7,614 views

渡る世間「泉ピン子」の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 泉ピン子

記事公開日:2016年09月25日
最終更新日:2023年10月01日

泉ピン子
出典:wikipedia.org 2019年

泉ピン子(いずみ ピンこ)は、日本の女優、コメディエンヌ、漫談家、歌手。

NHK連続テレビ小説『おしん』の母親役で高く評価される。
『渡る世間は鬼ばかり』では20年以上に渡りシリーズ化で放送され泉の代表作の一つとなった。

このページでは、泉ピン子(いずみ ピンこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

関連記事
→ 脚本家「橋田壽賀子」の誕生日占いと人生鑑定
→ プロデューサー「石井ふく子」の誕生日占いと人生鑑定
→ 釣りバカ日誌「西田敏行」の人生を見てみる

泉ピン子の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1947年9月11日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin41です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
赤い竜 黄色い太陽 音2
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 赤い空歩く人
互いに学びあう 反対kin 青い猿
互いに秘かれあう 神秘kin 黄色い太陽
以てるもの同士の類似kin 白い鏡
鏡の向こうのもう一人の自分 kin220
絶対反対kin kin171

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音2」はパワーが強い人で、衝突するような体験が多い人生を送ります。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。組織の中でも決断を行うキーパーソンとなる役割が多い人です。

「黄色い太陽」は、小さい頃からしっかり者で明るく、決めたことは最後までやりとおします。「責任」に反応しますので、物事をまかされると力を発揮します。自分中心(太陽中心)と無意識で思っているようで、 多少のことは気にしません。

「赤い竜」は、母親の様な愛情の豊かさを持ってる人です。血のつながりをとても大事にします。物事を誕生させるパワーのある人です。叩かれてもめげない強い人です。

ひとことでいえばKin41の誕生日占いは、一つの事をやり続けると成功するタイプです。浮き沈みの激しい面もあります。時に従い周囲に従い初めて自分の場所に立つ。

広告

泉ピン子の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

東京都出身。本名は江口小夜(えぐち さよ)。父は浪曲師(ろうきょくし)の広沢竜造。
浪曲師とは三味線を伴奏に用いて話を語り、歌う人で明治時代後期から昭和中期にかけて日本全国で庶民的な人気を博します。

日本音楽高等学校中退後の1966年に牧伸二を師事し三門マリ子(みかど まりこ)の芸名で歌謡漫談家としてデビューするがキャバレー回りが続く。
1975年に日本テレビ『テレビ3面記事 ウィークエンダー』の番組リポーターを担当したのを機に泉ピン子と改名。

女優業に乗り出す

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1975.9.11~ 28 121 4 赤い竜 白い鏡
1976.9.11~ 29 226 5 白い世界の橋渡し 白い風
1977.9.11~ 30 71 6 青い猿 白い世界の橋渡し
1978.9.11~ 31 176 7 黄色い戦士 白い犬
1979.9.11~ 32 21 8 赤い竜 白い魔法使い

1975年 テレビドラマ『花吹雪はしご一家』に出演。この頃から女優業に乗り出す。
1977年 歌手としても1977年に「哀恋蝶」が10.9万枚(オリコンチャート最高位37位)のヒットを記録した。
1980年 『手ごろな女』(日本テレビ)でドラマ初主演。

ウェブスペルの色が白色の前半に女優業に乗り出します。
白色の半ばには歌手として10万枚のヒットを記録します。

おしん

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1982.9.11~ 35 76 11 黄色い戦士 白い世界の橋渡し
1983.9.11~ 36 181 12 赤い竜 白い犬
1984.9.11~ 37 26 13 白い世界の橋渡し 白い魔法使い

1983年 NHK連続テレビ小説『おしん』の母親役。脚本を書いた橋田壽賀子にも高く評価され、以降は橋田作品に数多く出演。
平均視聴率は52.6%最高視聴率62.9%。これはビデオリサーチの統計史上、テレビドラマの最高視聴率記録となっている。

ウェブスペルの色が白色の最後付近に『おしん』の母親役で高く評価されます。

渡る世間は鬼ばかり

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1989.9.11~ 42 31 5 青い猿 青い手
1990.9.11~ 43 136 6 黄色い戦士 青い猿
1991.9.11~ 44 241 7 赤い竜 青い鷲
1992.9.11~ 45 86 8 白い世界の橋渡し 青い嵐
1997.9.11~ 50 91 13 青い猿 青い嵐

1989年 内科医の武本憲重と結婚。結婚を後押ししたのは友人である西田敏行だったと言う。夫との間に子はいない。
1990年 『渡る世間は鬼ばかり』が放送開始、以後20年以上に渡りシリーズ化で放送され泉の代表作の一つとなる。
長い台詞にも動じない安定した演技で、以後橋田ファミリーの旗頭的な存在である
1992年 NHK連続テレビ小説『おんなは度胸』の主演。平均視聴率は38.5%、最高視聴率は45.4%
1997年 元々は酒を飲むのが好きだったが、50歳で酒を飲むのをやめた。

ウェブスペルの色が青色の半ばから『渡る世間は鬼ばかり』が放送開始されます。以後橋田ファミリーの旗頭的な存在になります。
青色の最期の年に酒を飲むのを止めます。

2000年以降

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2004.9.11~ 57 46 7 白い世界の橋渡し 黄色い太陽
2005.9.11~ 58 151 8 青い猿 黄色の種
2007.9.11~ 60 101 10 赤い竜 黄色い人
2008.9.11~ 61 206 11 白い世界の橋渡し 黄色い戦士
2013.9.11~ 66 211 3 青い猿 赤い月
2014.9.11~ 67 56 4 黄色い戦士 赤い空歩く人

2005年 TBS系列特別ドラマで美空ひばりの母親役を演じるために16kgものダイエットに成功。
2008年 『おふくろ先生の診療日記』の主演。
2014年 NHK連続テレビ小説『マッサン』の母役

ウェブスペルの色が黄色の半ばに16kgものダイエットに成功
赤色の前半にNHK連続テレビ小説『マッサン』の母役を演じます。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.9.11~ 75 116 12 黄色い戦士 赤い蛇
2023.9.11~ 76 221 13 赤い竜 赤い月
2024.9.11~ 77 66 1 白い世界の橋渡し 白い世界の橋渡し
泉ピン子の現在は、ウェブスペルの色が赤色の最後の年に当たります。
76才の時はKin221。自分の考えや行動などを深くかえりみることができる年です。

  • 音13は、短期的に結果を出すよりは長期的な視点で取り組むことに向いています。小さいことでも「改善すれば良し」と前向きにとらえることができます。
  • 赤い竜は、物事を誕生させるパワーがあり、叩かれてもめげません。母性愛が強く血のつながりをとても大事にします。
  • 赤い月は、常に新しい流れをつくりだします。柔軟性が高く、混乱や摩擦を正常化する役目を持っています。

気を引き締め運気にのり、忙しさを喜ぶ。

泉ピン子のまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

白色の前半に女優業に乗り出します。
白色の半ばには歌手として10万枚のヒットを記録します。
白色の最後付近に『おしん』の母親役で高く評価されます。

青色の半ばから『渡る世間は鬼ばかり』が放送開始されます。以後橋田ファミリーの旗頭的な存在になります。
青色の最期の年に酒を飲むのを止めます。

黄色の半ばに16kgものダイエットに成功
赤色の前半にNHK連続テレビ小説『マッサン』の母役を演じます。

女優業の傍ら『渡る世間』での大人しい嫁役とは相反し、バラエティ番組では元コメディエンヌとしての才を活かし、テンションも高く時に辛口なコメントも交えたトークを展開している

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

川原和久
川原和久(かわはら かずひさ)は、日本の俳優、声優。劇団ショーマの看板俳優として、多数の舞台に出演。ドラマ『相棒』では伊丹憲一役でシーズンの最初から出演。妻は女優の松本紀保。

続きを読む


池脇千鶴
池脇千鶴の生年月日から求めた誕生日占いと相性占いを行います。池脇千鶴(いけわき ちづる)は、日本の女優。第8代リハウスガールに選出され芸能界デビュー。2001年に朝の連続テレビ小説『ほんまもん』でヒロインに選出。30代になってからは生活感のある母親の役を演じることが増えます。

続きを読む


小西博之
小西博之(こにし ひろゆき)は、日本の俳優、タレント。愛称はコニタン。『欽ちゃんの週刊欽曜日』のレギュラーとして抜擢。「欽ちゃんファミリー」の一員として人気を博します。『ザ・ベストテン』の2代目男性司会者。

続きを読む


小金沢昇司
小金沢昇司(こがねざわ しょうじ)は、日本の演歌歌手。北島三郎に弟子入り。付き人として下積み生活後にデビュー。テレビCM「フィニッシュコーワ」でブレイク。一躍全国で知られます。その後、北島音楽事務所から「暖簾分け」の形で独立。

続きを読む


鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin041)

南こうせつ
南こうせつ(みなみ こうせつ)は、日本のフォークシンガー・元かぐや姫のリーダー。『かぐや姫』時代に「神田川」が大ヒット。しかしわずか5年ほどで解散。その後、ソロとして活動。ヒット曲を世に送り出します。

続きを読む


第二代・野村徳七
第二代・野村徳七(のむら とくしち)は、日本の実業家。金融を中心とした野村證券など野村財閥を築いた人物です。

続きを読む


楢崎龍
楢崎龍(ならさき りょう)は、江戸末期から明治時代の女性。坂本龍馬の妻として知られます。お龍(おりょう)と呼ばれることが多い。坂本龍馬が暗殺後は各地を流転。晩年は落魄し、貧窮の内に没します。

続きを読む


関連記事 (タレント)

伊東四朗
伊東四朗(いとう しろう)は、コメディアン、俳優、タレント、司会者。てんぷくトリオとして人気を得ます。その後、小松政夫との共演でブームを起こします。

続きを読む


スギちゃん
スギちゃんは、日本のお笑いタレント、俳優。持ちネタの『ワイルドだろぉ?』は2012年の「新語・流行語大賞」の年間大賞に選出。

続きを読む


石坂浩二
石坂浩二(いしざか こうじ)は、日本の俳優・タレント・司会者など。NHK大河ドラマでは『天と地と』を皮切りに『元禄太平記』、『草燃える』と3作品で主演を務めた。

続きを読む


関連記事 (女優)

小泉今日子
小泉今日子(こいずみ きょうこ)は、日本の女性歌手・女優。キョンキョンの愛称で知られます。1980年代前半にアイドル歌手として、花の82年組と言われ、歌手に俳優CMに活躍します。

続きを読む


谷村美月
谷村美月(たにむら みつき)は、日本の女優。小学2年生から大阪の劇団に所属し活動。朝の連続テレビ小説『まんてん』に出演し女優デビュー。『カナリア』で映画初出演・初主演。

続きを読む


常盤貴子と長塚圭史
常盤貴子と長塚圭史は2009年10月に結婚した夫婦です。2人は2003年に映画「ゲロッパ!」で初共演したのをきっかけに交際をスタートし6年半でゴールインしました。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ