199 views

平成生まれで初の関取力士・髙安晃の誕生日占いと相性占いを診断

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 髙安晃

髙安晃
出典:wikipedia.org 2012年

髙安晃(たかやす あきら)は、日本の大相撲力士。最高位は東大関。妻は演歌歌手の杜このみ。

平成生まれで初の関取力士。フィリピン人とのハーフ。
得意手は突っ張り、押し、左四つ、寄り、上手捻り。

このページでは、髙安晃(たかやす あきら)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

髙安晃(たかやす あきら)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1990年2月28日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin201です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 黄色い戦士 音6
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い竜
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin60
絶対反対kin kin71

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音6」は、沈着冷静で周囲に惑わされることが少ないマイペースさんです。自分の世界を大事にするように、相手の世界も大事にしようと思う人です。束縛されることを嫌います。冷静沈着で危機的状況や連携が必要なときには、存在感が増します。

「黄色い戦士」は、常に「挑戦」し続けることを大事にします。「チャレンジ精神旺盛」で「ポジティブで打たれ強い」ため、途中放棄せず責任放棄をしません。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin201の誕生日占いは、自分の意見や主張は行動と体験の中で作られるタイプです。機運にのり、機運に従う。時に従う。

広告

髙安晃(たかやす あきら)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

茨城県土浦市出身。父は日本人、母はフィリピン人。髙安晃(たかやす あきら)は本名。

脱走の常習犯

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2005.2.28~ 15 216 8 黄色い戦士 赤い月
2006.2.28~ 16 61 9 赤い竜 赤い空歩く人
2007.2.28~ 17 166 10 白い世界の橋渡し 赤い地球
子供の頃は野球少年。父の勧めもあり中学卒業と同時に鳴戸部屋に入門し2005年3月場所において初土俵。
しかし鳴戸部屋の厳しさに耐えられずに都合7度脱走。部屋のある松戸市から実家の土浦市まで6時間自転車を漕いで逃げ帰ります。
2006年に父が腎臓がんを患い腎臓を1個摘出する大手術。結果を出して父に喜んでもらいたいという気持ちが転機になったという。

ウェブスペルの色が赤色の後半に初土俵。鳴戸部屋の厳しさに耐えられずに脱走の常習犯となった。

新入幕

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2010.2.28~ 20 221 13 赤い竜 赤い月
2011.2.28~ 21 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
2012.2.28~ 22 171 2 青い猿 白い犬
2010年9月場所に幕下優勝。2010年11月場所に新十両へ昇進し平成生まれで初の関取力士となった。
2011年7月場所に新入幕。

ウェブスペルの色が白色の初めの年に新入幕。

新三役

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2013.2.28~ 23 16 3 黄色い戦士 白い魔法使い
2016.2.28~ 26 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
2017.2.28~ 27 176 7 黄色い戦士 白い犬
2013年9月場所に新小結となり初の三役。
2013年末に師匠の14代鳴戸(隆の鶴)が田子ノ浦に名跡を変更。田子ノ浦部屋となった。
2016年9月場所に新関脇。
2017年7月場所に新大関に昇進。

ウェブスペルの色が白色の半ばに新大関に昇進。

大関陥落

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2019.2.28~ 29 126 9 白い世界の橋渡し 白い鏡
2020.2.28~ 30 231 10 青い猿 白い風
2021.2.28~ 31 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
2019年に演歌歌手の杜このみと婚約し2020年に結婚。
2020年1月場所に大関から陥落。大関在位場所数は15場所となり短命大関。
2021年に第1子長女、2022年に第2子長男に恵まれます。

ウェブスペルの色が白色の後半に大関から陥落。杜このみと結婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2023.2.28~ 33 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い
2024.2.28~ 34 131 1 青い猿 青い猿
2025.2.28~ 35 236 2 黄色い戦士 青い鷲
髙安晃の現在は、ウェブスペルの色が白色の最後の年に当たります。
33才の時はKin26。チャンスを見る目が確かな年です。心の基本的方針が固まると大きく変わります。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 白い世界の橋渡しは、野心家で大きな成功を望みます。考えるスケールは大きいので、 小さく収まるような事は望みません。
  • 白い魔法使いは、人をやさしい気持ちに変えたり、穏やかな気分にさせたりできます。常にベストを尽くし、きっちり仕事をします。

全ての準備が整い、調和のとれた形で方向が定まる。

髙安晃(たかやす あきら)のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

赤色の後半に初土俵。鳴戸部屋の厳しさに耐えられずに脱走の常習犯となった。
白色の初めの年に新入幕。
白色の半ばに新大関に昇進。
白色の後半に大関から陥落。杜このみと結婚。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

五輪真弓
五輪真弓(いつわ まゆみ)は、日本のシンガーソングライター。1972年に「少女」でデビュー。1980年に「恋人よ」が大ヒット。第22回日本レコード大賞金賞を受賞。2022年にデビュー50周年を迎えました。

続きを読む


河合奈保子
河合奈保子(かわい なおこ)は、日本の元アイドル歌手。西城秀樹の妹募集と銘打たれたオーディションで優勝しアイドル歌手としてデビュー。代表曲は『エスカレーション』『スマイル・フォー・ミー』。結婚、出産を機に芸能活動を停止。

続きを読む


柏原芳恵
柏原芳恵(かしわばら よしえ)は、日本の歌手、女優。『スター誕生!』でグランドチャンピオンを獲得しデビュー。7枚目のシングル「ハロー・グッバイ」は彼女をトップアイドルへと押し上げた。代表曲に「春なのに」「最愛」など。

続きを読む


岩崎良美
岩崎良美(いわさき よしみ)は、日本の歌手、女優。歌手の岩崎宏美は実姉。「タッチ」は自身最大のヒット曲。『日本レコード大賞』金賞など多数の賞を受賞。女優として舞台やドラマでも活動。

続きを読む


山田太一
山田太一(やまだ たいち)は、日本の脚本家、小説家。松竹で助監督を経てフリーに転身しテレビドラマの脚本に進出。『ふぞろいの林檎たち』など話題作を次々と生み出し、多くの賞を受賞。その後小説家としても地位を確立。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin201)

北大路欣也
北大路欣也の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。北大路欣也(きたおおじ きんや)は、日本の俳優。2世俳優。大河ドラマ『竜馬がゆく』で主演して以来多数出演。テレビドラマ・舞台で活躍。存在感のある演技力に定評があります。

続きを読む


渥美清
渥美清は、コメディアン、俳優。山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズにおいて、主演の車寅次郎役を27年間48作に渡って演じた。亡くなった後に国民栄誉賞を授与された。

続きを読む


渡瀬恒彦
渡瀬恒彦(わたせ つねひこ)は日本の俳優・歌手。兄は俳優の渡哲也。映画で活躍後にテレビで多く見られるようになります。特に、多数の刑事ドラマシリーズで主演を行いました。2017年にガンで亡くなります。

続きを読む


松山ケンイチ
松山ケンイチ(まつやま ケンイチ)は、日本の俳優。妻は女優の小雪。個性的な役柄を演じることが多く日本のジョニーディップと評される人物。2012年の大河ドラマ『平清盛』で主演。

続きを読む


川合俊一
川合俊一(かわい しゅんいち)は、日本のタレント。バレーボール選手として日本男子バレーボール界をリード。引退後はプロビーチバレー選手に転身。ビーチバレーの楽しさを伝えようとタレントとして活動。

続きを読む


関連記事 (大相撲力士)

小錦八十吉
小錦八十吉(こにしき やそきち)は、アメリカ・ハワイ出身。東関部屋の元大相撲力士。最高位は大関。現在はKONISHIKI(コニシキ)の芸名でタレント活動を行っています。

続きを読む


曙太郎
曙太郎(あけぼの たろう)は、アメリカ・ハワイ出身。東関部屋の元大相撲力士で第64代横綱。のちに格闘家・プロレスラーに転向。日本人以外で初の横綱になった人物。

続きを読む


朝乃山
朝乃山英樹(あさのやま ひでき)は、富山県出身の大相撲力士。2019年5月場所に平幕ながら幕内初優勝。最高位は大関(2020年3月場所後に昇進)。不祥事で三段目まで降格。

続きを読む


稀勢の里
稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか)は、元大相撲力士。第72代横綱。貴乃花以来、14年間途絶えていた日本出身横綱でしたが2017年に稀勢の里が横綱に昇進。2019年1月に引退。

続きを読む


北の湖
北の湖 敏満(きたのうみ としみつ)さんは、第55代横綱。横綱昇進の最年少記録などを持ち、現役時代は「憎らしいほど強い」といわれた横綱です。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ