンビを組み、数多くの作品を発表しました。

続きを読む


あだち充
あだち充は、日本の漫画家。代表作に「タッチ」や「みゆき」などあります。ラブコメディに野球などのスポーツを絡めた青春ものが得意で週刊少年サンデーの人気作家として活躍します。

続きを読む


高橋留美子
高橋留美子(たかはし るみこ)は、日本の漫画家。代表作に「うる星やつら」や「犬夜叉」などがあります。1980年代以降あだち充とともに週刊少年サンデーの人気作家として活躍します。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ