5,692 views

癒し系女優・飯島直子の誕生日占いと人生鑑定

 TOP誕生日占い個人の人生を鑑定 → 飯島直子

記事公開日:2018年11月26日
最終更新日:2024年02月29日

飯島直子
→ 画像検索はこちら

飯島直子(いいじま なおこ)は日本のタレント、女優です。愛称は「なおちゃん」「直子姉さん」。

缶コーヒー「ジョージア」のCMでブレイク。「癒し系女優」として人気が上昇し数多くのドラマに出演しました。

このページでは、飯島直子(いいじま なおこ)の生年月日から求めた誕生日占いと、歩んだ人生と個人Kin年表との鑑定を行います。

飯島直子(いいじま なおこ)の誕生日占い(性格診断)

誕生日:1968年2月29日

誕生日から算出したツォルキンバースディはKin232です。

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い人 白い風 音11
ガイドをしてしてくれる ガイドkin 黄色い人
互いに学びあう 反対kin 白い風
互いに秘かれあう 神秘kin 赤い月
以てるもの同士の類似kin 青い手
鏡の向こうのもう一人の自分 kin29
絶対反対kin kin102

誕生日占い(性格診断)の簡易説明

「音11」は、オリジナリティが高く、自分のスタンスやスタイルを崩さず、独自の道を歩むエネルギーの強い人です。常に自分自身の中に、堅実さと奔放さなど相反する要素を持っています。強い破壊力の持ち主で良くも悪くも、事をやり遂げるためには手段を選びません。「改革者」という言葉が似合う人です。

「白い風」は、人との共感やつながりをとても大事にします。人の心の動きに敏感です。他の人が感じないようなことまで感じる人です。

「黄色い人」は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫き、極めることが出来るずば抜けた才能を持っており、理解力・吸収力が秀でています。

ひとことでいえばKin232の誕生日占いは、独自の道を歩きオリジナリティを大事にするタイプです。心を引き締め足元に注意しスタートすること。

広告

飯島直子(いいじま なおこ)の個人Kin年表とその生涯を照らし合わる

神奈川県横浜市港北区日吉本町で生まれ育ちます。

デビュー

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1988.2.29~ 20 252 5 黄色い人 黄色い星
1989.2.29~ 21 97 6 赤い地球 黄色い人
1990.2.29~ 22 202 7 白い風 黄色い戦士
東京の大東学園高校を卒業。アルバイト先でスカウトされます。

1988年に深夜番組『11PM』のカバーガールで芸能界デビュー。
1989年には1PMのカバーガール「イレックス」のメンバーとして活動。
1989年にカネボウ水着キャンペーンガールとして活動。キリンビール、宇部興産のキャンペーンガールも務めます。

ウェブスペルの色が黄色の半ばにデビュー。キャンペーンガールとして活動します。

ブレイク

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1992.2.29~ 24 152 9 黄色い人 黄色の種
1993.2.29~ 25 257 10 赤い地球 黄色い星
1994.2.29~ 26 102 11 白い風 黄色い人
1992年に『スーパーJOCKEY』のレギュラーになり「熱湯コマーシャル」のサブ進行を務めます。
同年、同じ事務所の網浜直子と「W-NAO」を結成。歌手として活動を開始します。
1994年に缶コーヒー『ジョージア』のCMに出演。このCMから、いわゆる「癒し系女優」として人気が上昇し、数多くのドラマに出演することになります。

ウェブスペルの色が黄色の最後付近に『ジョージア』のCMに出演し「癒し系女優」として人気が上昇。

飯島が起用された缶コーヒー『ジョージア』のCM。缶のシールを集めて応募するとコートやパーカーがあたる懸賞ハガキは応募数が4400万口以上となりギネス認定されるほどでした。
飯島はドラマ、バラエティー、CMと引っ張りだこになり過労のために倒れてしまいます。

結婚・離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
1997.2.29~ 29 157 1 赤い地球 赤い地球
2000.2.29~ 32 212 4 黄色い人 赤い月
2001.2.29~ 33 57 5 赤い地球 赤い空歩く人
1997年にTUBEの前田亘輝と結婚しますが2001年に離婚。
1997年に『智子と知子』で田中美佐子とのダブル主演でドラマ初主演。
2000年に月9ドラマ『バスストップ』で単独主演。

ウェブスペルの色が赤色の始めの年に前田亘輝と結婚。同年、ドラマ初主演。
赤色の半ばに前田亘輝と離婚。

2度目の結婚と離婚

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2012.2.29~ 44 172 3 黄色い人 白い犬
2021.2.29~ 53 77 12 赤い地球 白い世界の橋渡し
その後、バラエティー、女優として活躍。

2012年のクリスマスに会社経営者と再婚します。
2021年に離婚を公表。

ウェブスペルの色が白色の前半に会社経営者と再婚しますが白色の最後付近に離婚。

そして現在

期間 KIN 太陽の紋章 ウェブスペル
2022.2.29~ 54 182 13 白い風 白い犬
2023.2.29~ 55 27 1 青い手 青い手
2024.2.29~ 56 132 2 黄色い人 青い猿
飯島直子の現在は、ウェブスペルの色が青色の始まり付近に当たります。
56才の時はKin132。平凡を嫌い極端に憧れる面のある年です。

  • 音2は、パワーが強く衝突するような体験が多いです。ひとつ乗り越えても、また新しい課題が出てきますが、持前の気力で乗り越えていきます。
  • 黄色い人は、束縛を嫌い、信念を大切にして自由に生きていこうとします。没頭できる分野においての「道」を貫きます。
  • 青い猿は、小さなことでも楽しみや喜び・満足を見いだせ、楽しくない状況すらも楽しみに変えることができるパワーを持っています。

飯島直子(いいじま なおこ)のまとめのまとめ

個人Kin年表の流れで見てみるとウェブスペルの色が

黄色の半ばにデビュー。キャンペーンガールとして活動します。
黄色の最後付近に『ジョージア』のCMに出演し「癒し系女優」として人気が上昇。
赤色の始めの年に前田亘輝と結婚。同年、ドラマ初主演。
赤色の半ばに前田亘輝と離婚。
白色の前半に会社経営者と再婚しますが白色の最後付近に離婚。

☆いろいろ書きましたがすべて個人的な見解になります。

参考資料

自分で検証を行うには・・・

個人イメージ

あなたのKinを調べる (誕生日占い)

誕生日からKin番号を求め、対応する銀河の音とウェブスペル、太陽の紋章の詳細表示を行う占いです。ご自身のもっているエネルギーに気付きや再確認することがある事と思います。

続きを読む

個人Kin年表

個人Kin年表 (人生占い)

誕生日ごとに回ってくるKin番号が、その年のKin番号になり、1年間影響を受けることになります。入力フォームに名前と生年月日を入力するとメールで個人Kin年表を返信します。

続きを読む

関連記事(偉人など個人の投稿順)

鈴鹿央士
鈴鹿央士(すずか おうじ)は、日本の俳優、モデル。女優の広瀬すずの目に留まりスカウトされます。『MEN'S NON-NO』オーディションでグランプリを獲得。『蜜蜂と遠雷』で映画初出演。連続ドラマ『silent』に出演。

続きを読む


デーモン閣下
デーモン閣下(デーモンかっか)は、日本のミュージシャン、マルチタレント。バンド『聖飢魔II』のボーカリスト。「蝋人形の館」の大ヒットで一躍有名となった。解散後は音楽番組以外のバラエティ番組などにも積極的に出演。好角家としても知られています。

続きを読む


TARAKO
TARAKO(たらこ)は、日本の声優、ナレーター。アニメ『ちびまる子ちゃん』でまる子の声優で有名。知名度を上げバラエティ番組の司会としても活動。ナレーションの仕事も数多くこなします。過去にシンガーソングライターとしても活動。

続きを読む


宇良和輝
宇良和輝(うら かずき)は、日本の大相撲力士。珍しい決まり手を使うこともある技巧派力士。愛称は21世紀版技のデパート。幕内経験後に怪我の長期休場により西序二段106枚目まで降格。その後再入幕。

続きを読む


ペ・ヨンジュン
ペ・ヨンジュンは、韓国の俳優、実業家。妻は女優のパク・スジン。韓流ブームのきっかけとなった俳優。ドラマ『冬のソナタ』で主演。日本では「ヨン様」と多くの世代の女性に親しまれます。韓国で芸能事務所「KEYEAST」を創設。

続きを読む


偉人など個人の一覧はこちら

関連記事 (Kin232)

菅義偉
菅義偉(すが よしひで)は、日本の政治家。2007年の第2次安倍内閣から約7.5年官房長官を務めた人物です。2019年に新年号の『令和』を発表し「令和おじさん」の愛称でも知られます。

続きを読む


田畑智子
田畑智子(たばた ともこ)は、日本の女優。夫は俳優の岡田義徳。映画『お引越し』のヒロイン役のオーディションで勝ち抜きデビュー。朝の連続テレビ小説『私の青空』でヒロイン役を行い知られる存在になります。

続きを読む


加賀まりこ
加賀まりこ(かが まりこ)は日本の女優、司会者。長く女優として活躍。デビュー以来、奔放な言動でマスコミを賑わせ「小悪魔」などと呼ばれます。芸能界屈指の雀士としても知られます。

続きを読む


財前直見
財前直見(ざいぜん なおみ)は、日本の女優。東亜国内航空のキャンペーンガールで芸能界デビュー。1990年代以降は主演・レギュラーを離れたことがなく、所属事務所の研音の評価を高めた人物。

続きを読む


サン=テグジュペリ
サン=テグジュペリは、フランスの作家、操縦士。著書『星の王子さま』は自身で描いた素朴な挿絵も含め世界各国で長く愛読された作品。世界で1億5000万部を突破。

続きを読む


関連記事 (女優)

藤山直美
藤山直美(ふじやま なおみ)は、日本の女優。父は喜劇役者の藤山寛美。2006年の朝の連続テレビ小説『芋たこなんきん』で主演。史上最年長の朝ドラヒロイン。森光子の後任となる舞台『おもろい女』で主演。

続きを読む


国仲涼子
国仲涼子(くになか りょうこ)は、日本の女優、歌手。朝の連続テレビ小説『ちゅらさん』でヒロイン・恵里役を演じ知られる存在になります。夫は俳優の向井理。

続きを読む


井上和香
井上和香(いのうえ わか)は日本の女優、タレント、元グラビアアイドル。愛称は「ワカパイ」。「日テレジェニック2003」に選ばれ注目を集めます。その後、女優として舞台やテレビドラマで活躍。

続きを読む


水川あさみ
水川あさみ(みずかわ あさみ)は、日本の女優。旭化成「ヘーベルハウス」のCMでデビュー。ドラマ『夢をかなえるゾウ』で連続ドラマ初主演。舞台『激動-GEKIDO-』で舞台初主演。

続きを読む


相武紗季
相武紗季(あいぶ さき)は、日本の女優。スカウトされ芸能界デビュー。テレビ、映画、舞台、声優など幅広く活躍。『ミスタードーナツ』など多数のCMに出演し、CM女王としても有名。

続きを読む




sponsordLink



コンテンツ一覧

調べる

知 る

楽しむ

参加する

聞く

なんとなく

メルマガ

おすすめ人気記事

インスタ